刀装具・拵

目貫の陰陽根

文字サイズ

「目貫」(めぬき)は、日本刀になくてはならない金具のひとつです。そんな目貫にまつわる「目貫の陰陽根」(めぬきのいんようこん/いんようね)と言う言葉をご存じでしょうか。
「陰陽」とは、「宇宙に存在する万物は、天地間にある陰と陽の2つの気によって形成される」とする古代中国の思想。この陰陽が、日本刀とどのようなかかわりを持っていたのか、目貫を通して解説します。

目貫の役割

目釘穴

目釘穴

日本刀(なかご)には、目釘穴(めくぎあな)があいていますが、これは(つか)から刀身が抜けないように、「目釘」と呼ばれるピンのような金具を通すための穴です。

当初の目貫は、この目釘の頭を上から覆って隠し、装飾する役割がありました。

しかし、それは室町時代初期頃までのことで、時代が下って近世頃には、目貫と目釘は分離され、柄の表と裏ひと組として、刀装全体の装飾をもっぱらとするようになったのです。

目貫

目貫

一方で目貫は、それだけの存在ではありません。

掌(てのひら)で柄を握る際に、手溜り(てだまり:目貫の部分の膨らみにより、完全に手のフォルムにフィットさせる機能)と滑り止めにもなります。

目貫は単なる装飾ではなく、非常に合理的な役割も併せ持っているのです。

目貫の美術的価値

目貫は、鉄や銅などの板金を裏から叩いて形を作り出し、細かい彫金(ちょうきん)や金色絵、象嵌(ぞうがん:金属表面に溝を彫り、そこに金や銀をはめこむ工芸)で様々なモチーフを表現する部位。

例えば、竜や獅子、蟹、花、人物など、そのテーマは無限にあり、職人の技が凝縮した芸術作品とも言えるのが目貫です。

そのため目貫は、同じく(こしらえ:日本刀の装具)である鍔(つば)や小柄(こづか:鞘の裏に装着する小刀)、さらには、日用品でもあった印籠(いんろう:薬などを入れて腰から吊るす小道具)や、根付(ねつけ:印籠や矢立を、腰の帯に下げるときに留める道具。

細かく凝った彫刻を施した物が喜ばれた)などと並んで、現代における骨董品愛好家の収集対象となっています。

美術工芸品として、単体でも価値が高い日本刀の部品。それが目貫なのです。

目貫の陰陽根とは

陰陽根の形状

目貫の陰陽根

目貫の陰陽根

「根」(ね)と呼ばれる目貫の裏の突起は、いったい何のためにあるのでしょうか。

もしかすると初めは、裏打ちや彫金といった工程で、根を利用して固定するなど、作業効率を高めるための工夫だったのかもしれません。

「陰陽根」は、この根の一種。もともとは、片方の根が凸状、そしてもう一方が凹状になっていましたが、後世になると、円柱状と円筒状などの陰陽根が観られるようになりました。

前者と後者は、陽と陰の関係に例えられることから、陰陽根と呼ばれるようになったのです。

陰陽根の意味

装飾性が高められたことで、目釘と分離された目貫。実は、目貫の中でも陰陽根を持つ物が、目釘と同じ役割を果たしていたとする考え方があります。

それが窺えるのが、「刀装金工後藤家十七代」(1973年[昭和48年] 雄山閣刊)の中に記された「目貫の文字が示す通り、陽根の根が長く刀の茎を貫いて、反対側の陰根の中に入れて止めたのである。であるから、今日の目釘の役目も、同時に陽根がしたわけである」と言う一文。同書では、室町時代後期から活躍した日本刀の装具の武家金工「後藤家」について解説しています。

その中で、引用したこの一文では、後藤家歴代の中でも初期にあたる3代(初代・祐乗[ゆうじょう]、2代・宗乗[そうじょう]、3代・乗真[じょうしん])の時代の目貫に陰陽根が付属していたことが記されているのです。

陽根の裏に伸びた柱状の部分が、日本刀の茎の向こうまで貫通するほど長く、それが反対側にある隠根の裏の円筒部分にまで達し、それにちょうどはまるようになっていたと言うのですから、これはまさに陽根が目釘その物であったと定義していることになるのです。

