天下五剣
童子切安綱
天下五剣
童子切安綱

文字サイズ

太刀「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)を作刀したのは、平安時代の刀工「大原安綱」(おおはらやすつな)です。「童子切」という号は、「源頼光」(みなもとのよりみつ)が「酒呑童子」(しゅてんどうじ)という鬼を切った伝説に由来しています。数ある日本刀(刀剣)の中でも特に名刀と言われた「天下五剣」(てんがごけん)の中でも最も古いことから、特別な地位を確立している名刀中の名刀。今回はそんな童子切安綱について、ご紹介していきます。

童子切安綱とは

「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)は、最上級の価値を持つ日本刀(刀剣)です。「天下五剣」の1振に選ばれているだけではなく、天下五剣の中でも最も古いことから、その筆頭という特別な地位を確立。

また、「東の童子切、西の大包平」(おおかねひら:太刀 銘備前国包平作[名物大包平])というように「日本刀[刀剣]の東西の両横綱」とも称えられ、江戸時代の名刀リスト「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)にも掲載されていました。

名刀と言われる所以にこと欠かない童子切安綱。その刀身は、天下五剣筆頭の名に恥じない格調高さを纏っています。

童子切安綱

童子切安綱

童子切安綱を作刀した刀工 大原安綱

童子切安綱を作刀した「大原安綱」(おおはらやすつな)は、伯耆の国(ほうきのくに:現在の鳥取県)の刀工の始祖と言われています。

平安時代中期の人物で、強い反り板目肌(いためはだ)の地鉄(じがね)、小乱れ(こみだれ)の刃文といった鍛刀法を多用、格式高い印象の日本刀(刀剣)作りを得意とした刀工です。

大原安綱作の日本刀(刀剣)は平安時代の刀工としては多く残っており、約20振が現存。すべて太刀で「安綱」のが入っています。これらの日本刀(刀剣)から、国宝が1振、重要文化財には4振も指定され、大原安綱は名工として揺るぎない評価を受けているのです。

童子切安綱にまつわるエピソード

酒呑童子を切る

源頼光

源頼光

日本刀(刀剣)の魅力は、芸術性の高さや切れ味の鋭さはもちろんのこと、関連する逸話の面白さにもあります。童子切安綱にまつわる逸話は、剣豪や妖怪、神様の登場するロマンあふれる話ばかりです。

もっとも有名なのは、なんと言っても酒呑童子を討伐した逸話。「童子切」という号は、この鬼退治の伝説に由来しています。

平安時代、京では「酒呑童子」という名の鬼とその手下の鬼達が、人をさらうなどの悪事を働いていました。時の帝より酒呑童子討伐の命を受けたのが、化け物退治で名を馳せた武将「源頼光」(みなもとのよりみつ)です。

源頼光は、酒呑童子の根城に忍びこむと、持ってきた酒を鬼達に振る舞う宴会を始めました。酒には毒が仕込んであったため、それを飲んだ酒呑童子と鬼達は身動きができなくなってしまいます。

この隙に、源頼光は持っていた日本刀(刀剣)で酒呑童子と鬼達に次々ととどめを刺しました。ここで酒呑童子の首を切ったので、この日本刀(刀剣)は童子切と名付けられた訳です。なお、童子切と名付けられる前は、「血吸」(ちすい)という、まるで妖刀のような不吉な名前でした。

天照大神と童子切安綱

坂上田村麻呂

坂上田村麻呂

源頼光の鬼退治は伝説になりましたが、源頼光の手に童子切安綱が渡るまでの話も伝説と呼べるものです。

平安時代、刀工の大原安綱は、最高傑作の日本刀(刀剣)を征夷大将軍「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)に献上しました。坂上田村麻呂は、「天照大神」(あまてらすおおみかみ)からお告げを受けて、日本刀(刀剣)を伊勢神宮に奉納します。

その後、伊勢神宮に参拝に来た源頼光は、天照大神からこの日本刀(刀剣)を授かったのです。天照大神は、源頼光が鬼と戦う運命をあらかじめ知っていて、のちに童子切安綱と呼ばれる日本刀(刀剣)を授けたのかもしれません。

