日本刀を知る

本阿弥家と折紙

文字サイズ

「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としての「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としての「業物」(わざもの)の格付けなどです。
これらの格付けによって能力と信用とが保たれ、土地に代わる「恩賞」として扱われていた刀剣。そんな格付けされた刀剣の「証明書」と言える物が「折紙」(おりがみ)であり、その「折紙」の起源、本阿弥家(ほんあみけ)とのつながり、書式や様式などを知れば、刀剣の世界がさらに広がります。この世界を広げるため、詳しく解説していきます。

刀剣の「折紙」とは

折紙とは刀剣の証明書

折紙

折紙

折紙(おりがみ)とはもともと、奉書紙(ほうしょがみ)や檀紙(だんし)といった高級紙を2つ折りにした物を指す言葉です。

奉書紙は、室町幕府の公文書にも使われていた紙で、太刀を人へ譲るときの目録にも使われていました。これを、「太刀折紙」と言います。

この意味合いが次第に変化し、今で言う「刀剣鑑定書」になったのが折紙です。

折紙は、刀剣に対する価値を証明し、公文書や贈答目録に使用する証明書でもありました。

折紙と呼ばれるのは、1枚の紙の片面に文字を記し、それを2つ折りにするという様式から。

正式な折紙として認定されるためには、刀剣の銘・寸法・特徴・代付(価格)・年月日・鑑定者の氏名が記され、その裏に「本」と言う角印が押されているという様式になっていなければなりません。

折紙を観る

  • 本阿弥光温(11代)折紙
    無銘 伝国宗

    11代光温によって、寛永16年(1639年)卯年の8月3日に、備州国宗と極められ、金5枚と代付けされました。

    この折紙の日本刀を観る

    本阿弥光温(11代)折紙 無銘 伝国宗

    本阿弥光温(11代)折紙 無銘 伝国宗

  • 本阿弥光常(12代)折紙
    金象嵌銘 兼光

    12代光常によって、元禄7年(1694年)戌年の7月3日に、二字国俊と極められ、500貫と代付けされました。

    この折紙の日本刀を観る

    本阿弥光常(12代)折紙 金象嵌銘 兼光

    本阿弥光常(12代)折紙 金象嵌銘 兼光

  • 本阿弥光常(12代)折紙
    無銘 伝二字国俊

    12代光常によって、元禄8年(1695年)戌年の3月3日に、金象嵌銘 備前国兼光は正真と認められ、700貫と代付けされました。

    この折紙の日本刀を観る

    本阿弥光常(12代)折紙 無銘 伝二字国俊

    本阿弥光常(12代)折紙 無銘 伝二字国俊

  • 本阿弥光忠(13代)折紙
    銘 吉弘

    13代光忠によって、正徳3年(1713年)酉年の7月3日に、備前國倫光と極められ、金15枚と代付けされました。

    この折紙の日本刀を観る

    本阿弥光忠(13代)折紙 銘 吉弘

    本阿弥光忠(13代)折紙 銘 吉弘

  • 本阿弥光忠(13代)折紙
    無銘 伝倫光

    13代光忠によって、享保2年(1717年)酉年の4月3日に、左吉弘と極められ、金35枚と代付けされました。

    この折紙の日本刀を観る

    本阿弥光忠(13代)折紙 無銘 伝倫光

    本阿弥光忠(13代)折紙 無銘 伝倫光

  • 本阿弥光勇(14代)折紙
    無銘 中島来

    14代光勇によって、享保19年(1734年)寅年の10月3日に、中嶋来と極められ、金20枚と代付けされました。

    この折紙の日本刀を観る

    本阿弥光勇(14代)折紙 無銘 中島来

    本阿弥光勇(14代)折紙 無銘 中島来

折紙の発行者

  • 本阿弥光温(1603~1667年)

    ほんあみこうおん

    本阿弥宗家11代当主。10代・光室の長男。「光温押形」の著者です。

  • 本阿弥光常(1642~1710年)

    ほんあみこうじょう

    本阿弥宗家12代当主。「元禄折紙」で知られます。

  • 本阿弥光忠(不明~1725年)

    ほんあみこうちゅう

    本阿弥宗家13代当主。12代・光常へ養子に入る。「享保名物帳」をまとめ、八代将軍徳川吉宗へ献上しました。

  • 本阿弥光勇(1703~1760年)

