実は私、〇〇でした
江戸幕府第9代将軍、徳川家重は女性だった!?
実は私、〇〇でした
江戸幕府第9代将軍、徳川家重は女性だった!?

文字サイズ

江戸幕府15人の将軍のうち、第9代家重はあまり存在感がない。生まれながらに障害があり言語が不明瞭だったため、人前で話すことはほとんどなかったという。そんなミステリアスな生涯からか、実は女性だったのではないかという噂がある。

徳川家重の一生

徳川家重

徳川家重

1712年(正徳元年)に第8代将軍徳川吉宗と側室のお須磨の方(深徳院)の長男として生まれた家重。

「徳川実紀」には「惇信院(じゅんしんいん)には御多病にて、御言葉さわやかならざりし故、近侍の臣と言えども聞きとり奉ることかたし」とある。

惇信院は家重の院号。家重の言葉が聞き取れた家臣は、大岡越前と呼ばれた大岡忠相(ただすけ)の子孫にあたる大岡忠光だけだったという。

将軍になったのは1745年(延享2年)、家重31歳のとき。体の弱い家重ではなく、弟の宗武(むねたけ)や宗尹(むねただ)を将軍にするべきという声もあったが、継嗣争いを避けるため、吉宗は長男の家重を将軍に据え、自身は大御所として実権を握り続けた。

将軍としての家重は、政治を重臣らに任せ、吉宗の偉功でなんとか無難に乗りきった無能な将軍というイメージがある。しかし、最近は実は名君だったのではないかとも言われている。

田沼意次

田沼意次

徳川御三家に次ぐ家格として「御三卿」を確立させたのは家重。吉宗の次男、宗武を初代とする田安徳川家と、4男、宗尹を初代とする一橋徳川家に、家重の次男、重好(しげよし)を初代とする清水徳川家を加えて御三卿とした。また、のちに老中となる田沼意次(たぬまおきつぐ)とともに独自の経済政策も実行した。

家重は意次の実力を買っていたようで、次期将軍となる息子の家治に意次を重用するよう遺言を残して、1761年(宝暦11年)に亡くなった。

側近の大岡忠光も人格者として知られている。人徳のある忠光と実務に優れた意次を身近においた家重は、人を見る目は確かだったよう。名君という可能性もまんざらあり得ないことでもなさそうだ。

徳川家重は脳性麻痺だった!?

家重の言語障害は脳性麻痺によるものと考えられている。徳川記念財団に収蔵されている家重の肖像は顔がゆがみ、上半身が強ばっているようにみえる。これは意志に反して体が動いてしまうアテトーゼ型の脳性麻痺だったことを示している。

また、1958年(昭和33年)に増上寺に祀られていた徳川家の霊廟が発掘調査された。家重の遺体は、常に歯ぎしりをしていたのか、歯が約45度の角度で擦り減っていたという。歯ぎしりはアテトーゼ型脳性麻痺の不随意運動によって生じる特徴のひとつだ。

余談だが、第13代将軍徳川家定も脳性麻痺だったと言われている。家定の祖父である第11代将軍徳川家斉は一橋家から将軍になっていることから、遺伝的なものだとすれば、家重より上の代の遺伝子に原因がありそうだ。

女性説の根拠

家重女性説は家重にまつわるいくつかのエピソードを根拠としている。家重が女性だとするなら、長男の家治と次男の重好は誰の子かという疑問がわいてくるが、大御所である吉宗の子か、家重自身が生んだ子ではないかと考えられている。

根拠1 「小便公方」と呼ばれていた

家重は頻尿であったことから、江戸の町民は「小便公方」とあだ名を付けていた。江戸城から菩提寺の上野寛永寺まで、直線距離で4kmほどの道に、23箇所のトイレを設置していたという。

  • 江戸城

    江戸城

  • 寛永寺

    寛永寺

江戸時代は将軍の道中、排尿をサポートする「公人朝夕人(くにんちょうじゃくにん)」という役職があった。将軍がもよおしたとき、銅製の筒を袴から差し込んで支えたという。

家重が男性であれば、「公人朝夕人」を帯同すれば済むこと。わざわざトイレをつくらせたのは、女性だったからではないかというのが根拠のひとつ。頻尿は比較的女性に多いともいう。

根拠2 増上寺の発掘調査で分かったこと

家重の遺体は、頭蓋骨や骨盤が女性のような形をしていたという。また、通常将軍の遺体は胡坐を組んで埋葬されているが、家重の遺体は女性の埋葬姿勢である正座だったともいう。

しかし、増上寺に埋葬されていた将軍はみな胡坐をかいていたという説もあり、信憑性は不明。ちなみに、遺骨から推定される身長は156.3cmで、頭頂部は禿げ上がっていたという。当時の女性の平均身長は145.6cmというから、女性だとしたらかなりの大柄。禿げていたということからも男性と考える方が自然にも思える。