童子切安綱、足利義輝の最期に立ち会う

足利義輝

足利義輝

童子切安綱が実戦の場に持ち出されたという逸話があります。

1565年(永禄8年)、「永禄の変」(えいろくのへん)が起こり、室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)は京の二条城で大軍に包囲されました。

足利義輝は、剣豪達に師事して剣術を修めたことから、「剣豪将軍」と呼ばれた豪傑。これまで集めた童子切安綱を含む数々の名刀を持ち出して、城内に侵入してくる敵を迎え討ったのです。

収集していた日本刀(刀剣)を畳に突き刺した足利義輝は、敵を斬って日本刀(刀剣)の切れ味が落ちるたび、日本刀(刀剣)を取り替えて応戦し、敵を30人以上も討ち取ったと言われています。しかし、多勢に無勢、足利義輝は最終的に大勢の敵に囲まれると、四方からで突かれて討ち取られてしまいました。

このとき、童子切安綱は実戦の場に持ち出されたと伝わっていますが、実際に使用されたかどうか、詳細は不明です。

狐とも縁があった

童子切安綱は、不思議な存在と縁の深い日本刀(刀剣)で、鬼だけでなく狐にまつわる逸話もあります。

江戸時代、童子切安綱は津山藩(現在の岡山県津山市)の松平家で保管されていました。松平家から童子切安綱の錆落としを依頼されたのは、日本刀(刀剣)の鑑定や研磨などを家業とする一族「本阿弥家」(ほんあみけ)。すると、童子切安綱を預かっていた本阿弥家で、狐の行列や狐火といった狐にまつわる不思議な現象が次々と起きたのです。

あるとき、本阿弥家の屋根の上に白い狐があらわれました。本阿弥家の者が家の外でその狐を見付けると、狐は苦しそうに悶えてなにかを訴えかけているようです。

本阿弥家の者は「これはただごとではない」と察知して、童子切安綱を保管してある部屋に急いで向かうと、部屋は火事になっていました。童子切安綱を安全な場所へ移すと、白い狐は一鳴きして消え去ったとのこと。狐は、童子切安綱の守護者だったのかもしれません。

凄まじい切れ味

江戸時代、日本刀(刀剣)の切れ味を検証するために「試し切り」が行なわれていました。罪人の遺体を積み重ねて、何体を両断できるかで日本刀(刀剣)の切れ味を確かめたのです。

童子切安綱の試し切りは、津山藩の松平家で行なわれました。試し切り役「町田長太夫」(まちだちょうだゆう)が積み上げられた遺体に童子切安綱を振り下ろすと、その刃は6体の遺体を両断したうえに、遺体の下にあった台座まで切り裂いたと言われています。

童子切安綱の所持者達

童子切安綱は、これまで多くの所有者達のもとを渡ってきました。豊臣家、松平家、村山寛二、渡辺三郎などです。

所有者達と童子切安綱が、どうかかわったのかをご紹介していきます。

豊臣秀吉

豊臣秀吉

豊臣秀吉

豊臣秀吉は、無類の日本刀(刀剣)好きでした。豊臣秀吉は天下統一後、巨大な権力を使って170振以上の日本刀(刀剣)を収集しています。その中に童子切安綱もあったのですが、豊臣秀吉はなぜか童子切安綱を本阿弥家に預けて、手元には置きませんでした。

手元に置かなかったのは、鬼を斬ったという逸話に不吉なものを感じていたからという説があります。しかし、このことが童子切安綱にとっては逆に幸運となったのです。

豊臣家が滅んだ「大坂夏の陣」では、大坂城と共に多くの名刀が焼失しました。童子切安綱は、本阿弥家に預けられていたので、この難を逃れたのです。

松平家

松平忠直

松平忠直

豊臣家滅亡後、童子切安綱は徳川家の所持物となりました。

2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)は、娘の「勝姫」(かつひめ)が越前国(現在の福井県)藩主「松平忠直」(まつだいらただなお)に嫁ぐ際、松平家に童子切安綱を贈っています。

松平家の所持物となった童子切安綱は、そこで不思議な力を発揮しました。勝姫の子「松平光長」(まつだいらみつなが)が生まれて間もないときのこと。夜泣きの収まらない松平光長の枕元に童子切安綱を置くと、夜泣きがぴたりと止んだというのです。童子安綱切が、松平光長に取り憑いた何かを、追い払ったのかもしれません。