    ほんあみこうゆう

    本阿弥宗家14代当主。享保12年6月から宝暦10年弥生までの折紙が存在します。

「折紙つき」の語源にも

「折紙つき」と言う言葉は、この折紙が語源です。折紙つきの刀剣は、信用性が高く相場も安定しているため、資産価値が高いとされてきました。

折紙はもともと、金5両(現在の価値で50万円)以上の代物でなければ発行されることはなかったので、折紙があると言うことは高級品であることの証。そこから、「間違いのない、しっかりとした品質の物」であることの証明になったのです。

これが転じて、「間違いのない物や人」に対して折紙つきと言う言葉を使うようになりました。

刀剣にまつわることわざを題材とした4コマ漫画をご紹介します。

刀剣の折紙と本阿弥家の歴史

折紙の始まりと本阿弥光徳

豊臣秀吉

豊臣秀吉

1596年(慶長元年)頃、「豊臣秀吉」が本阿弥光徳(ほんあみこうとく)を「刀剣極所」(とうけんきわめどころ)に任命し、「本」と言う角印を授けて、刀剣の鑑定を行ない、その価値を折紙に書いて発行する許可を与えたのが、折紙の始まりとされています。

奉書紙を2つ折りにし、そこに刀剣の銘が「正真」(しょうしん)であることを示す文字、寸法、彫り物などの特徴、代付(だいづけ)、年月日と鑑定者(本阿弥家)の花押(かおう:署名の一種)を押すと言う形式が成立したのは、本阿弥家が刀剣極所になって以降のことです。

その時期については、本阿弥光刹(こうさつ)、本阿弥光徳、本阿弥光室(こうしつ)、本阿弥光悦(こうえつ)など、諸説あります。

1597年(慶長2年)に本阿弥光徳の願いによって豊臣秀吉が許可を与えたと言う説もあり、折紙がいつ始まったかは定かではありません。

なお、豊臣秀吉がその許可を与えたと言うことだけは間違いありませんが、本阿弥光刹の折紙は存在していません。

豊臣秀吉によって本阿弥光徳が刀剣極所に任命されて以来、本阿弥家に代々その任務が継承されました。

折紙があると言うことは、本阿弥家によって「本物と言うお墨付きが与えられた」と言うことにもなり、刀剣業界では折紙が鑑定書を意味することになったのです。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀をご紹介!

刀剣極所とは

本阿弥光徳は、刀剣の鑑定や研磨を生業とした本阿弥宗家の9代目。「本阿弥家中興の祖」とされていています。

本阿弥家では、無銘の刀剣に鑑定銘を入れることがあり、本阿弥光徳も無銘の刀剣に鑑定銘を入れていました。無銘物に対する鑑定を「極め」と呼称しますが、生茎無銘(うぶなかごむめい)の物に極めを朱漆(しゅうるし)で書いた物を「朱銘」(しゅめい)と言います。

本阿弥光徳の入れた象嵌(ぞうがん)銘や朱銘は、「光徳象嵌」(こうとくぞうかん)として珍重(ちんちょう:珍しい物として大切にする)されており、本阿弥光徳が任命された刀剣極所は、代々本阿弥家が継承し、明治時代まで続きました。

刀剣極所は、刀剣の鑑定を行なう役職ですが、本阿弥家による日付はそのほとんどが「3日」付け。これは、本阿弥光徳が刀剣極所に任命された日付で、本阿弥家では毎月3日に分家も含めて本家に集まり、「内寄合」(うちよりあい)と呼ばれる合同審議で鑑定を実施。

その結論にしたがって、折紙を発行したとされています。鑑定が難しい刀剣に関しては、さらに研ぎ直して、2月、7月、11月の3日「惣極め」に再審査。

刀剣極所に対して、小柄(こづか:刀剣に付属する小刀の柄)・(こうがい:日本髪用の髪飾)・目貫(めぬき:目釘)等を扱う「刀装極所」には、装剣金工である「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)が任命され、その後は、代々後藤家が継承。

後藤家では、5代後藤徳乗(とくじょう)が初めて鑑定折紙を発行しました。

折紙発行が許可された理由

千利休

千利休

豊臣秀吉が本阿弥家に折紙の発行を許可したのは、刀剣の真偽を定めるためと言うより、その刀剣に「価値付け」するため。

豊臣秀吉の主君であった「織田信長」は、天下を平定したあと、恩賞として家臣に授けるべき土地がなくなることを懸念。その理由は、最大の報酬である土地がなくなれば、家臣に見限られてしまうからです。

織田信長がその打開策として着目したのが、茶道具。「千利休」とともに茶道具の価値を高め、恩賞として用いることを考案しました。

織田信長の作り上げたシステムは次のような物でした。まず、茶道をたしなむためには、織田信長の許可を得たうえで、「業績を上げた家臣」だけを特別に茶会に接待。

さらに、優れた家臣には、褒美として茶道具を与えました。業績を上げないことには茶会に出席できず、茶道具を頂戴できないため、織田信長の家臣はこぞって茶道具を所望。

この織田信長の考案したシステムをヒントに、天下人となった豊臣秀吉は、土地の代わりとして刀剣を恩賞としました。これが、刀剣の折紙発行が許可された理由です。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀をご紹介!

