日本刀職人の仕事

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~

文字サイズ

「柄」(つか)は、刀剣を手で持つ際に握る箇所のこと。「柄巻」(つかまき)は、柄全体を覆うように巻き付けられた紐などの総称で、柄の強度を上げるだけではなく、握りやすくする他、刀剣の見た目の美しさを引き立てる役割を持っています。柄に施す紐や巻き方にも様々な種類があり、巻き方ひとつでもその刀剣の印象が変わるほど、柄は重要な刀装です。古くから受け継がれる伝統技法で、刀剣に欠かせない柄を補強・装飾する職人「柄巻師」をご紹介します。

時代ごとに変化していく柄巻

柄

は、内側から「刀身の」(なかご)、「朴[ほお]の木で作った柄」、「鮫皮」(さめがわ:エイの皮)、「組紐」という順番で形成。

このうち、目に見える外装部、つまりは木製の柄を鮫皮で覆い、組紐を巻き付けるのが「柄巻師」の仕事です。

この柄巻は、柄を補強することに加え、斬り合いの際に手から刀剣が滑り落ちないように、手溜(てだまり)を良くするために考案されました。

刀剣の制作において、柄巻師が活躍するのはどの段階かを知るために、刀剣の歴史を簡単にご紹介します。

刀剣は、制作された年代によって「上古刀」、「古刀」、「新刀」、「新々刀」、「現代刀」と呼び方が変わりますが、上古刀、古刀時代の柄は、現代の柄と比べると簡素な物でした。

刀剣の起源は上古刀ですが、上古刀は現代刀のような湾曲した刀身を有する物と異なり、ほとんどが直刀だったのです。直刀が使用されていた理由は、中国大陸からの舶来、もしくは大陸や朝鮮半島の技術を輸入して国内で鍛造されたため。舶来物の柄は金属製で、日本国内で鍛造された柄も鮫皮を巻き付け、装飾品をあしらっているだけという簡単な造りだったのです。

古墳時代終末期(6~8世紀頃)に制作された「蕨手刀」(わらびてとう)と言われる鉄製の剣には、原始的柄巻が見られます。

東国の住人が使用したこの直刀は、日本独自の刀剣。柄が蕨(わらび)の若芽に似た形状をしており、柄巻には植物の蔓や、細く裂いた樹皮などが使われていました。東大寺正倉院所蔵の「黒作蕨手横刀」(くろづくりわらびてのたち)は、柄の部分に細く裂いた樺桜の皮が巻かれています。

なお、こうした上古刀の柄は実用向きではありませんでした。柄と刀身が一体になっているため、刀剣同士がぶつかったときや相手を斬ったときに、衝撃が直接手に伝わってしまうためです。

ただし、上古刀時代の刀剣は主に儀式などの場で使われていたため、こうした欠点が問題視されることはありませんでした。

そして、実用に今ひとつだった刀剣は、古刀期に入ると一変。刀身に反りが出始め、柄巻が施されるようになるのです。刀身が湾曲型になり、柄巻が必ず施されるようになった理由には、武士の登場が関係しています。

武士の登場が柄巻を生んだ

794年(延暦13年)、平安京に遷都した朝廷政府は、時代と共に衰退し、平安時代中期の10世紀に入ると地方政治は乱れるようになりました。

平将門」(たいらのまさかど)が新皇を称して関東の独立を企て、「藤原純友」(ふじわらのすみとも)が瀬戸内海の海賊衆を率いて大暴れしたのもこの時期です。

自衛の必要に駆られた有力農民は、武力で土地を守ることを決断して一族郎党が武装・結束。こうして、各所に武士団が誕生し、刀剣が実戦で使われるようになりました。この動きの中で刀身の形が湾曲して、刀剣の見た目を良くする他、柄を補強する役割を持つ柄巻が現れるのです。

刀身に反りが加えられた理由は、実戦を重ねた結果「刀身は、真っ直ぐよりも反りを加えたほうが物を断ち切りやすい」ということに気付いたためでした。柄巻も手溜の良さを追求した末にできた物で、刀剣の実用化に大きく貢献したのです。