村山寛二と渡辺三郎

1945年(昭和20年)頃、松平家は童子切安綱を手放しました。それから童子切安綱は、ある裁判に巻きこまれます。

ことの発端は、「村山寛二」(むらやまかんじ)という愛刀家が、せっかく手に入れた童子切安綱を担保にして借金をしたことです。村山寛二から担保として童子切安綱を預かったのは「渡辺三郎」(わたなべさぶろう)という愛刀家でしたが、預かった直後に渡辺三郎が亡くなります。その後、童子切安綱の所有権をめぐって村山寛二と渡辺三郎の遺族の間で争奪戦が起こり、裁判にまで発展したのです。

しかし、裁判は最高裁までもつれたのち、意外な結末を迎えました。現在の文化庁の前身である「文化財保護委員会」が介入し、村山寛二と渡辺三郎の遺族に2,600万円を払って童子切安綱を買い上げたのです。そして、童子切安綱は文化財保護委員会により、東京国立博物館に移されることになったのでした。

1951年(昭和26年)には、国宝に指定。現在、童子切安綱は東京国立博物館に収蔵されており、展示会があると多くの刀剣ファンが集うほど、その人気は高いのです。

東京国立博物館

東京国立博物館

東京国立博物館

童子切安綱が収蔵されている東京国立博物館は、1872年(明治5年)に創設された国内で最も古い博物館のひとつです。

東京の上野公園内にあり、童子切安綱の展示会がたびたび行なわれています。

刀剣展示をしている博物館・美術館についてご紹介!

童子切安綱に匹敵する名刀 鬼切安綱

童子切安綱を作刀した大原安綱のもうひとつの代表作が、「鬼切安綱」(おにきりやすつな)です。1927年(昭和2年)には、重要文化財に指定されました。現在は、京都市上京区にある神社「北野天満宮」(きたのてんまんぐう)で保管されています。

「鬼切」という号の由来となったのは鬼退治の伝説です。あるとき、源頼光は牛のように巨大な鬼に襲われたのですが、返り討ちにしました。その鬼の首を切り落としたことから、源頼光の日本刀(刀剣)は鬼切と名付けられた訳です。

童子切安綱といい鬼切安綱といい、大原安綱の作刀した日本刀(刀剣)は鬼退治と縁があります。

童子切安綱の解説

天下五剣の筆頭の地位を確立し、「日本刀[刀剣]における横綱の一角」とも称えられる童子切安綱。なぜこれほどまでに評価が高いのかを探るべく、童子切安綱の「基本情報」、「鋒/切先」(きっさき)、「造り」、「刃文」、「地鉄」、「」(なかご)、「」(こしらえ)について解説していきます。

童子切安綱の基本情報と鋒/切先

童子切安綱の基本情報

童子切安綱の基本情報

刃長80.2cm、反り2.7cm、元幅2.9cm、先幅2.0cm、鋒/切先の長さ3.1cmで、強い反りと幅の広い刀身が童子切安綱の姿の特徴です。

短めの鋒/切先は、平安時代後期から鎌倉時代初期に作られた太刀の傾向が表れています。

鋒/切先の種類

鋒/切先の種類

童子切安綱の造り

造りには、「鎬造り」(しのぎづくり)と「庵棟」(いおりむね)を採用。鎬造りとは、刀身の刃側と刀身の背にあたるの間に角を立てた稜線を入れる造りのことで、「本造り」とも呼ばれています。

庵棟とは、刀身を断面状で見た形が、日本の伝統的な屋根の形に見える造りのことです。

棟の種類

棟の種類

童子切安綱の刃文

刃文は、小さな波状の線が続く小乱れ。鋒/切先に向かって伸びており、金筋が刃の美しさを際立たせています。

帽子」(ぼうし)は、表面が「小丸」(こまる)で、裏面が「掃掛」(はきかけ)。小丸とは鋒/切先で小さな弧を描く刃文のことで、掃掛とは焼刃の頭から地に向かって、ホウキで掃いたような筋が出ている刃文のことです。