本阿弥光徳が抜擢された理由

本阿弥光悦

本阿弥光悦

本阿弥家は、始祖「本阿弥妙本」(ほんあみみょうほん)が同朋衆として室町幕府初代将軍「足利尊氏」に仕えた時代から、刀剣の研磨や手入れ、鑑定を生業としていました。

代々将軍家の刀剣の諸事を司っていた本阿弥家だからこそ、信用も高く、刀剣極所に抜擢。膨大な研磨資料をもとに刀剣の鑑定を行ない、その価値を記した証書折紙を発行したのです。

本阿弥家には多くの分家もあり、本家と分家を合わせると13家ほどありました。

それらの家が毎月3日に集まって合議(ごうぎ)。10代目本阿弥家光室から13代目本阿弥家光忠(こうちゅう)までの間に発行された折紙は、特に極めの精度が高いとの評価が下されており、現代でも珍重されています。

本阿弥家の歴代当主としては、豊臣秀吉や徳川家康に仕えた中興の祖である本阿弥家光徳(9代目)が著名。

折紙こそありませんが、本阿弥家光徳の極めた刀剣の中でも「埋忠家」(うめただけ)が金象嵌(きんぞうがん)を施した「光徳象嵌」は名高く、名物稲葉江(いなばごう)や中務正宗(なかつかさまさむね)、へし切長谷部(きりはせべ)などがあります。

また、本阿弥光徳の従兄弟にあたる本阿弥光悦は、書家・芸術家として名高く、「名物不二山」や「舟橋蒔絵硯箱」(ふなばしまきえすずりばこ)の作者としても有名です。

現在の刀剣研磨も本阿弥家流が主流

多くの刀剣研磨で使用されている技法「金肌拭い」(かなはだぬぐい:金肌と呼ばれる砥石の粉を焼いてすりつぶした物を椿油で溶いた液で刀身を磨く)は、本阿弥家の分家である光意系15代目当主「本阿弥平十郎成善」(へいじゅうろうなりしげ)が生み出した物。

また、人間国宝に認定されている「本阿弥光洲師」は、光意系の18代目当主で、その父である光意系17代目当主故「本阿弥日洲師」も人間国宝です。

室町期より途絶えることなく続く本阿弥家ですが、刀剣界においては欠くことのできない存在です。

折紙の発行

折紙に記入される内容

折紙で一番肝心なのが、記入された「代付」(だいづけ:価格)でした。

これは実際の売買価格ではなく、価値を表す指標。例えば、「相州貞宗」(そうしゅうさだむね)の刀剣は、大判50枚(現在の価値で5,000万円)、「長船長光」(おさふねながみつ)の刀剣は大判35枚(現在の価値で3,500万円)など。豊臣秀吉は、土地にも匹敵するような高価な刀剣を恩賞として与え、家臣達を満足させていました。

なお、豊臣秀吉は、主君である織田信長を真似て茶道具を褒美とすることにも挑戦しましたが、失敗しています。織田信長の死後、4年間は千利休と良好な関係を築いていたものの、1587年(天正15年)の「北野大茶会」以降、豊臣秀吉と千利休の関係は決裂。

これは、千利休が茶道を特権階級だけのものにするのではなく、大衆が楽しめるものにしたいと考えたからとされています。

千利休のこの考えは、豊臣秀吉が目指していた政治とは真逆の思想でした。その結果、千利休は1591年(天正19年)に切腹せざるを得ない状況へと追い込まれてしまうのです。

折紙に使用された紙

極札

極札

折紙は本来、文書の様式のひとつでした。

1枚の紙を2つ折りにして片面に書き、それを2つ折りにした物を折紙と呼んだのですが、「本阿弥家」や「後藤家」が折紙式の鑑定書を出すようになってから、折紙その物に「鑑定書」と言う意味が含まれるようになったのです。

