日本刀職人の仕事

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~

文字サイズ

日本刀作りは、1,000年以上も前から多くの刀工によって洗練されてきた、日本が誇る伝統の技。そこには、「折れない・曲がらない・よく切れる」と言う、矛盾した条件に挑戦した刀工達のDNAが、しっかりと受け継がれているのです。ここでは、日本刀作りの工程を解説しながら、そこに潜む先人達の努力の足跡を辿っていきます。

日本刀の素材

鋼の種類
日本刀の素材は、炭素含有量によって「鉄」、「鋼」(はがね)、「」(ずく)の3種類に分類されます。このうち、直接日本刀の材料になるのは鋼のみ。

その中でも、特に炭素量が適量の素材を「玉鋼」(たまはがね)と呼びます。

鉄の成分
※カッコ内は炭素含有量

  • 鉄(0.0~0.03%):やわらかく、加熱しなくても叩けば伸びる
  • 鋼(0.03~1.7%):加熱をして叩けば伸びるため、日本刀に最適
  • 銑(1.7%~):硬すぎて、加熱して叩いても伸びない

日本刀の制作工程

  1. 水減し

    水減し

    水減し

    炉で熱し、厚さ5mm程度に打ち延ばした玉鋼を水に入れます。

    これは、炭素量の多い部分がボロボロと砕けると言う性質を利用した工程。

    水減し」(みずへし)と呼ばれるこの作業により、日本刀に適切な材料を選別するのです。

  2. 積み重ね

    小割りした玉鋼を水で濡らした和紙でくるみ、「テコ台」の上に積み重ねます。

  3. 灰と泥水をまぶす

    積まれた鋼の上から「藁灰」(わらばい:藁を不完全燃焼の状態にして作った灰)と泥水をかけます。

    その理由は、空気を遮断して鋼が燃えるのを防ぐのと、全体を平均して加熱するため。また、泥に含まれる「SiO2」(二酸化ケイ素)が鋼の不純物を除去すると言う効果もあります。

  4. 積み沸かし

    炉の中でじっくり時間をかけ、赤くなるまで鋼を溶かすことを「沸かす」(わかす)と言います。「積み沸かし/積み沸し」は次の工程となる、日本刀を鍛錬する前の準備段階。

    そのため、ここでの沸き具合が、日本刀の品質に大きく影響すると言われており、日本刀作りの工程の中でも、最も重要な作業のひとつです。

  5. 鍛練

    溶けた鋼を取り出し、金敷(かなしき)に乗せて大槌(おおつち)で叩きます。はじめは割れないように軽く叩き、鋼が安定したら再び灰をまぶして炉に戻すという作業を繰り返します。

  6. 折り返し鍛練

    炉の中で鋼が十分に沸いたら金敷の上に取り出し、長方形に打ち伸ばします。

    中央に鏨(たがね)を打ち入れ、2つにして折り返し、再び炉に投入。

    それを取り出して長方形に打ち伸ばし、先程とは反対の90°曲げた方向に鏨を入れて、2枚にして折り返します。この一連の工程が、「折り返し鍛練」です。

    刀工は、この作業を15回ほど繰り返すため、2の15乗で、3万以上の層構造を持つ鋼になります。これも、日本刀の強さを生み出す、刀工の技のひとつです。

    折り返し鍛錬の工程

    折り返し鍛錬の工程

  7. 造込み

    この工程では、まず、鍛え上げられた鋼をU字型に成形。これが日本刀の外側にあたる「皮鉄」(かわがね)になります。

    また、「包丁鉄」(ほうちょうてつ)と呼ばれるやわらかい鋼を折り返し鍛錬した心鉄(しんがね)を用意し、U字型の皮鉄の中にセット。

    これが、「造込み」(つくりこみ)と呼ばれる工程です。

    よく日本刀は、「折れない・曲がらない・よく切れる」と言われますが、「切れ」て「曲がらない」ためには、鉄は硬さが必要で、逆に「折れない」ためには、やわらかさが必要。

    この矛盾を解決したのが、炭素量が少なくてやわらかい心鉄を、炭素量が多くて硬い皮鉄で包む、日本刀独特の技法なのです。

    皮鉄作り

    皮鉄作り

  8. 素延べ

    素延べ

    素延べ

    再び藁灰でくるんで沸かし、平たい棒状に打ち伸ばします。これを繰り返して完成寸法に近付ける工程が「素延べ」(すのべ)。

    これによって不要な成分が除去されるため、最終的には、3分の2程度まで重量が減少します。

  9. 鋒/切先の打ち出し

    日本刀の長さに合わせて先端を「筋違」(すじかい:斜めの方向に入れられた鑢目)に切り取り、小槌(こづち)で叩いて、日本刀における「鋒/切先」(きっさき)の原型を作ります。

