日本刀職人の仕事

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る

文字サイズ

「刀剣」と言うと、どうしても優美かつ鋭利な刀身に目を奪われがちです。しかし、刀身に付属する「目貫」(めぬき)、「小柄」(こづか)、「笄」(こうがい)、「鍔」(つば)など、「刀装具」の世界もかなり華麗で奥深いもの。
この刀装具を生み出す職人こそが、「金工師」(きんこうし)、「鍔工師」(つばこうし)です。彼らがどのようにして刀装具を生み出したのか。金工師と鍔工師の違いなど、その世界に迫ります。

金工の歴史

金工師とは

目貫

目貫

「金工師」とは、刀剣を装飾する金属製の金具全般を制作する職人のことです。刀剣を装飾する金具とは、「刀装具」のこと。

この刀装具の中でも「金工」は、「目貫」(めぬき)、「小柄」(こづか)、「」(こうがい)などを言います。刀装具がはじまったのは、弥生時代です。そもそもは、鋭利な刃物の刀剣を安全に持ち運ぶために生まれました。

最初は、刀工が刀身とともに刀装具も作っていましたが、飛鳥時代になると、刀身は刀工が制作し、刀装具は金工師が制作するという風に、分業されたことが分かっています。

それは、刀剣が武器としてはもちろん、身分や権威を表す道具という意味を持つようになったから。所持する人は、刀剣を飾ることに力を入れだし、装飾を重視。装飾の技術が急速に進歩します。

当初は、幼稚な毛彫り程度の装飾でしたが、奈良時代末期にもなると正倉院御物「七星剣」にあるような、権力を象徴する華やかで精巧な装飾となりました。

金工師の祖は、呉国からの帰化人「大利須須」とするなど諸説ありますが、金工史上に登場する最初の金工師は、室町時代中期の「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)です。

笄・小柄

笄・小柄

後藤祐乗は、室町幕府8代将軍「足利義政」に仕え、彫法や意匠に凝った、優れた目貫、小柄、笄の「三所物」(みところもの)を制作したと伝えられる人物。

金や赤銅に、見事な龍や獅子の文様を彫りました。なお後藤家では、幕末に至るまで「鍔」は制作しませんでした。

それは、金属が鉄と非鉄金属(鉄以外の金属)に大きく二分されていたから。後藤祐乗は、元々銀師(銀細工をする職人)であり、鉄を使わない非鉄金属で三所物を制作しました。

これに対して、鍔の素材は鉄。したがって、鍔には「鍔師」という別の一団が発生し、鍔師は金工から独立して、独自の道を歩いていったのです。

室町時代後期には、金工師「後藤祐乗」、「後藤宗乗」、「後藤乗真」を「上三代」、これに続く、金工師「後藤光乗」、「後藤徳乗」、「後藤栄乗」を「下三代」と呼び、多いに珍重されました。後藤家は、金工の宗家という地位を確立したのです。

しかし、安土桃山時代になると、刀剣、鍔、金工までを制作する「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)が登場し、金工は後藤家の独占ではなくなります。

地方では、加賀百万石(現在の石川県金沢市)の前田家が金工を優遇し、「加賀象嵌」と呼ばれる華麗な作品が生まれました。

幕末になって、「後藤一乗」が活躍し、後藤家が盛り返しを見せましたが、1876年(明治9年)の「廃刀令」に伴い、金工師は廃れることとなったのです。

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などを紹介します。

  • 刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

金工の素材や技法について

金工とは

金工の素材は、鉄以外の金属です。金属には、昔からある「五金」(金・銀・銅・錫・鉄)と、五金に2種以上の金属を溶かし合わせた「合金」があります。

それぞれの金属は、光沢や加工性、強度などに違いがあるのが特徴です。

刀剣の金工には、素銅(すあか:製錬して純度を高めた銅)、赤銅(しゃくどう:金と銅の合金)、朧銀(おぼろぎん:銀と銅の合金)の3種が主に使用されました。

【金工の素材】
・素銅(すあか)…製錬して純度を高めた銅
・赤銅(しゃくどう)…金と銅の合金
・朧銀(おぼろぎん)…銀と銅の合金

金工の技法

金工の主な技法には、「鋳金」(ちゅうきん)と「鍛金」(たんきん)、「彫金」(ちょうきん)の3つがあります。それぞれについて、詳しくご紹介します。

鋳金
鋳金

鋳金

鋳金は、溶解した金属を鋳型(いがた)に流し込み、冷やして鋳型を取り出して形作る技法です。原形または鋳型があれば、何個でも同じ物を作ることができるというところが特徴。型を作る作業が最も重要となります。

