関市における刃物の歴史
美濃伝の基礎を築いた刀鍛冶~室町時代~
関市における刃物の歴史
美濃伝の基礎を築いた刀鍛冶~室町時代~

文字サイズ

関(現在の岐阜県関市)における日本刀(刀剣)作りの技術は、鎌倉時代後期から室町時代初期に伝承されたと伝わります。室町時代には南北朝争乱もあり、関の刀鍛冶は確立され発展したのでした。ここでは室町時代、関の日本刀(刀剣)作りはどのように発展を遂げたのか、1467年(応仁元年)の「応仁の乱」が起こるまでの室町時代に絞って、その歴史を振り返ります。

南北朝の争乱により刀剣ニーズが増加

足利義満

足利義満

室町幕府がスタートすると早々に、争乱が起こります。天皇家の系統が南朝と北朝に分かれて抗争をした「南北朝時代」の幕開けです。1392年(元中9年・明徳3年)に足利義満によって南北朝が統一されるまで、60年近くもこの抗争が続きました。

美濃国(岐阜県)では、南北朝時代やそれ以前から美濃伝が勃興していたと考えてられていますが、こうした社会背景の中で日本刀(刀剣)の需要は急増。相次ぐ抗争に備え、美濃国の刀鍛冶に日本刀(刀剣)の注文が増えたのです。

特に美濃国は、東西の国や北陸の国への中継地。周囲の国に力のある武将が群雄割拠しており、武器の需要が高かったのでしょう。鎌倉時代から実用性を重視し、斬れ味と堅牢さを追求してきた美濃刀の特徴も、人気を集めた理由でした。

南北朝時代、関に刀匠が集まる

南北朝時代、需要が高かった美濃の日本刀(刀剣)。需要のある地には多くの刀鍛冶が集まるものですが、なかでも名工が多くやって来たのは関でした。

関鍛冶の礎は、鎌倉時代の末期に金重が築きました。室町時代には、その娘婿「包永」(かねなが)の3男である「包光」(かねみつ:のちに兼光に改名)が大和から関へ移住。一門の日本刀(刀剣)作り職人である兼明や兼弘達を伴ってやって来ます。やはり争乱によって高まった美濃国での日本刀(刀剣)需要を見込んでの移住でした。

このとき、兼光の祖父である兼永も関へやって来ます。兼永のおかげで、大和や越前(現在の福井県)と関の交流が活発になり、関が繁栄する礎を築くことにつながります。

また同時期、岐阜県南部にあたる直江村(現在の養老町内)という地域では、直江鍛冶と呼ばれる日本刀(刀剣)職人達が活動していました。しかし、直江村でたびたび起きていた洪水に業を煮やしたことなどから、直江鍛冶達も関へ住まいを移すことになったのです。

こうして刀鍛冶を志す人材が関に集ったことから、関鍛冶は隆盛期を迎えるに至ったのでした。

腕の良い兼氏がいる志津より、関がなぜ人気?

鎌倉時代の末期、名工・五郎正宗の弟子である金重と兼氏(志津三郎)の2人が美濃国へやってきて、金重は関へ、兼氏は養老郡の志津(岐阜県多芸郡南濃町)で暮らしました。

2人のうち、当時評価が高かったのは志津で活動した兼氏の方。しかし、室町時代以降に日本刀(刀剣)作りの舞台として発展していったのは、関のほうです。

志津よりも関が発展した理由は、関では日本刀(刀剣)作りに関する自治組織が生まれ、集落が形成されていったため。また、日本刀(刀剣)作りに必要な原料を調達するのに有利な地であることも、関の強みとなりました。

関鍛冶の元祖と始祖

関市における鍛冶の元祖は、鎌倉時代に関へやってきた「元重」とする説もあります。一方で前述したような歴史から、関の「祖鍛冶」は金重や兼光達であるとする研究もあります。今回は、元祖と始祖を区別して考える説を参考としてまとめました。

争乱終了後、自治組織「鍛冶座」が誕生

室町時代が幕を開けたころから57年間続いた南北朝の争乱。1392年(元中9年)に、足利義満がついに南北朝を統一します。

争乱が落ち着いてくると、兼光(金重の孫)の子孫から成る関の日本刀(刀剣)職人達は、鍛冶仲間の自治組織である鍛冶座を結成しました。どんな組織だったのか、少し詳しく見てみましょう。

7つの自治組織「関七流」とは

室町時代、関では鍛冶組合が7つ作られました。この7組織を総称して関七流(または七派)と呼び、7つの派が誕生。7派はお互いに切磋琢磨しながら、協力して日本刀(刀剣)作りに励んだと伝わります。

兼光の直系子孫である兼吉が組頭の「善定派」を筆頭に、兼則による「三阿弥派」、兼常による「奈良派」、兼安による「得印派」、兼弘による「徳永派」、兼行による「良賢派」、兼在による「室屋派」の七派がありました。

