日本刀を知る

槍の基礎知識

文字サイズ

「槍」(やり)とは、長い柄に「穂」と呼ばれる先の尖った刃を付けた長柄武器のことです。「突きやる」と言う言葉に由来し、その名の通り、突き刺して戦う武器。大きな穂を持つ槍や特殊な形状の槍は、高価な武器であったため、階級が上の武将が使っていたと言われています。
そのため、槍術は上級武士の特権で、江戸時代になっても下級武士には槍術を教えない藩があったと言われているのです。限られた者しか扱えなかった槍と言う武器についてご紹介します。

刀剣・日本刀写真刀剣・日本刀写真
刀剣・日本刀写真では「槍」や「薙刀・長巻」など、刀剣を種別にてご覧頂けます。

槍の歴史

古代日本では主流でなかった槍

日本では縄文時代から、主流の武器と言えば「弓」が用いられていました。

弥生時代から古墳時代にかけては、中国から伝来した「鉾/矛」(ほこ:刺突、斬ることを目的とした刃)が登場します。

平安時代になると、長柄武器として「薙刀」(なぎなた:薙ぎ切ることが目的の刃)が普及し、(刺突を目的とした刃)が登場するのは鎌倉時代中期です。最初は注目されなかったものの、南北朝時代に大規模な戦が頻繁に巻き起こるようになると、弓や刀剣のように扱う訓練がいらない槍が主流になります。

その後、室町時代になると、「鉄砲」が伝来するのです。

槍を流行らせた?九州の「菊池槍」

日本における槍の起源は明確にされていませんが、明治時代から俗説として「菊池槍」(きくちやり)の発案が起源ではないかと語られてきました。

この菊池槍とは、1335年(建武2年)に起こった「箱根・竹ノ下の戦い」で、菊池部隊を率いていた「菊池武重」(きくちたけしげ)が考案したと言われている槍。

足利軍の3,000人の勢力に圧され、弓や薙刀などの武器を失っていた1,000人の菊池隊は、竹藪から切って来た竹の先に短刀を括り、即席の武器を作って応戦したのです。

初めて見る武器に戸惑った足利軍は、それまでの勢いを失い、菊池隊は戦いの主導権を握ることに。こうして、菊池隊は圧倒的な戦闘力を発揮し、この戦いから「菊池千本槍」と言う逸話が生まれました。

菊池武重は、このとき考案した武器をもとに、肥後国(現在の熊本県)で「延寿国村」(えんじゅくにむら)と言う刀工に改めて槍を作らせます。

そして、菊池氏から始まったこの槍が、菊池槍として九州で広く作られるようになったのです。その後、菊池槍が形状を変えて、一般的な槍として全国に普及していったと言う説が伝えられています。

槍の主な種類

「穂」の形状で見分ける槍

菊池槍
原案は、菊池氏が考案。片刃の短刀
のような穂に長柄が付いているものです。

6寸(約18.2㎝)前後と、1尺(約30.3㎝)前後の2種類。

主な特徴としては、鋒/切先には横手がなく、鵜の首造り、反りは強い内反り身幅が狭く重ねが厚いなどがあります。

槍 銘 波平昌行
槍 銘 波平昌行
波平昌行
鑑定区分
未鑑定
刃長
17.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
直槍、素槍(すぐやり、すやり)
一般的に見られる量産型の槍。

穂の断面は平三角形、正三角形、両鎬(りょうしのぎ)といった種類があり、平三角形の槍が最も多く作られています。

素槍 銘 伯州住広賀
素槍 銘 伯州住広賀
伯州住広賀
鑑定区分
未鑑定
刃長
28.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
鎌槍(かまやり)
両刃の穂から枝のように鎌の刃が出ている槍。

鎌が片方にだけある物が「片鎌槍」で、両方にある物が「両鎌槍」または「十文字槍」と言います。

戦国時代に創始された「宝蔵院流」(ほうぞういんりゅう)は、鎌槍を使う流派で「日本軍閥の祖」として知られる「山縣有朋」(やまがたありとも)は、宝蔵院流の達人だったと言われています。

十文字槍 銘 加賀守貞則
十文字槍 銘 加賀守貞則
加賀守貞則
鑑定区分
未鑑定
刃長
18.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
袋槍(ふくろやり)
穂の根本が矛のように袋状になっていて、を差し込むタイプの槍。

日本の通常の槍は、柄の中に穂を差し込んで固定するものですが、西洋や中国では袋槍が主流となっています。

袋槍 銘 文殊重国
袋槍 銘 文殊重国
文殊重国
鑑定区分
保存刀剣
刃長
26.2
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
大身槍(おおみやり)
穂の長さが30~60㎝前後の大型の槍。

刺突、斬撃の両機能を備えていて大きな威力を発揮しますが、重量があるため槍の名手でなければ使いこなせない形状です。

大身槍 銘 尾州住兼武
大身槍 銘 尾州住兼武
尾州住兼武
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
68.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

