戦国事件の真相
本能寺の変よりも前に、織田信長は何度も殺されかけていた!?
戦国事件の真相
本能寺の変よりも前に、織田信長は何度も殺されかけていた!?

文字サイズ

戦国武将の中でも最大のうつけものと言えば、織田信長を超える者はいないだろう。本能寺の変で家臣・明智光秀の謀反により、自害するという劇的な最期を迎えたが、信長を殺そうと謀っていたのは光秀だけでなかったのだ。

身内に命を狙われた信長

織田信長

織田信長

尾張の大うつけ、織田信長。信長が家督を継ぐことを知っていたのは、父である織田信秀と信長のお守り役であった平手政秀の二人だけだったと言っても過言ではなかった。

特に生母である土田御前は「弟、信行(信勝)に跡を継がせるべきでは?」と考えていたのだとか。

そんな折、1551年(天文20年)、信長の父信秀が永眠し、信長が家督を継ぐことになる。

さらに1553年(天文22年)、政秀が信長を「大うつけ」として教育してしまった責任を取って自害。結果、織田家内部で家督争いが起こり始めるのだ。

織田信友に命を狙われる

清州城

清州城

当時、今川氏の侵攻で力が衰えた尾張国守護、斯波氏(しばし)は、守護代の織田大和守家当主で清州城主の織田信友が実権を握っていた。

信友は信長の家臣の鳴海城主・山口教継(やまぐちのりつぐ)の謀反に乗じ、「萱津の戦い」を起こすが、守山城の織田信光に支持された信長に敗れる。

そして信長暗殺計画を企てるも、事前に斯波義統(しばよしむね)の家臣である簗田弥次右衛門(やなだやじえもん)に知られ、信長に密告されてしまう。

怒った信友は義統を殺害。その嫡子である斯波義銀(しばよしかね)が信長のもとに落ち延びてくると、信長は守山城主で叔父の織田信光と共に、信友を主君殺しの謀反人として討伐した。

これにより1555年(天文24年)、織田大和守家は滅亡し、信長は那古野城から清州城に居城を移した。

弟・信勝に命を狙われる

柴田勝家

柴田勝家

1556年(弘治2年)4月、義父・斎藤道三が子の斎藤義龍との戦い「長良川の戦い」で敗死。最も有力な味方である道三を失った信長に対し、弟・信勝派の林秀貞(はやしひでさだ)、林通具(はやしみちとも)、柴田勝家らが、信勝を擁立すべく挙兵する。

弟である信勝は、父・信秀から末盛城や柴田勝家ら有力家臣を与えられるとともに、愛知郡内に一定の支配権を有するなど、織田家でも強い力を持つひとり。1555年(弘治元年)には、「弾正忠」を名乗り、弾正忠家の継承者候補として信長と争う立場にあったのだ。

そして、同年8月、両者は稲生で激突することになる。信長は、末盛城などに籠もった信勝派を包囲したが、生母・土田御前の仲介により、信勝・勝家らを赦免(しゃめん)した。

しかし、1558年(永禄元年)に信勝は再び謀反を企てる。このとき、信長に命を救われた柴田勝家が密告する。事態を悟った信長は病と称して信勝を清洲城に誘い出し殺害した。

妹の嫁ぎ先にも命を狙われる

浅井長政

浅井長政

織田信長の妹である「お市」を妻としていた浅井長政。言うなれば、信長とは同盟関係にあった。

この同盟を結んだときの約定に「朝倉氏には戦を仕掛けてはいけない」という内容があったのだとか。これは浅井家と織田家が同盟関係を結ぶ前に浅井家が朝倉家と同盟関係を結んでいたことによるものだ。しかし、それを破るのがうつけ者の信長。

信長と当時の朝倉家領主であった朝倉義景は、不仲な関係が続いていた。浅井家、朝倉家ともに力があった戦国大名家であり「金ヶ崎の戦い」で挟み撃ちになりそうになった信長は、妹・お市の密告により難を免れた。

長政の裏切りによって、織田・浅井の同盟関係は完全に崩れた。そしてリベンジとなる「姉川の戦い」で、信長は徳川家康を味方に付け、織田・徳川連合軍が勝利し、長政は小谷城に篭城。

