武士に関する言葉の語源
大盤振舞の語源
武士に関する言葉の語源
大盤振舞の語源

文字サイズ

気前よくご馳走したり、高価な物を与えたりするという意味の「大盤振舞」。実はもともと「椀飯振舞」という語源から生まれたのはご存知でしたか?「椀飯」とは、ご飯と副食物にお酒を添えた簡単な食事のことや、御家人が太刀や馬を献上して将軍をもてなすことを指します。どのような歴史を経て、椀飯振舞が大盤振舞となったのか。大盤振舞という言葉について、掘り下げていきます。

大盤振舞とは

「大盤振舞」(おおばんぶるまい)という表現は、気前よく人に御馳走することや、値の張る物を人に配るときによく使います。

昔の風習で、大きなお皿の御馳走で来客をもてなした、という意味のように捉えられがちですが、実は違うのです。他にも、大判振舞と誤用している人も多いです。お金持ちの御馳走ということから、大判小判の金貨をイメージするのでしょう。

豊臣秀吉

豊臣秀吉

大判という金貨は、豊臣秀吉が最初に作らせ、江戸時代にも何度か鋳造されました。賞賜・贈答用に鋳造された物なので、庶民どころか武家でもなかなか目にする物ではありません。

目にしたこともない大きな金貨と、御馳走とが結びついて、大判振舞という言葉も使われたのでしょう。現代において通用しているのは大盤振舞の方です。

大盤とは

椀飯振舞

椀飯振舞

大盤振舞を言葉を辞書で引くと、「椀飯振舞」(おうばんぶるまい)と記されています。語源から記すと椀飯振舞となります。

椀飯(埦飯や垸飯がより古い字です)とはお椀に盛った飯を意味しますが、奈良・平安時代の言葉で、宮中行事の際などに公家に供された膳のことを椀飯と言いました。

正式な御馳走という意味ではなく、行事の際に食べられる簡単で実用的な食事。内容は、姫飯(ひめいい)という炊いた米飯を盛った椀が中心で、その周りに副食物、酒を添えていた物でした。お弁当のような形式だったようです。

「盤」の字そのものが、食物を乗せる大きな丸い皿を意味しています。大盤の言葉自体が、本来の日本語ではなかったのです。盤の字は平たい台の意味があるため、碁盤や将棋盤の意味でも使います。

現在は、大きな将棋盤を大勢の見学者に見せながら、実際に行なわれている将棋の解説をすることを大盤解説と言います。大盤振舞とはまったく意味が異なることが分かります。

武士の文化から派生した椀飯振舞

椀飯の意義は、鎌倉・室町時代の武士の行事になると、意味合いが変わっていきました。歳首(さいしゅ:年の始め)の椀飯という正月行事として重要となっていったのです。

鎌倉幕府において正月は、有力御家人達が将軍に太刀・馬・弓矢等の祝儀の品を添えて椀飯を献じていました。平安時代の公家への簡易な食事という意味ではなく、ご祝儀の品を将軍に差し出す正月の行事の意味になったのです。

室町時代になると、ただ差し出すという行為ではなく、将軍と共に飲食をするという場に変わりました。守護大名が将軍に御馳走をしたことになります。主従の結び付きを確認し、より強固にする意味合いもありました。

献ずる順番が厳格に決められており、正月1日は管領、2日は土岐氏、3日は佐々木氏(分家後は六角氏と京極氏で隔年)、7日は赤松氏、15日は山名氏というように厳格に身分の上から式日を固定していきました。

歳首だけではなく、武家の様々な儀式の中にも取り入れられていました。また、椀飯役と言われる税金を幕府が御家人に課したことからも、かなりの負担を強いていたことが分かります。

主従の絆を固めるための椀飯振舞

椀飯振舞での饗応(きょうおう)は、式三献と言われる儀式によって行なわれます。式三献とは、本膳料理の前に行なわれる固めの杯のことを言います。主従の誓いを立てる者達で同じ酒杯に口を付けて一巡させる行為を、3回行ないます。この三巡させる酒杯は、一通りの料理と共に時間をかけて行なわれました。同じ杯に口を付けると言う行為が、主従の誓い、血縁の契りなどとされたのです。

この一通りの誓いの儀式を終えたあとに、本膳料理が始まり、本格的な宴が開始されます。椀飯振舞には、このような主従の誓いの儀式と言う意味合いもありました。式三献によって主従の立場の明確化、視覚化を行ない、結び付きを強化したのです。