作り方には数種類あり、代表的なのは蝋型、惣型、込型の3つの方法です。

蝋型
蝋型(ろうがた)は、複雑な形を作ることができるところがメリット。

蝋の持ち味である滑らかさを鋳物に表現することができるところや、金属が持つ色や結晶が出るところが魅力です。

惣型
惣型(そうがた)は、茶道の湯釜や寺の鐘などを作る技法。砂と土で作った型から取り出した鋳物には、漆やおはぐろなどを塗り、仕上げられます。
込型
込型(こめがた)の原型は、粘土でもとの形を作り、その形を写して石膏を使い作ります。同じ鋳物が大量に作ることができるところがメリットです。
鍛金
鍛金

鍛金

鍛金は、熱してやわらかくした金属の棒や塊を、金槌(ハンマー)でたたいて加工する技法です。たたくと伸びて広がるという金属の特質を活かした作り方。

できた鋳物は厚みが薄く、軽くて丈夫という点が特徴です。鍛金では、叩いた跡も鋳物味となり、「接合せ」と「木目金」など模様も作れます。

接合せ
接合せ(はぎあわせ)は、異なる金属板をつなぎ合わせて模様を作りだす技法です。
木目金
木目金(もくめきん)は、色が違うなど異なる金属を重ねて溶接したり、貼ったりしながら木目状の模様を作る技法。
彫金
彫金(打ち出し)

彫金(打ち出し)

金属の表面に鏨(たがね)という特殊なノミを使って、模様を彫り込んだりする加工方法です。

彫った部分に別の金属を埋め込んだりするもので技法には数種類あります。

彫り
鏨を使い金属に彫りで装飾する技法です。毛彫りや蹴り彫り、削り彫りといった表現方法があります。

「毛彫」とは、線状の彫刻表現で、最も基礎的な技法のこと。単に「線彫」とも呼ばれ、線の深さや幅様々です。線の内側もV字状やU字状など多様なかたちで処理します。

打ち出し
金属の延びや縮みなどの特質を利用し、種類の違う鏨を使い分け立体的に加工します。
象嵌
高彫象嵌

高彫象嵌

「象嵌」(ぞうがん)とは、種類の違う金属を加工して穴や溝などに埋めていく技法です。

金属の色や質感の違いによって模様を表現。

平象嵌や高彫象嵌など様々な技法があります。

平象嵌(ひらぞうがん)
地金の表面を彫り込み、ここに金属をはめ込んで表面とほぼ同じ高さに仕上げる技法です。
高彫象嵌(たかぼりぞうがん)
地金の表面を彫り込んでから金属をはめ込み、高肉彫を施して地金から浮き出るようなかたちで図柄を完成させる技法。
露象嵌(つゆぞうがん)
朝露を意図した象嵌であり、金銀を点状に用いる技法です。

鍔工の歴史

鍔工師とは

鍔とは、日本刀の(つか)と(さや)に挟まれた部分に付ける金具です。

古くは、「ツミ刃」(刀身を挟んでいるものという意味)と呼ばれ、これが詰ってツバに変じたなど、諸説存在します。

「鍔工師」とは、鍔に装飾を加える職人のこと。鍔の歴史は古く、古墳時代の環頭太刀 (かんとうたち) や頭椎太刀 (かぶつちたち) にも付けられていました。

時代とともに形を変化させて、次第に美しく装飾された物が作られるように。鍔の歴史について、詳しくご紹介します。

室町時代以前の鍔
甲冑師鍔

甲冑師鍔

室町時代以前、鍔を作っていたのは、刀剣や甲冑などを作っている職人でした。

刀剣や甲冑を作った余りの鉄を使用して作っていたのです。鍔の始まりは、なんの変哲もない鉄の板でしたが、時代とともに「影透かし」など、文様をくり抜いて透かしたデザインの鍔に変わっていきます。

