関市における刀剣の歴史

美濃伝の起源~鎌倉時代~

文字サイズ

日本刀を作る職人を「刀鍛冶」と呼びます。刀鍛冶のなかでも、岐阜県の「関鍛冶」はよく知られているのではないでしょうか。
関鍛冶の起源については諸説あるものの、鎌倉時代にあるとする説が有力。「五箇伝」と呼ばれる日本刀作りの伝法のひとつ「美濃伝」に深くかかわっていると伝えられています。ここでは、美濃伝が鎌倉時代にどのように誕生し、発展していったのかをご紹介します。

日本の刀剣界が活発になった鎌倉時代

後鳥羽上皇

後鳥羽上皇

平安時代後期から武家社会が確立した鎌倉時代前期にかけて、日本のあちこちに日本刀を作る職人(刀工)が出現しました。

特に、鎌倉幕府第4代将軍「藤原頼経」(ふじわらのよりつね)の時代には、多くの名刀が誕生。

第3代将軍である「源実朝」(みなもとのさねとも)が暗殺され、幕府が混乱しているタイミングを狙って倒幕を企てた「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)により、腕の良い刀鍛冶が厚く待遇されたためです。

鎌倉時代中期になると、さらに日本の作刀技術は発展し、強固な防具を断ち切ることができるまでに進化していきます。

そして鎌倉時代後期には、モンゴル高原と中国本土を中心とする広大な国「元」が日本へ2度にわたり攻め込んできます。この戦いを「元寇」(げんこう)と言い、加えて国内での動乱も続いたため、日本の刀作りはさらに活発になっていきます。元寇の際、日本刀は大いにその威力を発揮しましたが、一方で実戦によって数々の欠点も露わになりました。

これらの経験を踏まえ、日本刀作りはさらなる改良が重ねられ、欠点をひとつずつ克服していったのです。

美濃鍛冶の始まり

こうした国内状勢のなか、東海地区でも美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)で日本刀に関する動きがありました。これが「美濃鍛冶」の始まりです。

ここからは、今でも日本刀の歴史に名を残す美濃鍛冶が、どのように興ったのか歴史をたどってみましょう。

源平時代に外藤、泉水の名が登場

刀鍛冶

刀鍛冶

日本地域社会研究所著「日本の郷土産業3中部・北陸」によれば、美濃国において刀鍛冶の名前が出てくるのは源平時代の「外藤」(とふじ)、「泉水」(せんすい)が最初。

2人の名は、「平家物語」(へいけものがたり)や「新撰美濃志」(しんせんみのし)などにも登場し、外藤と泉水の子孫が、「青墓」(あおはか)の地で刀鍛冶を生業としたことなどが記されています。

青墓は、現在の岐阜県大垣市にあたる場所で、平安時代後期から鎌倉時代にかけて賑わった宿駅のひとつ。東西の地へ向かう役人や武将達が青墓を中継地点としていたため、青墓を通る人々を客として、日本刀にまつわる仕事が増えていったのです。

五箇伝のうち、他の4つが隆盛し始める

日本刀の需要が増えるにつれ、日本各地で刀作りが活発になります。そのなかでも特に、5つの地域で優れた日本刀が生み出され、その伝法は「五箇伝」(ごかでん)と呼ばれるようになっていきました。

五箇伝は「大和伝」(やまとでん:現在の奈良県)、「山城伝」(やましろでん:現在の京都府)、「備前伝」(びぜんでん:現在の岡山県)、相州伝(そうしゅうでん:現在の神奈川県)、「美濃伝」(みのでん:現在の岐阜県)を指します。

鎌倉時代には、美濃伝に先駆けて他の4つの伝法が興ります。前述の通り、源平時代に美濃伝の祖とされる外藤と泉水が現れるものの、美濃伝が五箇伝のひとつとして数えられるようになるのは、鎌倉時代後期になってからのこと。五箇伝のなかで最も新しい伝法で、南北朝時代から戦国時代にかけて急速に勢力を伸ばしていくのです。