柄巻師の仕事内容

鮫皮の品質を見る

柄の下地部分には、「鮫皮」というエイの皮が用いられており、柄の補強と組紐のズレを防止する役割を果たしています。

鮫皮は、柄1本に対して1匹の大部分を使用しますが、高級品であるため、上等な物は刀剣そのものより高いことも珍しくありませんでした。

昭和時代に活躍した柄巻職人「辻京二郎」は、1973年(昭和48年)に光芸出版から刊行された書籍「日本刀職人職談」で、かつて江戸時代末期の鮫皮を所有していた旨を述べていますが、当時の値段は「15両7分」。現代の円に換算すると、およそ300万円です。「10両盗めば首が飛ぶ」と言われていた江戸時代において、良質な柄巻用の鮫皮は人の命よりも高価な物でした。

鮫皮は、片面のみに細かく粒がついています。そして、鮫皮の背筋の真ん中上方にある一際大きな粒のことを「親粒」(おやつぶ)と呼び、この親粒の大きさによって品質の良し悪しを決定するのです。親粒が大きいと鮫皮自体も大きいということになり、値段が張りました。

鮫皮を着せる

目釘穴

目釘穴

鮫皮は天然の産物であるため、粒の大きさは均一ではなく高低があります。この高低を処理しないまま組紐を巻くと、上手に巻けないばかりか見た目もいびつになってしまうため、柄巻師は経木(きょうぎ:ひのきなどの材木を薄く削った物)を内側に貼って高低差を埋め、全体的にムラがなくなるように工夫しました。

柄巻を施す作業において鮫皮着せは、柄の出来を左右する重要な工程です。

鮫皮着せが完了したら、次に目釘穴(めくぎあな)を開けます。「目釘」とは、柄と刀身を繋ぐための留め具のこと。この目釘がなければ、刀剣を振った瞬間に刀身が柄から飛び出してしまうため、柄巻師は刀身の茎(なかご)の部分に開いている目釘穴とずれないように、柄の左右に目釘穴を開けます。

柄巻師の仕事場と道具

柄巻師の作業場は、多種多様な道具を使う他、細かな手作業を要するため、日当たりが良く広い空間であることがほとんどです。

柄巻師が使用する道具は、用途に合わせて多様に存在します。

道具名 使用方法
水甕(みずがめ) 鮫皮を湿らせるために使用。
ブラシ 鮫皮を磨くために使用。金属性ブラシ、竹製のブラシなどを使う。
イボタ 「イボタ」と言う樹木についた虫の分泌物を集めた物。鮫皮を磨くために使用。
ウヅクリ 束ねた茅(かや)を素材としたブラシ。
型取り用の板 切り取る鮫皮の大きさを決めるときに使用。
柄に巻いた鮫皮を固定するときに使用。
タコ糸 柄に巻いた鮫皮を固定するときに使用。
紙もしくは経木 鮫皮を巻く前、柄に乗せるときに使用。
鑢(やすり) 鮫皮を研磨する際に使用。
続飯(そくい) 鮫皮を柄に張り付ける際の接着剤として使用。
薬練(くすね) 松脂(まつやに)と菜種油(なたねあぶら)を調合した接着剤として使用。
柄糸 柄を巻くときに使用。
柄糸を巻く位置を
記した棒
糸を巻く場所を決める糸割りに使用。
鉛筆 糸割りで印を付けるために使用。
和紙 柄糸と鮫皮の間に詰めるために使用。
くじり 柄糸と鮫皮の間に詰めた和紙の形を整える際に使用。