柄で見分ける槍

管槍(くだやり)
管槍

管槍

柄の前方に真鍮製(しんちゅうせい)で移動式の管が付いている槍。管を握って槍を突くため、摩擦が軽減され素早い突きが可能です。

江戸時代に広まった槍術の流派「伊東流」が、管槍の源流とされています。

また、手練れ(てだれ)が見事に管槍を扱うことから「手練手管」(てれんてくだ:あの手この手と巧みに人をだます手段や方法)と言う言葉が生まれたと言う説も。

鍵槍(かぎやり)
鍵槍

鍵槍

柄に鉤状の金具が付いている槍。

十手のような形状で、鉤が敵の攻撃を受け止めて防御力を高める役割を持っています。

戦国時代に始まった「佐分利流」(さぶりりゅう)や、江戸時代に始まった「内海流」(うちみりゅう)が鍵槍を使う流派として有名です。

天下三名槍

天下三名槍」(てんがさんめいそう)とは、日本に伝わる槍の中で特に名高い3振を表す言葉です。

江戸時代中期に、西の「日本号」(にほんごう/ひのもとごう)、東の「御手杵」(おてぎね)と称えられていた2振に「蜻蛉切」(とんぼきり)が加えられて、明治時代からこの3振が天下三名槍と呼ばれるようになりました。

天下三名槍

天下三名槍

  • 刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

  • 刀剣ブログ「天下三名槍「蜻蛉切」(写し)が完成間近!」を紹介します。

槍の基礎知識

槍の基礎知識をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀を知る」の記事を読む


刀剣鑑賞のマナー

刀剣鑑賞のマナー
2015年(平成27年)に「刀剣ブーム」が起こったことで、関連書籍も数多く発売されました。ところが、写真だけで伝えるのがとても難しく、専門用語を多く用いて説明しなくてはならないのが刀剣・日本刀の特徴でもあります。そこで、難しく感じてしまう前に、実際に触れてみて、刀剣・日本刀を味わってみるのはいかがでしょうか。 写真や展示では分からない重量感、茎(なかご)の感触など、直に触って分かることが沢山あります。作法を身に付ければ、刀剣鑑賞は難しいことではありません。刀剣・日本刀に親しむことを目的としたビギナー向けのイベントは各地で催されており、その形式も様々ですが、ここでは、直に鑑賞することを前提に、必要な知識やマナーをご紹介します。

刀剣鑑賞のマナー

日本刀を売却する

日本刀を売却する
刀剣・日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい刀剣・日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて刀剣・日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

偽物の鑑別

偽物の鑑別
戦のない現代においては、「武具」としてだけではなく、「美術品」としての側面にもその価値が見出されている刀剣・日本刀。その人気は日本のみならず海外にまで広がり、市場における流通量も増えているため、その分、贋作(がんさく:日本刀[刀剣]の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が出回っていることも事実。有名刀工の刀剣・日本刀だと言われて高い金額で購入した刀剣・日本刀が、実は本物ではなかった、というケースもあります。ここでは、刀剣・日本刀好きの皆さんに、本当に価値のある刀剣・日本刀の鑑賞を楽しんで頂くために、偽物の刀剣・日本刀にはどのような特徴があるのか、そして、本物と偽物とを見極めるポイントについてご説明します。

偽物の鑑別

日本刀の格付けと歴史

日本刀の格付けと歴史
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより刀剣の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」にもなったのです。ここでは、刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

日本刀の格付けと歴史

本阿弥家と折紙

本阿弥家と折紙
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としての「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としての「業物」(わざもの)の格付けなどです。これらの格付けによって能力と信用とが保たれ、土地に代わる「恩賞」として扱われていた刀剣。そんな格付けされた刀剣の「証明書」と言える物が「折紙」(おりがみ)であり、その「折紙」の起源、本阿弥家(ほんあみけ)とのつながり、書式や様式などを知れば、刀剣の世界がさらに広がります。この世界を広げるため、詳しく解説していきます。

本阿弥家と折紙

鞘書とは?

鞘書とは?
「鞘書」(さやがき)とは、刀剣・日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀剣・日本刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形
刀剣・日本刀に興味を持ったあなたに、さらに刀剣・日本刀の魅力に気付いて頂くため、刀剣・日本刀の楽しみ方をご紹介します。楽しく刀剣・日本刀の知識を深めるのにおすすめなのが、遊びながらでも知識を体得できる「入札鑑定」。入札鑑定とは、銘の入った部分を隠した状態で誰が作った刀剣・日本刀なのかを紙に書いて当てるというゲームのようなものです。また、実際に刀剣・日本刀を所有しているという方には、刀剣・日本刀がさらに美しく見える「刀剣・日本刀の飾り方」、刀剣・日本刀の姿を紙に写しとる「刀剣押形」についてもご紹介。刀剣・日本刀の3つの楽しみ方で、刀剣・日本刀の世界を広げてみてはいかがでしょうか。

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形

日本刀を携帯(佩く・かつぐ・差す)

日本刀を携帯(佩く・かつぐ・差す)
かつて戦国武将が活躍した時代、携帯する物と言えば、刀剣・日本刀でした。その刀剣・日本刀を携帯する呼び方は、大きく分けて「日本刀を佩く」(はく)「日本刀をかつぐ」「日本刀を差す」の3種類があります。 まず、「日本刀を佩く」とは、日本刀を紐でつるす持ち方。そして、「日本刀をかつぐ」とは、背負うような持ち方。これは、鎌倉時代後期に使用される機会が増えた大太刀では、長すぎて佩くことができなくなったためです。最期に「日本刀を差す」とは、腰帯に指し込む持ち方です。長くて重い大太刀は次第に廃れ、装備しやすい打刀が重宝されるようになると、この「差す」持ち方が主流となります。 このページでは、日本刀の「佩く」「かつぐ」「差す」の違いについて、詳しくご紹介します。

日本刀を携帯(佩く・かつぐ・差す)

注目ワード

注目ワード