関市における刃物と観光

関市の刃物 包丁の製造工程

文字サイズ

包丁には、昔から日本で使われてきた和包丁と、日本人が本格的に肉食を取り入れるようになり明治以降に西洋から伝わった洋包丁があります。ただし、現在では包丁に使用する材質、製法などが変わってきていることもあり、区別がしづらくなってきているようです。ここでは材質、用途などが異なる和包丁と洋包丁とを比べ、鍛接(たんせつ)、鍛造(たんぞう)といった刀剣の制作技術を活かして作られる和包丁についてご紹介していきます。

全鋼製の本焼包丁、地金と鋼からなる鍛接包丁

和包丁と言うと、大まかには総鋼無垢でできている本焼包丁、軟鉄と鋼を叩き鍛え合わせてできている鍛接包丁に分けられます。

本焼包丁とは、すべて鋼でできている全鋼製の本焼という技術を用いた包丁。腕の高い職人が作ると切れ味の鋭い包丁ができます。しかし、扱いも難しく、本焼包丁を使うのは経験を積んだ料理人が多いようです。

一方、鍛接という技術を用いて地金に刃の部分となる硬い鋼が付いているのが鍛接包丁。研ぎやすく刃が付けやすいため、手入れが容易です。鍛接包丁には片刃と諸刃があり、片刃とは、包丁の土台になる地金の部分に鋼(はがね)が片面側に張り付いた物を言い、諸刃とは、鋼が地金に挟まり、表と裏が同じ角度で刃付されている物を言います。

包丁の断面構造

包丁の断面構造

用途に合わせて多種多様にある和包丁

和包丁でよく知られている物は柳刃(やなぎば)、もとは洋包丁の牛刀が変化した鎌型、菜切包丁(なきりぼうちょう)などがあります。

他にも刃の幅が広く、野菜を切るのに適した薄刃包丁、骨などを叩けるよう刃厚が厚く、魚の三枚おろしに用いる出刃包丁、細長く、薄い片刃が付いており、引き切りをする刺身に適した刺身包丁(柳刃)、さらには、鰻さき、そば切、ハモ切、舟行、鎌形薄刃、寿司切、ふぐ引などもあります。

も打ち込み式で作られていましたが、近年は材質にステンレス鋼が使われ、洋包丁と同様に作られることが多く、洋包丁式に柄も鋲(びょう)で固定する物も作られているそうです。

包丁の種類

包丁の種類

日本で生まれた万能洋包丁もある

洋包丁には、鋼でできている物とステンレスでできている物があります。

主に野菜を切る薄刃包丁、野菜や果物などの皮むき、小細工に使われるぺティーナイフ、細長くて厚が薄い波状の刃が付いたパン切り包丁、他に骨スキ、ガラスキ、筋引、洋出刃などがあります。

万能包丁と言われる三徳包丁は日本で考案された包丁ですが、使い方や制作方法が洋包丁と同じなため、洋包丁として扱われています。

この三徳包丁は、和包丁である菜切包丁と洋包丁である牛刀それぞれの特長を活かし、両方の利点を持っています。

良い包丁の条件とは?

和包丁、洋包丁、それぞれに利便性や特徴がありますが、なんと言っても良い包丁の第1条件は、切れ味の良さが挙げられます。

包丁は、材質、鍛造温度、焼き入れなどの制作条件が良いに越したことはなく、最初に良く切れれば、まず心配はないと言います。切れ味の持続性も重要視したい点で、研ぎ易さも大切です。

包丁を選ぶ場合は、専門店や金物店でお店の人に相談し、選んでもらったら、実際に手に持ってみて大きさ、重さなど自分に合ったサイズの物を選択しましょう。

鍛冶、研ぎ、柄付けの工程を経て和包丁は作られる

和包丁

和包丁

和包丁はどのように作られているのでしょうか。本格的な和包丁は、幾つもの制作工程を経て生み出され、大まかに、鍛冶、研ぎ、柄付けの3工程を分業で行なっています。

日本では、岐阜県関市をはじめ大阪府堺市新潟県三条市などで和包丁が作られていますが、いずれも制作工程に大きな違いはありません。

大まかに言うと、包丁の材質となる金属を火で熱し、ハンマーで叩き、のばして包丁の形にします。さらにハンマーで叩いて、金属を鍛え、ある程度の形ができたら焼き入れを行ない、硬度を上げます。それから焼き戻しをして刃の切れ味を良くし、全体を整えたら研ぎの作業に入ります。そして柄を付けて完成です。より本格的な包丁を作ろうとすると工程は増え、鍛冶だけでも数十もの工程となります。

