関市における刃物の特長
関市で生まれた美濃伝の鍛刀法 四方詰め
関市における刃物の特長
関市で生まれた美濃伝の鍛刀法 四方詰め

文字サイズ

日本刀(刀剣)を製造する技術のことを鍛刀法と呼びます。鉄を打ち、鍛え、日本刀(刀剣)にするためこの呼び名となりました。日本刀(刀剣)は刀鍛冶や刀工と呼ばれる職人の技術、さらに地域ごとにより、いろいろな鍛刀法があります。いくつかある鍛刀法のなかで、最も難しいとされる四方詰めとは、どんな鍛刀法なのでしょうか。

日本刀を製造する刀鍛冶について知ろう

刀鍛冶とは誰でも名乗れるものではなく、文化庁長官の許可が必要になります。許可を得るためには、まず、文化庁の承認を得ている刀匠の下で5年以上の修業経験が必要です。修業して4年後から受けられるのが、文化庁主催である美術刀剣刀匠技術保存研修会。研修会では、簡略化した方法で一尺三寸の鎬造り(しのぎづくり)の小脇差を作る試験が実施されます。

試験が行なわれる研修会は8日間を費やしますが、少ないときは年に2名しか修了証書を得られないという狭き門。高い技術と経験が必要な刀鍛冶には、それぞれに刃文や技法があります。息をのむほど美しい刃文を観ていると、刀鍛冶は芸術家と言われるのもうなずけるのではないでしょうか。

刀鍛冶は高齢化、後継者不足が深刻化している状況にあるものの、日本では現在約300名の職人が活躍しています。

室町時代には関だけで刀鍛冶が300人以上

日本刀(刀剣)作り

日本刀(刀剣)作り

名刀の産地として知られる岐阜県関市。鎌倉時代に元重が関に移り住んだことを機に、同地にて刀鍛冶の歴史がスタートしました。長良川、津保川の水、関で炉に使う上質な松炭が取れたこともあり、まさに日本刀(刀剣)作りに最適な地だったのです。

関で作られた良質な日本刀(刀剣)は武士に愛用され、室町時代には関だけで刀鍛冶が300人以上も住んでいたとされています。

数多く存在する世界の刀剣

大きくて長い柄の付いた中国の青龍堰月刀(せいりゅうえんげつとう)や、短くて幅の狭いヨーロッパのマインゴーシュなど、世界中にはたくさんの刀剣がありますが、なかでもデザイン性はもとより、耐久性においても日本刀(刀剣)は最高ランクにあるとされています。

世界の刀剣には両刃の物や大きく湾曲している物もありますが、日本刀(刀剣)の特徴は反り。刃を弓なりに曲げ、刀身の背中にあたる(むね)に沿って(しのぎ)があります。これにより断面が六角形になり強度を高めているのです。

関の孫六が生み出した四方詰め

四方詰め

四方詰め

関の孫六と呼ばれる刀鍛冶、二代目兼元。1523年(大永3年)頃~1538年(天文7年)頃に刀鍛冶として活躍したとされています。

美濃伝と呼ばれる日本刀(刀剣)の作風を世に知らしめた人物で、同じく二代目兼定も美濃伝を広めた著名な刀鍛冶です。

二代目兼元が生み出したとされる鍛刀法(たんとうほう)が「四方詰め」(しほうづめ)で、この鍛刀法は美濃伝を作る関鍛冶ならではのもの。

なお、刀鍛冶が名前に兼の字を使うのは関の刀鍛冶のみに許されていることで、とても特別な一文字だと言えます。

兼元が生み出した鍛錬法

兼元(孫六)は、四方詰めにより頑丈な日本刀(刀剣)を作ることに成功しました。その後、関は日本一の名刀の産地として繁栄し、この卓越した伝統技法が現代の刀匠や刃物産業に受け継がれています。そして、今や世界でも有数の刃物の産地として知られているのです。

愛された理由は折れず、曲がらず、よく切れる

四方詰めで作られる関の日本刀(刀剣)。その多くは鎌倉時代にほぼ完成形に近いところまで高められていたとされており、関の刀鍛冶も鎌倉時代に産声を上げました。

この地で作られる日本刀(刀剣)がなぜ、戦国時代の武士を中心に愛されたかと言えば、もちろん抜群の切れ味、頑丈さを備えていたからでしょう。数ある日本刀(刀剣)産地の中でも「折れず、曲がらず、よく切れる」と言われた関の日本刀(刀剣)は、豊臣秀吉武田信玄といった名の知れた数々の戦国武将が愛用したと伝えられています。

やわらかい芯鉄の四方を硬い鉄でくるむ四方詰め

日本刀(刀剣)は実に様々な工程を経て完成し、それぞれの作業を専門の職人が受け持つ分業制が一般的。鍛刀法である四方詰めとは、原料となる鉄の外側を、より硬い鉄で固める鍛錬法のことで、数多くの作業工程がある日本刀(刀剣)制作の作業工程で言えば一部分にあたります。

いくら切れ味が良い日本刀(刀剣)でも、例えば日本刀(刀剣)同士をぶつけあったときに折れてしまっては意味がなく、当然ながら日本刀(刀剣)で真剣勝負をする武士にとっては命取りになります。切れ味がそのままに折れない日本刀(刀剣)であることを実現したのが、四方詰めという鍛刀法です。

刀身の名称と硬さを知ろう

四方詰めで作った日本刀(刀剣)は、4ヵ所で鉄の硬さが異なります。まず、刃の中心が最もやわらかくなっていて、この部分を芯鉄と呼びます。四方詰めだけに限らず、日本刀(刀剣)はやわらかい芯鉄を硬い鉄でくるんでいるのも特徴。切断する面となる刃先、さらにその裏側にあたる棟鉄(むねがね)の2ヵ所はほぼ同じ硬さ。中心である芯鉄の約2倍の硬さがあるとされます。なお、棟鉄は峰とも呼びますが、四方詰めの場合は峰ではなく棟鉄と呼んでいます。