折紙が発行されるようになったのは本阿弥光徳が刀剣極所に任じられて以降ですが、それ以前にも「極札」(きわめふだ)と呼ばれる鑑定書がありました。

しかし、現存する資料が非常に少ないため、詳細は定かではありません。極札には、一定の様式と言う物がなく、鑑定人ごとに書式などもずいぶん違っていたと言われています。

当初の折紙は、紙質や大きさ等がまちまちでしたが、のちに折紙に使用される紙は「奉書紙」と言う高級紙に。本阿弥光室や本阿弥光温の時代の物はさほど厚くありませんが、本阿弥光常の代、元禄元年頃からは厚手で高品質な紙が使われるようになっています。

これは、本阿弥家が幕府に願い出て、加賀産の奉書紙を年300枚ずつ賜ることになったからで、これ以降は不定だった紙型もほぼ一定になりました。

本阿弥家で、本阿弥光忠以前の折紙を「古折紙」と呼んで珍重するのは、鑑定が厳格で信用が置けるから。これ以降は折紙が乱発されるようになってしまい、折紙の信用が失われてしまったのです。

実は、折紙料は金100枚につき銀10枚と定められており、高い代付料を設定すれば収入も増える仕組み。そのため、依頼者が要請するままに代付を上昇させたとされています。

田沼時代(徳川家治の老中となった田沼意次が実権を握っていた時代)は、特に折紙が乱発され、俗に「田沼折紙」とも呼ばれました。

折紙の乱発によって、駄刀に法外な代付が行なわれた場合、「受け取った側が本阿弥家に折紙を持参すると折紙料の半額が返還される仕組み」まで用意されていたと言われています。

折紙の書式・様式

折紙の書式は原則、行書に限られています。

様式は、本阿弥家に代々受け継がれ、ほとんど変化していません。最初に刀銘を書きますが、ここでの原則は、刀工銘のみを記載すること。

しかし、名物などの場合は、異名や号などについても記すことになっていました。

次に、該当の刀剣が本物であることを保証し、刀剣と折紙の関係を示すために、長さや寸法、在銘、無銘、磨上(すりあげ)などの区別、彫り物について記載。

仮に、折紙つきの刀剣であるにもかかわらず、刀剣の特徴が記載内容と一致しない場合は、「合わせ折紙」(刀剣の価値を高めるため、故意に他の刀剣の折紙を付けること)の可能性が極めて高いです。

続いて、該当の刀剣の代金を記載。大判金や永楽銭などに代金を換算した物ですが、実際のところ、ここに記された代金は格付け要素が強い物でした。

かつて日本では、太刀や馬などを贈答品にする習慣があり、これを簡略化させるために目録が使われており、折紙も、こうした目録のひとつ。このため、実際の代金より上乗せされた代金が記されている可能性が高いのです。

また、代付けの基準は、その時代における流行。折紙の代付が低くても、現代で再評価され、価格が高まっている刀匠(とうしょう:刀工)もいます。

最後に、折紙の発行年月日と干支(ときおり省略されていることもあります)、発行者の花押、花押の裏に押す豊臣秀吉からの拝領判があって、正式な折紙となるのです。

現在は真偽を定める鑑定書に変わった

現在、刀剣の折紙は必要とされる物ではなくなり、発行もされていません。

しかし、折紙に代わる物として、刀剣を鑑定する「鑑定書」が発行されるようになりました。刀剣の鑑定書として最も信頼されているのが、「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」の鑑定書。

日本美術刀剣保存協会は、1948年(昭和23年)に設立された公益財団法人で、刀剣・刀装・刀装具を審査しているのです。

日本美術刀剣保存協会の審査の結果、「保存」や「特別保存」と見なされた刀剣には鑑定書が、「重要」や「特別重要」と見なされた刀剣には「指定書」と「図譜」が交付されます。

日本美術刀剣保存協会の鑑定書、指定書は、刀剣の銘・寸法・特徴・鑑定結果・年月日・鑑定機関名・押印がなされた物ですが、代付(価格)の記載はありません。真偽を定めることを目的としているからです。

公益財団法人日本美術刀剣保存協会公益財団法人日本美術刀剣保存協会
日本刀・甲冑に関連する組織団体「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」をご紹介します。

まとめ

ここでは、刀剣の価値を証明するために長年用いられてきた折紙の歴史や意味合い、書式、様式などを詳しく解説しました。

武家にとって刀剣がどのような意味合いを持つ物であったかを考えると、現代の鑑定書との違いが明確になります。織田信長や豊臣秀吉の時代は、主従関係に強い信頼関係があったため、「主君が家臣に偽物を与えることは有り得ない」と考えられていました。

