日本刀の歴史

軍刀・サーベル

文字サイズ

「古刀」、「新刀」、「新々刀」、「現代刀」と続く刀剣・日本刀の歴史の中で、異色の存在であると言えるのが「軍刀」です。その主な制作目的は、正装時や指揮時での装備のほか、戦闘において敵を殺傷すること。美術品としての評価が当該刀剣・日本刀の価値に直結していた中で、本来的な「武器」としての性能も評価の対象でした。
軍刀は、「廃刀令」が発せられた1876年(明治9年)以降に制作されたことから、現代刀に分類されますが、「銃砲刀剣類登録法」(銃刀法)第14条の「美術品」に該当しないケースも多いため、その多くは所持可能な物であるとは言えません。

刀剣・日本刀写真刀剣・日本刀写真
軍刀・サーベルの他、刀剣・日本刀を種別にてご覧頂けます。

軍刀とは

「軍刀」とは、軍隊で使用する刀剣類の総称です。戦闘行為で使用されるのはもちろん、正装時の服飾や、指揮時における装備などでも用いられました。1876年(明治9年)に発せられた「廃刀令」によって、士族(武士)の帯刀特権が剥奪され、刀剣・日本刀の需要は、ほぼ消滅。大正時代には、軍刀を含む刀剣・日本刀の原料「玉鋼」(たまはがね)を精製する「たたら製鉄」も廃絶してしまいました。

しかし、戦時中の軍刀需要の増大によって「日本刀鍛錬会」が創設され、同会への材料供給を目的として島根県内に「靖国たたら」が創設され、復興しました。

現在はこのような背景から、軍刀が消えかけていた刀剣・日本刀文化の灯火を守ったという側面を有しているとも言えるのです。

サーベル型から太刀型へ

明治新政府によって導入された徴兵制によって、軍事面の担い手が武士から徴兵された軍人へと移りました。軍において採用されたのは、かつてのような個人技に頼った戦い方ではなく、集団が連動する組織としての戦い方。兵式として採用されたのは、フランス陸軍式でした。

日本刀形式の軍刀

日本刀形式の軍刀

戦闘において使用する刀剣も、日本古来の刀剣・日本刀ではなく、西洋式のサーベル

それまでは両手で刀剣・日本刀を扱うことが一般的だっただけに、サーベル特有の片手での操刀(そうとう)に苦戦する兵が続出したと言われています。

もっとも、「西南戦争」において「剣術」を基礎とした「警視庁抜刀隊」の活躍により、官軍が薩軍(さつぐん)を撃破したことで、刀剣・日本刀の価値が再認識されました。これにより、「サーベル」の中に刀剣・日本刀を仕込む「新しい軍刀」が登場したのです。

拵写真拵写真
軍刀・サーベル拵の他、拵を種別にてご覧頂けます。

軍刀の材料

軍刀の材料は、大きく分けて2つあります。ひとつは刀剣・日本刀の原料と同じ玉鋼で、もうひとつがステンレスや洋鋼など玉鋼以外の素材。戦争が激化するにつれて、大量生産の必要性や、物資不足に陥ったことで、様々な材料を用いた軍刀が制作されるようになったのです。

後者の例としては、「南満州鉄道株式会社」(みなみまんしゅうてつどうかぶしきがいしゃ)が開発した鋼を材料として制作した、いわゆる「満鉄刀」(まんてつとう)や、鎌や包丁などを材料とした軍刀などが挙げられます。

刀剣・日本刀の定義としては、日本古来の製鉄法(たたら製鉄法)に則って生み出された玉鋼を原料として、重ね鍛えの手法を用いて制作された刀剣類というのが一般的です。そのため、玉鋼以外の材料を用いて制作された軍刀については、刀剣・日本刀として認定されないこともあります。

実用本位

軍刀は、戦場において使用する武器として制作された刀剣です。求められたのは「切れ味」と「耐久性」。戦場は野外であることがほとんどだったため、風雨にさらされても刀身が錆びないことも、武器としての軍刀にとっては重要な要素だったのです。

そのため、軍刀の主流は、刀身にステンレスなどの錆びにくい素材を用いて、機械によって大量生産された刀剣でした。

軍刀の拵

前述のように、当初はサーベルの刀身をサーベル様式のサーベル拵に収納していました。もっとも、西南戦争において、刀剣・日本刀を手にした警視庁抜刀隊の活躍や、長年に亘って日本人に根付いてきた刀剣・日本刀への愛着などから、拵はサーベル様式のままで、刀剣・日本刀の刀身を仕込むようになりました。

こうした軍刀の「日本刀[刀剣]回帰」へのうねりは、「日露戦争」などにおいて白兵戦における刀剣・日本刀の有用性が認識されたことで、さらに大きくなります。昭和に入ると、まず将校クラスの拵に変化が現れました。それまでのサーベル拵に代わって太刀型の拵が登場。あとを追うように、下士官などの軍刀についても、太刀型の拵に刀剣・日本刀の刀身を収めるようになったのです。

