日本刀を知る

居合・抜刀

文字サイズ

「居合・抜刀」は異色の剣術だと言われています。鞘から刀身を抜いた状態から始まる通常の剣術とは対照的に、居合・抜刀術は、鞘からいかにして刀身を抜くかと言う点に、奥義があるとされているためです。すなわち、刀身を抜いた時点でほぼ勝負は決しているというのが基本的な考え方。
それは、現代武道である「居合道」、「抜刀道」でも変わりません。
ここでは、居合・抜刀における基本的な日本刀の所作(刀法)を学んだあと、日本刀を鞘から抜いて斬ることを実践している古武道と現代武道をご紹介します。

古武道と現代武道古武道と現代武道
居合術・技刀術などの古武道(古武術)の種類や歴史などをご紹介します。

刀法の基本的な所作

鯉口を切る

鯉口を切る

鯉口を切る

」(さや)から刀身を抜く際、最初に行なうのが鯉口(こいくち)を切る動作です。

鞘に納まっている日本刀は、刀身が鞘に接触しないように、「」(はばき)が鯉口で刀身を固定しています。

これは、刀身に錆などを発生させない配慮とともに、鞘から刀身が抜け落ちてしまうことを防止する工夫でもありました。

左掌で鞘を握り、親指で「鍔」(つば)を「」(つか)の方向に押し出す所作は、円滑に抜刀するための予備動作だと言えます。

柄に手をかける

柄に手をかける

柄に手をかける

鯉口を切って、刀身を抜く準備を整えたあと行なうのが、右手で柄を握る所作です。

江戸時代に用いられていた「打刀」は、刃を上にして佩いていたため、手首を返して鍔に近い場所を下から包み込むようにして握るのが基本。こうすることで、抜刀と同時に攻撃を仕掛けることができるのです。

日本刀を抜く

日本刀を抜く

日本刀を抜く

柄に手をかけたあとは、柄を握った右手を体の前に伸ばして抜刀します。コツは柄頭(つかがしら:柄の先端部分)を相手の方向に向けること。これを意識することで、鞘に収まっている刀身を素早く抜くことができるのです。

抜き付け

抜き付け

抜き付け

抜刀の動作を始め、刀身の「鋒/切先」(きっさき)が3寸(約9cm)ほど鞘に残っているところで、鯉口を切る所作の際に鞘を握っていた左手で鞘を後ろに引きます。

刀身が鞘から抜けたところで、腰を入れて右手一本で真一文字に払うように一閃。初めは静かに抜かれた日本刀は、急加速し、最後は疾風のごとき速さで敵を切り付けます。

一刀必殺の鋭さによって、大抵の場合、この段階で勝敗が決する重要な所作です。

振りかぶり

振りかぶり

振りかぶり

前述した抜き付けでも勝敗が決しない場合、追撃を行なう必要が生じます。

右手で真横に一閃した状態の日本刀を振りかぶるのですが、このとき、抜き付けで鞘を握っていた左手も柄に添えて両手で日本刀を握るのです。

斬り下ろし

斬り下ろし

斬り下ろし

両手で柄を握り、大きく振りかぶった日本刀の鋒/切先が、大きく弧を描き、敵の頭から「水月」(すいげつ:人体の急所=みぞおち)まで一気に振り下ろします。

第一撃となる抜き付けに続く攻撃であることから、「二の太刀」とも呼ばれる所作です。

残心・血振り

残心・血振り

残心・血振り

斬り下ろしたあとは、気を抜くことなく、周囲に気を配り、戦闘態勢を崩さないことが重要です。「残心」とは、文字通り心を途切れさせることなく保ち続けること。最後の瞬間まで、緊張感を持続しなければなりません。

そのあと、日本刀を納める準備を開始。左手を柄から離し、右手で柄を回しながら左肩の方向に刀身を持ち上げます。そして、右斜め下に向けて振り下ろすことで、刀身に付着した敵の血を振り落とします。

