名刀と天下五剣

天下五剣とは

文字サイズ

素晴らしい名刀を賛美して、「天下五剣」(てんがごけん)と呼ぶ言葉があります。具体的に、どの日本刀のことを言うのか、ご存知でしょうか?どんなところが優れているのか。なぜ「5」という数字なのかなど、詳しくご紹介します。

天下五剣とは?

「天下五剣」(てんがごけん)とは、数ある日本刀の中でも最高傑作と呼ぶのにふさわしい5振のことです。

その5振とは、「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)、「三日月宗近」(みかづきむねちか)、「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)、「大典太光世」(おおでんたみつよ)、「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)。

この天下五剣という名称が、刀剣関連の書物に登場するのは、明治時代以降になってから。また、この名称を考えた人物も、詳しくは分かっていません。

一説によると、天下五剣という名称は特定の人物が考えた物ではなく、刀剣にかかわる人々の間で「自然発生した物ではないか」とも言われているのです。それでは簡単に、天下五剣についてご紹介しましょう。

童子切安綱(どうじぎりやすつな)

童子切安綱

童子切安綱

童子切安綱という号は、鬼退治の伝説に由来しています。平安時代、京で暴れまわっている鬼がいました。帝より鬼退治を依頼された「源頼光」(みなもとのよりみつ)は、見事に鬼を討ち取ります。「酒呑童子」(しゅてんどうじ)という名の鬼を切ったから、童子切と名付けられたのです。

童子切安綱を作刀したのは、平安時代の刀工「大原安綱」(おおはらやすつな)。強い反り板目肌の地鉄、小乱れの刃文といった鍛刀技法を得意としていました。恐るべきは、その切れ味。童子切安綱は、江戸時代、罪人の遺体を使った試し切りがされました。何と、6つの遺体を輪切りにしたうえ、遺体の下にあった台座まで切り裂いたのです。もし童子切安綱が戦で使用されたら、どれだけの殺傷力を発揮したのでしょうか。

現在は東京国立博物館に収蔵。展示されるたびに刀剣ファンの間で話題になることから、この日本刀がどれほど愛されているかが分かるでしょう。

童子切以外の大原安綱の作品は、「鬼切安綱」(おにきりやすつな)、「飛竜丸」(ひりゅうまる)、(2振とも太刀)などがあります。

童子切安綱について詳しくご紹介します。

三日月宗近(みかづきむねちか)

三日月宗近

三日月宗近

三日月宗近が作刀されたのは、10~12世紀。刃長は、2尺6寸4分(約80cm)。幅は細め。反りは、鍔元(つばもと)で強い一方、鋒/切先(きっさき)ではほとんどありません。鋒/切先に向けて緩くなる反りは、刀身に美しい曲線を作り上げるのです。

「三日月」という号は、三日月のように見える「打除け」(うちのけ:刃文の1種)に由来。小さな三日月をいくつも映すその刀身は、天下五剣の中で最も美しいと評判です。

三日月宗近を作刀したのは、平安時代の刀工「三条宗近」(さんじょうむねちか)。刀工集団「三条派」の開祖で、三日月宗近以外にも伝説的な刀剣を何本も作刀しました。例えば、源氏の宝刀「今剣」(いまのつるぎ)や弁慶の愛刀「岩融」(いわとおし)など。

現在、三日月宗近は東京国立博物館に収蔵されており、展示もたびたび行なわれています。類稀な美しさを誇るこの日本刀に興味がわいたら、展示の機会にぜひ見物に行きましょう。

三日月宗近について詳しくご紹介します。

鬼丸国綱(おにまるくにつな)

鬼丸国綱

鬼丸国綱

「鬼丸国綱」は、天下五剣の中で唯一、御物(ぎょぶつ:皇室の所有品)となっている日本刀。「鬼丸」という号が付けられたのは、ある不思議な逸話から。

北条時頼

北条時頼

鎌倉幕府5代執権「北条時頼」(ほうじょうときより)は重病を患い、夢の中にあらわれる鬼に苦しめられていました。

しかし、ある日、時頼の所有していた日本刀がひとりでに倒れ、その際に小鉢の脚を斬り落とします。その斬り落とされた脚には、夢の中の鬼とそっくりの鬼が象られていたのです。