それでは鍛冶、研ぎ、柄付けそれぞれの工程を見てみましょう。

包丁作りの最初の工程となる鍛冶

包丁の形を作るのが、最初の工程の鍛冶です。片刃と諸刃の鍛接包丁を例に見てみましょう。

鍛接包丁は、丈夫さと切れ味を両立するために、やわらかくしなやかな地金と硬度の高い鋼を、刃の部分にあたる刃鉄(はがね)に使います。

まずは①刃金つけと言われる工程ですが、地金と刃鉄を炉で溶かしてやわらかくして、ハンマーで叩きます。それから②全体を叩いて、薄く延ばしたら一度冷まします。これは③焼きなましという工程で、その後必要な部分のみを残して④切り落として整形します。

①刃金つけ ②叩いて伸ばす ③焼きなまし ④切り落とし
①刃金つけ ②叩いて伸ばす ③焼きなまし ④切り落とし

十分に包丁の原型が冷えたらさらに⑤ハンマーで叩き、不要な成分を叩き出します。それが済んだら、切れ味を良くする裏すき部分を作ります。それから⑥泥塗りと言う工程に入りますが、これは刃金の硬度を上げる焼き入れを行なうための前工程になります。

⑦焼入れでは、刃鉄の部分を約800度に熱し、水や油に入れて一気に冷まします。刃鉄に使う刃金は、急激に冷ますことで成分が変わり、硬度が上がります。⑧焼き戻しと言う、粘り強く長切れする金属組織を作り出す、重要な工程にあたります。100度ほどに再度熱し、また冷やすことでしなやかな包丁にします。

そして包丁の歪みなどを確認する歪み直しまでが、鍛冶の工程となります。

⑤ハンマー叩き ⑥泥塗り ⑦焼き入れ ⑧焼き戻し
⑤ハンマー叩き ⑥泥塗り ⑦焼き入れ ⑧焼き戻し

研いでは確認する作業を繰り返す

鍛冶のあとは、鋭い刃にするための研ぎの工程に入ります。荒研ぎ、本研ぎ、裏研ぎ、ぼかし、仕上げの順に工程を追ってみましょう。

まずは、包丁の刃の基礎部分を研ぎだす荒研ぎです。荒研ぎは、包丁の刃の角度を決める大事な工程。ここは手作業ではなく、回転砥石を使い、研ぎながら包丁の歪みを確認します。

次は切れる包丁に仕上げるための本研ぎです。包丁の刃の厚みもここで調整します。ここでも、包丁の歪みを随時確認しつつ研ぐ作業が繰り返し行なわれ、その後、裏も研ぎます。裏部分が平らになっているか否かで、包丁の切れ味が左右されるのです。

そして、地金(じがね)と刃鉄の境目となる刃文を目立たせるために、砥石の粉を練った物をゴム片に付けて包丁の刃にこすりつけていきます。この工程をぼかしと言い、その後、目の細かい砥石を使い、研ぎ仕上げに入ります。

職人の手による和包丁の素晴らしさ

最後の工程が柄付けです。和包丁の特徴のひとつとして、柄が差し込み式になっていることが挙げられます。

木から削り出した柄に穴をあけ、そこに包丁の刃ではない中子(なかご)という部分を差し込みます。中子の差し込まれる部分は柄が腐りやすく、抜けてしまうため、中子を赤くなるまで熱し、柄の内側を焼き付けるように差し込みます。内部を焼くことで腐るのを防ぎ、ぴったりと包丁が柄と固定されるのです。

ちなみに、洋包丁は鋲で留めて固定して仕上げます。このように、1本の和包丁が作られるまでにたくさんの工程を経ています。

もちろん機械で良質な包丁を制作しているメーカーもありますが、職人の技が生きる手作りの和包丁は長持ちし、切れ味も良く、最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

関連YouTube動画

  • 包丁とは| YouTube動画
    包丁とは
  • 包丁の構造・作り方| YouTube動画
    包丁の構造・作り方

関市の刃物 包丁の製造工程

関市の刃物 包丁の製造工程をSNSでシェアする

「関市における刃物と観光」の記事を読む


包丁の選び方(種類・材質・ブランド)と基礎知識

包丁の選び方(種類・材質・ブランド)と基礎知識
包丁は私達にとって、最も身近な刃物のひとつです。「五箇伝」のひとつ「美濃伝」発祥の地であり、刃物のまちとして知られている岐阜県関市でも、数多くの包丁が製造されています。美濃伝の刀鍛冶が鍛えた日本刀は、「折れず、曲がらず、よく切れる」と言われ、戦国武将達に好まれました。日本の家庭用刃物のシェアで50%近くを占める刃物どころ・関市で製造されている包丁は、こうした美濃伝の特徴を承継。家庭用からプロ仕様まで、用途に応じて様々な種類、素材が存在する包丁と、その扱い方についてご紹介します。