納刀

納刀

納刀

残心を示しつつ、確実に鞘に刀身を納めることが重要です。納刀は、柄を握っている右手で刀身を制御して鞘に納めると言う印象がありますが、左手も大きな役割を担っています。

すなわち、鞘の鯉口付近を左手で握って、日本刀を鯉口へと誘導し、鋒/切先が入ったら、鍔の方向に鞘を送っていくのです(鞘送り)。

ポイントは、右手で操作しすぎないこと。この基本的な所作に習熟していれば、さらに技巧的な納刀法もスムーズに習得することができます。

日本刀で斬る「居合・抜刀術」

古武道の「居合・抜刀術」においては、刀法を修める「形」の修練を積むことが一般的です。そんななかで、日本刀を用いて実際に斬る演武を行なう流派があります。

「初實剣理方一流甲冑抜刀術」(しょじつけんりかたいちりゅうかっちゅうばっとうじゅつ)と言う流派です。甲冑を身にまとい、抜刀した太刀で斬り合ったあと、相手にとどめを刺すまでの一連の動作を行なう点が特徴的な流派。

演武において、巻藁がスパッと切り落とされるシーンから、日本刀の切れ味を感じ取ることができるのです。

刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

抜刀道と日本刀

武器としての日本刀

「現代武道」のひとつである「抜刀道」では、本物の日本刀、いわゆる「真剣」(本身:ほんみ)を使用します。

いわゆる日本刀を使用して、抜刀から納刀までの一連の動作を行なうと言う点で、「居合道」と混同されることがありますが、「形」を重視して合金製の「居合刀」(模擬刀)を使うことが多いとされる居合道に対して、抜刀道は、物体を斬る道具として日本刀を使用。

そのため、日本刀を武器として扱っている武道であると言えるのです。

日本刀の選び方

抜刀道で実際に使われる日本刀は、どのような物が適しているのでしょうか。

抜刀道を創始・確立した中村泰三郎は、著書「日本刀精神と抜刀道」で、抜刀道における実用刀の選び方で大切なのは「バランスの取れた刀」であるとし、具体的な選定ポイントについて、以下のように記しています。

  1. 刀身は2尺3~4寸(約69~72cm)
  2. 刀を重く感じる場合は、「」に鉛を入れるなどして改造し、バランスを取ると良い
  3. 刀部分の横幅は1寸1分(約3.3cm)
  4. 反りは5~6分(約1.5~1.8cm)
  5. 元幅(付け根部分)2分(約0.6cm)で、物打ち(実際に斬る部分)が1分5厘(約0.45cm)
  6. 柄に茎を固定する目釘穴は2つ(柄から茎が抜け落ちてしまうことを防ぐため)

これらのポイントに留意しながら実物を手にして、感触や扱いやすさなど、自分に合った1振を刀剣商などから購入するのが一般的です。また、流派によっては、独自の規定を設けている場合があるため、事前に相談・確認することが重要だと言えます。

真剣はどれぐらい斬れるのか

真剣を使う武道

抜刀道では、本物の日本刀が使用されます。

現代の居合道では、真剣に似せて作られた合金製の居合刀(模造刀:もぞうとう)を使う流派が増えていますが、実際に物を斬ることに重きを置く抜刀道において、真剣は欠かすことのできない「道具」なのです。

しかし、日本刀に直に触れ、なおかつそれを使用して試し斬りを行なう機会は、中々ありません。そのため、「日本刀って、どれぐらい斬れるのだろう?」と言う疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

速く、確実に斬る

現代の銃刀法では、刀身が2尺(約60cm)以上は「刀」もしくは「太刀」、1~2尺未満は「脇差」(わきざし)、1尺未満は「短刀」(たんとう)と分類されており、抜刀道で使われるのは刀です。

刀身の「横手筋」から10cm前後下った「物打」(ものうち)と呼ばれる部分が最もよく斬れる部分で、ここをいかに速く、確実に対象物に打ち込むかで切れ味は大きく変わるとされています。