  10. 火造り

    火造り

    火造り

    炉で沸かし、小槌で叩く作業を繰り返して鋒/切先を作り、「」(しのぎ)を立て、刃を切ります。

    ここでようやく、日本刀の姿ができ上がってくるのです。

  11. 焼刃土を塗る

    焼刃土を塗る

    焼刃土を塗る

    刀身を砥石で研ぎ、その上に「焼刃土」(やきばつち)を薄く塗ります。

    これは、耐火性の粘土に木炭や砥石の粉を混ぜた土で、調合の割合は、各刀工の秘伝中の秘伝。

    焼刃土の塗り具合で「刃文」(はもん)が決まるため、ここが刀工にとって、最大の腕の見せ所です。

  12. 焼き入れ

    折り返し鍛錬・焼き入れ

    刀匠による刀剣奉納鍛錬(折り返し鍛錬・焼き入れ)の様子を動画でご覧頂けます。

    折り返し鍛錬・焼き入れ

    刀身を炉に入れ、鉄が柿色(約780~800℃)になるまで熱します。この色を正確に見極めるため、「焼き入れ」は、日が沈んでから行なうのが習わしでした。

    刀身が良い色になったら、急いで炉から取り出して一気に水の中へ。大量の蒸気を発して鉄が冷やされた瞬間、土を薄く塗った部分に焼きが入り、鋼が硬い「マルテンサイト」に変性すると、それが美しい刃文になって現れるのです。

    このとき、日本刀の姿の美しさを左右する部位のひとつである、「反り」(そり)も同時に生じます。

  13. 鍛冶研ぎ

    刀身を叩いて反りを補正し、全体を荒砥(あらと:粗目の砥石)で研ぎます。

  14. 茎仕立て

    刀身の完成後、「」(つか)に納まる「」(なかご)部分に「目釘穴/目釘孔」(めくぎあな)を開け、鑢(やすり)を掛けます。

  15. 銘切り

    「銘切り台」と呼ばれる木製の台に厚い鉛板を置き、その上に茎を固定。銘切り鏨(たがね)と小槌を用いて、刀工が銘を刻む工程です。これでようやく、刀工の仕事が完了します。

現代の刀工

現代になっても多くの刀工が存在し、この伝統的な技法による日本刀の制作は、脈々と受け継がれています。その中でも特に優れた刀工は、日本における伝統文化の担い手として、高い栄誉が与えられてきました。

帝室技芸員
帝室技芸員」(ていしつぎげいいん)は戦前の宮内省によって運営されていた美術・工芸作家の顕彰制度。

【主な帝室技芸員】

  • 宮本包則(みやもとかねのり)/1906年(明治39年)に任命
  • 月山貞一[初代](がっさんさだかず)/1906年(明治39年)に任命
重要無形文化財保持者(人間国宝)
重要無形文化財保持者(人間国宝)」とは、帝室技芸員を引き継ぎ、文化財保護法によって指定された制度。

【主な重要無形文化財保持者(人間国宝)】

  • 高橋貞次(たかはしさだつぐ)/1955年(昭和30年)に任命
  • 宮入昭平[行平](みやいりあきひら[ゆきひら])/1963年(昭和38年)に任命
  • 月山貞一[二代](がっさんさだかず)/1971年(昭和46年)に任命
  • 隅谷正峯(すみたにまさみね)/1981年(昭和56年)に任命
  • 天田昭次(あまたあきつぐ)/1997年(平成9年)に任命
  • 大隅俊平(おおすみとしひら)/1997年(平成9年)に任命
  • 日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「帝室技芸員・人間国宝・無鑑査刀匠」一覧をご覧いただけます。

  • 現代刀の名工・名匠
    現代の日本刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。

刀工になるには

刀工になるには、文化庁主催の「美術刀剣刀匠技術保存研修会」の修了が必須です。

しかし、その研修を受けるには、文化庁からの作刀承認を取得した刀匠のもとで、5年間の修業が必要と定められているため、まずは刀匠に弟子入りする必要があります。

刀匠を探して入門する

現代の日本で日本刀制作を本職とする人は、100名程度と言われています。

また、日本刀の売買は制限が大きいことから、その制作だけで生計を成り立たせている刀匠は、日本でもほんのひと握り。

そのため、刀匠に弟子入りするのは、なかなか難しいのが現状。刀匠との人脈や繋がりがない人は、「全日本刀匠会」が入門志望者向けに開催している研修会が便利です。この研修は年齢制限がなく、終了後の体験入門もできます。

全日本刀匠会 会員名簿全日本刀匠会 会員名簿
日本全国で活躍する各都道府県の会員(刀匠)をご紹介します。

修行中は基本的に無報酬

修業期間中は、仕事を通して作刀技術を学ぶ時間であるため、基本的に給与はありません。家賃や食費などは、もちろん自己負担。入門先によっては、材料費や施設使用料などが、必要になります。

独立には資金が必要

無事に入門を許され、厳しい修行の末に刀工になると、いよいよ独り立ちです。

しかし、独立するには、自身で使用する作業場を用意し、様々な機械を導入しなくてはなりません。また、膨大な材料費や、他の職人を雇う場合に支払う工賃も必要です。

独立後も苦労は絶えない

作った日本刀が売れないと、生活できません。ましてや、今日(こんにち)の日本刀市場に、新米の刀工が入り込むのは、やはり難しいと言えるでしょう。

また、テレビや雑誌に登場する「名人」と呼ばれるには、想像もつかない時間と苦労が必須。決して憧れだけでなれる職業ではないのです。

まとめ

日本刀制作を手掛けてきた刀工達は、1,000年以上も同じ手仕事を繰り返してきたはず。しかし、今でも刀工達は、「2つとして同じ日本刀は打てない」と口を揃えます。

日本刀を打つとは、それほど難しくて奥が深い世界。数年間の下積みを厭わない覚悟と興味がある方は、刀工になるチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~

