日本刀職人の仕事

研師(とぎし)~日本刀を研磨する~

文字サイズ

日本刀の研磨における役割は、2種類あります。ひとつは、刀工が打った日本刀を磨き上げ、地鉄と刃文の美しさを際立たせることにより、日本刀に命を吹き込むこと。もうひとつが、古い日本刀を研磨して再び美しい眺めを蘇らせること。両方に共通しているのは、刀剣とじっくり対話をしながら、その中に潜んでいる美しさを探しあて、表に導き出すということ。このように、日本刀の「研師」(とぎし)は職人であると同時に「芸術家」であり、日本刀における目利きとしての才能が求められるのです。ここでは、そんな研師の仕事について解説します。

研師が存在する意味

日本刀を研ぐ理由

研師

研師

日本刀が実用されていた時代には、切れ味を良くするだけの「研師」(とぎし)も存在しました。

しかし、ある研究によると、適度なざらつきがあるほうが、滑りが少なくなり、殺傷力が上がるという話もあります。つまり、切れ味を求めるだけなら、打ち立ての日本刀に、粗い砥石をかけるだけでも十分。

そのため、かつては刀工自らが、日本刀を砥ぐことが当然だったのです。

刀に神を見た日本人

古墳時代から、お墓の中に必ず1振の刀を一緒に葬ってきた日本人は、刀の中に、神に似た魂の存在を感じていました。

そこで、刀工達は、刀身に神鏡のような輝きを与えるために、高度な研磨技術の研究に取り組んできたのです。「大宝律令」(たいほうりつりょう:日本で初めて行政法と民法、そして刑法の3つが揃えられた本格的な法律)に、研師という言葉が見られることから、すでに奈良時代には、研ぎを専門とする職人が登場していたと伝えられています。

この研師達の活躍によって、「地鉄」(じがね:折り返し鍛錬の結果、鍛え肌に現れる模様)や「刃文」など、日本刀にしかない美しさが生まれたのです。

日本刀の表現者としての研師

刀工が精魂を込めて打った日本刀も、その時点では、断面の姿形もあまりはっきりせず、焼き分けた地肌の黒と刃の白の区別もなく、刃文や光沢も見られません。

しかし、研師が日本刀の姿形を整え、「地」(じ)、「刃」、「」(むね)、「鋒/切先」(きっさき)といった部位をひとつずつ研磨していくことで、地と刃のコントラストが鮮明になり、光沢が増し、地肌や刃文が美しく浮かび上がり、機能美の極致である日本刀が誕生します。

つまり研師は、日本刀制作の工程における脇役などではなく、最終的に日本刀の価値を決める重要な役割を担っているのです。

日本刀の研ぎ方

研師は、粗い砥石から細かい砥石に何度も持ち替えながら、すべて手作業で日本刀を研いでいきます。

最終のステップでは、砥石の目(粒子)は肉眼で見ることはできません。研磨とは、それほど繊細で緻密な作業なのです。

研ぎは「下地研ぎ」(したじとぎ)と「仕上げ研ぎ」(しあげとぎ)の2種類に分かれます。

下地研ぎ

はじめに行なうのは、目の粗い砥石から徐々に細い砥石へと変えながら表面を研ぎ、地刃のムラをなくして刀身を整える作業。

使用する砥石が徐々に細かくなっていくため、下地研ぎの工程は、使用する砥石の種類で表現します。

  1. 金剛砥(こんごうど)

    粒度120番、180番、220番相当する極めて目の粗い砥石です。錆びがひどいときや、刀工が荒砥までしかしていないときなどに使用します。

  2. 備水砥(びんすいど)

    一般的な下地研ぎは、ここから始まります。

    ①棟、②(しのぎ)、③地、④鋒/切先の順に研ぎ、錆を取り除いて日本刀全体の形を整えるのです。研ぎの方向は、部位によって決まりがあり、棟と鎬は「筋違」(すじかい:斜め方向)方向、地と鋒/切先は、「切り」(直角)方向に動かすことが基本。

    備水砥がない場合、400番程度の人造砥でも代用可能です。

  3. 改正名倉砥(かいせいなぐらど)

    備水砥の砥石目(砥いだ跡)を消すために用います。こちらは、粒度は800番程度の砥石で、筋違い方向に研ぐのが基本です。

  4. 中名倉砥(ちゅうなぐらど)

    前工程の砥石目を消しながら「大筋違」に研いだあと、刀身と平行(縦方向)に研ぐ作業。

    これを「タツに(を)突く」と言い、現在では、粒度1,000~1,500番程度の人造砥が使用されます。

  5. 細名倉砥(こまなぐらど)

    名倉砥の中で最も細かい、粒度2,000番程度の砥石でタツに研ぎ、砥石目をすべて消し去る工程です。

    人造砥で代用されることもありますが、天然砥を用いると肌が潰れず、次工程である「内曇刃砥」の効きが良くなります。

  6. 内曇砥(うちぐもりど)