各派は日本刀(刀剣)を作る職人のみならず、、長刀、小刀、包丁類などの打刃物を作る人々が集まったグループでした。

関七流による刀剣の特徴

当時の関鍛冶の特徴は、実用本位で切れ味と剛健さに秀でた日本刀(刀剣)作りでした。こうした特徴が、のちに美濃伝のベースになっていきます。

関七流の運営方法

関七流の各派は鍛冶座に所属。鍛冶座の運営は、7名の組頭による合議制でなされました。頭首は子孫が代々、世襲によって受け継ぐのが慣例でした。

関七流は室町時代後期まで続いた

関七流という自治組織制度は、織田信長が行なった経済活性化政策「楽市楽座」により座制度が消滅するまで続きました。室町時代の前期から後期まで続いたことになります。

拠点は春日神社

春日神社

春日神社

鍛冶座の拠点は、関鍛冶の総氏神である春日神社

7つの派は、互いに腕を競いながらも、春日神社の神を共通の信仰としていたため、協力して日本刀(刀剣)作りに励むことができたと伝わります。

名工を多く輩出

切磋琢磨する環境のなか、関七流では優れた刀匠が何人も育ちました。

室町時代に活動した有名な日本刀(刀剣)職人には、金重の子である金行、兼氏の弟子である兼仲、兼光の祖父である兼永、他に関七流の組頭である兼常などがいます。

原料が調達しやすい環境も好影響

室町時代、日本刀(刀剣)作りの技量で見れば、美濃国(現在の岐阜県)より上の地域はいくつもあったと考えられています。例えば、五箇伝に数えられる大和国(現在の奈良県)や備前国(現在の岡山県南東部)などで技量に優れた日本刀(刀剣)が作られていました。

しかし、美濃国の関では自治組織を形成したことが、他地域に負けない強みとなったのです。また、関では日本刀(刀剣)の原料が調達しやすいこともメリットでした。具体的には次のような材料が挙げられます。

砂鉄

砂鉄

砂鉄

古来の日本刀(刀剣)は砂鉄を原料として作った玉鋼(たまはがね)が主な原料です。

関は長良川の流域に位置していますが、砂鉄はこの流域で採れました。また、鉄が足りなくなっても、近くの京都や大阪から取り寄せることが比較的容易にできたのです。

良質の粘土

日本刀(刀剣)を作る工程は、砂鉄を「たたら炉」で熱して玉鋼を得て鍛錬をしていくのが基本。たたら炉を作るには粘土を使いますが、この粘土が関では手に入れることができました。

また鍛錬の途中で刀の焼き入れに水や粘土を使います。こうした材料についても、関は質の良い物が手に入る環境にあったのです。

木炭

室町時代、砂鉄を熱して溶解するときには燃料として木炭が使われました。

養老山脈を背景に持つ関の地は、燃料となる木炭も入手しやすい土地。これも美濃鍛冶の隆盛に貢献しました。

木地師が近くにいた

古来より作られてきた日本刀(刀剣)の(さや)の原料は木。木の加工を行なうのは「木地師」(きじし)と呼ばれる職人です。

木地師は現代も存在する職業で、木を伐採してロクロを使い、盆や椀、コケシなどを作ります。室町時代の関は山々の木に恵まれていたことから、こうした木地師も多く住んでいたのです。

美濃国には末関鍛冶の存在も

美濃刀の作刀地

美濃刀の作刀地

美濃国では前述の自治組織、関七流が室町時代に隆盛を誇りました。

しかし同じころ、美濃国では他の地でも美濃刀が作られていました。例えば、蜂屋(現在の美濃加茂市)、坂倉(現在の坂祝町)、赤坂・清水(ともに現在の大垣市)など。

こうした関の他の地域で活動した日本刀(刀剣)職人達は、「末関鍛冶」(すえせきかじ)と呼ばれます。

美濃伝の基礎を築いた刀鍛冶~室町時代~

美濃伝の基礎を築いた刀鍛冶~室町時代~をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「関市における刃物の歴史」の記事を読む


美濃伝の起源~鎌倉時代~

美濃伝の起源~鎌倉時代~
日本刀(刀剣)を作る職人を「刀鍛冶」と呼びます。刀鍛冶の中でも、岐阜県の「関鍛冶」という名は比較的よく知られているのではないでしょうか。この関鍛冶の始まりは諸説あるものの、鎌倉時代にあるとする説が有力。五箇伝と呼ばれる日本刀(刀剣)作りの伝法のひとつ「美濃伝」に深くかかわりがあるようです。ここではその美濃伝が、鎌倉時代にどのように誕生して発展していったのかをご紹介します。

美濃伝の起源~鎌倉時代~

廃刀令と刀匠~明治時代~

廃刀令と刀匠~明治時代~
「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」のフレーズに象徴されるように、明治時代は長く続いた武家制度が廃止された時代。日本刀(刀剣)をはじめとする刀の需要が激減しました。変化の時を迎えた、明治時代における関(現在の岐阜県関市など)の刀剣産業についてご紹介します。

廃刀令と刀匠~明治時代~

終戦後の関市の日本刀~昭和時代~

終戦後の関市の日本刀~昭和時代~
鎌倉時代から積み重ねられてきた岐阜県関市の刀剣技術。2度の戦争を経験した大正・昭和時代には、新たな転換期を迎えます。ここでは戦時中と戦後、関市の刃物産業がどのような変化を遂げたのかをご紹介します。

終戦後の関市の日本刀~昭和時代~

日本刀の伝統を守る現代の刀匠

日本刀の伝統を守る現代の刀匠
鎌倉時代から歴史を紡いできた、岐阜県関市における日本刀(刀剣)作りの技術。国内で争乱や戦争がなくなった平和な時代になった今、伝統の技を受け継ぐ刀匠たちはどのような活動を行なっているのでしょうか。今回は、関市における刀匠の現在や、活動などについてピックアップしてご紹介します。

日本刀の伝統を守る現代の刀匠

世界に広がる日本刀の伝統技術

世界に広がる日本刀の伝統技術
鎌倉時代から、関は日本刀(刀剣)作りの技術を培ってきました。日本はやがて平和な世の中になって武器としての日本刀(刀剣)はニーズがなくなりましたが、その技術は様々な刃物へと活かされ、世界各地へ供給されています。これまで関市の刃物はどうやって世界へ市場を広げてきたのでしょうか。また、世界を視野に入れた新しい活動などをご紹介します。

世界に広がる日本刀の伝統技術

注目ワード

ページトップへ戻る