五箇伝の名工
日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

美濃伝の誕生

青墓で繁盛した美濃国の作刀技術は、やがて青墓の北西にある赤坂(現在の岐阜県大垣市)へ受け継がれていきます。そして、鎌倉時代後期から南北朝時代(1336~1392年[建武3~明徳3年])にかけて、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)出身の「兼氏」(かねうじ)と「金重」(かねしげ/きんじゅう)が美濃国へ移住します。

彼らは、相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で活動していた名工「五郎正宗」(ごろうまさむね)の弟子。この2人の刀匠が美濃伝の基礎を築きます。2人の移住時期については、鎌倉時代後期や後醍醐天皇の時代にあたる1319~1320年(元応1~2年)とする説など諸説あります。

金重は美濃鍛冶の発展に大きく貢献

美濃伝の歴史について語るには欠かせない刀匠、兼氏と金重。ここでは「正宗十哲」(まさむねじってつ:相州伝を代表する五郎正宗の作風を受け継ぐ10人の刀匠)とも呼ばれる2人について、詳しく見てみましょう。

関に住んだ金重

越前からへ移住した金重は、刀匠として兼氏ほど高い評価を得ている訳ではありません。しかし、金重は大和国から娘婿である「包永」(かねなが:のちに兼永と改名)を関に招き、作刀に当たらせたことが大きな功績となりました。

包永の息子、「兼光」(かねみつ)以降の子孫が「関鍛冶七流」(せきかじしちりゅう)と呼ばれる7つの流派を形成。それぞれの流派が技を競い合ったことで、関の刀作りは飛躍的に進化を遂げていくのです。

無銘 金重/金重作

無銘 金重/金重作

優れた日本刀を打った兼氏

兼氏は本国の大和国で大和伝を習得したのち、金重と同時期に美濃国へ移りました。

そののち、養老郡の志津(岐阜県南部)に落ち着き、名前を「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)に改めます。

兼氏は、「志津系」(しづけい)と呼ばれる日本刀作りの一派を率いて美濃伝の基礎を作り上げていくのです。

分部志津
分部志津
-
鑑定区分
重要文化財
刃長
70.6
所蔵・伝来
分部氏 →
徳川家康 →
紀州徳川家

春日大社の分霊を祀る春日神社

春日神社

春日神社

岐阜県関市南春日町にある「春日神社」は、金重とその娘婿である兼永(包永より改名)が関の日本刀作りを総代して、1288年(正応元年)に創建した神社です。

2人はこの神社に関鍛冶の守護神として、奈良県にある春日大明神の分霊を祀りました。

春日神社には、国重要文化財の能装束や県重要文化財の能面などが残っており、毎年「刃物まつり」の際に特別公開されています。

関鍛冶の元祖は「元重」?

美濃伝の発展に寄与した金重と兼氏のうち、金重は自身や子孫が活躍したこともあり、「関鍛冶の始祖」と呼ばれることがあります。一方で、「関鍛冶の始祖は元重[もとしげ]という刀匠だ」とする説も存在します。

どちらが正しいのかは意見が分かれるところですが、ここでは「関鍛冶の始祖は元重」と言われる由縁についてご紹介しましょう。

元重は実在の人物なのか

元重が関鍛冶の始祖とされる根拠は、1450年(宝徳2年)に編纂された「美濃国鍛冶系図」(みののくにかじけいず)の筆頭に元重の名前があるためです。

ただし、長らく在銘刀という作り手の名前()が刻された日本刀が発見されなかったため、元重が本当に存在したのか疑問視する声もありました。元重は出生についても不明な部分が多いのですが、現在の九州地方もしくは鳥取県から関へ移住したなどと伝わっています。移住時期についても1229年(寛喜元年)や1261年(弘長元年)など諸説あります。

