名刀エピソード
天下三名槍
名刀エピソード
天下三名槍

文字サイズ

数ある槍の中でも、特に名槍(めいそう)と誉れの高い3振を「天下三名槍」(てんがさんめいそう)、もしくは「天下三槍」(てんがさんそう)と呼びます。江戸時代には「日本号」(にほんごう/ひのもとごう)、「御手杵」(おてぎね)の2振が「西の日本号、東の御手杵」と並び称されていましたが、いつしかそこに「蜻蛉切」(とんぼぎり)が加わって、明治時代からはこの3振が天下三名槍と呼ばれるようになりました。

日本号(にほんごう/ひのもとごう)

正親町天皇

正親町天皇

元々は御物(ぎょぶつ:皇室の所有物)。「正三位」(しょうさんみ:上流貴族の位階、大納言)の位を賜ったとされており、「に三位の位あり」と謳われた1振です。

「正親町天皇」(おおぎまちてんのう)から足利義昭(あしかがよしあき)が拝領したのち、天下人として名を馳せた「織田信長」や「豊臣秀吉」の手に渡りました。

そののち、秀吉の部下であった「福島正則」(ふくしままさのり)に下賜され、ひょんなことから黒田家の家臣、「母里友信」(もりとものぶ)の手に。「日本号」と言う号は、秀吉の頃に付けられた説と、後述する「吞み取りの槍」の逸話が生まれた友信の頃に付けられたとする説があります。

槍 無銘(名物:日本号)

槍 無銘(名物:日本号)

槍 無銘(名物:日本号)

制作年代 刀鍛冶
室町時代後期 不明(大和国金房派と伝えられる)
所蔵 刃長
福岡市博物館 2尺6寸1分半(約79cm)
主な所有者・伝来
足利義昭 → 織田信長 → 豊臣秀吉 → 福島正則 → 母里友信

槍 無銘(名物:日本号[にほんごう/ひのもとごう])は、名槍中の名槍として有名です。その姿は、平三角の大身槍(おおみやり)、全長(総長)10尺6分余(321.5cm)、穂(刃長)は2尺6寸1分5厘(79.2cm)、茎長2尺6分5厘(80.3cm)。

3kg近い槍の(ひ:刃中央の溝様の部分)には、倶利伽羅龍(くりからりゅう)が浮き彫りにされ、力強く美しい武器であることを象徴しています。地鉄(じがね)は板目、刃文(はもん)は直刃調です。

作者は不明ですが、大和・金房(かなぼう/かなんぼう)派の作と推定されています。日本号は、名将達の手に次々と渡り、実戦でも使用されてきました。ここでは、数々の逸話をご紹介します。

正三位の槍

足利義昭

足利義昭

この槍は、もともと朝廷の御物でした。それを、正親町天皇が室町幕府15代将軍「足利義昭」に譲ります。そののち、義昭から織田信長へ。

信長は1568年(永禄11年)、義昭を将軍として京都へ招き入れており、日本号はそうした2人の関係を深める役割を果たしたのか。あるいは、そののちの1573年(天正元年)に、義昭を京都から追放した信長がここぞとばかりに名槍を奪ったか。

伝え聞く信長の性格からは、どちらの可能性も否定できませんが、2人の関係を良い意味で深めた槍であって欲しいものです。

信長所蔵ののち、豊臣秀吉がこの槍を手にします。実証はされていませんが、秀吉は「後陽成天皇」(ごようぜいてんのう)からこの槍を拝領したとの説もあります。この説では、天皇のお体に触れた物を自分が身に付けるのは恐れ多いと、秀吉は素晴らしいを用意したとのこと。

それを聞いた後陽成天皇は、「無銘の槍が立派になった」と喜び、この槍に正三位の位を授けます。秀吉は日本号と言う名を付けて槍を大切にしたのです。

槍の名手は酒の名手?吞み取りの槍

福島正則

福島正則

秀吉は、自らの部下である福島正則にこの槍を譲ります。正則は、「賤ヶ岳の戦い」で一番槍・一番首として敵将「拝郷家嘉」(はいごういえよし)を討ち取った「賤ヶ岳の七本槍」のひとり。名槍にふさわしい持ち主だと、秀吉は考えたのかもしれません。

