実は私、〇〇でした
世界各国でオマージュされる東郷平八郎
実は私、〇〇でした
世界各国でオマージュされる東郷平八郎

文字サイズ

東郷平八郎と言えば、日露戦争、日本海海戦で連合艦隊司令長官として卓越したリーダーシップを発揮し、世界屈指の戦力を誇ったロシアのバルチック艦隊を破って日本を勝利に導いた人物。なぜ東郷平八郎が世界各国で注目され、今なお称えられているのか?世界中の人々に愛される理由は、戦時中の活躍はもちろんだが、終戦後の東郷自身の人柄にもあった。それでは、東郷フィーバーの知られざるエピソードを紐解いていこう。

「東郷平八郎」とは

東郷平八郎

東郷平八郎

吉左衛門実友の四男として1848年(弘化4年)、鹿児島城下の下加治屋町に生まれた東郷平八郎。下加治屋町は、西郷隆盛や大久保利通など、維新の豪傑を多数輩出している。

戊辰戦争では軍艦「春日」に乗り組み、蝦夷地まで行き榎本武揚の旧幕府艦隊と戦い、1871年(明治4年)にはイギリスに渡った平八郎。

商船学校で蒸気船の操縦などを学び、帰国後の1878年(明治11年)には軍艦「扶桑」の乗組員に。その後は軍艦の副長や艦長として海軍に所属し、海軍大佐にまで昇りつめた。

そして1891年(明治24年)に巡洋艦「浪速」の艦長となり、その地位のまま日清戦争にも参戦。途中、ハワイ女王へのクーデターの鎮圧にも参加している。

以降、海軍大学校長、常備艦隊司令長官、舞鶴鎮守府司令長官等を歴任し、日露戦争前には連合艦隊司令長官に就任した。

日露戦争を機に世界に名を馳せる

1904年(明治37年)に始まった日露戦争。この戦争を機に東郷平八郎は世界中に名を轟かせることになる。開戦後、日本陸軍は多くの犠牲を出しながらもロシア太平洋艦隊の拠点である旅順要塞を攻略した。

ロシアが満を持して送り出したのが「バルチック艦隊」。日本側はなんとしてもバルチック艦隊を撃滅し、その戦果をもって講和条約を締結したいと望んでいた。

そこで日本海海戦において東郷平八郎が用いた戦法がのちに「東郷ターン」と呼ばれるT字戦法だ。バルチック艦隊を発見すると東郷平八郎は全艦隊に出撃をかけ、バルチック艦隊とすれ違うように見せかけ直前で左へ向きを変えて進路を遮断。

バルチック艦隊が日本海にたどり着くまでの7ヵ月の期間に徹底的に射撃や夜戦の訓練をさせてきたかいもあり、敵艦は次々に炎上。ついには全滅にまで追い込んだ。のちに東郷平八郎が用いたこのT字戦法は東郷ターンと呼ばれることになる。

アジアの小さな国だった日本が大国ロシアの艦隊に大勝利したことは世界列強が驚いたと同時に、東郷平八郎が「世界の東郷」となった瞬間だった。

日本で初めて【TIME】の表紙を飾った

TIME誌(表紙・東郷平八郎)

TIME誌(表紙・東郷平八郎)

日露戦争終結後、世界中でその功績が讃えられた東郷平八郎は、「ADMIRAL TOGO(東郷提督)」や「東洋のネルソン」、またその性格から「沈黙の提督」などと称され、日本人で初めてTIME誌の表紙を飾った人物。

世界初のニュース雑誌としても知られている【TIME】の表紙にはその時代を象徴する人物が取り上げられており、アメリカの政治家や実業家、ジャーナリストなどといった著名人達は、【TIME】の表紙を飾ることができるかどうかが格付けの目安になったとも言われている。

1926年(大正15年)に大勲位菊花章頸飾を受章した同年、まさにそのときの人だった東郷平八郎が選ばれたという訳だ。

「トーゴー」という名が流行ったトルコ

日露戦争に歓喜したのは日本だけではなくトルコもそのひとつ。ロシアにほど近いトルコは常にロシアからの脅威に怯えていた。強国に敵う訳もなく八方ふさがりのような状態だった。

そこに舞い込んできた日本の勝利。大国に打ち勝ち、さらには捕虜になったロシア兵達を手厚く介抱し、自国での軍法会議を恐れたロシア士官を日本に留まらせる自由を与えるなど、人柄も相まってトルコでは特に東郷が称えられた。

生まれてきた子供に「トーゴー」と名付ける人が続出したという話も残されているほど、トルコでの東郷フィーバーはすごかった。

肉じゃがを誕生させたのも東郷平八郎だった!?

