甲冑(鎧兜)を知る

甲冑(鎧兜)制作の現在

文字サイズ

平安時代に制作が始まったと言われている「日本式甲冑」(以後、甲冑)は、時代を経るにつれて独自の進化を遂げていきました。技巧を凝らした数多くの作品が制作され、美術品としての側面が強調されるようになった江戸時代においても、当初は着用者の生命・身体を守るための防具という位置付け。そして、明治維新に伴う近代化の流れのなかで、防具としての意義が消失し、日本を代表する美術工芸品となったのです。現代における甲冑を取り巻く状況についてご説明します。

甲冑(鎧兜)写真/画像
甲冑(鎧兜)の名前や種類など、歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)を検索することができます。
甲冑(鎧兜)写真集
古美術品などの価値を持つ甲冑(鎧兜)の造形美を、様々な角度からご覧頂けます。

美術品としての甲冑(鎧兜)

甲冑の制作は、平安時代に始まったと言われています。当初、上級武士用に制作されていた「大鎧」は、国風文化の影響を受け、単なる防具にとどまらない「みやび」な雰囲気が漂う工芸品でもありました。そののち、戦闘方法の変化と共に形状も変化していきます。

室町時代後期になると軽快で防御性にも優れた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場。着用する武将の思想・世界観を反映し、様々な意匠を凝らした戦闘服は「戦場の華」となりました。

天下泰平の世となった江戸時代において、甲冑は武家を象徴する武具に位置付けられるようになります。また、復古主義思想によって、大鎧の形式を取り入れた甲冑が制作されるようにもなりました。

こうした江戸時代に制作された甲冑の特徴は、当時の最先端工芸技術が惜しみなく導入され、様々な装飾が施されていること。大名家が「家」の威信をかけて制作させたことで、甲冑は美術品へと変貌を遂げていったのです。

戦国武将
歴史を動かした有名な戦国武将を取り上げ、人物や戦い(合戦)をご紹介します。
武具・書画・美術品の基礎知識
武具・書画・美術品に関する基礎知識を、様々なカテゴリ(テーマ)に分けて詳しくご紹介します。

現代の甲冑(鎧兜)制作

五月人形

五月人形

五月人形

現代において、甲冑が最も身近な場面のひとつに、端午の節句が挙げられます。

そこでは男子の健やかな成長を願って、床の間などに甲冑や飾り兜などを飾るのです。こうした甲冑も、甲冑師の手によって制作されています。

また、時代劇や映画などに登場する甲冑も、現代の甲冑師が制作した作品。

こうした「現代甲冑」を制作する工房は全国に点在し、様々な甲冑が制作されています。その基礎となるのが、連綿と受け継がれてきた甲冑制作のノウハウであることは言うまでもありません。

五月人形と甲冑(鎧兜)
男の子に贈られ飾られる「五月人形」について、様々な角度からご紹介します。

現代の甲冑師

日本の伝統的な美術工芸品である甲冑を制作する甲冑師は、現代にも存在。もっとも、仕事内容については大きく違いがあると言われています。

かつての甲冑師は、複数の職人によって1領の甲冑を制作していましたが、現代の甲冑師は、「すべての作業」をひとりで行なっているという点。その背景には甲冑師の人数が少ないということが挙げられます。人数が少なければ、甲冑師は得意分野や専門分野だけの作業を行なうだけでは足りません。そのため、甲冑のすべてを制作する技術を身に付ける必要があるのです。

また、現代の甲冑師には、甲冑を制作するだけではなく、文化財としての甲冑を補修するという大切な役割があります。その前提となるのが、甲冑についての正しい知識。それは、「縅」(おどし)の手法や漆塗、鍍金(ときん:金メッキ)方法などの技術的なものにとどまらず、時代考証や歴史的背景など幅広く、深い見識が要求されるのです。

技術の進歩によって機械化が進んだ現代においても、甲冑制作はほとんどが手作業。そのため、伝統技法によって原寸大の甲冑を1領制作するには、年単位の時間がかかると言われています。現代の甲冑師は、言わば「究極の物づくり職人」なのです。

外国人の甲冑師

甲冑は、日本を代表する美術工芸品のひとつとして海外においても高く評価されています。そのため、日本文化に興味を持ち、甲冑制作の世界に身を投じ、日本で甲冑師として活動している外国人も存在。また、日本人甲冑師の下で修行し、技術や知識を身に付けた外国人甲冑師が帰国したあとに、母国において甲冑師として活動している例もあります。

甲冑を着用する機会

お祭り

現代においては、美術品としての側面が強い甲冑ですが、着用する機会が皆無ということではありません。そのひとつがお祭りです。全国各地で行なわれているご当地の武将にまつわる祭りでは、甲冑を身にまとった武者行列や、砲術などの演武などが行なわれています。

また、変わったところでは、甲冑を身にまとった人々が本気で合戦を行なうイベントなどが開催されることも。そこで実際の合戦における手順通りの戦いに参加することで、戦国時代の合戦にタイムスリップした気分となること間違いなしです。

戦国武将のお祭り戦国武将のお祭り
戦国武将にまつわる祭りについてご紹介!