ここで、もうひとり、「槍の名手」が登場します。福岡藩主・黒田家の家臣・母里友信です。黒田24騎のひとり、黒田8虎にも数えられる友信は、生涯で敵将の首を76も取ったと言われています。

正則と友信には、槍の名手という以外に、もうひとつ共通点がありました。2人とも「酒豪」だったのです。あるとき、友信は、正則の屋敷へ使いに出かけます。出発前に注意されたのは「勧められても、酒を吞まぬこと。大切なお役目に粗相があってはならぬ。酒好きな福島正則から誘いがあっても決して吞んではならない」と、酒癖の悪い友信は諫められ、正則の屋敷におもむきます。

予想通り酒を勧められたものの、友信は「勤務中であるから」とひたすら固辞。ところが、正則は「吞めば、望む物を褒美[ほうび]とする」ともちかけ、それでも断る友信に「黒田家の武士は酒も吞めない腰抜けなのか」とからみました。

さすがの友信もこの侮辱には、思うところがあったのでしょう。差し出された大盃の酒を何杯か吞み干します。そして友信は、名槍日本号を所望するのです。こうしてご紹介すると、「黒田節」を思い出される方も多いのではないでしょうか。

酒は吞め吞め 吞むならば
日の本一のこの槍を 吞み取るほどに 吞むならば
これぞ真の黒田武士

黒田節は、友信と正則、日本号の逸話をうたっています。また、この逸話をもとに、日本号には吞み取りの槍と言う異名が付けられるのです。

黒田家什宝は福田藩のために

母里家に代々伝わった日本号ですが、大正年間には、玄洋社総帥「頭山満」(とうやまみつる)の手元にあったことが確認されています。

頭山から大野二平に譲られ、二平の死後、安川敬一郎男爵が買い取り、旧福岡藩主・黒田侯爵家に寄贈。1929年(昭和4年)の日本名宝展、1933年(昭和8年)には靖國神社遊就館に出品されました。

戦後、黒田家の家督を継いでいた黒田長礼氏は、鳥類学者で「日本鳥学の父」とも言われています。1978年(昭和53年)長礼氏の逝去後、日本号は茂子夫人から福岡市へ寄贈されました。

長礼氏が日ごろから「黒田家什宝は、美術工芸品であっても郷土・福岡のために役立てるべき」と口にしていたと茂子夫人は語っています。

人間国宝でも苦心

「写し」が多いことでも知られる日本号。写しとは、オリジナルの日本刀(刀剣)に似せて、日本刀(刀剣)を制作することです。そっくりにでき上がることもあれば、刀工の味わいが新たに加わり別の趣をかもし出すこともあります。日本号は、日本刀(刀剣)その物だけではなく、拵の写しも多く制作されているようです。

大阪歴史博物館

大阪歴史博物館

人間国宝 故「隅谷正峯」(すみたにまさみね)刀匠も、写しを制作しました。「長らく大身槍の制法が絶えていたこともあって、普通の日本刀(刀剣)のやり方では難しかった。焼き入れで反り返ってしまい、苦心した」と語っています。

近年では、同じく人間国宝 二代「月山貞一」(がっさんさだかず)氏の写しが有名です。この写しは、大阪歴史博物館が所蔵しています。

御手杵(おてぎね)

三名槍の中でも最大級の威容を誇り、「鋒/切先」(きっさき)から「石突」(いしづき)までの全長は1丈1寸(約333.3cm)、刃長だけでも4尺6寸(約139cm)の大身槍。この「御手杵」を作らせた「結城晴朝」(ゆうきはるとも)は、下総国(しもうさのくに:現在の茨城県)、結城城(ゆうきじょう)の城主として知られる戦国武将で、徳川家康の次男「結城秀康」(ゆうきひでやす)の養父です。

槍 銘 義助作(号:御手杵)

槍 銘 義助作(号:御手杵)

槍 銘 義助作(号:御手杵)