    下地研ぎの最終段階となるこの工程では、刃の部分と地の部分を研いでいきます。

    内曇砥で得られる作用は、京都付近で産出される砥石で、肌が細かくやわらかいため、地刃を白くすること。

    なお、内曇砥を用いることは「内曇を引く」と言い、日本刀の研磨で使われる内曇砥には、「刃砥」(はど)と「地砥」(じど)の2種類があります。

    内曇砥[刃砥]
    刃砥はやわらかく、刃文を白く出す働きがあります。この作業によって、刃文や地肌の働きが見えて来るようになるのです。
    内曇砥[地砥]
    主に地を研ぐために用いられる、刃砥より硬い砥石。鍛え肌や「地沸」(じにえ:刀身の地に現れるキラキラとした微粒子)、「地景」(ちけい:鍛え肌に沿って線状に黒く光って見える部分)などの見所となる部位を引き出します。

仕上げ研ぎ

下地研ぎで表した地鉄をより美しく際立たせ、地刃の色調を整えるなど、美しい装いを実現する工程です。

前段階の下地研ぎでは砥石の種類が工程を表していたのに対し、仕上げ研ぎでは工程が変わると道具も変わります。

  1. 刃艶(はづや)

    この工程では、まず、内曇砥を水に浸け、やわらかくなった部位を、その層に沿って薄く割ります。

    次に「大村砥」(おおむらと:和歌山県で産出される荒砥のひとつ)や「青砥」(あおと:刃艶などの厚さを整えるために用いる砥石)といった砥石で、より薄くなるように磨り上げ(すりあげ)、「吉野紙」(よしのがみ:奈良県吉野地方産の、非常に薄い和紙)と漆で裏打ちした物が「刃艶」です。

    この刃艶を、親指の腹に乗せて刃をこすり、刃文の「」(にえ:星のようにキラキラとした輝き)や「」(におい:天の川のようなぼんやりとした輝き)を浮き上がらせる工程です。

    沸と匂

    沸と匂

  2. 地艶(じづや)

    微細な砥石である「鳴滝砥」(なるたきと)を磨きこみ、1mm以下にした10数個の粒子を刀身に乗せ、親指で砥石が逃げないように注意しながら、地鉄の見所を引き出します。

    砥石の薄さやサイズ、水のpH値などで効果が変わるため、研師の熟練の技を必要とする作業です。

  3. 拭い(ぬぐい)

    拭い

    拭い

    地鉄を黒くし、光沢を出す工程。「拭い」の成分は研師の秘伝ですが、主材は刀工が鍛錬した際に飛び散った「金肌」(かねはだ)という酸化鉄。

    これを再び焼いて乳鉢で磨って微粉末にし、丁子油(ちょうじあぶら)に混ぜて作り、定間隔で刀身の上に置き、「」(まち:に近い部分)から鋒/切先に向けて「青梅綿」(おうめわた:上質の綿)で拭い込むのです。

    この工程で、砥石目はほぼ消え、鍛え肌が立ち、地が青黒くなります。

  4. 刃取り(はどり)

    刃文の白さを際立たせる作業であり、研師の感性と創意が問われる工程です。

    流派によって研ぎ方が異なり、例えば「本阿弥流」(ほんあみりゅう)では、棟側から刃を拾い、「藤代流」(ふじしろりゅう)は、刃側から刃を拾います。

  5. 磨き(みがき)

    磨き

    磨き

    鎬地」(しのぎじ)と棟を、磨き棒やヘラを使って磨き潰す工程。

    磨き棒は、長さ15cmくらいの超硬合金の棒で、先端は鉛筆のように尖っています。

    この工程により、刀身は、「刃の白さ」、「地の青黒さ」、「鎬地の漆黒」という3種類の鏡面を持つことになるのです。

  6. ナルメ

    ナルメ

    ナルメ

    横手」(よこて:鋒/切先の下の線)と帽子(ぼうし:鋒/切先にある刃文)の研ぎの工程。

    ナルメの語源は明らかでなく、江戸時代から使われていたとされています。

  7. 流し(ながし)

    帽子の裏棟や「」(はばき:刀身の手元部の金具)元などに研師のサインを入れ、日本刀の完成になります。

現代の研師

現在、プロの研師は全国に約50名と言われています。刀工の場合、文化庁主催の「美術刀剣刀匠技術保存研修会」を受講すれば刀工と名乗れますが、研師には決められた研修や資格制度などがありません。

そのため、研師になりたいと思ったら、師匠に付くか、研磨教室などに通って技術を磨きながら、チャンスを窺うしか方法がないのが現状です。

そんな現代の研師の中でも著名であるのが、室町時代から、代々日本刀の鑑定や研磨などを生業(なりわい)としてきた本阿弥家25代の「本阿弥光洲」(ほんあみこうしゅう)。本阿弥家は、足利将軍家のお抱えとして活躍したあとも、豊臣家徳川家に召し抱えられています。