古武道

初實剣理方一流 甲冑抜刀術

初實剣理方一流 甲冑抜刀術

お祭りに参加する以外でも、「古武道」の演武でも着用の機会はあります。

古武道とは、明治時代よりも前に発祥した武術の総称。戦場における実戦的な武技として発展してきました。そのため、防具である甲冑を身に着けて演武を行なう流派が多数あるのです。

武士として身に付けるべき護身術・闘争術である古武道を修得し、甲冑を身に着けて演武を行なうことは、心身ともに武士道を体現することを意味していると言えます。

古武道と現代武道古武道と現代武道
古武道の歴史や由来、主な各流派についてご紹介します。

刀剣ワールド所蔵の現代甲冑(鎧兜)

「刀剣ワールド財団」には、江戸時代に制作された甲冑を中心に、歴史的価値のある甲冑が多数、収蔵されています。これに加えて、現代の甲冑師によって制作された現代甲冑も収蔵。刀剣ワールド所蔵の現代甲冑のうち、時代劇で使用されたモデルをご紹介します。

名古屋刀剣博物館 名古屋刀剣ワールド
国宝や重要文化財、重要美術品といった貴重な日本刀などがご覧頂けます。
刀剣ワールド
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開しております!

織田信長モデルの甲冑(鎧兜)

織田信長 甲冑写し
織田信長 甲冑写し

本甲冑は、「織田信長」を主人公とする大河ドラマの撮影を行なった際に制作されたモデルです。

黒漆塗された「雑賀鉢」(さいがばち)に、白と黒のヤクの毛を使った矢羽の「前立」(まえだて)。は「本小札」(ほんこざね)と「伊予札」(いよざね)を段違いに縅して制作されています。

織田信長と言えば、「南蛮胴」にマント姿というイメージが一般的ですが、実際にそのような姿であったか否かについては議論のあるところです。

本甲冑は、黒を基調とした伝統的な手法で制作されていますが、スタイリッシュで織田信長らしさが表現されている1領だと言えます。

「織田信長 甲冑写し」のYouTube動画

織田信長 甲冑写し

直江兼続モデルの甲冑(鎧兜)

直江兼続 甲冑写し
直江兼続 甲冑写し

本甲冑は、「直江兼続」を主人公にした大河ドラマが撮影された際に制作されたモデルです。

兜鉢」(かぶとのはち)は「十八間筋兜」(じゅうはちけんすじかぶと)。直江兼続所用の甲冑の代名詞である「愛」の前立は真鍮に鍍金されています。

胴は、5色の縅糸を使った「色々縅」(いろいろおどし)。直江兼続が所用していたと伝えられる「金小札浅葱糸縅二枚胴具足」(きんこざねあさぎいとおどしにまいどうぐそく)とは色使いが異なりますが、色々縅が美しく鮮やかな1領です。

「直江兼続 甲冑写し」のYouTube動画

直江兼続 甲冑写し

上杉謙信モデルの甲冑(鎧兜)

上杉謙信 甲冑写し
上杉謙信 甲冑写し

本甲冑は、「上杉謙信」を主人公にした大河ドラマが撮影された際に制作されたモデルです。

兜鉢は、鉄に銀箔押しした南蛮兜。胴は鉄に銀箔押しした南蛮胴です。

上杉謙信と言えば、戦国屈指の強さを誇った武将ですが、本甲冑では全身に銀箔押しを施したシンプルな色使いによって、力強さを感じさせる1領に仕上がっています。

「上杉謙信 甲冑写し」のYouTube動画

上杉謙信 甲冑写し

甲冑(鎧兜)制作の現在

甲冑(鎧兜)制作の現在をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)を知る」の記事を読む


甲冑を作る・保存する

甲冑を作る・保存する
平安時代に制作が始まった「日本式甲冑」は、膨大な数の部品によって構成されており、日本固有の工芸品として、世界的な知名度・人気を誇っています。現代においては、武具(防具)としての存在意義は失っていますが、美術品としてだけではなく、歴史的な遺品としての価値をも有する物。そのため、歴史の継承という要請から、保存においても細心の注意を払わなければなりません。ここでは、甲冑(鎧兜)制作の過程と共に、その保存についてご紹介します。