鍔の種類に「刀匠鍔」や甲冑師鍔などがあるのは、刀工や甲冑師が作っていたからなのです。

室町~安土桃山時代の鍔
京透鍔

京透鍔

足利政権の室町時代になると、鍔の存在が変わり、鍔を専門に作る職人の「鍔工」が出現するようになります。

足利将軍は、信仰していた「時宗」(じしゅう)の題目である「阿弥陀仏」から「阿弥」の文字を取って称号とし、技芸を奨励。

鍔工一派「正阿弥」(しょうあみ)は、これまでの技法に新しい試みを加え、様々なデザインを生み出しました。

ただ、「透鍔」は、足利将軍が考案したという説もあります。正阿弥が生み出した豊かな技法は、鍔の歴史を変えました。鍔工の母体的な存在の正阿弥の技術を学ぼうと、全国より多くの鍔工が集まったのは当然のことです。

技術を習得した鍔工達は地元に戻り、地方色あふれる独自の技法も加え、鍔の技術を発展。有名な物に「京透鍔」、「尾張鍔」、「赤坂鍔」などがあります。

安土桃山~江戸時代の鍔
安土桃山時代から江戸時代にかけては、戦乱の世も落ち着き平和な時代でした。

鍔には実用性とともに、嗜好性が加わるようになります。この頃には、大名や幕府にお抱え鍔工が存在。鍔は、仕えている大名の好みに合わせて作られるようになったのです。

「肥後鍔」のように新たな流派も生まれ、鍔は進化を遂げます。この時代には、鍔の制作に分業化が開始。「琳派」(りんぱ)などの絵師達の卓越したデザインが鍔に取り入れられています。

刀剣を持っているのは帯刀を許されていた武士でしたが、この時代には商人達など富裕層にも浸透。刀剣を持っていることが一種のステイタスとして捉えられるようになり、鍔のデザインは、斬新で美しい絢爛豪華な物に変わっていったのです。

鍔の需要が高まり、技術はますます発展。優れた物が作られ、名工も輩出されています。

幕末期~明治時代の鍔
彫金などの技術が頂点に達した幕末期。明治になると長い鎖国時代が終わり、日本に新しい風、海外文化の流入などもあり、鍔も変化をみせます。

1876年(明治9年)には、廃刀令も出されました。鍔はこれまでの技術を伝承し、「加納夏雄」氏などの金工師達によって、完成されます。

金工や鍔の表現力と技巧の凄さは、海外でも評価されているのです。

  • 刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

  • 刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

鍔の素材や技法について

鍔に使用される金属

鍔は刀装具なので、大きさや重さには自然と制約が出てきます。美しい鍔の要は形と文様、そして素材となる金属です。使用される素材によっても美術的価値が変わります。

青銅
青銅(せいどう)は、銅とスズとの合金で「ブロンズ」とも言います。

スズの含有量が少なければ10円玉のような赤銅色です。スズの含有量が多くなると黄金色になります。一定以上のスズを加えると白銀色になる合金です。

銅だけのままよりも固いので鍔作成に向いています。

赤銅
赤銅(しゃくどう)は、銅と金の合金で金の含有量が多いほど良質です。赤銅の美しさは独特の深い赤紫がかった黒。

露に濡れたカラスの羽根のように見えることから「烏銅」や「烏金」とも呼ばれます。

朧銀
朧銀(ろうぎん)は、銅と銀との合金で、赤銅とともに多用された素材のひとつです。

銀が全体の4分の1含まれていることから「四分一」(しぶいち)とも言われます。色は、春霞に浮かぶ朧月を思わせる銀緑灰色。

真鍮
「真鍮」(しんちゅう)は、「黄銅」(おうどう)とも呼ばれる銅と亜鉛の合金。室町期に伝来した当初は、磨くと黄金色になるので称賛されたと伝わります。

亜鉛は日本での産出が難しかったため、中国から輸入。日本で精錬されるようになったのは、江戸期に入ってからです。

黄銅
黄銅は、真鍮と素材は同じですが、亜鉛の含有量20%以上の物を指します。

亜鉛の割合が多くなると黄金色の黄色味が薄くなり、逆に少ないと赤みが強くなるのが特徴です。

山銅
山銅(やまがね)は、山金とも書き、山から出たそのままの粗銅のことです。

江戸期以前は、精錬技術が未熟だったため、不純物の混じるままの銅を使用。色味や質感が均一でないところが良さとなり、山銅で作られた鍔は、様々な表情を見せます。

江戸期に入ってからは、純度の高い銅を精錬できるようになりました。

素銅
素銅(すあか)は、江戸期以降に使われるようになった精錬されて純化した銅のことで、山銅と区別されています。純粋な銅は、あかがね色。

色上げや精錬過程で銅の色が濃厚な赤になります。

金(純金、金無垢)は、煌びやかで美しく、空気中で酸化しない錆びることがない金属です。

延展性にも優れ、1gを0.1μm(ミクロンメータ:0.0001㎜)まで薄く延ばして使用することが可能。所持者の富と権力を表すのにふさわしい金属として、多くの装飾に用いられています。