この背景には、戦争の激化と共に国粋主義の機運が急激に高まっていたことがあると言われています。平安時代に登場して以来、脈々と受け継がれてきた刀剣・日本刀は、日本兵の心の拠り所とでも言うべき存在。白兵戦で、軍刀=刀剣・日本刀を手に、鬼気迫る表情で戦うその姿に、敵兵は恐怖を覚えたと言われています。こうしたできごとは、終戦後、GHQ(連合国軍総司令部)によって行なわれた「昭和の刀狩り」につながっていきました。

刀 銘 大阪住月山貞勝謹作 昭和七年十月吉日
刀 銘 大阪住月山貞勝謹作 昭和七年十月吉日
大阪住
月山貞勝謹作
昭和七年
十月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
68.2
所蔵・伝来
於田秋光大佐所持(西郷隆盛又姪の夫)昭和天皇御下賜刀→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

軍刀の種類

戦場において、武器として使用されていた軍刀のほとんどは、機械によって大量生産された「昭和刀」(しょうわとう)でした。

もっとも、軍刀の中には、刀剣・日本刀を転用した物や、古来の刀剣・日本刀制作の手法を継承して制作された美術的価値の高い物が存在していることも、また事実。その代表例は、「靖国刀」(やすくにとう)や「菊水刀」(きくすいとう)です。

ここでは、軍刀における2大ジャンル、昭和刀と靖国刀・菊水刀についてご説明します。

昭和刀(造兵刀)

昭和刀

昭和刀

昭和刀は、陸軍造兵廠(りくぐんぞうへいしょう)が直接または監督製造した将校用刀身の総称で、「折り返し鍛錬」を行なわず、機械によって制作した軍刀です。

刀剣・日本刀の構造は、やわらかい「心鉄」(しんがね)を硬い鉄で包み込むようにして、何度も折り返しながら打ち鍛えることで、「折れず、曲がらず、よく切れる」という特性を発揮するように設計されています。

しかし、昭和刀は、刀剣・日本刀のような構造にはなっていません。

1枚の鋼板(またはステンレス板など)をローラーや機械ハンマーで打ち延ばす簡易な方法で生産されたため、大量生産が可能でした。しかし、切れ味や耐久性についても刀剣・日本刀と比べて大きく劣るということはなかったと言われています。そのため、戦争が深まるにつれて、軍刀需要が高まっていくと、昭和刀が軍刀の主流となっていったのです。

昭和刀には、刀剣・日本刀の美術品としての価値を大きく左右する要素となる刃文などはなく、まさに斬る用途に特化された武器でした。現在、所持することが認められている刀剣・日本刀は、銃刀法第14条の「美術品」に該当する必要がありますが、昭和刀はこれに該当しないため、都道府県教育委員会に登録することはできません。

実際の運用においては、刀身に陸軍造兵廠で制作されたことを示す「軍事工廠」(ぐんじこうしょう)の刻印がある場合、上記登録について規定する「銃砲刀剣類登録規則」第4条第2項に該当しないと判断される場合がほとんどです。そのため、一部の例外を除いて軍刀の大部分を占めていた昭和刀については、美術品ではなく武器として扱われているのが現状であると言えます。

靖国刀

靖国刀は、1933年(昭和8年)に発足した日本刀鍛錬会の刀匠によって制作された軍刀です。呼称の由来は、同会の鍛刀場が「靖国神社」の境内にあったこと。日本刀鍛錬会が制作する軍刀は、古来の刀剣・日本刀制作法に則った方法で制作されました。そのためには、刀剣・日本刀の材料である玉鋼の精製は必須。そこで、島根県内に、かつてのたたら製鉄法を再現した施設である靖国たたらを創設したのです。

1945年(昭和20年)の終戦によって、日本刀鍛錬会が解散となると共に、靖国刀の制作も終了。靖国神社で軍刀制作を担っていた「靖国刀匠」達は、約12年間で約8,100振の靖国刀を制作しました。

終戦と共に靖国たたらが閉鎖されたことで、たたら製鉄法は、再び廃絶してしまいましたが、1976年(昭和51年)に「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」によって、同地で「日刀保たたら」として再興されます。これにより、玉鋼の継続的な供給が可能となり、現代の刀工達が刀剣・日本刀制作に勤しめるのです。

靖国刀は、主に陸軍向けに制作されていたと言われています。

刀 銘 靖光
刀 銘 靖光
靖光
昭和十五年
八月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
66.4
所蔵・伝来
朝香宮孚彦王 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

菊水刀

菊水紋

菊水紋

菊水刀は、兵庫県にある「湊川神社」(みなとがわじんじゃ)で制作されていた軍刀です。

呼称の由来は、湊川神社の祭神「楠木正成」(くすのきまさしげ)の家紋「菊水」を「」(なかご)と「」(はばき)に切っていたこと。

菊の花が川を流れているかのような意匠の菊水紋は、湊川神社の象徴でもあったのです。

菊水刀は、靖国神社の日本刀鍛錬会で修行を積んだ「日立金属株式会社安来工場」の村上道政氏(銘:正忠)、 森脇要氏(銘:森光)が、湊川神社の御用刀工として作刀を行なったことに始まります。