そして四方詰めで最も硬いのが平地と呼ばれる刃の左右横面で、皮鉄と呼ばれる部分です。硬い物で打たれたとき、刃と刃がぶつかったときに折れることのないよう、刃の横部分を最も硬くしてあるのです。

硬い鉄のポイントは炭素含有量

ひと口に鉄と言っても、実は鉄は炭素含有量によって鉄、鋼、鋳鉄の3種類に分けられます。炭素量が最も少ない物が鉄、その次に炭素含有量の高い物を鋼、最も多い物が鋳鉄。

一般的に炭素含有量が高いほど硬いとされます。四方詰めはすべて鋼で作られ、炭素含有量は0.03%~1.7%です。

知っておきたい日本刀の素材

日本刀(刀剣)の素材である玉鋼(たまはがね)は、良質の砂鉄を木炭で低温還元する日本古来のたたら製鉄法を使って作られた鉄のことです。砂鉄や鉄鉱石を粘土製の炉で木炭を用いて低温還元するのですが、その際、炉に空気を送り込むのに使われる鞴(ふいご)が「たたら」と呼ばれていたために、たたら製鉄法と名付けられました。

玉鋼は炭素以外の不純物、特に硫黄やリンをほとんど含まない、極めて純度の高い鉄で、この玉鋼に古い鉄などを混ぜて鍛えてベースとなる地鉄に。刃の部分は炭素含量が多く硬い物を、内側の芯には炭素含量が少なくやわらかい物を、というように、硬度の異なる地鉄を組み合わせることで強靭さを生み出します。

鍛刀法とは鉄の組み合わせ方のこと

鍛刀法

鍛刀法

硬い鉄、やわらかい鉄を組み合わせて作る日本刀(刀剣)。その作り方である鍛錬法は、四方詰め以外に「甲伏せ鍛」(こうぶせぎたえ)、「本三枚鍛」(ほんさんまいぎたえ)などがありますが、簡単に言えば鉄の組み合わせ方の違いと言えるでしょう。

甲伏せ鍛はやわらかい芯鉄の周りを硬い皮鉄でくるむ組み合わせで、芯鉄を含め硬さが異なる鉄を2種類使用。一方、本三枚鍛は芯鉄を含め3種類の硬さの鉄を使います。

そのため4種類の硬さがある鉄を組み合わせる四方詰めは、作業工程も多くなるために、単純に鍛錬法の中で最も難しい鍛刀法だとされているのです。

矛盾を解決できたのは芯鉄のおかげ

「折れず、曲がらず、よく切れる」のが良い日本刀(刀剣)の条件ですが、これは矛盾をはらんでいます。よく切れて、かつ曲がらないために鉄は硬さが必要ですが、やわらかさのない硬いだけの鉄だと折れやすくなるのです。

その矛盾は、芯鉄にやわらかい鉄を使うことで解決されたと言えるでしょう。四方詰め、甲伏せなどすべての鍛刀法で作られる日本刀(刀剣)の芯鉄がやわらかいのはそのためです。

美濃伝は五箇伝の中で唯一の存在

美濃伝と呼ばれる日本刀(刀剣)はすべて四方詰めにより作られており、大和、山城、相州、備前と並ぶ五箇伝のひとつの鍛刀法。美濃伝の特徴は有力武将から庇護されることなく、刀鍛冶らによる組織が生産、販売までを担い、今日まで脈々と受け継がれてきたという点です。

関市で生まれた美濃伝の鍛刀法 四方詰め

関市で生まれた美濃伝の鍛刀法 四方詰めをSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「関市における刃物の特長」の記事を読む


日本刀を作るのに適した関市の風土

日本刀を作るのに適した関市の風土
刃物の町として全国に知られる岐阜県関市。関に日本刀(刀剣)の本格的な制作技術が伝わったのは鎌倉時代です。当時、刀工達がこの地域に惹き付けられたのは、日本刀(刀剣)を作るのに理想的な風土条件が揃っていたことが理由のひとつと考えられています。では、日本刀(刀剣)作りにとって理想的な風土条件とはどのようなものだったのでしょうか。かつての岐阜県関市近辺の風土について振り返ってみましょう。

日本刀を作るのに適した関市の風土

美濃伝の名工・孫六兼元

美濃伝の名工・孫六兼元
全国に知られる岐阜県関市の刃物。鎌倉時代から現代に至るまで、数々の優れた刀剣職人達が輩出されてきましたが、なかでも有名なのが和泉守兼定と孫六兼元です。ここではそのうち、孫六兼元についてご紹介します。

美濃伝の名工・孫六兼元

関鍛冶七流と関市の春日神社

関鍛冶七流と関市の春日神社
岐阜県関市にある春日神社。関鍛冶の守護神とされる神社で、奈良にある春日大明神より勧請(かんじょう)して、関に建立されました。日本には山城、大和、備前など五箇伝と呼ばれる日本刀(刀剣)の生産地があります。その中のひとつが関で作られる美濃伝。関は五箇伝で唯一、鍛冶仲間で作られた鍛冶座と呼ばれる自治組織があったことで知られています。なぜ、刀鍛冶達だけで組織を作り、しかも今日まで途切れることなく日本刀(刀剣)作りを行なうことができたのか。その秘密を読み解くには、七流と呼ばれる流派、さらに関鍛冶の守護神である春日神社について知る必要があります。

関鍛冶七流と関市の春日神社

注目ワード

ページトップへ戻る