銀は金と同様、刀装具を美しく演出する素材。金よりやや硬く、銅より若干やわらかい特性を持っています。

伸性と展性に優れているため、細工の材料として重宝された素材です。

鍔の流派(種類)

当初は、刀剣や甲冑と一緒に制作されていた鍔ですが、やがて専門的に制作されるようになり、優れた流派(種類)が生まれました。主な流派や種類をご紹介します。

刀匠鍔

刀匠鍔

刀匠鍔

刀匠鍔(とうしょうつば)は、平安時代の後期頃から廃刀令の頃まで存続。

刀匠鍔は、刀剣を作り、余った鉄を使い作られた簡素な物。木瓜形の物もありますが、丸形が多いです。

時代とともに丸形で無文鍔は、小さな紋様を打ち抜かれるようになり、「透鍔」が誕生しています。

刀匠鍔は、鍔の表面は槌目跡を残しそれを景色とし、刀剣の中心をみるような深い味わいが魅力。

著名な刀工の左行秀や直胤、直勝などが作った鍔もありますが、刀匠鍔とされる鍔はほとんどが無銘です。

甲冑師鍔

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)は、鎌倉時代の後期に甲冑を作る職人である甲冑師達によって作られた鍔のことを指します。

甲冑師鍔が最も多く作られたのは、南北朝期。その後は、戦闘方式が変わったことや地透の鍔が主流になっていったことなどから次第に衰退しました。

江戸時代になると、明珍派や早乙女派、春田派が出てきて甲冑師の技法を持ち味とし、古来の作風と独自の作風をミックスさせた技法を生み出し継承しています。

室町時代までの甲冑師鍔と江戸時代の甲冑師鍔の違いを楽しむのも鑑賞のポイントです。打返耳や土手耳、桶底耳などといった耳の状態に特徴があります。

赤坂鍔

赤坂鍔

赤坂鍔

赤坂鍔(あかさかつば)は、江戸幕府が開幕されたことにより、京で鍔商を営んでいた雁金屋彦兵衛が忠正父子とともに江戸赤坂に移り住み、鍔を作り売り出したのが始まりです。

鍔の意匠は彦兵衛が考案し、忠正父子が制作を担当したと伝わります。赤坂鍔は、初代忠正から9代まで続き繁栄した一派です。

作風は尾張鍔の強さに京透の優美さを合わせたもの。洗練味ある透し彫りが特徴で、加えて力強い毛彫が施されています。図案が粋で垢抜けており、斬新です。

応仁鍔

応仁鍔(おうにんつば)は、室町時代に山城国の鍔工一派が作り始めたとされています。

室町時代に制作した鍔だけを指していると思われていますがそうではなく、その後も発展した一派です。応仁鍔は、その当時、まだ珍しい真鍮で作られていたので珍重され、上流武士をはじめとした有力者に好まれ愛用されていたと伝わります。

応仁鍔には、鉄の板鍔に真鍮で点と線に象嵌し、簡素な図案的透かしが加えられた平象嵌と浅肉に据紋を施した据文象嵌と2つの技法が特徴です。

著名な鍔工は政重や長吉、吉久、吉家など。名前を記した鍔も残っています。

まとめ

金工師や鍔工師には、多くの流派が存在し、それによって趣に違いをみせます。

それぞれの特徴を知っておくと、より深く鑑賞ができます。ぜひ、種類や歴史、流派などを知って、諸大名が競いあって作らせた金工や鍔の美と技をじっくり鑑賞し楽しみましょう。