それ以降、時頼の病は快復し、夢にも鬼は出なくなったとのこと。小鉢の脚に描かれていた鬼は、本物の魔物だったということでしょう。小鉢に取り憑いた鬼を斬ったことから、刀は「鬼丸」と名付けられたのです。

鬼丸国綱を作刀したのは、鎌倉時代の刀工「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)。相州伝(そうしゅうでん)という鍛刀法を確立し、刀剣の進化に大きく貢献しました。鬼丸国綱以外の作品は「善鬼国綱」(ぜんきくにつな)、「大国綱」(おおくにつな)(2振とも太刀)など。

鬼丸国綱は皇室の所有となっているため、一般公開されることは稀。そのため、次の公開を待ちわびている刀剣ファンが多いのです。

鬼丸国綱について詳しくご紹介します。

大典太光世(おおでんたみつよ)

大典太光世

大典太光世

大典太光世は、霊力の宿る日本刀として知られています。霊力を発揮したという逸話はいくつかありますが、なかでも有名なのは、あるお姫様を霊力で救った話。

前田利家

前田利家

安土・桃山時代の武将「前田利家」(まえだとしいえ)の娘「豪姫」(ごうひめ)が、重い病に苦しんでいたときのこと。

前田利家は、大典太光世を寝こんでいる豪姫の枕元に置いて、治癒祈願をしました。すると、豪姫の病はたちまち治ったのです。

大典太光世の持つ霊力は、人を助ける清らかなものなのでしょうね。

大典太光世を作刀したのは、平安時代の刀工「三池典太光世」(みいけでんたみつよ)。刀工集団・三池派の開祖で、身幅が広くて重厚感のある刀を作るのを得意としていました。大典太光世以外の作品は太刀「ソハヤノツルギ」など。

現在、大典太光世は、前田利家の祖先の設立した公共法人「前田育徳会」に収蔵されており、石川県立美術館で年に数回、展示されています。

霊力を持つと伝わるこの日本刀が気になった方は、展示スケジュールをチェックしてみましょう。

大典太光世について詳しくご紹介します。

数珠丸恒次(じゅずまるつねつぐ)

数珠丸恒次

数珠丸恒次

数珠丸恒次は、仏法と深いつながりのある日本刀です。そのため、試し切りや実戦の場で切れ味を発揮したというような、武勇伝的な逸話を持っていません。

「数珠丸」という号も、仏法の話に由来しています。日蓮宗の開祖「日蓮」(にちれん)は、信奉者から日本刀を献上されました。その刀を「破邪顕正の太刀」(はじゃけんしょうのたち:邪なものを打ち破って正しい考えを示す太刀)として佩刀します。その際にに数珠が巻かれていたために、刀は数珠丸と名付けられたのです。

数珠丸恒次を作刀したのは、平安時代の刀工「青江恒次」(あおえつねつぐ)。「後鳥羽天皇」(ごとばてんのう)から腕を認められるほどの刀工で、皇室から「備前守」(びぜんのかみ)という受領名(権威ある者が功績ある家臣に授けた官命)も授かっていました。数珠丸恒次以外にも無銘の日本刀を残しており、それらは重要文化財になっています。

現在、数珠丸恒次は、兵庫県本興寺(ほんこうじ)に収蔵。美術館や博物館ではなくお寺に収蔵されているのは、昔から仏法にかかわってきたこの日本刀らしいと言えるでしょう。

数珠丸恒次について詳しくご紹介します。

天下五剣はなぜ「5」振なのか?