制作年代 刀鍛冶
室町時代末期 駿河国 島田義助
所蔵 刃長
焼失 4尺6寸(約139cm)
主な所有者・伝来
結城晴朝 → 結城秀康 → 上州前橋藩主松平家

名前の由来は鞘の形から

御手杵と言う名前の由来には、戦国時代ならではの逸話があります。ある戦場で、結城晴朝は倒した敵の首十数個を愛槍に突き刺し、担いで帰城の途に就きました。

すると途中で中央あたりの首級がひとつ落ちてしまったそうです。そのときの槍の姿が「手杵」(てぎね)のように見えたため、のちに手杵形の「」(さや)を付けたとのこと。手杵とは、臼で餅米などを搗く(つく)ときに用いる中ほどがくびれた太い棒のことです。この鞘の形状から御手杵と呼ばれるようになりました。

御手杵を鍛えたのは、室町時代に駿河国(するがのくに:現在の静岡県)嶋田で活動していた刀工「島田義助」(しまだぎすけ/よしすけ)。室町時代中期から江戸時代中期まで代を重ねた刀工一派「嶋田」派の4代目です。その技量は極めて高く、御手杵を実際に鑑定した「本阿弥光遜」(ほんあみこうそん)は、穂先に刻まれた樋を観て、「谷のような深い溝」であると感嘆したと言います。

地鉄は「小杢目」(こもくめ)交じり、刃文は「小乱」(こみだれ)に光が線状に見える「砂流し」入り。穂先の断面は正三角形で、このことから御手杵は突くための武器であったと分かります。

晴朝は、この威風堂々たる御手杵を馬印(うまじるし:戦場で武将が所在を明示するために馬前、または馬側に立てた印)として誇示していました。

御手杵は結城氏から松平氏へ

家を守るために最善を探った結城晴朝

結城晴朝

結城晴朝

御手杵の最初の所有者であった結城晴朝は、1534年(天文3年)に下野国(しもつけのくに:現在の栃木県)の戦国武将「小山高朝」(おやまたかとも)の3男として誕生。のちに、伯父であり結城氏の当主であった「結城政勝」(ゆうきまさかつ)の養子となります。

1559年(永禄2年)、政勝が没すると家督を継ぎ、結城氏と縁の深い「古河公方」(こがくぼう:下総国古河をよりどころとした足利成氏[あしかがしげうじ]とその子孫のこと)5代「足利義氏」(あしかがよしうじ)を擁する「北条氏康」(ほうじょううじやす)に属することに。

しかし、翌1560年(永禄3年)、「上杉謙信」の関東出陣がきっかけとなり事態は一変。謙信は、「関東管領」(かんとうかんれい:古河公方の補佐役。以後上杉氏が世襲)に任命されるのですが、これを決めたのは、義氏の兄「足利藤氏」(あしかがふじうじ)でした。本来、関東管領を任ずるのは、古河公方である義氏の職権。藤氏が職権を奪ったこの一件で、事実上、古河公方が藤氏と義氏の2人となってしまったのです。

ここで晴朝は、結城氏存続のための道を探ります。古河公方が2人となったことで、もともと属していた北条氏側から寝返り、勢力を伸ばしつつあった上杉氏に味方しても、従来の家の方針に背くものではありません。こうして結城氏は、反北条勢力として、北条氏と上杉氏という巨大勢力の狭間を渡っていくことになります。

もちろん、北条氏は結城氏だけでは太刀打ちできない強力な敵ですから、宇都宮氏(うつのみやし)、佐竹氏(さたけし)などと婚姻関係を結び、同盟して対抗しました。

跡継ぎとなる男子がいなかった晴朝は、同盟の証として「宇都宮国綱」(うつのみやくにつな)の弟「朝勝」(ともかつ)を養嗣子(ようしし:家督相続人となる養子)とします。ところが、1590年(天正18年)にはこれを廃し、徳川家康の次男で、豊臣秀吉の養子となっていた「秀康」に養女「鶴子」を嫁がせて養嗣子として迎え、晴朝自身は家督を譲って隠居しました。

強すぎる血筋が「結城氏」の名を失わせることに

結城秀康

結城秀康

もともと晴朝の後継者は、宇都宮氏出身の朝勝であったのを秀康に変更。このような後継者の変更は、しばしば混乱を招くのですが、秀康への家督相続は滞りなく行なわれました。

