関市における刃物と観光

世界初の刃物博物館 フェザーミュージアム

文字サイズ

「フェザーミュージアム」は、岐阜県関市日ノ出町にある世界で初めての刃物の総合博物館です。「切る」をテーマに掲げた非常にユニークな博物館で、石器時代から現代までの様々な刃物が展示されています。最新の映像技術を使ったシアターや、実際に触れて学ぶ体験コーナーなども充実したフェザーミュージアムの魅力をご紹介します。なお、フェザーミュージアムの入場料は無料となっています。

フェザー安全剃刀株式会社が設立した刃物の総合博物館

フェザーミュージアム

フェザーミュージアム

「フェザー」のブランド名で知られるフェザー安全剃刀株式会社は、関安全剃刃製造合資会社を前身とする会社です。

現在のフェザー安全剃刀株式会社の本社は大阪にありますが、生産拠点である主力工場は岐阜県関市にあります。

そんなフェザー安全剃刀株式会社が2000年(平成12年)5月に開館した刃物の総合博物館が「フェザーミュージアム」です。

開館当時は「カミソリ文化伝承館・フェザーミュージアム」という名称でしたが、2016年(平成28年)3月にフェザーミュージアムの名でリニューアルオープン。

このリニューアルオープンによって見学がメインだった施設から「『切る』の未来を考える」をテーマにした体験型ミュージアムへとパワーアップして生まれ変わりました。

美濃伝を受け継ぐ関市の刃物作り

関市は古くから上質な刃物が作られてきた地域であり、全国的にも「刃物のまち」として有名です。関市の刃物作りの歴史をたどると、鎌倉時代に確立した日本刀作りの伝法「美濃伝」にルーツがあります。

戦が頻発し、武器としての日本刀の需要が高まった鎌倉時代、各地で日本刀が作られるようになりました。当時関市周辺の地域は「美濃」と呼ばれ、東西を行き来する役人や武将達の中継地点として発展。日本刀の需要に応えるように刀工が美濃へ移住し、美濃伝と呼ばれる伝法が確立しました。

五箇伝の中で最も新しく、強固で美しい美濃伝の日本刀は現在、戦の武器としてではなく貴重な美術品として珍重されています。

このような刃物の歴史や素晴らしい日本の技術をより多くの人に知ってもらおうと、フェザー安全剃刀株式会社が設立したのが、フェザーミュージアムなのです。

様々な「切る」がテーマ

切る という行為は、日常生活を営む上で必要不可欠です。食材を切る、布を切る、髪を切るなど、文明の進化と共に切るための道具も発展してきました。

切る の文化を知ることは、すなわち人間の文明について学ぶことにつながります。

フェザーミュージアムでは、切るの歴史や数々の刃物製品を展示。展示だけでなく、随所に体験ゾーンが設置されて、子どもから大人まで楽しめる施設となっています。

1階ではジャイアントフェザーがお出迎え

フェザーミュージアムは、1階と2階が展示フロアとなっています。

1階のエントランスホールへと入ると、超巨大な髭剃り「ジャイアントフェザー」が来館者を出迎えます。

また、昭和時代にタイムスリップした気分に浸れるのが「広報展示」コーナー。フェザー安全剃刀株式会社の過去の新聞広告や商品パッケージ、テレビCMなどで話題を集めた製品がずらりと並んでいます。

当時に思いを馳せながら、フェザー安全剃刀株式会社の歩みを知ることができるのです。

映像で学べるシアターもある

1階には鮮やかな映像を大画面で映し出す「シアター」コーナーがあり、フェザー安全剃刀株式会社の製品、サービス、剃刀の歴史について視覚や聴覚を通して知ることができます。

様々なクイズを出して来館者を盛り上げるのがフェザーミュージアムのオリジナルキャラクター「ひげ博士」。白衣を着た愛くるしいルックスの博士がシアターに登場し、フェザー安全剃刀株式会社の製品について分かりやすくレクチャーしてくれます。

オリジナルグッズが買えるショップも

ミュージアムショップでは、爪切りや剃刀を始めとしたフェザーミュージアムのオリジナルグッズを販売しています。ここでしか手に入らない物も多く、お土産に最適です。他にも、好みのヒゲやカツラを自分で選んで撮影できるフェザーミュージアム限定のオリジナルプリントシール機も設置されています。