天下五剣はなぜ「5」振なのでしょうか。四天王と同じ数の「天下四剣」や北斗七星と同じ数の「天下七剣」でも良さそうですが、実は、5という数字にこだわったのは、日本に大昔から5を幸運の数字として崇め敬う文化があったからです。例えば、禅宗では格式の高い寺院を「鎌倉五山」、「京都五山」などと呼びました。

天下五剣という名称が今でも廃れることなく使われているのは、5という数字が幸運の数字として親しまれていたからかもしれませんね。

天下五剣とゆかりのある人物

天下五剣は、大昔から数多くの歴史的な人物にかかわってきました。その中でも特に興味深い3名をご紹介します。この3名と天下五剣がどんな逸話を生んだのでしょうか。

足利義輝

足利義輝

足利義輝

「足利義輝」(あしかがよしてる)は、室町幕府の13代将軍です。剣術の達人である「塚原ト伝」(つかはらぼくでん)と「上泉信綱」(かみいずみのぶつな)から剣術を学んだことから、剣豪将軍と呼ばれていました。刀剣を収集することにも熱心で、数珠丸恒次をのぞく4振の天下五剣を手中にしています。義輝と天下五剣には、こんな伝説も残っています。

「永禄の変」と呼ばれる歴史的な反乱が起こり、義輝は京の二条城で大軍に包囲されました。敵兵が城内に侵入してくると、義輝は収集していた名刀を持ち出して迎え討ったのです。

日本刀は、人を斬ると血や脂が付いて切れ味が落ちます。そのため義輝は、すぐに刀を取り替えられるように、あらかじめ大量の日本刀を畳に突き刺して戦いの準備をしました。

そして、義輝は戦闘の中で切れ味が落ちた刀を取り替えながら戦い、つぎつぎと敵を討ち取っていきました。討ち取った敵の数は30人以上と言われています。しかし、多勢に無勢の言葉通り、最終的には大勢に囲まれたのちに、四方からを突かれて最期を迎えるのでした。

剣豪将軍は天下五剣を実戦に使ったのでしょうか。また、その威力は…。想像すると気持ちが高ぶりますね。

豊臣秀吉

豊臣秀吉

豊臣秀吉

天下を獲った「豊臣秀吉」は、刀剣愛好家でした。秀吉の行なった有名な政策「刀狩り」は、農民から武力を削ぐことだけではなく、刀剣を収集することも狙いであったという説もあります。

秀吉は170振以上の刀剣をコレクションしていましたが、その中に数珠丸恒次をのぞく天下五剣の4振もあったのです。

秀吉没後、豊臣家は「大坂冬の陣・夏の陣」で徳川家に敗れました。その際、多くの刀剣が炎上する大坂城の中で焼失していますが、天下五剣の4振はすべて大坂城から持ち出されており、難を逃れています。この4振が後世まで残った背景には、なにか不思議な運命の力があったのでしょうか。

佐藤貫一

刀剣博物館

刀剣博物館

「佐藤貫一」(さとうかんいち:号は寒山)は、昭和に活動していた刀剣学者です。当時の日本刀研究の第一人者で、特に新刀に通じていました。[武将とその愛刀]や[日本刀は語る]、[日本名刀100選]など、刀剣に関する本を20冊以上も執筆。研究のかたわら、東京都刀剣博物館の副館長も兼任しています。

佐藤貫一は天下五剣に関して独自の考えを持っていました。「天下五剣の価値は、外見の美しさや切れ味の鋭さだけにあるのではなく、刀の持つ伝承の面白さにもある」という考えです。

現在、天下五剣に関連する伝承をまとめた書物やサイトはたくさんありますが、佐藤貫一の考えに時代がやっと追いついたのかもしれません。

佐藤貫一が提唱した「新天下五剣」とは

昭和の刀剣学者・佐藤貫一は、著書[日本の刀剣]の中で、天下五剣に関して驚くべきことを書いています。

「天下五剣とは、三日月宗近、童子切安綱、大典太光世、数珠丸恒次、そして一期一振吉光(いちごひとふりよしみつ)である――」。

天下五剣の中に、鬼丸国綱ではなく「一期一振吉光」を入れた、「新天下五剣」とも言える持論を提唱したのです。しかし、[日本の刀剣]以降の著者では、この持論について触れておらず、従来通り「天下五剣は鬼丸国綱を含むもの」という記述を残しています。

一期一振吉光は、名工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)の最高傑作と呼ばれる太刀で、御物(皇室の所蔵品)にもなりました。佐藤貫一が鬼丸国綱の代わりに天下五剣に推したとしても、不思議ではない名刀なのです。