なお、柄巻師の作業はほとんど座った状態で行なわれるため、腰を冷やさない意味でも座布団は必須。さらに、目を酷使することから眼精疲労に悩む職人も少なくありません。

柄巻の作業手順

柄巻師は、一子相伝でその技を継承してきました。そのため、書物などに詳しい作業工程が書かれることはありませんが、柄巻師の一般的な作業手順は、以下の通りです。

  1. 鮫皮を濡らす

    専門業者から買った鮫皮は、漂白されて真っ白な上にゴワゴワの状態で納品されるため、水で湿らせてやわらかくします。

  2. 鮫皮を磨く

    鮫皮を磨き台に置いて磨く作業。はじめは、目の粗い金属製のブラシで磨いて汚れを除去し、汚れが取れたら研磨剤を使い、竹製ブラシに替えるなどして磨いていきます。

  3. 鮫皮の艶出し

    ウヅクリにイボタを付けて磨く作業。鮫皮を磨き始め、イボタでの艶出しに至るには長い時間がかかるため、まさに根気勝負です。

    柄巻師は、鮫皮が宝石のような光沢を放つまで諦めません。

  4. 鮫皮の切り取り

    柄巻に使用する分の大きさだけ、型取り用の板を使って切り取ります。

  5. 鮫着せ

    柄に鮫皮を巻く作業。鮫皮は、湿気によって伸縮するので巻き方が難しいのです。慎重な職人になると、

    1)鮫皮を柄に巻いて紐で固定
    2)一定日数寝かせる
    3)開いて余った部分を切除
    4)鮫皮を柄に巻いてタコ糸で固定
    5)一定期間寝かせる
    6)開いて余った部分を切除
    7)鮫皮をタコ糸で巻いて固定
    8)一定期間寝かせる
    9)開いて余りがないことを確認し続飯で糊付け

    鮫着せ

    鮫着せ

    という長期間の工程をかけます。

    どのタイミングで糊づけ固定するかなどは、すべて柄巻師個々のやり方があり、教科書的な規定はありません。

  6. 鮫皮の高さを合わせる

    刃区(はまち:刀身と茎の境目で刃側)と棟区(みねまち:刀身と茎の境目で茎側)に経木を貼り、縁(柄の尻、鍔元に当たる部分)と頭(柄の先端)双方の上面に高低差が出ないようにする作業。これは、紐を巻いたときに鮫皮の粒による高低差が出ないようにするための処置で、経木を接着する際は薬練を使います。

  7. 糸割り

    柄糸を巻く位置を記した棒を、貼った経木にあてて、鉛筆で印を付けていく作業。印を付けた部分を目安に巻けばきれいな菱目が揃います。

  8. 柄巻

    「くじり」と言う道具を使用して、和紙を柄糸と鮫皮の間に入れつつ巻いていく作業。和紙を入れるのは、衝撃力の緩和と立体的な美しさを出すためです。薬練を塗り、接着効果を高めることも行ないます。親粒を菱目の間からきれいに覗かせるのが柄巻の肝。すべては柄巻師の技量にかかっています。

    柄巻

    柄巻

柄の巻き方

柄糸の巻き方も豊富にありますが、代表的な巻き方は以下の6つです。

巻き方名 巻き方
平巻(ひらまき) 紐を平のまま巻く。太刀に多く用いられているので「太刀巻」とも呼ばれる。紐による盛り上がりが少ない。
諸捻巻
(もろひねりまき)
上下の紐を真ん中で捻って巻く。紐による盛り上がりが高い。
片撮巻
(かたつまみまき)
片捻巻とも言う。下になる紐を捻り、上になる紐をつまむ。まれにこの逆を採った巻き方もある。
諸撮巻
(もろつまみまき)
紐を段状に摘まむようにして盛り上げて巻く。紐による盛り上がりが高い。
蛇腹糸組上巻
(じゃばらいとくみあげまき)
2本で1段を巻いた上にさらにもう1段組み、計4本で2段に仕上げる。
武蔵巻(むさしまき) 剣豪「宮本武蔵」が考案したと言われる巻き方。雁が群れをなして飛行するようにギザギザとした形をしている、または雁木鑢(がんぎやすり)に似ていることから「雁木巻」(がんぎまき)とも呼ばれる。