江戸時代には、このような習慣はほとんど無くなっていました。椀飯振舞の習慣が変化していったと同時に、式三献も変化していき、簡略化。現在に見ることのできる式三献の儀式の名残は、結婚式の「三三九度」だけです。

椀飯振舞がもたらした「嘉吉の乱」

室町時代には、椀飯振舞は正月行事の他に、戦勝祝いの際にも行なわれるようになりました。将軍が家臣の屋敷に出向くことを「御成り」と言います。家臣にとっては、将軍に御成り頂くことは名誉なことであり、将軍の御成りの際には、椀飯振舞をするのが恒例でした。

足利義教

足利義教

室町時代の第6代将軍足利義教(あしかがよしのり)は、家臣を次々と粛清する万人恐怖と言われる政治を行ないました。

将軍の政治力強化のため、権力が強くなりすぎた守護大名の弾圧を強行します。守護大名への家督干渉、反抗する大名の討伐、領主国の没収などの強圧政治を敷きました。

特に有力守護大名であった赤松家は度重なる圧政を受け、当主であった赤松満祐は謀反を企てます。そして、1441年(嘉吉元年)に合戦に勝利したばかりの足利義教を戦勝祝いと称して自邸に招き、椀飯振舞をします。その椀飯振舞の最中に、甲冑(鎧兜)で身を固めた赤松家の家臣が宴になだれ込み、一刀のもとに足利義教の首をはねます。これが、嘉吉の乱と言われる歴史上の事件となるのです。

将軍にとって、家臣の自邸に招かれる椀飯振舞は、その家臣に命を狙われる危険も持ち合わせた行事となってしまったのです。すでに将軍の権威が失墜し始めていた室町幕府は、1467~1477年の応仁の乱によってますます崩壊していきます。こののち、椀飯の習慣も廃れていき、家臣から主君を接待するという習慣から、主君が家臣を招いて饗応することへと変わっていったのです。

語源が変化して大盤振舞となる

江戸時代には、武家社会において目上の者が目下の者へ御馳走することを椀飯振舞と言うようになります。その後、椀飯振舞の行事は一般化し、民間でも正月や祭礼のときに親類縁者を招いて椀飯振舞をする習慣が根付いていきました。

鎌倉・室町の武家の行事としての椀飯という儀式が無くなっていったことで、椀飯という言葉の意義から離れ、大盤という言葉へ変わっていくのです。いつから大盤に転用されていったかは不明ですが、椀飯という言葉が廃れていき、意味の分かりやすい大盤へと言葉が転じていったと考えられます。

現代では、大盤振舞という言葉で辞書に載っていますから、時代の流れと共に社会に許容された言葉のひとつと言えます。

大盤振舞の語源

大盤振舞の語源をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武士に関する言葉の語源」の記事を読む


武士が含まれることわざ

武士が含まれることわざ
痩せ我慢を意味することわざ「武士は食わねど高楊枝」。その由来は、「誇り高い武士はどんなに貧しくても、腹いっぱい食べたかのように楊枝を使って見栄を張らなければいけなかった」ことにあります。このように、武士に関連することわざのなかには、武士の苦労話を由来にしているものが少なくないのです。そんな武士が含まれることわざについてご紹介します。

武士が含まれることわざ

戦国武将が生み出した名言

戦国武将が生み出した名言
戦国武将が残した名言は、現在でも人々の胸を打ちます。例えば、「人は城、人は石垣、人は掘り、情けは味方、仇は敵なり」という武田信玄の名言。これは「民こそ国の宝である」という武田信玄の思想をよく表した言葉です。そんな戦国武将の残した数々の名言と、名言から読み取れる武将達の思想をご紹介します。

戦国武将が生み出した名言

頭を丸めるの由来

頭を丸めるの由来
丸坊主にすることを「頭を丸める」と言います。現在、頭を丸めるという言い回しには、丸坊主にして反省の意を示すという意味が含まれていますが、昔は違いました。頭を丸めるとは、剃髪して出家することを指していたのです。頭を丸めるという言い回しに込められた複数の意味を解説します。

頭を丸めるの由来

武士文化から生まれた昔話

武士文化から生まれた昔話
室町時代、「御伽草子」と呼ばれる短編物語の数々が流行しました。例えば、源頼光の鬼退治を描いた「酒呑童子」や藤原秀郷の武勇伝「俵藤太物語」などです。啓蒙的な物語を含む御伽草子は、武士を教育する役割を持っていました。そんな御伽草子をはじめとした昔の文学についてご紹介していきます。

武士文化から生まれた昔話

注目ワード

ページトップへ戻る