大人気の記念撮影スポット

記念撮影スポット

記念撮影スポット

施設内には、安全剃刀と医療用メスの大型模型が飾られた「記念撮影」コーナーがあります。

ここは、小人のような気分になれる大人気の記念撮影スポットです。

友達や家族と一緒に撮影をして、SNSにアップしてみるのも良いでしょう。

2階では「切る」についてより深く学べる

フェザーミュージアムの2階では、「切る」に関する様々な道具や刃物にかかわる仕事、切るという動作の原理について紹介されています。

また、ガラスケースに覆われて壁一面に展示された刃物、切るをテーマに出題されるクイズコーナーなど刃物の特徴や歴史をより深く追求できるフロアとなっています。

思わず目を奪われる「カミソリウォール」

2階に上がって最初に目にするのは、カミソリウォール。その名の通り壁一面に1万7千枚もの剃刀の替刃を埋め込み、絵柄としてひとつの剃刀を浮かび上がらせています。

離れたところからは1枚の絵のように見え、とても剃刀の替刃でできているとは思えませんが、近づくと替刃を使っているのが確認できます。

日本で初めて国産の剃刀生産に成功したフェザー安全剃刀株式会社を象徴する展示となっています。

最新の技術に触れる「精密刃物展示」

医療用刃物

医療用刃物

医療用メス、理美容のハサミといった専門の道具がずらりと並ぶ精密刃物展示コーナーでは、その道のプロが使用する道具から技術の進化を学ぶことができます。

フェザー安全剃刀株式会社では、医療用メスを始めとしたメディカル製品を開発。ミクロレベルの精密さが要求される医療の現場で、フェザー安全剃刀株式会社は多くの医療従事者から信頼される高い品質の製品を生み出し続けています。

切る を様々な角度から学ぶ

2階の「切るのひみつ(原理・原則)」コーナーでは、切る の仕組みについて分かりやすく紹介しています。刃物の断面図を見ながら、どのような力が加わると物を切断することができるのか、物理的な視点で考察できます。

また、「切るのたくさん」のコーナーは、石器時代からはじまった刃物や刃物にまつわる道具の変遷を解説。

「切るの展示映像」コーナーに入ると、正面と左右の三面がすべて巨大スクリーンになっており、様々な切るにまつわる映像が映し出されます。

奥深さを実感する数々の展示物

2階にあるガラス張りの「収蔵庫」に展示されているのは、1万点を超えるフェザーミュージアムの収蔵品。安全剃刀、ハサミ、包丁など私達の生活に身近な道具をはじめ、日常生活で目にすることの少ない刀剣までが展示されています。

刃物の町、関市をPRする取り組み

関市では、関市の魅力を広く世界に発信しようと、様々な取り組みを行なっています。

その一環として、関市にある「岐阜県刃物会館」、「関鍛冶伝承館」(せきかじでんしょうかん)、「濃州関所茶屋」(のうしゅうせきしょちゃや)、「フェザーミュージアム」、「春日大社」などの日本刀や刃物にかかわる観光資源が集まったエリアを「刃物ミュージアム回廊」と名付けて整備を推進中。

どの施設も近隣に位置しているので、フェザーミュージアムを訪れたあとに立ち寄ることも可能です。

観光スポットが集合した刃物ミュージアム回廊

刃物ミュージアム回廊にある関鍛冶伝承館では、関市を代表する刀工、兼元(かねもと)・兼定(かねさだ)が手掛けた実物の日本刀を観ることができます。

実際に関市の刃物を購入したいなら、約2,000点を展示販売する岐阜県刃物会館がおすすめ。普段使いに便利なキッチン用品を始め、模造刀やナイフなどを購入することができるので、お土産選びにも最適です。

他にも関鍛冶の守護神が祀られている春日大社や観光の疲れを癒す休憩所濃州関所茶屋など、関市の観光を満喫できるエリアとなっています。

刃物のまちを世界に発信する観光施設へ

鎌倉時代に関市(美濃地方)で誕生した美濃伝。その技術は現代まで継承され、関市は日本を代表する刃物のまちとなりました。

現在、関市ではまちの魅力を世界へ向けてPRしようと、様々な取り組みをはじめています。

フェザーミュージアムは、その一端を担う観光拠点として大きな期待が寄せられているのです。

世界初の刃物博物館 フェザーミュージアム

世界初の刃物博物館 フェザーミュージアムをSNSでシェアする

「関市における刃物と観光」の記事を読む


包丁の選び方(種類・材質・ブランド)と基礎知識

包丁の選び方(種類・材質・ブランド)と基礎知識
包丁は私達にとって、最も身近な刃物のひとつです。「五箇伝」のひとつ「美濃伝」発祥の地であり、刃物のまちとして知られている岐阜県関市でも、数多くの包丁が製造されています。美濃伝の刀鍛冶が鍛えた日本刀は、「折れず、曲がらず、よく切れる」と言われ、戦国武将達に好まれました。日本の家庭用刃物のシェアで50%近くを占める刃物どころ・関市で製造されている包丁は、こうした美濃伝の特徴を承継。家庭用からプロ仕様まで、用途に応じて様々な種類、素材が存在する包丁と、その扱い方についてご紹介します。