豊臣秀吉

豊臣秀吉

ちなみに、豊臣時代と江戸時代に「金座」(きんざ:江戸幕府の金貨を鋳造・発行していた機関)を運営した後藤家は、この庶流にあたります。

また同書では、「この時代のものは、桃山期になってからの形式としてのみ残された陰陽根とは異なり……」と言う一文もあり、これはつまり、「豊臣秀吉」の時代に入るまで、日本刀の目釘の役割を、陽根が担っていたことを表しています。

この他にも、目貫の陰陽根は、「上古刀」(じょうことう:奈良時代以前に作られた日本刀)の時代に、目貫が目釘として用いられていた名残(なごり)だとする説もあり、それを信じるのであれば、近世以前の900年以上にわたる長い間、目貫と目釘は同じ役目を持っており、現在の陰陽根のように、短い円筒と円柱の組み合わせになってからは、まだ500年にも満たないと言うことにもなります。

小学館発行の「大辞泉」(だいじせん)には、目貫の項(こう)に「目釘のこと。のち、柄の外にあらわれた目釘の鋲頭(びょうとう)と座金が装飾化されて、その部分をさすようになり、さらに目釘と分離した飾金物として柄の目立つ部分に据えられるようになった」と書かれています。

まさに目貫が目釘その物で、陽根裏の凸が目釘穴を通って陰根裏の凹にはまり、刀身と柄を固定していたと言う解説です。それがのちに目釘と分かれて、装飾部品になったと言う流れは、先ほどの「刀装金工後藤家十七代」と同じ内容になっています。

ただ、これには反対論も存在しており、その論旨は大きく分けて下記の3点です。

  1. 陰根と陽根は、完全な柄の表裏関係にあるわけではなく、少しずらして付けており、すれ違いになるため、目釘代わりにすることは不可能。
  2. 室町時代でも、目釘穴の大きさは陰陽根の裏の突起よりも非常に大きいため、もし陰陽根を目釘として使うと、目釘穴にすき間ができることになる。それを振れば、茎が柄の中で動く、すなわちずれてしまうため、実用には向かない。
  3. 目貫の強度は弱く、日本刀で切ったり突いたりすると、その衝撃に耐えられない。根その物が壊れるか、蝋(ろう)で接着されているだけの根が、目貫本体から外れる。

このように反対論では、物理面から「目貫=目釘」の名残が陰陽根だと言う説を否定しているのです。これも一理ありそうですが、公正を期すため、こちらの説でも辞書を引用してみましょう。

「広辞苑」(こうじえん:岩波書店)を引くと、目貫の項には、刀身を固定させる目釘の鋲頭や、座の飾りとするのを「真目貫」(まことめぬき)と言い、近世、装飾化して目につきやすい位置に飾るのを「空目貫」(そらめぬき)と言うとあります。

目貫のうち、真目貫はあくまでも目釘の頭の上にかぶせる部品であり、その一方で空目貫は、目釘の位置とは関係のない単なる飾り。

しかも空目貫は、近世になって登場したと解説されているのです。と言うことは、真目貫はそれより前から存在した、つまり桃山時代より前の仕様だと理解することが可能。

これは、「刀装金工後藤家十七代」の記述と時代的には一致していますが、目貫と目釘が完全に別物と定義されているのです。

どちらが真実であるかを見極めるため、さらにここで、原本が1603年(慶長8年)に刊行された「邦訳日葡辞書」(ほうやくにっぽじしょ:岩波書店)を引用してみます。

徳川家康

徳川家康

同辞書を作ったのは、ヨーロッパから来たキリスト教のイエズス会宣教師。

1549年(天文18年)に、「フランシスコ・ザビエル」が鹿児島に初上陸して以降、日本語を正確に理解し使いこなすことが布教のカギだと判断した宣教師達。

そんな宣教師のひとりである「ファン・フェルナンデス」が、1564年(永禄7年)、長崎で初の日葡・葡日辞書を作り、そのあとも、歴代の宣教師達が編集や加筆を重ね、「徳川家康」が将軍になった頃、刊行に至りました。

