武道に見る武士の文化
剣道における反則行為
武道に見る武士の文化
剣道における反則行為

文字サイズ

剣道では竹刀に敬意を持つことが大事とされ、敬意を払わない行為は試合で反則となります。試合中に竹刀を手から落とすことも反則行為のひとつ。武士道では日本刀(刀剣)を自らの魂と同等の物としていたので、日本刀(刀剣)の代わりである竹刀を落とすことは、日本刀(刀剣)、つまり武士の魂に対しても失礼にあたるのです。そんな敬意を重んじる剣道についてご紹介します。

竹刀への敬意を欠く行為にあたる反則行為

剣道試合

剣道試合

剣道の稽古をする者は、竹刀に対する敬意を常に心掛けるように諭されます。竹刀を投げることも、またぐことも厳しく叱責されるのです。

日本刀(刀剣)は武士にとっての魂であるため、剣道をしている者も日本刀(刀剣)である竹刀を大切にしなければなりません。

剣道の試合において、全日本剣道連盟が、反則行為を様々に定めています。そのなかでも、竹刀に対しての反則行為についてもいくつかあるのです。

全日本剣道連盟 剣道試合・審判規則細則

【全日本剣道連盟 剣道試合・審判規則】

  1. 第3章 禁止行為
  2. 第1節 禁止行為事項(諸禁止行為)
  3. 第17条 試合者が次の各号の行為をすること。
    1. 定められた以外の用具(不正用具)を使用する。
    2. 相手に足を掛けまたは払う。
    3. 相手を不当に場外に出す。
    4. 試合中に場外に出る。
    5. 自己の竹刀を落とす。
    6. 不当な中止要請をする。
    7. その他、この規則に反する行為をする。

【全日本剣道連盟 剣道試合・審判細則】

  1. 第16条 規則第17条7号の禁止行為は、次の各号などをいう。
    1. 相手に手をかけまたは抱え込む。
    2. 相手の竹刀を握るまたは自分の竹刀の刃部を握る。
    3. 相手の竹刀を抱える。
    4. 相手の肩に故意に竹刀をかける。
    5. 倒れたとき、相手の攻撃に対応することなく、うつ伏せなどになる。
    6. 故意に時間の空費をする。
    7. 不当なつば(鍔)競り合い及び打突をする。

『全日本剣道連盟』より

規則第17条5号「自己の竹刀を落とす」

竹刀はいかなる状況でも、落としたら反則とされ、2回で一本となります。これは、相手の日本刀(刀剣)への敬意ではなく、自分の日本刀(刀剣)への敬意です。

鍔競り合い

鍔競り合い

例えば、試合中に鍔競り合い(つばぜりあい、鍔迫り合いとも表記)となったとき、体勢を崩そうとして相手を揺すぶったとします。

激しく揺すぶったために、相手が竹刀を取り落とした場合にあなたならどうしますか。武士道の精神なら、体勢が崩れて武器も手にしていない相手に攻撃してはいけない、と待ちますか。

いいえ、試合に武士道の精神があるならば、自らの魂である剣を取り落とした相手に非があります。即座に攻め、一本取って良いのです。

審判も本来ならば、竹刀を落とした行為のあと、相手が一本取れるくらいの間をあけてから、「やめ」と宣告し、反則を言い渡します。小学生の試合などでは、攻撃をさせないように即座に「やめ」をかけ、反則を言い渡す場合があるほどです。

試合中に竹刀を取り落としたときは、左ひざをついて左手で鍔元を握って立ち上がらなければいけません。そして帯刀して開始線に戻ります。試合中でなくてもこの所作は大事です。竹刀を日本刀(刀剣)として大事に扱う行為の表れとなるのです。

また、自分の竹刀で相手の竹刀を巻き上げて飛ばしてしまう巻き上げ技があります。これも、巻き上げる行為の方が正当で、竹刀を離した方が反則になるのです。

細則第16条2号「相手の竹刀を握るまたは自分の竹刀の刃部を握る」

相手の竹刀を抱えたり、握ったりしたら反則です。相手の日本刀(刀剣)への失礼な行為になります。相手の日本刀(刀剣)の刃を触る行為は、真剣勝負であれば不可能な所作になるからです。

試合中に、竹刀の中結(竹刀の中間にある締め紐)が外れてしまい、竹刀に触って反則を取られたことのある剣士は結構います。稽古中は竹刀の点検をしないといけませんから、触りながら稽古をする場面は多くありますが、その癖のまま試合で竹刀に触ってしまってはいけません。

日本刀(刀剣)であれば刃の部分なので、触ってはいけないという意味ですが、試合に備えて防具や竹刀の手入れを怠ってはいけません。竹刀の中結や弦(つる)が緩むようであれば、竹刀や試合の相手への敬意がないとみられます。

竹刀を放り出し、取っ組み合いでの勝負もしていた本来の剣道

現在の剣道は、取っ組み合いなど考えられませんが、昭和初期くらいまでは格闘組み打ちによって勝負を決することがありました。

今現在では、規則第17条2号と5号において、竹刀を落とすことや、接近戦を禁じています。江戸時代の実戦剣道では、竹刀を落とされても反則ではなく、素手で取っ組み合って面をはがしたら勝ち、という組み打ち戦法も許されていました。

昭和2年の規定により、改めて組み打ちが規制され、勝負方法からは除外されました。今では、完全に打突のみによる勝敗の場に変わり、竹刀を落とすこと自体が禁止行為となったのです。