この他、真ん中に結び玉を加えた「結玉」(ゆいだま)、真ん中で紐を絡ませた「絡巻」(からみまき)などの巻き方があります。

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀職人の仕事」の記事を読む


刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~
日本刀作りは、1,000年以上も前から多くの刀工によって洗練されてきた、日本が誇る伝統の技。そこには、「折れない・曲がらない・よく切れる」と言う、矛盾した条件に挑戦した刀工達のDNAが、しっかりと受け継がれているのです。ここでは、日本刀作りの工程を解説しながら、そこに潜む先人達の努力の足跡を辿っていきます。

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~

研師(とぎし)~日本刀を研磨する~

研師(とぎし)~日本刀を研磨する~
日本刀の研磨における役割は、2種類あります。ひとつは、刀工が打った日本刀を磨き上げ、地鉄と刃文の美しさを際立たせることにより、日本刀に命を吹き込むこと。もうひとつが、古い日本刀を研磨して再び美しい眺めを蘇らせること。両方に共通しているのは、刀剣とじっくり対話をしながら、その中に潜んでいる美しさを探しあて、表に導き出すということ。このように、日本刀の「研師」(とぎし)は職人であると同時に「芸術家」であり、日本刀における目利きとしての才能が求められるのです。ここでは、そんな研師の仕事について解説します。

研師(とぎし)~日本刀を研磨する~

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~
刀剣観賞を楽しむポイントのひとつに、「刀身彫刻」(とうしんちょうこく)があります。これは、刀剣の刀身に、多種多様な意匠の文様が彫られており、そこには、様々な意味が込められているのです。古代から日本の刀剣に施されてきた刀身彫刻は、武器としての刀剣に願いや魂を吹き込み、美術品としての刀剣にある美しさを引き出してきました。ここでは、刀剣が歩んできた歴史と共に、多彩な要素を取り入れてきた刀身彫刻について、その歴史と彫師の仕事について解説します。

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~
「白銀師」(しろがねし)は、刀装具の下地作りを担当する職人です。白銀師は、かつて目貫(めぬき)・鍔(つば)・鎺(はばき)・鯉口(こいぐち)・鐺(こじり)など、刀装金具のすべてを制作していました。その後、分業化が進むと鎺制作専門の職人となり、「鎺師」(はばきし)とも呼ばれるようになったのです。白銀師の仕事が鎺に特化されたのは、日本刀のなかで、鎺が特に重要な刀装具であり、制作に高度な専門・技術性が求められるためでした。

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~
刀剣を収める刀装具「鞘」(さや)を作る職人を「鞘師」(さやし)と呼びます。ひとえに鞘作りと言っても仕事の幅は広大です。鞘は、家などで保管する際に使う「白鞘」(しらさや)と、外へ持ち歩く際に用いる「拵」(こしらえ)に分けられます。また、拵の原型となる「拵下地」を作るのも鞘師の仕事。ここでは、鞘師の作業内容や工程、そして、どこに技量の違いが生まれるのかなどに注目し、仕事内容をご紹介していきます。

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~
「鞘」(さや)は、日本刀に不可欠な刀装具のひとつ。これに漆(うるし)を塗る職人は「塗師」(ぬし/ぬりし)と呼ばれています。漆を鞘に塗ることで、その中に収められる刀身を保護すると共に、武具である日本刀を芸術作品に昇華させる役割を果たしているのです。塗師達は、どのような工程を経て仕事を進めているのか、鞘に用いる塗料は、なぜ漆でなければならないのか。ここでは、そんな知られざる塗師達の世界へと迫ります。

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~
「刀剣」と言うと、どうしても優美かつ鋭利な刀身に目を奪われがちです。しかし、刀身に付属する「目貫」(めぬき)、「小柄」(こづか)、「笄」(こうがい)、「鍔」(つば)など、「刀装具」の世界もかなり華麗で奥深いもの。 この刀装具を生み出す職人こそが、「金工師」(きんこうし)、「鍔工師」(つばこうし)です。彼らがどのようにして刀装具を生み出したのか。金工師と鍔工師の違いなど、その世界に迫ります。

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~

注目ワード

注目ワード