刀匠(とうしょう)~刀剣・日本刀を作る~をSNSでシェアする

「日本刀職人の仕事」の記事を読む


研師(とぎし)~日本刀を研磨する~

研師(とぎし)~日本刀を研磨する~
日本刀の研磨における役割は、2種類あります。ひとつは、刀工が打った日本刀を磨き上げ、地鉄と刃文の美しさを際立たせることにより、日本刀に命を吹き込むこと。もうひとつが、古い日本刀を研磨して再び美しい眺めを蘇らせること。両方に共通しているのは、刀剣とじっくり対話をしながら、その中に潜んでいる美しさを探しあて、表に導き出すということ。このように、日本刀の「研師」(とぎし)は職人であると同時に「芸術家」であり、日本刀における目利きとしての才能が求められるのです。ここでは、そんな研師の仕事について解説します。

研師(とぎし)~日本刀を研磨する~

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~
刀剣観賞を楽しむポイントのひとつに、「刀身彫刻」(とうしんちょうこく)があります。これは、刀剣の刀身に、多種多様な意匠の文様が彫られており、そこには、様々な意味が込められているのです。古代から日本の刀剣に施されてきた刀身彫刻は、武器としての刀剣に願いや魂を吹き込み、美術品としての刀剣にある美しさを引き出してきました。ここでは、刀剣が歩んできた歴史と共に、多彩な要素を取り入れてきた刀身彫刻について、その歴史と彫師の仕事について解説します。

彫師(ほりし)~日本刀に刀身彫刻を彫る~

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~
「白銀師」(しろがねし)は、刀装具の下地作りを担当する職人です。白銀師は、かつて目貫(めぬき)・鍔(つば)・鎺(はばき)・鯉口(こいぐち)・鐺(こじり)など、刀装金具のすべてを制作していました。その後、分業化が進むと鎺制作専門の職人となり、「鎺師」(はばきし)とも呼ばれるようになったのです。白銀師の仕事が鎺に特化されたのは、日本刀のなかで、鎺が特に重要な刀装具であり、制作に高度な専門・技術性が求められるためでした。

白銀師(しろがねし)~日本刀の鎺(はばき)を作る~

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~
刀剣を収める刀装具「鞘」(さや)を作る職人を「鞘師」(さやし)と呼びます。ひとえに鞘作りと言っても仕事の幅は広大です。鞘は、家などで保管する際に使う「白鞘」(しらさや)と、外へ持ち歩く際に用いる「拵」(こしらえ)に分けられます。また、拵の原型となる「拵下地」を作るのも鞘師の仕事。ここでは、鞘師の作業内容や工程、そして、どこに技量の違いが生まれるのかなどに注目し、仕事内容をご紹介していきます。

鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~
「鞘」(さや)は、日本刀に不可欠な刀装具のひとつ。これに漆(うるし)を塗る職人は「塗師」(ぬし/ぬりし)と呼ばれています。漆を鞘に塗ることで、その中に収められる刀身を保護すると共に、武具である日本刀を芸術作品に昇華させる役割を果たしているのです。塗師達は、どのような工程を経て仕事を進めているのか、鞘に用いる塗料は、なぜ漆でなければならないのか。ここでは、そんな知られざる塗師達の世界へと迫ります。

塗師(ぬし)~日本刀の鞘に漆を塗る~

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~
「柄」(つか)は、刀剣を手で持つ際に握る箇所のこと。「柄巻」(つかまき)は、柄全体を覆うように巻き付けられた紐などの総称で、柄の強度を上げるだけではなく、握りやすくする他、刀剣の見た目の美しさを引き立てる役割を持っています。柄に施す紐や巻き方にも様々な種類があり、巻き方ひとつでもその刀剣の印象が変わるほど、柄は重要な刀装です。古くから受け継がれる伝統技法で、刀剣に欠かせない柄を補強・装飾する職人「柄巻師」をご紹介します。

柄巻師(つかまきし)~日本刀の柄を仕上げる~

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~
「刀剣」と言うと、どうしても優美かつ鋭利な刀身に目を奪われがちです。しかし、刀身に付属する「目貫」(めぬき)、「小柄」(こづか)、「笄」(こうがい)、「鍔」(つば)など、「刀装具」の世界もかなり華麗で奥深いもの。 この刀装具を生み出す職人こそが、「金工師」(きんこうし)、「鍔工師」(つばこうし)です。彼らがどのようにして刀装具を生み出したのか。金工師と鍔工師の違いなど、その世界に迫ります。

金工師・鍔工師~日本刀の目貫・鍔などを作る~

注目ワード

注目ワード