1573年(天正元年)、浅井家は信長に滅ぼされることになる。

歴史上初めてスナイパーに狙われた男

狙われる織田信長

狙われる織田信長

「鉄砲と言えば信長」というほど、信長と鉄砲は切っても切り離せない関係だ。

新兵器の鉄砲に誰よりも早く注目し、武田氏に大勝利した「長篠の戦い」では、鉄砲の三段撃ちを披露するなど、戦国時代の戦い方の常識まで変えてしまった。

鉄砲の恩恵を受けた信長だが、逆に鉄砲に狙われていたとも伝わる。

その1:甲賀忍者・杉谷善住坊

信長を最初に狙ったのは、甲賀五十三家のひとつ杉谷与藤次(すぎたによとじ)の子である甲賀忍者・杉谷善住坊(すぎたにぜんじゅぼう)。杉谷氏と同族の勢州朝熊(せいしゅうあさま)の僧や雑賀衆、賞金稼ぎなど様々な顔を持つ男である。善住坊は飛ぶ鳥を射止めることができるほどの射撃の腕前を持っていると言われていた。

そんな善住坊に信長暗殺の密命をしたのが、信長に大敗し観音寺城を追われた六角義賢(ろっかくよしかた)。1570年(元亀元年)善住坊が信長を狙撃するため、鈴鹿山脈にある千草峠(現在の滋賀県東近江市の千街道)に待機した。ここは前述にあるよう、信長が義弟の近江長浜城主浅井長政の裏切りにあい、挟み撃ちになった場所。

姿を見せた信長を狙い発砲した善住坊であったが、銃弾は馬上にいた信長の帷子(かたびら)の袖を撃ち抜き、かすり傷のみだったのだとか。

信長暗殺はあえなく失敗。のちに信長に処刑されることになる。

その2:伊賀忍者・城戸弥左衛門

次に信長を狙ったのが、伊賀音羽(いがおとわ)出身の、城戸弥左衛門(きどやざえもん)。「音羽の城戸」と呼ばれ、忍術書【万川集海】(ばんせんしゅうかい)では伊賀の忍者名人11人のうちの1人とされている。【伊乱記】(いらんき)には伊賀忍者の祖のような存在として登場している。

弥左衛門は熱烈な一向衆の信徒であったとされ、比叡山の焼き討ちや一向一揆を弾圧した信長に激しい怒りを覚えていたのだとか。

1579年(天正7年)のこと。

信長が朱の大唐傘をさしながら、馬に揺られて琵琶湖のほとり膳所(ぜぜ)を通りかかると、森の中から銃声が響き、大唐傘の柄が吹っ飛ぶ。信長にはかすり傷ひとつなかったが、家来達が後を追うものの、その刺客を捕まえることはできなかった。

そして、この弥左衛門、なんと翌日、信長に鉄砲を撃ちかけたのは伊賀甲賀の忍びの者だと進言し、自分に犯人を探す役目を命じさせた。さすがの信長もまさか自分を狙った犯人がそんなことを言うとは思いもしなかっただろう。

弥左衛門は犯人探しをする体を装いつつ、信長暗殺の機を狙っていた。1581年(天正9年)、信長が伊賀の視察に訪れると知った弥左衛門は、土橋の原田木三、印代判官(いじろはんがん)を誘って2度目の暗殺を企てる。しかし、銃弾は信長の周りにいた家来数名に当たっただけで、信長にはかすりもしなかった。

その後、かつての部下であった宮田長兵衛に密告され、捕らえられてしまった弥左衛門。最後は自刃するのだが、激しい拷問にかけても口を割らず依頼主を守りきり、終いには処刑前日に逃げ出すという強者。その依頼主は本願寺教如(ほんがんじきょうにょ)だったとも伝わる。

本能寺の変はすごかった

本能寺の変

本能寺の変

この他にも殺されかけたという逸話が残る信長。数々の暗殺計画や刺客も神の如くかわし続けていた信長が、明智光秀の謀反により本能寺の変で最期を迎えたとなると、実は用意周到に計画されていたのではないかと疑いたくなるほどだ。むしろ、本能寺では信長は死んでいないという説すら信じたくなる。

本能寺の変よりも前に、織田信長は何度も殺されかけていた!?

本能寺の変よりも前に、織田信長は何度も殺されか...をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦国事件の真相」の記事を読む


井伊直弼が暗殺された原因は食べ物の恨みだった!?

井伊直弼が暗殺された原因は食べ物の恨みだった!?
季節外れの雪が降る1860年(安政7年)3月、江戸城の桜田門外で、幕府の老中、井伊直弼(いいなおすけ)が水戸藩士らに暗殺された。「桜田門外の変」(さくらだもんがいのへん)と呼ばれるこの事件は、幕府によって行なわれた弾圧「安政の大獄」(あんせいのたいごく)によって引き起こされた。しかし実はその根底には、井伊直弼と徳川斉昭(とくがわなりあき)の間で起きた、牛肉をめぐるいざこざがあったことをご存知だろうか。

井伊直弼が暗殺された原因は食べ物の恨みだった!?