徳川家康の次男であり、豊臣秀吉の養子でもあった秀康には、誰も文句を付けられなかったのです。晴朝の愛槍・御手杵も秀康に引き継がれます。

しかし、徳川の血筋が持つ強さは、晴朝の想定を超えていました。「関ヶ原の戦い」の際、秀康は豊臣方であった「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)が戦に加わるのを阻止します。この功績により、越前国北庄(えちぜんのくにきたのしょう:現在の福井県)68万石へ加増移封(かぞういほう:領地を移して石高を増やすこと)。

晴朝も付き従いますが、1607年(慶長12年)に秀康が34歳で没すると、あとを継いだ秀康の嫡男「忠直」(ただなお)は、結城姓を捨て、徳川氏のルーツである「松平」姓を称するようになります。

結城氏の所領と家名が失われる事態に衝撃を受けた晴朝は、家康に懇願し、秀康の5男「直基」(なおもと)に結城氏の家督を継がせました。結局は、直基も松平へ改姓してしまうのですが、家紋は結城氏の物を使い続けたそうです。

晴朝は、1614年(慶長19年)に80歳で他界するまで旧領結城への帰還を願い、一族の家系図、過去帳、家伝などを編纂(へんさん)して、結城氏ゆかりの神社に奉納しています。

藩主の威光を示した手杵形鞘

結城氏の家名は失われてしまいましたが、家の宝である御手杵は、直基の子孫である上州前橋藩主「松平大和守家」に受け継がれました。松平家は、御手杵を大切にしていたと伝えられています。新たに手杵形の巨大な鞘が作られ、参勤交代の折には松平家の象徴として、藩主の乗り物の所在を示す馬印とされました。

この鞘の高さは5尺(約150cm)、直径1尺5寸(約45cm)、重量は6貫目(約22.5kg)あり、熊毛で覆われていたとのこと。道中で雨に降られると、鞘が水を吸って重さ10貫目(約37.5kg)を越え、運ぶのも大変だったと言われています。

江戸時代末期には、その5尺6貫目の巨大な鞘と同じ形の杵形白熊毛鞘が作られました。所有者は11代将軍「徳川家斉」(とくがわいえなり)の24男で、松平大和守家と養子縁組し跡継ぎとなった「松平斉省」(まつだいらなりさだ)です。斉省は、縁組のときに将軍家より拝領した白熊皮を鞘に仕立て、江戸城登城の際に用いる自分専用の馬印としました。

斉省が早世したため、この馬印は3年間しか使用されなかったのですが、短期間にもかかわらず、当時の武鑑(ぶかん:大名や幕府役人のプロフィールを記した紳士録)や行列絵巻などにも描かれていることから、注目を集めていたことが伺えます。

代々大切にされた御手杵が戦火で焼失

そののち、御手杵は東京へ移され、大久保にあった松平邸の所蔵庫に秘蔵されていました。所蔵庫には、鎌倉時代以来の結城氏ゆかりの古文書や、「式部正宗」(しきぶまさむね)をはじめとする日本刀(刀剣)なども納められていたと言います。

第2次世界大戦最中(さなか)のこと、当主の「松平直正」(まつだいらなおまさ)は、家人に対して戦火を避けるために御手杵を地中へ埋めて保管するように申し付けて出征。

しかし、代々家に仕える旧家臣の老人達は、お家の宝をそのように扱う訳にはいかないとして、言い付けを守らなかったそうです。これが仇となりました。

1945年(昭和20年)の東京大空襲で焼夷弾(しょういだん)が所蔵庫を直撃。御手杵は、他の宝物共々焼失してしまいました。所蔵庫には、湿気を抑えるための木炭が敷き詰められていたそうですが、それが焼夷弾の炎によって燃え上がり、庫内は溶鉱炉のようになったのだろうと言われています。御手杵は、ただの鉄の塊となり、修復は叶わなかったとのことです。

蜻蛉切(とんぼぎり)

徳川家に仕えた戦国武将、「本多[平八郎]忠勝」が愛用したことで知られる槍。刃長43.7cm、笹穂型の大身槍です。の長さは元々2丈余(約6m)あり、晩年に忠勝がこれを3尺余(約90cm)短く詰めたとされていますが、諸説あります。青貝螺鈿(あおがいらでん)細工が施されていたと伝わっていますが、柄は現存していません。