天下五剣と同じく「天下」に名を広めた3人の名工

最高傑作の5振を指す天下五剣のように、傑出した3人の名工を指す「天下三作」(てんがさんさく)という名称があります。この名称を言い出したのは刀剣収集家で知られる豊臣秀吉で、3人の名工とは粟田口吉光、「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)、「郷義弘」(ごうのよしひろ)のこと。彼らがどういう刀鍛冶だったのか、ご紹介します。

粟田口吉光
粟田口吉光は、鎌倉時代に活動していた刀鍛冶です。粟田口派の刀工のひとりで、短刀作りの名手でした。太刀もわずかながら作刀しましたが、現存しているのは一期一振吉光の1振のみ。

一期一振吉光以外の代表作は、「平野藤四郎」(ひらのとうしろう)、「後藤藤四郎」(ごとうとうしろう)、「骨喰藤四郎」(ほねばみとうしろう)などの短剣や薙刀直(なぎなたなおし)です。

五郎入道正宗
五郎入道正宗は鎌倉~南北朝時代に活動していた刀鍛冶です。相州伝という作風を確立し、日本刀作りに大きな影響を与えました。日本の歴史上で最も有名な刀工と言われています。

を切ることが稀であったため、作刀した日本刀はほとんど無銘です。銘があるのは「京極正宗」(きょうごくまさむね)、「不動正宗」(ふどうまさむね)、「大黒正宗」(だいこくまさむね)(3振とも短刀)など。

刀  無銘  伝正宗
刀 無銘 伝正宗
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
68.3
所蔵・伝来
孝明天皇→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
郷義弘
郷義弘は、南北朝時代に活動していた刀鍛冶です。高い作刀技術を持っていましたが、27歳の若さで亡くなりました。その作風はのちの刀工に大きな影響を与え、名工で知られる「長曾祢興里虎徹」(ながそねおきさとこてつ)や「井上真改」(いのうえしんかい)が郷義弘作の日本刀を手本にした写しを作刀しています。

郷義弘の代表作は「稲葉江」(いなばごう)、「富田江」(とみたごう)、「桑名江」(くわなごう)(3振とも太刀)など。

刀 無銘 伝江
刀 無銘 伝江
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。
  • 日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

天下五剣の紹介動画

天下五剣

天下五剣とは

天下五剣とはをSNSでシェアする

「名刀と天下五剣」の記事を読む


天下三作とは

天下三作とは
日本には、古くから「鍛冶屋の魂」と「匠の技」を持ち、名刀を作り上げた刀工達が各地にいました。その中でも、山城国(現在の京都府)の「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)、相模国(現在の神奈川県)の「正宗」(まさむね)、越中国(現在の富山県)の「郷義弘」(ごうのよしひろ)の3刀工は、特に名刀工として挙げられる人物です。江戸時代、8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)が「本阿弥光忠」(ほんあみこうちゅう)に命じて編纂させた「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう:世に名高い名刀を収録した台帳)に、この「吉光」・「正宗」・「義弘」の3刀工とその作刀を「名物三作」として記載。吉光・正宗・義弘の3刀工と、その作刀は、名刀の熱心な収集家としても知られる天下人「豊臣秀吉」が愛したことでも知られ、「天下三作」(てんがさんさく)と呼ばれるようになったと言われています。

天下三作とは

天下三名槍

天下三名槍
数ある槍の中でも、特に名槍(めいそう)と誉れの高い3振を「天下三名槍」(てんがさんめいそう)、もしくは「天下三槍」(てんがさんそう)と呼びます。江戸時代には「日本号」(にほんごう/ひのもとごう)、「御手杵」(おてぎね)の2振が「西の日本号、東の御手杵」と並び称されていましたが、いつしかそこに「蜻蛉切」(とんぼぎり)が加わって、明治時代からはこの3振が天下三名槍と呼ばれるようになりました。

天下三名槍

正宗十哲

正宗十哲
日本刀の歴史の中でも、とりわけ名刀が多く作られたのが、鎌倉時代です。そして、その鎌倉時代後期に登場したのが、かの有名な「正宗」(まさむね)。正確な生没年も不明であり、銘入りの作品が極めて少ないことなどから、その存在自体を否定する学説が唱えられるほど、ミステリアスな存在です。 正宗の下で学び、名匠へと育った代表的な人物は10人いるとされ「正宗十哲」(まさむねじってつ)と称します。正宗に習い、全国にその技を広めていった彼らを知るためにも、まずは、正宗について追っていきましょう。