残心も奢り高ぶらない武士道で

剣道に限らず、武道では勝ったからと言ってガッツポーズなど行なえば、一本を取り消されます。反則ではなく、禁止行為の「相手への非礼行為」にあたるため、その場で退場となります。この相手への非礼行為の禁止は剣道でも柔道でも日本国外の大会になるとあまり適応されません。勝ち負けにこだわるスポーツになってしまうからです。本来の日本の品格ある武道とは、相手に敬意を持つことで保たれます。

剣道では、打突したあとは残心を示してこそ一本の技になります。残心とは余韻の美学とも言いますが、打ったあとの気を張った状態を切らさずに、次の攻撃にすぐさま備える心構えのことです。よって、一本取ったあとはまだその余韻を持ち、なおかつすぐ構えて相手の変化に応じられるように残心を示さなければなりません。

打突した瞬間の一本を取った感覚は確かに気持ちが良いものですが、打突した本人はまだ残心を示し、真剣の勝負であるかの如く次の攻撃に備える必要があります。そこまでの美しい所作が継続されてこそ、一本となるのです。

日本刀(刀剣)であれば、相手を切っているのですから、闘った相手への敬意を払ってこそ残心を示すということにとなります。一本となった瞬間に奢った気持ちが出ると、ガッツポーズなどに表れ、残心のない武道からかけ離れた剣道になるのです。

かつて日本の剣道は、封建制度の崩壊と共にいなくなってしまった武士と共に消え去る運命にありました。明治政府からの禁止令、戦後のGHQによる禁止令、この2度の禁止令があったにもかかわらず、脈々と剣道の精神は引き継がれ、復活してきました。

武道の精神

武道の精神

当たれば良い・勝てば良いという勝敗にこだわっただけの剣道では、精神の鍛錬や修養を目的とした日本の剣道としては成り立ってこなかったのです。

そこには、「残心なき引き上げ(※)の禁止」を常に心掛けてきた剣道の歴史が存在します。残心とはどういうものか、という説明がなされた規則はありません。有効打突の条件として、「残心あるもの」という条文はあります。

しかし、どういう状況が残心なのかは審判にゆだねられています。かつては試合審判規則には、「残心なき引き上げ」は禁止条項として載っていましたが、現在では有効打突条項となっています。打突後に心の緩みのない緊張状態を維持してこそ、相手に敬意を示す正しい剣道になりうるのです。

(※)打突後、勝手に一本と判断して試合を中断する、また不十分な打突であるのに必要以上の余勢や有効を誇示すること。

  • 古武道の歴史や由来、主な各流派についてご紹介します。
    古武道の歴史や由来、主な各流派についてご紹介します。
  • 高校剣道日本一を決定する「玉竜旗高校剣道大会」について紹介します。
    高校剣道日本一を決定する「玉竜旗高校剣道大会」について紹介します。
  • 刀剣ことわざ集
    日本刀にまつわることわざをイラスト付きでご紹介します。

剣道における反則行為

剣道における反則行為をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「武道に見る武士の文化」の記事を読む


兜がモチーフの剣道防具

兜がモチーフの剣道防具
武士の嗜みであった剣術を競技化した剣道。剣道の防具は、武士が身に付けていた甲冑(鎧兜)、籠手、草摺(くさずり:大腿部を守るための防具)から着想を得て、考案されました。そのため、剣道の防具である面、甲手、胴、垂を身に着けた競技者と甲冑(鎧兜)などの武具を装備した武士は、たたずまいが似ているのです。そんな剣道の防具にまつわる話をご紹介します。

兜がモチーフの剣道防具

正座の由来

正座の由来
目上の人から話を聞くときや精神統一をするときなど、気持ちを引き締めるときの最適な座り方「正座」。江戸時代、武士が将軍に拝謁する際も座り方は正座でした。武士は正座をすることにより、忠誠心を示したのです。そんな正座の由来と、武士と正座の関係などについてご紹介します。

正座の由来

大相撲の起源と武士

大相撲の起源と武士
屈強な体格の力士が、土俵のなかで激闘を繰り広げる相撲。そんな相撲の歴史に武士がかかわっているのはご存知ですか。当時の武士は相撲を鍛錬として嗜んでおり、なかでも戦国武将の織田信長は、城に1,500人の力士を集めて試合見物をするほどの相撲好きでした。意外にも武士とかかわりが深い相撲の起源や、相撲と日本刀(刀剣)の関係についてご紹介します。

大相撲の起源と武士

弓道の起源

弓道の起源
弓を使う2つの競技、弓道とアーチェリー。どちらも矢を放って的を射るという共通点はあるものの、方向性がそれぞれ異なるのはご存知でしたか?実は、弓道は矢を平常心で射ることで精神力を養う武道として、アーチェリーは的を正確に射抜く技術を競うスポーツとして、発展しているのです。こちらでは弓道の起源についてご紹介します。

弓道の起源

流鏑馬と居合の成り立ち

流鏑馬と居合の成り立ち
日本の伝統的な2つの武道、流鏑馬(やぶさめ)と居合道。流鏑馬とは、疾走する馬の上から矢を的に射る武道のことで、居合道とは、抜刀する技術を磨く武道のことです。どちらも武士の嗜みとして盛んに行なわれていました。そんな流鏑馬と居合道の成り立ちについてご紹介します。

流鏑馬と居合の成り立ち

注目ワード

ページトップへ戻る