大笹穂槍 銘 藤原正真作(号:蜻蛉切)

大笹穂槍 銘 藤原正真作(号:蜻蛉切)

大笹穂槍 銘 藤原正真作(号:蜻蛉切)

制作年代 刀鍛冶
室町時代後期 三河文殊派 藤原正真
所蔵 刃長
個人蔵
佐野美術館へ寄託)
1尺4寸4分5厘(43.8cm)
主な所有者・伝来
本多忠勝 → 三河国岡崎藩主・本多家伝来

蜻蛉の逸話に観る切れ味

蜻蛉切は、徳川家康の側近の中でも、多くの功績を立てたことで知られる「徳川四天王」のひとり、本多忠勝の愛槍です。

忠勝は、生涯57回戦場に出て、1回もかすり傷すら負わなかったと言われる猛将。多くの戦において蜻蛉切は、忠勝の武器として活躍しました。なかでも「蜻蛉切」という号の由来となった逸話は有名で、その切れ味を後世に伝えています。

ある日、忠勝が戦場に持参した槍を立てていたところ、たまたま飛んできた蜻蛉が穂先にあたりました。すると蜻蛉は瞬く間に2つに切れてしまったのです。この切れ味の良さを観て、約2丈の長大な槍は蜻蛉切と呼ばれるようになりました。

蜻蛉切を鍛えたのは、「三河文殊」(みかわもんじゅ)派の刀工、「藤原正真」(ふじわらまさざね)。三河文殊派とは、三河に居を移し日本刀(刀剣)を制作したもと村正派の呼称です。切れ味の良さを誇る「村正」の系譜であることからも、蜻蛉切の切れ味の良さが伺えます。

本多忠勝と蜻蛉切

本多忠勝

本多忠勝

天下人であった徳川家康の側近には、とりわけ多くの功績を立てた4人の武将がいました。「酒井忠次」、本多忠勝、「榊原康政」、「井伊直政」です。

彼らは1589年(天正17年)、徳川家康の関東移封後、いずれも家康配下の大名として貢献し、後世にて徳川四天王と呼ばれるようになりました。

敵軍であった武田軍の「小杉左近」(こすぎさこん)が、その武勇を見て「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八」という狂歌を残した名将です。「唐(から)の頭」とは、ヤクの毛を施した舶来の兜のこと。「本多平八」は、忠勝のことを指しています。

黒糸縅胴丸具足

黒糸縅胴丸具足

忠勝の戦装束と言えば、鹿角(かずの)の兜が特徴的な甲冑(鎧兜)、「黒糸縅胴丸具足」(くろいとおどしどうまるぐそく)と、柄を含めて2丈余にもなる大笹穂槍(おおささほやり)の蜻蛉切。

忠勝の豪勇と、戦場でのいかめしい様子を詠った川柳に、「蜻蛉が出ると、蜘蛛の子散らすなり。手に蜻蛉、頭の角のすさまじき。鬼か人か、しかとわからぬ兜なり。」というものが残っています。

1572年(元亀3年)、遠江国の二俣城(ふたまたじょう)を巡り、武田信玄と徳川家康が戦った「一言坂の戦い」では、武田軍からの追撃を食い止めるため忠勝と「大久保忠佐」(おおくぼただすけ)が殿(しんがり:軍の最後尾で敵の追っ手を食い止めること)を務め、家康本隊を逃がす大役を果たしました。

この際、忠勝が敵軍に向け掲げていたのが、他ならぬ蜻蛉切。その後の武田軍との戦いや、「小牧・長久手の戦い」、関ヶ原の戦いでも忠勝のトレードマークとして、蜻蛉切は活躍したのです。

本多家に伝わった蜻蛉切

忠勝の死後は、子孫である本多家に伝来した蜻蛉切ですが、戦後になると本多家から静岡県沼津の実業家「故・矢部利雄」(1905~1996年)氏の手に渡りました。矢部利雄氏は、一代でのちに「矢部コレクション」と呼ばれる美術品のコレクションを収集した人物。

矢部氏の没後、蜻蛉切を含めたこれらのコレクションは、静岡県の佐野美術館へと寄託され、一般に公開されるようになりました。

注目ワード

ページトップへ戻る