甲冑を作る・保存する

女性と甲冑

女性と甲冑
「刀剣」を愛する女性を表す「刀剣女子」という言葉はすっかり定着し、現在では、その甲冑版とも言うべき「甲冑女子」という言葉も生まれているほど、甲冑も身近になりました。甲冑の一般的なイメージは、屈強な武将が戦場で身にまとっている戦闘服といったところでしょうか。つまり男性の物というイメージ。 しかし、愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)の宝物殿には、女性用の甲冑だと伝えられている1領が収蔵・展示されています。それが、国指定重要文化財の「紺糸裾素懸威胴丸」(こんいとすそすがけおどしどうまる)。 ここでは、甲冑と女性にまつわる話をご紹介します。

女性と甲冑

文献に見る甲冑

文献に見る甲冑
甲冑(鎧兜)は刀剣と同じように、制作された時代や戦闘様式の移り変わりによって、その形式が変化を遂げた武具のひとつ。その変遷は、時代ごとに著された歴史書や絵巻物、屏風図など、様々な資料から窺うことが可能です。そのような文献をいくつかご紹介すると共に、時代を経るごとに異なる甲冑(鎧兜)の特徴などについても解説します。

文献に見る甲冑

甲冑を比較する

甲冑を比較する
「甲冑(鎧兜)」(かっちゅう)とは、武士の命を守る戦闘用具。平安時代中期から江戸時代末期まで、身分や戦闘方法の変化に応じて著しい進化を遂げてきました。防御としての実用面はもちろん、見目麗しい美術面においても。ここでは、「大鎧」、「胴丸」、「腹巻」、「当背具足」の種類や変遷、その違いや見分け方について、詳しくご説明します。

甲冑を比較する

甲冑の装備

甲冑の装備
「甲冑」と言えば、「甲」(よろい)と「冑」(かぶと)を合わせた名称。そのため、どうしても鎧(甲)と兜(冑)の2つに注目が集まりがちです。もっとも、甲冑の魅力はそれだけではありません。甲冑の模型(型紙)であり、設計図の役割も果たしている「鎧雛形」(よろいひながた)や、胴以外の腕や足を防御する「籠手」(こて)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)の「小具足」(こぐそく)。これらの様々な関連品も甲冑の魅力を構成する一部。今回は、そんな甲冑の周辺にある物についてご紹介します。

甲冑の装備

甲冑着用時の所作

甲冑着用時の所作
戦場における甲冑(鎧兜)は、敵の攻撃から生命・身体を守るという防具としての役割はもちろん、着用している武将の権威誇示という役割も担っていました。もっとも、戦(いくさ)においては、守っているだけでは勝つことはできません。攻撃するためには甲冑(鎧兜)を着用していても、体が滑らかに動くことができる必要がありましたが、甲冑(鎧兜)の各部分をつなぎ合わせる技術と工夫がそれを可能にしました。甲冑(鎧兜)は、日本刀と共に武士が武士たることを示す物で、そこには様々な作法が存在します。ここでは、甲冑(鎧兜)着用時における所作について考察します。

甲冑着用時の所作

甲冑師と集古十種

甲冑師と集古十種
「甲冑」は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめる楽しみ方があるのに対し、甲冑では、形式の違いによって、作られた時代に着目することを除き、ほとんどそれがありません。その理由として甲冑は、日本刀とは異なり銘がないことが多く、作者が明らかな作品がほとんどないからです。ここでは、「甲冑師」(流派)と甲冑等の古美術品を収録した江戸時代の図録集、「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師と集古十種

甲冑師の流派と記録

甲冑師の流派と記録
「甲冑」(鎧兜)は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では、作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめるという楽しみ方があるのに対し、甲冑(鎧兜)では形式の違いや、用いられている素材、縅の方法などから、作られた時代に着目して楽しむことが一般的。甲冑については、銘がないことが多く、作者が明らかな作品が多くないためです。こうした経緯もあり、「甲冑師」は、「刀匠」と比べて一般的に知られている存在であるとは言えません。そんな甲冑師(流派)をご説明したあと、江戸時代に発刊された甲冑(鎧兜)などの古美術品の図録集「集古十種」についてご紹介します。 「有名な甲冑師と流派」YouTube動画

甲冑師の流派と記録

身分による甲冑(鎧兜)の違い

身分による甲冑(鎧兜)の違い
甲冑(鎧兜)とは、弓や刀槍、銃などの武器による攻撃に対して、防御のために身に着ける武具で、胴体に着ける物を鎧(甲)、頭を守る物を兜(冑)と言います。平安時代中期には、日本独自の甲冑(鎧兜)が生まれ、時代が下るにつれ、戦法の変化に伴い甲冑(鎧兜)も進化、身分による違いも顕著になっていきます。そんな武士が誕生した平安時代から江戸時代にかけての、身分による甲冑(鎧兜)の違いをご紹介します。

身分による甲冑(鎧兜)の違い

注目ワード
注目ワード