包丁の選び方(種類・材質・ブランド)と基礎知識

関市で生まれたフェザー安全剃刀株式会社

関市で生まれたフェザー安全剃刀株式会社
1932年(昭和7年)7月1日に創業した「フェザー安全剃刀株式会社」(フェザーあんぜんかみそりかぶしきがいしゃ)は、世界中に多くのファンを持つ精密刃物メーカーです。 「フェザー」のブランド名で親しまれ、私達の生活に身近な安全剃刀の製造、理美容業務用の剃刀、さらには医療用メスの製造も手掛けています。 岐阜県関市で創業したフェザー安全剃刀株式会社の刃物製品には、関市で培われた日本刀や刃物制作の技術が活かされています。

関市で生まれたフェザー安全剃刀株式会社

刃物のまち関市の町並み散策と歴史巡り

刃物のまち関市の町並み散策と歴史巡り
古くは関所や日本刀の産地として栄えた岐阜県関市周辺。今でも関市内には、趣のある建物や寺社が数多く点在します。近年は、日本刀や刃物にかかわる施設も増えてきて、観光地として発展してきました。まだまだ知らない人も多い、岐阜県関市の町並みや観光スポットをご紹介します。

刃物のまち関市の町並み散策と歴史巡り

美濃伝を生んだ関市ならではの日本刀企画

美濃伝を生んだ関市ならではの日本刀企画
古くから日本刀の産地として知られ、現代は良質な刃物が作られる町として全国に知られる岐阜県関市。 関市では、日本刀にまつわる様々な企画を行なっています。ここでは、過去に開催された企画をいくつかピックアップしてご紹介します。

美濃伝を生んだ関市ならではの日本刀企画

関市の刃物産業

関市の刃物産業
日本のほぼ中央に位置する岐阜県関市。2014年(平成26年)の刃物製品の出荷額は369億円、同年の輸出額は106億円(出典:岐阜県輸出関係調査、平成29年度[関市の工業])を誇ります。名実共に、日本の刃物産業を支えているのが関市です。輸出額はピーク時の1985年(昭和60年)より減少していますが、日本を代表する刃物の産地であることに変わりはありません。 鵜飼いと清流で有名な長良川の中流部にあり、人口約8万9,000人(2018年[平成30年]4月1日現在)を数える関市で、なぜ刃物産業が勃興したのでしょうか。刀匠が関市に移り住んだところから始まる関市の刃物産業の歴史。こちらのページでは、関市独特の刃物産業の構造をご紹介しましょう。

関市の刃物産業

医療の現場で活躍する関市の刃物

医療の現場で活躍する関市の刃物
関市の刀剣作りは鎌倉時代に始まったとされ、今日まで日本の刃物文化の発展に貢献してきました。それゆえに関市は「刃物のまち」と名高く、高い品質が要求される医療用刃物を製造するメーカーも複数存在します。長い年月で培われた関市の刃物鍛造技術は、どのように医療用刃物に活かされているのでしょうか。いくつかのメーカーの実績などをもとに考察してみましょう。

医療の現場で活躍する関市の刃物

世界に認められた関市の刃物

世界に認められた関市の刃物
関市は「刃物のまち」として多くのファンを持ち、国内では高いブランド力を誇ります。実は、関市の刃物は国内のみならず海外の人々からも支持されています。関市の刃物ならではの品質やデザイン性の高さが、このような人気の背景にあるようです。ここでは刀剣の特徴をふまえつつ、関市の刃物が世界でどのように評価されているのか紹介します。

世界に認められた関市の刃物

関市の家庭用刃物

関市の家庭用刃物
九州から刀匠「元重」が移り住み、関市で初めて日本刀が作られたのは鎌倉時代。その後、室町時代には孫六兼元、兼定といった有名な刀匠を輩出しました。明治時代以降は家庭用刃物の生産に転向したものの、関市は今も刃物の町としてその名を知られています。 質の高い家庭用刃物を作る関市は、家庭用刃物の全国シェアの50%近くを占め、全国1位です。日本刀の時代から移り変わっても、包丁、ハサミ、ナイフなどの家庭用刃物の生産にシフトし、刃物産業を支え続ける関市。そんな刃物産業の中で重要な一角を担う関市の家庭用刃物についてご紹介します。

関市の家庭用刃物

関市の刃物 包丁の製造工程

関市の刃物 包丁の製造工程
包丁には、昔から日本で使われてきた和包丁と、日本人が本格的に肉食を取り入れるようになり明治以降に西洋から伝わった洋包丁があります。ただし、現在では包丁に使用する材質、製法などが変わってきていることもあり、区別がしづらくなってきているようです。ここでは材質、用途などが異なる和包丁と洋包丁とを比べ、鍛接(たんせつ)、鍛造(たんぞう)といった刀剣の制作技術を活かして作られる和包丁についてご紹介していきます。

関市の刃物 包丁の製造工程

注目ワード
注目ワード