そのため、刀剣の真偽を定める必要もなかったのです。本阿弥家による折紙は、該当する刀剣にどんな価値があるかを証明するための物でした。

ところが現代では、市場に多くの偽物が出まわっています。品物の真偽を確かめるため、また資産を守るために、真偽を定める鑑定書が必要とされるようになったのです。

本阿弥家と折紙

本阿弥家と折紙をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀を知る」の記事を読む


刀剣鑑賞のマナー

刀剣鑑賞のマナー
2015年(平成27年)に「刀剣ブーム」が起こったことで、関連書籍も数多く発売されました。ところが、写真だけで伝えるのがとても難しく、専門用語を多く用いて説明しなくてはならないのが刀剣・日本刀の特徴でもあります。そこで、難しく感じてしまう前に、実際に触れてみて、刀剣・日本刀を味わってみるのはいかがでしょうか。 写真や展示では分からない重量感、茎(なかご)の感触など、直に触って分かることが沢山あります。作法を身に付ければ、刀剣鑑賞は難しいことではありません。刀剣・日本刀に親しむことを目的としたビギナー向けのイベントは各地で催されており、その形式も様々ですが、ここでは、直に鑑賞することを前提に、必要な知識やマナーをご紹介します。

刀剣鑑賞のマナー

日本刀を売却する

日本刀を売却する
刀剣・日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい刀剣・日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて刀剣・日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

偽物の鑑別

偽物の鑑別
戦のない現代においては、「武具」としてだけではなく、「美術品」としての側面にもその価値が見出されている刀剣・日本刀。その人気は日本のみならず海外にまで広がり、市場における流通量も増えているため、その分、贋作(がんさく:日本刀[刀剣]の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が出回っていることも事実。有名刀工の刀剣・日本刀だと言われて高い金額で購入した刀剣・日本刀が、実は本物ではなかった、というケースもあります。ここでは、刀剣・日本刀好きの皆さんに、本当に価値のある刀剣・日本刀の鑑賞を楽しんで頂くために、偽物の刀剣・日本刀にはどのような特徴があるのか、そして、本物と偽物とを見極めるポイントについてご説明します。

偽物の鑑別

日本刀の格付けと歴史

日本刀の格付けと歴史
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより刀剣の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」にもなったのです。ここでは、刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

日本刀の格付けと歴史

鞘書とは?

鞘書とは?
「鞘書」(さやがき)とは、刀剣・日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀剣・日本刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形
刀剣・日本刀に興味を持ったあなたに、さらに刀剣・日本刀の魅力に気付いて頂くため、刀剣・日本刀の楽しみ方をご紹介します。楽しく刀剣・日本刀の知識を深めるのにおすすめなのが、遊びながらでも知識を体得できる「入札鑑定」。入札鑑定とは、銘の入った部分を隠した状態で誰が作った刀剣・日本刀なのかを紙に書いて当てるというゲームのようなものです。また、実際に刀剣・日本刀を所有しているという方には、刀剣・日本刀がさらに美しく見える「刀剣・日本刀の飾り方」、刀剣・日本刀の姿を紙に写しとる「刀剣押形」についてもご紹介。刀剣・日本刀の3つの楽しみ方で、刀剣・日本刀の世界を広げてみてはいかがでしょうか。

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形

日本刀を携帯(佩く・かつぐ・差す)

日本刀を携帯(佩く・かつぐ・差す)
かつて戦国武将が活躍した時代、携帯する物と言えば、刀剣・日本刀でした。その刀剣・日本刀を携帯する呼び方は、大きく分けて「日本刀を佩く」(はく)「日本刀をかつぐ」「日本刀を差す」の3種類があります。 まず、「日本刀を佩く」とは、日本刀を紐でつるす持ち方。そして、「日本刀をかつぐ」とは、背負うような持ち方。これは、鎌倉時代後期に使用される機会が増えた大太刀では、長すぎて佩くことができなくなったためです。最期に「日本刀を差す」とは、腰帯に指し込む持ち方です。長くて重い大太刀は次第に廃れ、装備しやすい打刀が重宝されるようになると、この「差す」持ち方が主流となります。 このページでは、日本刀の「佩く」「かつぐ」「差す」の違いについて、詳しくご紹介します。

日本刀を携帯(佩く・かつぐ・差す)

日本刀を抜く

日本刀を抜く
武士にとって刀剣・日本刀は象徴(シンボル)。特に、江戸時代は決して軽率に抜いてはならない物でした。それでも抜刀するならば、確実に相手を斬り殺す「技術」と「覚悟」が必要だったのです。なぜ刀剣・日本刀を抜いてはいけなかったのか、どんな心得が必要だったのか。詳しくご紹介します。

日本刀を抜く

注目ワード

注目ワード