包丁の選び方(種類・材質・ブランド)と基礎知識

関市で生まれたフェザー安全剃刀株式会社

関市で生まれたフェザー安全剃刀株式会社
1932年(昭和7年)7月1日に創業した「フェザー安全剃刀株式会社」(フェザーあんぜんかみそりかぶしきがいしゃ)は、世界中に多くのファンを持つ精密刃物メーカーです。 「フェザー」のブランド名で親しまれ、私達の生活に身近な安全剃刀の製造、理美容業務用の剃刀、さらには医療用メスの製造も手掛けています。 岐阜県関市で創業したフェザー安全剃刀株式会社の刃物製品には、関市で培われた日本刀や刃物制作の技術が活かされています。

関市で生まれたフェザー安全剃刀株式会社

刃物のまち関市の町並み散策と歴史巡り

刃物のまち関市の町並み散策と歴史巡り
古くは関所や日本刀の産地として栄えた岐阜県関市周辺。今でも関市内には、趣のある建物や寺社が数多く点在します。近年は、日本刀や刃物にかかわる施設も増えてきて、観光地として発展してきました。まだまだ知らない人も多い、岐阜県関市の町並みや観光スポットをご紹介します。

刃物のまち関市の町並み散策と歴史巡り

世界初の刃物博物館 フェザーミュージアム

世界初の刃物博物館 フェザーミュージアム
「フェザーミュージアム」は、岐阜県関市日ノ出町にある世界で初めての刃物の総合博物館です。「切る」をテーマに掲げた非常にユニークな博物館で、石器時代から現代までの様々な刃物が展示されています。最新の映像技術を使ったシアターや、実際に触れて学ぶ体験コーナーなども充実したフェザーミュージアムの魅力をご紹介します。なお、フェザーミュージアムの入場料は無料となっています。

世界初の刃物博物館 フェザーミュージアム

美濃伝を生んだ関市ならではの日本刀企画

美濃伝を生んだ関市ならではの日本刀企画
古くから日本刀の産地として知られ、現代は良質な刃物が作られる町として全国に知られる岐阜県関市。 関市では、日本刀にまつわる様々な企画を行なっています。ここでは、過去に開催された企画をいくつかピックアップしてご紹介します。

美濃伝を生んだ関市ならではの日本刀企画

関市の刃物産業

関市の刃物産業
日本のほぼ中央に位置する岐阜県関市。2014年(平成26年)の刃物製品の出荷額は369億円、同年の輸出額は106億円(出典:岐阜県輸出関係調査、平成29年度[関市の工業])を誇ります。名実共に、日本の刃物産業を支えているのが関市です。輸出額はピーク時の1985年(昭和60年)より減少していますが、日本を代表する刃物の産地であることに変わりはありません。 鵜飼いと清流で有名な長良川の中流部にあり、人口約8万9,000人(2018年[平成30年]4月1日現在)を数える関市で、なぜ刃物産業が勃興したのでしょうか。刀匠が関市に移り住んだところから始まる関市の刃物産業の歴史。こちらのページでは、関市独特の刃物産業の構造をご紹介しましょう。

関市の刃物産業

医療の現場で活躍する関市の刃物

医療の現場で活躍する関市の刃物
関市の刀剣作りは鎌倉時代に始まったとされ、今日まで日本の刃物文化の発展に貢献してきました。それゆえに関市は「刃物のまち」と名高く、高い品質が要求される医療用刃物を製造するメーカーも複数存在します。長い年月で培われた関市の刃物鍛造技術は、どのように医療用刃物に活かされているのでしょうか。いくつかのメーカーの実績などをもとに考察してみましょう。

医療の現場で活躍する関市の刃物

世界に認められた関市の刃物

世界に認められた関市の刃物
関市は「刃物のまち」として多くのファンを持ち、国内では高いブランド力を誇ります。実は、関市の刃物は国内のみならず海外の人々からも支持されています。関市の刃物ならではの品質やデザイン性の高さが、このような人気の背景にあるようです。ここでは刀剣の特徴をふまえつつ、関市の刃物が世界でどのように評価されているのか紹介します。

世界に認められた関市の刃物

関市の家庭用刃物

関市の家庭用刃物
九州から刀匠「元重」が移り住み、関市で初めて日本刀が作られたのは鎌倉時代。その後、室町時代には孫六兼元、兼定といった有名な刀匠を輩出しました。明治時代以降は家庭用刃物の生産に転向したものの、関市は今も刃物の町としてその名を知られています。 質の高い家庭用刃物を作る関市は、家庭用刃物の全国シェアの50%近くを占め、全国1位です。日本刀の時代から移り変わっても、包丁、ハサミ、ナイフなどの家庭用刃物の生産にシフトし、刃物産業を支え続ける関市。そんな刃物産業の中で重要な一角を担う関市の家庭用刃物についてご紹介します。

関市の家庭用刃物

注目ワード
注目ワード