刀身の真ん中あたりが一番斬れる部分のようなイメージがありますが、そうではないのです。

牛の首を、いとも簡単に…

中村泰三郎は、著書「活人剣 抜刀道」の中で、終戦時に必要に迫られ3頭の牛の首を斬り、食糧にあてたことを記しています。

「刀は骨から大動脈を斬り、首の4分の3まで斬り込み、血は滝のように吹き出し、思うほど暴れずに絶命した」との記述から、その凄まじい切れ味がうかがえるのです。

抜刀道の試し斬りでは、かつては主に巻藁が使用されていました。現在も巻藁に加えて竹や豚肉、鉄兜(てつかぶと)が使われることも稀にありますが、入手のしやすさや、切り口の美しさから現在はほとんどの場合、畳表が使用されています。

日本刀が凄まじい切れ味を誇っているからと言っても、振り下ろせば簡単に斬れるわけではありません。「間合い」、「刃筋」(はすじ)、「角度」、「円形線」(えんけいせん)が高いバランスで一致したときのみ、その本来の切れ味が発揮されるのです。

うまくいけばいくほど、ほとんど手応えを感じることなく斬れると言われています。

「日本刀の切れ味~抜刀道~」のYouTube動画

日本刀の切れ味を
YouTube動画でご覧頂けます。

日本刀の切れ味~抜刀道~

抜刀道の試合

抜刀道の試合ルール

抜刀道の試合

抜刀道の試合

抜刀道には「全日本抜刀道連盟」、「日本抜刀道連盟」、「國際居合抜刀道連盟」といった団体があり、年間を通して様々な大会や試合が開催されています。

試合では、選手が紅白に分かれ、畳表を試し斬り。その作法や姿勢、畳表の切り口などを公認審判員が採点し、旗の数を競います。

試し斬りの方法としては、斜めに斬る「袈裟斬り」と水平に斬る「横一文字斬り」がよく知られています。また、抜刀道では、先鋒・中堅・大将の3人による団体戦もあり、その場合は1本の畳表を3人が順に試斬。

技だけではなく、その理解度や精神修養の深さも判断され、これらが総合的に採点されます。

昭和の剣豪・中倉清監修の制定刀法

ここでは昭和の剣豪のひとり、「中倉清」(なかくらきよし)が監修した日本抜刀道連盟の「制定刀法10本」をご紹介します。制定刀法とは、大会などで技術を競うためのもとになる形のことです。

中倉清は、1910年(明治43年)生まれ2000年(平成12年)に89歳で亡くなるまでに剣道や居合道、抜刀道において大きな足跡を残した人物です。

この日本抜刀道連盟「制定刀法10本」は、1996年(平成8年)に創案されました。

なお、中村泰三郎を始祖とする「中村流」では、書道をヒントに中村泰三郎が創案した「八方斬り」が制定刀法とされています。

2人はともに、流派や所属する連盟を超えた「抜刀道の大団結」を提唱していましたが、制定刀法の統一が困難なことから、彼らの願いも叶わぬままとなっているのです。

いずれにしても日本抜刀道連盟「制定刀法10本」が、中村流「八方斬り」と並んで広く知られている技であることは間違いありません。

以下の10本で構成される「制定刀法10本」は、同連盟のホームページで実技の動画も公開されており、抜刀道の世界で広く実践されています。

日本抜刀道連盟「制定刀法10本」

一本目:上段先取り
不動の姿勢(自然体)から、静かに日本刀に手を掛けて「鯉口」を切り、抜刀して中段に構える。

そのあと、左上段に構えて相手との間合いを詰め、相手の突きを察知し、右足を右斜め前に大きく踏み込んで体をかわし、素早く相手の左面を斬る。

斬ったあと、右足を引きながら左上段の構えとなって残心を示し、左足を引きながら左手を柄から離して左帯に送るのと同時に、袈裟に振り下ろして血振りを行ない、納刀する。

二本目:左払い左袈裟(ひだりばらいひだりけさ)
中段に構えて間合いを詰め、左足を踏み出すのと同時に、相手の日本刀をすばやく左に払って振り上げ、右足から右斜め前に踏み込んで体をかわし、相手の左肩口から左袈裟に斬り下ろす。足は逆八の字に開き、等しく両膝を浅く曲げ、腰を落として斬る。