これまでの英雄の話から少し脱線するが、日本人のおふくろの味というイメージが強い肉じゃがを生み出したのが東郷平八郎だという説がある。

彼がイギリスのポーツマスに留学していた頃。現地で出合ったビーフシチューの味を忘れることができず艦上食のメニューにビーフシチューを加えるよう依頼。

しかし、当時はビーフシチューの材料である赤ワイン、ドミグラスソース、バターの入手が困難で、使える調味料と言えば醤油や砂糖など日本の物だけ。困り果てた料理長が苦肉の策で作ったのが、今で言う肉じゃがだったという。

当時は脚気を防ぐためにビタミンやタンパク質を強化した洋食のメニューが艦上食として取り入れられていたそうで、それを日本人好みの味付けにわざわざ変更してメニューに加えられたという話も残っている。

世界各国でオマージュされる東郷平八郎

世界各国でオマージュされる東郷平八郎をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「実は私、〇〇でした」の記事を読む


おくのほそ道で忍者、松尾芭蕉に託されたミッションとは?

おくのほそ道で忍者、松尾芭蕉に託されたミッションとは?
おくのほそ道で知られる江戸時代前期の俳人、松尾芭蕉。「閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずけさや いわにしみいる せみのこえ)」、「五月雨をあつめて早し最上川(さみだれを あつめてはやし もがみがわ)」など、旅の途中に見た風景を詠んだ句は、東北の豊かな自然をありありと想像させ、旅情を誘う。そんな、きな臭い話とは無縁そうな松尾芭蕉だが、その正体は忍者で、おくのほそ道は幕府の密命を受けた隠密の旅だったという説がある。

おくのほそ道で忍者、松尾芭蕉に託されたミッションとは?

グルメ将軍、伊達政宗のお料理レシピ

グルメ将軍、伊達政宗のお料理レシピ
あと数年生まれてくるのが早ければ、天下人になっていたかもしれないと言われる伊達政宗。1581年(天正9年)に14歳で初陣を飾ると、破竹の勢いで畠山氏や蘆名氏を倒し、東北各地を制覇した泣く子も黙る戦国武将だ。しかし、実は料理好きという一面も。地元仙台には、伊達政宗が生み出したと言われる料理が数多く存在する。

グルメ将軍、伊達政宗のお料理レシピ

江戸幕府第9代将軍、徳川家重は女性だった!?

江戸幕府第9代将軍、徳川家重は女性だった!?
江戸幕府15人の将軍のうち、第9代家重はあまり存在感がない。生まれながらに障害があり言語が不明瞭だったため、人前で話すことはほとんどなかったという。そんなミステリアスな生涯からか、実は女性だったのではないかという噂がある。

江戸幕府第9代将軍、徳川家重は女性だった!?

逞しいのに虚弱? 西郷隆盛の気の毒なカルテ

逞しいのに虚弱? 西郷隆盛の気の毒なカルテ
身長5尺9寸8分(約180cm)、体重29貫(約110kg)。現代人と比べても見劣りしない、たくましい体に恵まれた西郷隆盛。しかし、子供時代には腕の神経を切るケガを負い、流刑された沖永良部島ではフィラリアに罹り、晩年は肥満にも苦しめられるなど、西郷の一生は病気やケガとの戦いの日々でもあった。

逞しいのに虚弱? 西郷隆盛の気の毒なカルテ

バナナに金平糖にワインも!? 織田信長のはじめて物語

バナナに金平糖にワインも!? 織田信長のはじめて物語
駿河の今川氏、美濃の斎藤氏、甲斐の武田氏を破竹の勢いで攻略し、天下統一も目前かと思われた1582年(天正10年)、「本能寺の変」によって、志半ばで散った織田信長。戦国時代きっての名将だが、「信長公記」によると、若い頃はうつけと呼ばれ、流行りの茶筅髷(ちゃせんまげ)に萌黄色(もえぎいろ)の紐をまき付けて、袖を抜いて着た浴衣に半袴、縄を巻いた長い柄(つか)の日本刀(刀剣)、大・小をさして、腰には火打ち袋や瓢箪を7つ8つぶら下げて町を練り歩いていたという。そんな軽薄なうつけ者も、見ようによっては好奇心旺盛なパイオニア。フランシスコ・ザビエルが来日してキリスト教の布教活動を始めると、信長はこれを庇護し、南蛮文化も柔軟に取り入れていった。

バナナに金平糖にワインも!? 織田信長のはじめて物語

注目ワード

ページトップへ戻る