湊川神社で鍛刀していた刀工は、主に海軍の軍刀を制作していました。海軍は「太平洋戦争」において、米国の前に大敗を喫し、軍艦と共に軍刀も海に消えていってしまったケースも多数。そのため、残存数が少なく、それ自体が貴重な存在であると言われています。

刀 銘 (菊水紋) 湊川神社正直
刀 銘 (菊水紋) 湊川神社正直
(菊水紋)
湊川神社正直
鑑定区分
保存刀剣
刃長
64.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

軍刀・サーベル

軍刀・サーベルをSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀の歴史」の記事を読む


平安時代~南北朝時代

平安時代~南北朝時代
日本刀の姿は「戦」(いくさ)の発生に応じて変化してきました。日本刀の反りが生まれた優美な平安時代、日本刀の黄金期を築き上げた鎌倉時代、豪壮な作りが勇ましい南北朝時代と、その時代によって様々な魅力があるのです。ここでは、各時代の戦と日本刀の特徴についてフォーカスを当ててご紹介します。

平安時代~南北朝時代

室町時代~安土桃山時代

室町時代~安土桃山時代
日本刀の姿は、室町時代以降も「戦」(いくさ)の発生に応じて変化していきます。合戦の戦術が変化することによって、日本刀も室町時代や安土桃山時代に合わせて変化していくのです。引き続き、各時代の戦と日本刀の特徴についてご紹介します。

室町時代~安土桃山時代

江戸時代~明治時代

江戸時代~明治時代
刀剣・日本刀は、1596年をもって古刀から新刀へと分類が変化します。新刀になって以降、江戸時代に入り戦が減っていくことで、刀剣・日本刀はまた独自の進化を遂げていくのです。そんな中での、江戸時代以降における刀剣・日本刀の変遷についてご紹介します。

江戸時代~明治時代

古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷
刀剣・日本刀が現在の「日本刀」と呼ばれる反りがある形となったのは平安時代までさかのぼります。刀剣・日本刀は1,000年以上の時を経て、各時代の影響を受けながら時代に応じた特色を持ち現在まで伝わっているのです。ここでは、刀剣・日本刀における時代の特色についてご紹介します。

古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

上古刀

上古刀
「上古刀」(じょうことう)とは、奈良時代以前に制作された「日本刀」で、反りのない直刀のことを指します。「大刀」(たち)の字が当てられ、厳密にはまだ日本刀とは呼ばれていませんでした。ここでは、便宜上上古刀も日本刀と表記し、その歴史や特徴について解説していきます。

上古刀

古刀

古刀
「古刀」(ことう)とは、901年(延喜元年)以降の平安時代中期から、安土・桃山時代末期の1596年(慶長元年)までに制作された、反りのある刀剣・日本刀を指します。古刀が登場する以前は、反りのない、真っ直ぐな「直刀」(ちょくとう)が主流でした。刀剣・日本刀に反りが付いた理由には、武士の台頭と密接なつながりがあるのです。古刀が誕生し普及した理由と、古刀の代表的な刀工を、時代を追って述べていきます。

古刀

末古刀

末古刀
「末古刀」(すえことう)とは、室町時代末期から安土桃山時代にかけて制作された刀剣・日本刀の総称です。文字通り「古刀」(ことう)の末期という意味であり、当時は戦乱が多く、かつ最も激しかった時代でもあります。そのような乱世に作られた末古刀は、どんな特徴を備えていたのでしょうか。ここでは、この末古刀の特徴をご紹介します。

末古刀

慶長新刀

慶長新刀
刀剣・日本刀の時代区分は、古い順に「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)と表されます。1595年(文禄4年)までの古刀から、1596年(慶長元年)からの新刀への移行期に制作されたのが、「慶長新刀」(けいちょうしんとう)です。慶長新刀は、古刀の特徴を十二分に受け継ぎながら、新しい時代にも目を向けた、過渡期特有の個性を持つことになりました。そこで慶長新刀が、どのような刀剣・日本刀なのかをご紹介します。

慶長新刀

新刀

新刀
安土桃山時代末期から江戸時代中期にあたる、1596年(慶長元年)~1763年(宝暦13年)までに制作された刀剣・日本刀が「新刀」(しんとう)です。それ以前の「古刀」(ことう)から新刀へ移行する期間、すなわち1596年に始まる慶長年間に作刀された作品を、別に「慶長新刀」(けいちょうしんとう)と呼ぶこともあります。 新刀という名称の由来は、江戸時代中期の講釈師「神田白龍子」(かんだはくりゅうし)の著作、1721年(享保6年)出版の「新刃銘尽」(あらみめいづくし)と、1729年(享保14年)出版の「続新刃銘尽」(ぞくあらみめいづくし)の中で、1596年(慶長元年)に作刀された刀剣・日本刀を新刀、または「新刃」(あらみ)と表記されたことが始まりです。それが流行して新刀の呼び名が定着しました。 ここでは、新刀の特徴と、新刀期を前期、中期、後期の3つに分け、それぞれの時代背景や、代表的な刀工についてご紹介します。

新刀

注目ワード

注目ワード