三歩下がりながら、鋒/切先を下げ、倒れた相手に鋒/切先を向けて残心を示し、横血振りを行ない納刀する。

三本目:右払い小手
中段に構えて間合いを詰め、送り足で一歩進むと同時に、相手の日本刀を右に跳ね上げて払い、さらに左足で一歩踏み込んで、相手の右小手を斬り落とす。

三歩下がりながら鋒/切先を下げ、倒れた相手に鋒/切先を向けて残心を示し、横血振りを行ない納刀する。

四本目:左面・右袈裟
中段に構えて間合いを詰め、左足を踏み出すと同時に、相手の日本刀を素早く左に払って振り上げ、右足から右斜め前に踏み込んで体をかわし、相手の左側を斬る。

日本刀を返し、大きく振り上げると同時に、左足を踏み込んで腰を落とし右袈裟に斬り下ろす。三歩退がりながら鋒/切先を下げ、倒れた相手に鋒/切先を向けて残心を示し、横血振りを行ない納刀する。

五本目:右面・左袈裟
中段に構えて間合いを詰め、右足を踏み出すと同時に、素早く相手の日本刀を右に払い上げ、そのまま日本刀を振り上げて左足から左斜めに踏み込んで体をかわし、相手の右側を斬る。

日本刀を返し、大きく振り上げ、右足を右に踏み込み、腰を落として相手の左袈裟を斬り下ろす。三歩下がりながら鋒/切先を下げ、倒れた相手に鋒/切先を向けて残心を示し、横血振りを行ない納刀する。

六本目:左袈裟・胴
中段に構えて間合いを詰め、左足を踏み出すと同時に、相手の日本刀をすばやく左に払って振り上げ、右足から右斜め前に踏み込んで体をかわし、相手の左肩から左袈裟に斬り下げる。

日本刀を返して、左足から右斜め前に踏み込んで、相手の右胴を水平に斬り抜く。

三歩下がりながら鋒/切先を下げ、倒れた相手に鋒/切先を向けて残心を示し、横血振りを行ない納刀する。

七本目:逆袈裟・袈裟
中段に構えて間合いを詰め、右足を踏み出すと同時に、相手の日本刀をすばやく右に払い、左足を出しながら左脇構えを取り、右足を斜め前に踏み込むと同時に、右逆袈裟に斬り上げる。日本刀を返して、腰を落として左袈裟に斬り下げる。

三歩下がりながら鋒/切先を下げ、倒れた相手に鋒/切先を向けて残心を示し、横血振りを行ない納刀する。

八本目:抜き打ち・突き
相手に向かい立つ位置を左にずらしてから歩み寄り、間合いに入るや否や左足前で日本刀に手を掛け、右足を相手に向けて踏み込むと同時に、片手抜き打ちに相手の右頸部を斬る。