いずれにしても、家重の遺体は発掘調査後に火葬されたため、女性説の真偽を科学的に解明する術はなくなってしまった。

根拠3 死因が尿毒症

頻尿との関連があるのかないのかは不明だが、家重の死因は尿路感染症や尿毒症などが疑われている。尿路感染症は尿道の短い女性がかかりやすい病気であることも根拠とされている。

根拠4 家臣に声を聴かせなかった

家臣の前であまり話をしなかったのは、脳性麻痺の影響で言葉が不明瞭だったからと言われているが、実は女性声を隠すためのカモフラージュだったとも考えられる。

江戸幕府第9代将軍、徳川家重は女性だった!?

江戸幕府第9代将軍、徳川家重は女性だった!?をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「実は私、〇〇でした」の記事を読む


おくのほそ道で忍者、松尾芭蕉に託されたミッションとは?

おくのほそ道で忍者、松尾芭蕉に託されたミッションとは?
おくのほそ道で知られる江戸時代前期の俳人、松尾芭蕉。「閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずけさや いわにしみいる せみのこえ)」、「五月雨をあつめて早し最上川(さみだれを あつめてはやし もがみがわ)」など、旅の途中に見た風景を詠んだ句は、東北の豊かな自然をありありと想像させ、旅情を誘う。そんな、きな臭い話とは無縁そうな松尾芭蕉だが、その正体は忍者で、おくのほそ道は幕府の密命を受けた隠密の旅だったという説がある。

おくのほそ道で忍者、松尾芭蕉に託されたミッションとは?

逞しいのに虚弱? 西郷隆盛の気の毒なカルテ

逞しいのに虚弱? 西郷隆盛の気の毒なカルテ
身長5尺9寸8分(約180cm)、体重29貫(約110kg)。現代人と比べても見劣りしない、たくましい体に恵まれた西郷隆盛。しかし、子供時代には腕の神経を切るケガを負い、流刑された沖永良部島ではフィラリアに罹り、晩年は肥満にも苦しめられるなど、西郷の一生は病気やケガとの戦いの日々でもあった。

逞しいのに虚弱? 西郷隆盛の気の毒なカルテ

グルメ将軍、伊達政宗のお料理レシピ

グルメ将軍、伊達政宗のお料理レシピ
あと数年生まれてくるのが早ければ、天下人になっていたかもしれないと言われる伊達政宗。1581年(天正9年)に14歳で初陣を飾ると、破竹の勢いで畠山氏や蘆名氏を倒し、東北各地を制覇した泣く子も黙る戦国武将だ。しかし、実は料理好きという一面も。地元仙台には、伊達政宗が生み出したと言われる料理が数多く存在する。

グルメ将軍、伊達政宗のお料理レシピ

世界各国でオマージュされる東郷平八郎

世界各国でオマージュされる東郷平八郎
東郷平八郎と言えば、日露戦争、日本海海戦で連合艦隊司令長官として卓越したリーダーシップを発揮し、世界屈指の戦力を誇ったロシアのバルチック艦隊を破って日本を勝利に導いた人物。なぜ東郷平八郎が世界各国で注目され、今なお称えられているのか?世界中の人々に愛される理由は、戦時中の活躍はもちろんだが、終戦後の東郷自身の人柄にもあった。それでは、東郷フィーバーの知られざるエピソードを紐解いていこう。

世界各国でオマージュされる東郷平八郎

バナナに金平糖にワインも!? 織田信長のはじめて物語

バナナに金平糖にワインも!? 織田信長のはじめて物語
駿河の今川氏、美濃の斎藤氏、甲斐の武田氏を破竹の勢いで攻略し、天下統一も目前かと思われた1582年(天正10年)、「本能寺の変」によって、志半ばで散った織田信長。戦国時代きっての名将だが、「信長公記」によると、若い頃はうつけと呼ばれ、流行りの茶筅髷(ちゃせんまげ)に萌黄色(もえぎいろ)の紐をまき付けて、袖を抜いて着た浴衣に半袴、縄を巻いた長い柄(つか)の日本刀(刀剣)、大・小をさして、腰には火打ち袋や瓢箪を7つ8つぶら下げて町を練り歩いていたという。そんな軽薄なうつけ者も、見ようによっては好奇心旺盛なパイオニア。フランシスコ・ザビエルが来日してキリスト教の布教活動を始めると、信長はこれを庇護し、南蛮文化も柔軟に取り入れていった。

バナナに金平糖にワインも!? 織田信長のはじめて物語

注目ワード

ページトップへ戻る