実母による伊達政宗毒殺未遂事件の真相

実母による伊達政宗毒殺未遂事件の真相
伊達政宗の母、義姫(よしひめ)は出羽国の戦国大名、最上義守(もがみよしもり)の娘。1564年(永禄7年)に政宗の父、輝宗(てるむね)に嫁ぎ、その3年後の1567年(永禄10年)に政宗を、その翌年に次男の小次郎を出産した。伊達政宗と陸奥国の大崎義隆(おおさきよしたか)が対立した1588年(天正16年)の「大崎合戦」では、女だてらに、両者の和睦に寄与した。実家の最上氏は大崎氏の分家で、実兄の最上義光(もがみよしあき)は大崎方の指揮官のひとり。義姫は自ら戦場に乗り込み、義光に停戦を迫ったのだ。そんな女傑、義姫だが、政宗毒殺未遂事件の犯人とも言われている。その真相はいかに?

実母による伊達政宗毒殺未遂事件の真相

暗殺・裏切り何でもあり。サイコパス? 宇喜多直家の鬼畜の所業

暗殺・裏切り何でもあり。サイコパス? 宇喜多直家の鬼畜の所業
冷酷で無慈悲で尊大、良心が欠如し、罪悪感も薄いが、ときとして非常に魅力的。そんなサイコパスの特徴を持った武将は少なくないが、宇喜多直家(うきたなおいえ)もそのひとり。尼子経久(あまごつねひさ)、毛利元就(もうりもとなり)とともに中国の三大謀将と呼ばれている。その梟雄(きょうゆう)ぶりは、弟の忠家(ただいえ)をして「兄は腹黒く、何をたくらんでいるか分からない。会うときは服の下に鎖帷子(くさりかたびら)を付けたものだ」と語るほど。娘の婚姻を利用して信頼関係を結び、相手を安心させたあとに暗殺するのが常套手段。かと思いきや、譜代の家臣を手にかけることはなく大切にしたという一面も。しかしその優しさも、冷徹な損得勘定の結果だとしたら空恐ろしい。

暗殺・裏切り何でもあり。サイコパス? 宇喜多直家の鬼畜の所業

徳川家を鼻毛で翻弄? 前田利常のかぶき者伝説

徳川家を鼻毛で翻弄? 前田利常のかぶき者伝説
加賀百万石の前田家初代当主、前田利家は「かぶき者」(戦国時代末期から江戸時代初期にかけて流行した、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動を取る者。)として知られ、若い頃は、長く派手な装飾の槍を持ち歩いたため「槍の又左」と呼ばれていたという。そんな利家のかぶいた血を、もっとも濃く引き継いだのが3代目当主で、加賀藩2代目藩主の前田利常(まえだとしつね)。名君か暗君か? ときに鼻毛を、ときに股間をさらした、利常の奇天烈な行動の真意とは?ちなみに槍の又左の又左は利家の元服名、前田又左衞門利家からきている。

徳川家を鼻毛で翻弄? 前田利常のかぶき者伝説

酒に飲まれて自慢の槍を取られた福島正則

酒に飲まれて自慢の槍を取られた福島正則
豊臣秀吉の叔母を母に持ち、幼い頃から秀吉に仕えた福島正則。秀吉と柴田勝家が戦った1583年(天正11年)の「賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)」で功を立て、「賤ヶ岳の七本槍」に名を連ねる槍の名手として知られている。しかし、その一方で酒豪としても知られ、酒の上での武勇伝にもこと欠かない。

酒に飲まれて自慢の槍を取られた福島正則

江戸時代、アンコール・ワットに落書きした武士がいた!?

江戸時代、アンコール・ワットに落書きした武士がいた!?
アンコール・ワットは12世紀前半に、クメール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって建立されたヒンドゥー教の寺院。1992年に周辺の遺跡群とともに「アンコール遺跡群」として世界遺産に登録されている。長い間、クメール王朝の崩壊とともに廃墟と化していたが、1860年にフランスの博物学者アンリ・ムオーが調査を始めたことで、世界的に認知されるようになった。しかし、それよりずっと以前の1632年にこの地を訪れ、伽藍に落書きをした武士がいたという。

江戸時代、アンコール・ワットに落書きした武士がいた!?

注目ワード

ページトップへ戻る