左・右足と下がって間合いを取り、ただちに中段に構え、右足から踏み込んで相手のみぞおちを両手で突く。

一本目と同様に、左上段の構えとなって残心を示し、袈裟血振りを行ない納刀する。

九本目:三段斬り(右面・左袈裟・胴)
基本姿勢で右足から進み、左足前で日本刀に手を掛け、右足で踏み込むと同時に片手抜き打ちに相手の右側を斬る。

両手で相手の左肩口を左袈裟に斬り下げ、返す刀で右胴を水平に斬り抜く。

左袈裟に斬り下げた日本刀を止めることなく、瞬時に右胴を斬る。

三歩下がりながら鋒/切先を下げ、倒れた相手に鋒/切先を向けて残心を示し、横血振りを行ない納刀する。

十本目:三段斬り(斬り上げ・左袈裟・胴)
基本姿勢で右足から進み、左足前で日本刀に手を掛け、刃が下になるように鞘を返す。

右足で踏み込むと同時に、右片手で右逆袈裟に斬り上げ、続いて両手で左袈裟に斬り下げ、返す刀で右胴を水平に斬り抜く。

左袈裟に斬り下げた日本刀を止めることなく瞬時に右胴を斬る。

三歩下がりながら鋒/切先を下げ、倒れた相手に鋒/切先を向けて残心を示し、横血振りを行ない納刀する。

居合・抜刀

居合・抜刀をSNSでシェアする

「日本刀を知る」の記事を読む


国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣
国内外問わず、美術品として高い人気を誇る日本刀。時代を超えて現代に残る日本刀は、その歴史的・美術的価値を守るために、「有形文化財」として登録されることがあります。日本刀の価値を高め、後世に残すための「文化財保護法」。また、それに付随する「国宝」や「重要文化財」とは何か、どのような基準で登録されるのか。分かりやすくご紹介します。

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

御物の日本刀とは

御物の日本刀とは
「御物」(ぎょぶつ)とは、皇室の私有品として天皇家に伝来した美術品や古文書などの所蔵品のこと。現在は宮内庁が管理しており、御物の中には日本刀も多数含まれています。その理由は、大名などから献上された他、「明治天皇」をはじめ「愛刀家」として知られる天皇らが名刀を収集したためです。御物の日本刀では、御物の歴史と共に御物に指定されている名刀をご紹介します。

御物の日本刀とは

守り刀・枕刀とは

守り刀・枕刀とは
日本には、古くから日本刀にまつわる風習が数多く伝わってきました。そのひとつが、大切な人を守護するために短刀を贈るという習慣で、これらの短刀は「守り刀」(まもりがたな)と呼ばれています。誕生したばかりの子どもや花嫁などの子女に贈る場合の他、故人の枕元や胸元に置くのも守り刀です。一方、就寝時に枕元へ置いて魔除けの効果をもたらす守り刀のことを「枕刀」(まくらがたな)と呼び、この慣習は武家の時代から行なわれていました。守り刀・枕刀とはでは、持ち主を護るための日本刀である「守り刀」についてご紹介します。

守り刀・枕刀とは

偽物の鑑別

偽物の鑑別
戦のない現代においては、「武具」としてだけではなく、「美術品」としての側面にもその価値が見出されている日本刀。その人気は日本のみならず海外にまで広がり、市場における流通量も増えているため、その分、贋作(がんさく:日本刀の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が出回っていることも事実。有名刀工の刀だと言われて高い金額で購入した日本刀が、実は本物ではなかった、というケースもあります。ここでは、日本刀好きの皆さんに、本当に価値のある日本刀の鑑賞を楽しんで頂くために、偽物の刀にはどのような特徴があるのか、そして、本物と偽物とを見極めるポイントについてご説明します。

偽物の鑑別

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の格付けと歴史

日本刀の格付けと歴史
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより刀剣の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」にもなったのです。ここでは、刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

日本刀の格付けと歴史

本阿弥家と折紙

本阿弥家と折紙
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としての「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としての「業物」(わざもの)の格付けなどです。これらの格付けによって能力と信用とが保たれ、土地に代わる「恩賞」として扱われていた刀剣。そんな格付けされた刀剣の「証明書」と言える物が「折紙」(おりがみ)であり、その「折紙」の起源、本阿弥家(ほんあみけ)とのつながり、書式や様式などを知れば、刀剣の世界がさらに広がります。この世界を広げるため、詳しく解説していきます。

本阿弥家と折紙

鞘書とは?

鞘書とは?
「鞘書」(さやがき)とは、日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

注目ワード
注目ワード