名古屋刀剣ワールドの刀装具 YouTube動画

名古屋刀剣ワールドの刀装具~目貫~YouTube動画

刀装具 目貫

  • 鍔イラスト集
    日本刀の刀装具のひとつであり、美術工芸品としての価値も高い「鍔」のイラストをご覧頂けます。
  • 鍔写真集
    職人の技が光る芸術性の高い鍔を、画像にて細部までご覧頂ける写真集です。

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作るをSNSでシェアする

「日本刀職人の仕事」の記事を読む


刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る
日本刀作りは、1,000年以上も前から多くの刀工によって洗練されてきた、日本が誇る伝統の技。そこには、「折れない・曲がらない・よく切れる」と言う、矛盾した条件に挑戦した刀工達のDNAが、しっかりと受け継がれているのです。ここでは、日本刀作りの工程を解説しながら、そこに潜む先人達の努力の足跡を辿っていきます。

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る

研師(とぎし)~日本刀を研磨する

研師(とぎし)~日本刀を研磨する
日本刀の研磨における役割は、2種類あります。ひとつは、刀工が打った日本刀を磨き上げ、地鉄と刃文の美しさを際立たせることにより、日本刀に命を吹き込むこと。もうひとつが、古い日本刀を研磨して再び美しい眺めを蘇らせること。両方に共通しているのは、刀剣とじっくり対話をしながら、その中に潜んでいる美しさを探しあて、表に導き出すということ。このように、日本刀の「研師」(とぎし)は職人であると同時に「芸術家」であり、日本刀における目利きとしての才能が求められるのです。ここでは、そんな研師の仕事について解説します。

研師(とぎし)~日本刀を研磨する

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る
刀剣観賞を楽しむポイントのひとつに、「刀身彫刻」(とうしんちょうこく)があります。これは、刀剣の刀身に、多種多様な意匠の文様が彫られており、そこには、様々な意味が込められているのです。古代から日本の刀剣に施されてきた刀身彫刻は、武器としての刀剣に願いや魂を吹き込み、美術品としての刀剣にある美しさを引き出してきました。ここでは、刀剣が歩んできた歴史と共に、多彩な要素を取り入れてきた刀身彫刻について、その歴史と彫師の仕事について解説します。

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る
「白銀師」(しろがねし)は、刀装具の下地作りを担当する職人です。白銀師は、かつて目貫(めぬき)・鍔(つば)・鎺(はばき)・鯉口(こいぐち)・鐺(こじり)など、刀装金具のすべてを制作していました。その後、分業化が進むと鎺制作専門の職人となり、「鎺師」(はばきし)とも呼ばれるようになったのです。白銀師の仕事が鎺に特化されたのは、日本刀のなかで、鎺が特に重要な刀装具であり、制作に高度な専門・技術性が求められるためでした。

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る
刀剣を収める刀装具「鞘」(さや)を作る職人を「鞘師」(さやし)と呼びます。ひとえに鞘作りと言っても仕事の幅は広大です。鞘は、家などで保管する際に使う「白鞘」(しらさや)と、外へ持ち歩く際に用いる「拵」(こしらえ)に分けられます。また、拵の原型となる「拵下地」を作るのも鞘師の仕事。ここでは、鞘師の作業内容や工程、そして、どこに技量の違いが生まれるのかなどに注目し、仕事内容をご紹介していきます。

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る
「鞘」(さや)は、日本刀に不可欠な刀装具のひとつ。これに漆(うるし)を塗る職人は「塗師」(ぬし/ぬりし)と呼ばれています。漆を鞘に塗ることで、その中に収められる刀身を保護すると共に、武具である日本刀を芸術作品に昇華させる役割を果たしているのです。塗師達は、どのような工程を経て仕事を進めているのか、鞘に用いる塗料は、なぜ漆でなければならないのか。ここでは、そんな知られざる塗師達の世界へと迫ります。

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる
「柄」(つか)は、刀剣を手で持つ際に握る箇所のこと。「柄巻」(つかまき)は、柄全体を覆うように巻き付けられた紐などの総称で、柄の強度を上げるだけではなく、握りやすくする他、刀剣の見た目の美しさを引き立てる役割を持っています。柄に施す紐や巻き方にも様々な種類があり、巻き方ひとつでもその刀剣の印象が変わるほど、柄は重要な刀装です。古くから受け継がれる伝統技法で、刀剣に欠かせない柄を補強・装飾する職人「柄巻師」をご紹介します。

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる

注目ワード
注目ワード