元重が関へやって来た理由としては、日本刀を作るのに理想的な条件がこの地に揃っていたためと推測されます。

元重の刀剣が発見される

元重の在銘刀は長年、日本刀を紙に写し取る押形(おしがた)と呼ばれる物しか残っていませんでした。

しかし、2016年(平成28年)6月、元重の銘がある実物の日本刀が初めて発見されたのです。その日本刀は、岐阜県で開かれた愛刀家の会合で静岡県の男性が持参した長さ68cmの太刀

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館

男性の意思で、刀匠らで構成される「関伝日本刀鍛錬技術保存会」を通して岐阜県関市が購入しました。

公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」(東京都)により、室町時代前期の作と認定され、現在は「関鍛冶伝承館」(岐阜県関市)に展示されています。

ただし、発見された太刀は始祖の元重が作った物である証明が成されておらず、名前を受け継いだ3~5代あとの元重が作った可能性は否定できません。

岐阜県関市にある元重翁之碑

元重翁之碑

元重翁之碑

元重の登場以来、関では彼を始祖としてたくさんの刀匠が生まれました。

前述の金重については「金重は元重の子である」という説もありますが、真偽は定かではありません。

このように不明な点も多い元重ではありますが、関における日本刀作りの元祖として元重を祀るため、岐阜県関市西日吉町にある千手院の境内には「元重翁之碑」が建っています。

この碑は1915年(大正4年)に地域の有志が中心となって造られました。毎年11月8日には碑前で「元重翁慰霊祭」が実施されます。

美濃伝の起源~鎌倉時代~

美濃伝の起源~鎌倉時代~をSNSでシェアする

「関市における刀剣の歴史」の記事を読む


終戦後の関市の日本刀~昭和時代~

終戦後の関市の日本刀~昭和時代~
鎌倉時代から積み重ねられてきた岐阜県関市の刀剣技術。2度の戦争を経験した大正・昭和時代には、新たな転換期を迎えます。ここでは戦時中と戦後、関市の刃物産業がどのような変化を遂げたのかをご紹介します。

終戦後の関市の日本刀~昭和時代~

廃刀令と刀匠~明治時代~

廃刀令と刀匠~明治時代~
「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」のフレーズに象徴されるように、明治時代は長く続いた武家制度が廃止された時代。日本刀をはじめとする刀の需要が激減しました。変化の時を迎えた、明治時代における関(現在の岐阜県関市など)の刀剣産業についてご紹介します。

廃刀令と刀匠~明治時代~

武将に愛された美濃刀~戦国時代~

武将に愛された美濃刀~戦国時代~
戦国時代には日本刀のニーズが高まり、刀鍛冶の技術はますます磨かれていくことになります。戦国時代をいつからいつまでと区切るのかについては定義がありませんが、ここでは1467年(応仁元年)の「応仁の乱」から、1603年(慶長8年)に徳川家康が江戸幕府を開くまでの約140年間と仮に定義します。この時代の関鍛冶や美濃刀についてご紹介します。

武将に愛された美濃刀~戦国時代~

日本刀の伝統を守る現代の刀匠

日本刀の伝統を守る現代の刀匠
鎌倉時代から歴史を紡いできた、岐阜県関市における日本刀作りの技術。国内で争乱や戦争がなくなった平和な時代になった今、伝統の技を受け継ぐ刀匠達はどのような活動を行なっているのでしょうか。今回は、関市における刀匠の現在や、活動などについてピックアップしてご紹介します。

日本刀の伝統を守る現代の刀匠

美濃伝の基礎を築いた刀鍛冶~室町時代~

美濃伝の基礎を築いた刀鍛冶~室町時代~
関(現在の岐阜県関市)における刀日本刀作りの技術は、鎌倉時代後期から室町時代初期に伝承されたと伝わります。室町時代には南北朝争乱もあり、関の刀鍛冶は確立され発展したのでした。ここでは室町時代、関の日本刀作りはどのように発展を遂げたのか、1467年(応仁元年)の「応仁の乱」が起こるまでの室町時代に絞って、その歴史を振り返ります。

美濃伝の基礎を築いた刀鍛冶~室町時代~

注目ワード
注目ワード