本阿弥光洲は、國學院大學(こくがくいんだいがく)文学部卒業後、人間国宝である父・「本阿弥日洲」(ほんあみにっしゅう)に師事。2008年(平成20年)に「東京都指定無形文化財」(工芸技術)、2014年(平成26年)には、「重要無形文化財保持者」(人間国宝)に認定されました。

まとめ

人間国宝の本阿弥光洲は、お預かりした日本刀を研ぐ前に、10~20日間をかけて日本刀を見つめると言われています。

「鎌倉だとか室町の日本刀を研ぐ機会があると、研ぎながら魂を感じ、自ずと頭が下がって、精魂込めて研がねばならないという気持ちになります」と言う本阿弥光洲の言葉からは、数百年の歳月を超えて、刀工と研師が対話しながら日本刀に新しい命を吹き込み、次の数百年に繋がっていることが窺えるのです。

研師(とぎし)~日本刀を研磨する~

研師(とぎし)~日本刀を研磨する~をSNSでシェアする

「日本刀職人の仕事」の記事を読む


刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~
日本刀作りは、1,000年以上も前から多くの刀工によって洗練されてきた、日本が誇る伝統の技。そこには、「折れない・曲がらない・よく切れる」と言う、矛盾した条件に挑戦した刀工達のDNAが、しっかりと受け継がれているのです。ここでは、日本刀作りの工程を解説しながら、そこに潜む先人達の努力の足跡を辿っていきます。

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~
刀剣観賞を楽しむポイントのひとつに、「刀身彫刻」(とうしんちょうこく)があります。これは、刀剣の刀身に、多種多様な意匠の文様が彫られており、そこには、様々な意味が込められているのです。古代から日本の刀剣に施されてきた刀身彫刻は、武器としての刀剣に願いや魂を吹き込み、美術品としての刀剣にある美しさを引き出してきました。ここでは、刀剣が歩んできた歴史と共に、多彩な要素を取り入れてきた刀身彫刻について、その歴史と彫師の仕事について解説します。

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~
「白銀師」(しろがねし)は、刀装具の下地作りを担当する職人です。白銀師は、かつて目貫(めぬき)・鍔(つば)・鎺(はばき)・鯉口(こいぐち)・鐺(こじり)など、刀装金具のすべてを制作していました。その後、分業化が進むと鎺制作専門の職人となり、「鎺師」(はばきし)とも呼ばれるようになったのです。白銀師の仕事が鎺に特化されたのは、日本刀のなかで、鎺が特に重要な刀装具であり、制作に高度な専門・技術性が求められるためでした。

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~
刀剣を収める刀装具「鞘」(さや)を作る職人を「鞘師」(さやし)と呼びます。ひとえに鞘作りと言っても仕事の幅は広大です。鞘は、家などで保管する際に使う「白鞘」(しらさや)と、外へ持ち歩く際に用いる「拵」(こしらえ)に分けられます。また、拵の原型となる「拵下地」を作るのも鞘師の仕事。ここでは、鞘師の作業内容や工程、そして、どこに技量の違いが生まれるのかなどに注目し、仕事内容をご紹介していきます。

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~
「鞘」(さや)は、日本刀に不可欠な刀装具のひとつ。これに漆(うるし)を塗る職人は「塗師」(ぬし/ぬりし)と呼ばれています。漆を鞘に塗ることで、その中に収められる刀身を保護すると共に、武具である日本刀を芸術作品に昇華させる役割を果たしているのです。塗師達は、どのような工程を経て仕事を進めているのか、鞘に用いる塗料は、なぜ漆でなければならないのか。ここでは、そんな知られざる塗師達の世界へと迫ります。

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~
「柄」(つか)は、刀剣を手で持つ際に握る箇所のこと。「柄巻」(つかまき)は、柄全体を覆うように巻き付けられた紐などの総称で、柄の強度を上げるだけではなく、握りやすくする他、刀剣の見た目の美しさを引き立てる役割を持っています。柄に施す紐や巻き方にも様々な種類があり、巻き方ひとつでもその刀剣の印象が変わるほど、柄は重要な刀装です。古くから受け継がれる伝統技法で、刀剣に欠かせない柄を補強・装飾する職人「柄巻師」をご紹介します。

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~
「刀剣」と言うと、どうしても優美かつ鋭利な刀身に目を奪われがちです。しかし、刀身に付属する「目貫」(めぬき)、「小柄」(こづか)、「笄」(こうがい)、「鍔」(つば)など、「刀装具」の世界もかなり華麗で奥深いもの。 この刀装具を生み出す職人こそが、「金工師」(きんこうし)、「鍔工師」(つばこうし)です。彼らがどのようにして刀装具を生み出したのか。金工師と鍔工師の違いなど、その世界に迫ります。

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~

注目ワード
注目ワード