正宗十哲

新刀の代表刀匠

新刀の代表刀匠
「新刀」とは、1596年(慶長元年)から1764年(宝暦14年/明和元年)に作られた日本刀のことを言います。1721年(享保6年)に刀剣書「新刀銘尽」(あらみめいづくし)が出版されて、「新刀」(あらみ)という言葉が流行語となり定着しました。その新刀を代表する刀匠が、「長曽弥虎徹」(ながそねこてつ)、「野田繁慶」(のだはんけい)、「大和守安定」(やまとのかみやすさだ)の3人です。それぞれの人物と作風、代表作をご紹介します。

新刀の代表刀匠

新々刀の刀匠

新々刀の刀匠
「新々刀」とは、1781年(天明元年)の江戸後期から1876年(明治9年)の「廃刀令」までに作られた日本刀のことを言います。「水心子正秀」(すいしんしまさひで)が、簡素化された鍛刀法ではなく、砂鉄から玉鋼(たまはがね)を制作する復古刀を目指したことから新刀と区別されて呼ばれました。新々刀を代表する刀匠は、「源清麿」(みなもときよまろ)、「左行秀」(さのゆきひで)、「固山宗次」(こやまむねつぐ)の3人です。新々刀を作る刀匠達について、作風や代表作をご紹介します。

新々刀の刀匠

童子切安綱

童子切安綱
「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる、太刀「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)を作刀したのは、平安時代の刀工「大原安綱」(おおはらやすつな)です。「童子切」という号は、「源頼光」(みなもとのよりみつ)が「酒呑童子」(しゅてんどうじ)という鬼を切った伝説に由来しています。数ある日本刀の中でも特に名刀と言われた天下五剣の中でも最も古いことから、特別な地位を確立している名刀中の名刀。今回はそんな童子切安綱について、ご紹介していきます。

童子切安綱

三日月宗近

三日月宗近
「三日月宗近」(みかづきむねちか)は、数ある日本刀の中でも特に名刀と言われている「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられています。 三日月宗近の最大の特徴は、その名の由来にもなった三日月形の「打ちのけ」(刃の模様)です。天下五剣の中で最も美しいと言われている刀身の優美な太刀姿と刃の縁に沿って浮かび上がるいくつもの三日月形の文様は観る者を魅了します。 そんな三日月宗近を作刀した平安時代の刀工「三条宗近」(さんじょうむねちか)や、三日月宗近を所持していた室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)のエピソード、そして三日月宗近の独特な刀身の形状や刃文などについて詳しく解説します。 江戸時代の名刀リスト「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)にも名を連ねている三日月宗近とは、いったいどのような刀なのでしょうか。

三日月宗近

鬼丸国綱

鬼丸国綱
数ある名刀の中でも特に名刀と言われた「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる「鬼丸国綱」(おにまるくにつな)は、鎌倉時代の刀工「粟田口国綱」(あわたぐちくにつな)が作刀した太刀です。鬼丸の号(ごう:呼び名)は、かつての所持者「北条時政」(ほうじょうときまさ)を苦しめた小鬼を退治したという逸話に由来。ここでは、数々の逸話を有する「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有財産)である鬼丸国綱をご紹介します。

鬼丸国綱

大典太光世

大典太光世
「天下五剣」(てんがごけん)の1振に数えられる「大典太光世」(おおでんたみつよ)は、戦国武将「前田利家」(まえだとしいえ)を先祖とする旧加賀藩主・前田家に伝わる日本刀です。前田利家や、その娘である「豪姫」(ごうひめ)といった人物にかかわり、前田家の歴史と共に長い時を亘って来ました。鎺(はばき)の裏には、梅をモチーフにした前田家の家紋が入っています。大典太光世には、前田家の人々が生きてきた証しが込められているのかもしれません。ここでは、前田家伝来の名刀であり、天下五剣の1振でもある大典太光世についてご紹介します。

大典太光世

注目ワード

注目ワード