刃文の種類

刃文の種類

童子切安綱の地鉄

地鉄は色が黒く、模様は板目肌になっています。板目肌とは、木材を削った際に出てくる板目のような文様のことです。

また、刀身の地鉄には「地斑」(じふ)が入っています。地斑とは、地景(地鉄にあらわれる青黒い線)が重なって、複雑な「斑」(まだら)になった模様のことです。

地鉄の種類

地鉄の種類

童子切安綱の茎

茎は、「磨上げ」(すりあげ)をしていない、作刀当初の形を残した「生ぶ茎」。

磨上げとは、茎尻を切り縮めて刀身全体を短くすることです。日本刀(刀剣)は、時代の状況にあわせて形状を変えることが多かったため、磨上げをしていない作刀当初の姿はとても貴重。

また、目釘穴がひとつあり、表面には「安綱」の2文字の銘が切ってあります。茎尻は、栗の実のように丸みを帯びた栗尻です。

茎尻の形状

茎尻の形状

童子切安綱の拵

拵は、(さや)の上部の紐と柄糸を巻き締めた「糸巻拵」(いとまきこしらえ)で、鞘部分は表面に漆を塗ったあとに金を蒔いた「金梨地」(きんなしじ)です。

拵は、安土桃山時代に作られた物。もとの拵がどんな物であったか、詳細は明らかではありません。

童子切安綱

童子切安綱をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「天下五剣」の記事を読む


天下五剣とは

天下五剣とは
素晴らしい名刀を賛美して、「天下五剣」(てんがごけん)と呼ぶ言葉があります。具体的に、どの日本刀(刀剣)のことを言うのか、ご存知でしょうか?どんなところが優れているのか。なぜ「5」という数字なのかなど、詳しくご紹介します。

天下五剣とは

三日月宗近

三日月宗近
「三日月宗近」(みかづきむねちか)は、数ある日本刀(刀剣)の中でも特に名刀と言われた天下五剣の1振で、その最大の特徴と言えば、その名の由来にもなった三日月形の「打ちのけ」(刃の模様)です。刃の縁に沿って浮かび上がるいくつもの半月状の文様は、観る者を魅了して止みません。また、腰の反りが高く、鋒/切先(きっさき)へ向かってすらりと伸びた独特の曲線を描く刀姿も高く評価されています。この、「天下五剣」(てんがごけん)で最も美しいとされる三日月宗近とは、どのような日本刀(刀剣)なのでしょうか。

三日月宗近

鬼丸国綱

鬼丸国綱
数ある名刀の中でも特に名刀と言われた「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)は、鎌倉時代の刀工「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)が作刀した太刀です。鬼丸の号(ごう:呼び名)は、かつての所持者「北条時政」(ほうじょうときまさ)を苦しめた小鬼を退治したという逸話に由来。ここでは、数々の逸話を有する「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有財産)である鬼丸国綱をご紹介します。

鬼丸国綱

大典太光世

大典太光世
「大典太光世」(おおでんたみつよ)は、戦国武将「前田利家」(まえだとしいえ)を先祖とする旧加賀藩主・前田家に伝わる日本刀(刀剣)です。前田利家や、その娘である「豪姫」(ごうひめ)といった人物にかかわり、前田家の歴史と共に長い時を亘って来ました。鎺(はばき)の裏には、梅をモチーフにした前田家の家紋が入っています。大典太光世には、前田家の人々が生きてきた証しが込められているのかもしれません。ここでは、前田家伝来の名刀であり、「天下五剣」(てんがごけん)の1振でもある大典太光世についてご紹介します。

大典太光世

数珠丸恒次

数珠丸恒次
武器として用いられる日本刀(刀剣)でありながら、人々を苦しみから救い出すための仏教で用いられる「数珠」(じゅず)という言葉が、その号に付けられている「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)。それ故に、名刀とされる「天下五剣」(てんかごけん)の中でも、とりわけ異彩を放つ存在であると言えます。ここでは、数珠丸恒次にまつわるエピソードなどを紐解きながら、日本刀(刀剣)と仏教、一見すると相反する両者が結び付いた理由について探っていきます。

数珠丸恒次

注目ワード

ページトップへ戻る