すなわち、この辞書には、桃山時代より早い室町時代末期からの日本語を採録されたことになるのです。

同辞書の目貫の項には、「細工を施したり、浮彫りにしたりした金属板の一種で、日本刀の柄に飾りとして、緒で結び付けてあるもの」と記されています。

ここでは目貫が、柄に緒で結び付けられている飾りであると説明されており、目貫と目釘は、まったく別の物であるとしているのです。念のために同辞書の「目釘」の項も参照してみると、「刀の柄を留めてある、小さな木釘」とあります。

同辞書では、目釘は木釘であり、それで日本刀の柄を茎に固定するとしているのです。

完全に目貫と目釘は別物であると考えられており、室町時代末期には、まだ陰陽根が目釘の機能を果たしていたとすれば、この辞書がこのように断定しているのは不合理であると言えます。以上のことを総合すると、基本的に陰陽根は、もともと目釘から発展した部位ではないとする見方が自然だと言えるのです。

もっとも、室町時代以前に神社へ奉納された「太刀」(たち)などには、目貫が目釘となっている日本刀が、一部例外として残っているため、すべての日本刀が違うと考えるのも問題はあります。しかし、実用刀に関して言えば、目貫の陰陽根は目釘ではなかったと、結論付けられるのです。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

陰陽根と日本人の感性

それでは、目釘として用いられたわけでもない目貫の陰陽根が、なぜ凹と凸の突起を持ち、目貫として日本刀の柄を飾ったのでしょうか。

そこには、日本人特有の感性が大きく影響していると考えられます。陰陽(いんよう)と言えば、陰陽師(おんみょうじ)の「安倍晴明」(あべのせいめい)で有名な、「陰陽道(おんみょうどう)/いんようどう」がありますが、これは、古代中国の「陰陽五行説」(いんようごぎょうせつ)と呼ばれる思想をもとに、日本で発展した呪術・占術です。

陰陽五行説は、万物が陰と陽とで成り立つ(夜と昼、女と男など)と考え、また、世界の万物を構成する要素を、木、火、土、金、水の5つと考えると言う思想。

陰陽五行説では、陰と陽、そしてこの5つの元素を、「甲」(きのえ:木と陽)、「乙」(きのと:木と陰)、「丙」(ひのえ:火と陽)、「丁」(ひのと:火と陰)、「戊」(つちのえ:土と陽)、「己」(つちのと:土と陰)、「庚」(かのえ:金と陽)、「辛」(かのと:金と陰)、「壬」(みずのえ:水と陽)、「癸」(みずのと:水と陰)と言うように組み合わせ、すべての事象を説明します。

この思想が日本に伝わり、それを起源として「陰陽道」が定着したのです。

仁王 阿吽の姿

仁王 阿吽の姿

その代表的な例が、神社の獅子と狛犬(こまいぬ)や、寺院の仁王(におう:いわゆる「金剛力士」)像です。狛犬も仁王さまも、普通は片方が口を開き、片方は口を閉じており、この「阿吽」(あうん)の姿が、陰陽の思想を表しているのです。

日本人は、古くから「阿吽の呼吸」と言って、物言わずとも意思が伝わることを大切にして来ました。

これは、自分の考えを主張する欧米人の文化と異なるところですが、これもまた、陰陽の考え方から生まれたと言える気質であり、陰陽の思想がいかに深く日本人の精神に根付いているかが分かります。

また日本人は、神が宿る対象として、日本刀を崇める歴史を長く積み重ねてきました。

その中で、日本刀の持つ役割や精神性にも、陰陽の思想を強く融合させていきます。陰陽は、表と裏、「強さ」と「弱さ」など、互いに対立しながらも依存し合うことで、万物を形成しているということが、その思想の基本。

つまり、これを日本刀に当てはめてみると、日本刀は、人を斬る武具であると同時に、平和な世界を創るための聖なる道具にもなると考えることができます。

そこで、柄に陰陽根の目貫を装着することにより、陰と陽の2つの気が日本刀に宿り、それらが合わさって万物を創造する「陰陽和合」(いんようわごう)に繋げたのです。

さらには、陰と陽が日本刀に同居することで、そこにはバランスが取れたひとつの結界が生まれます。獅子と狛犬が、神社の本殿の前に座して、神聖な場所を守るのと同じく、陰陽根もまた、日本刀を守る役割を帯びていたと考えられます。

このように目貫の陰陽根は、日本人の感性と強く結び付いた刀装具であったと言えるのです。

目貫の陰陽根

目貫の陰陽根をSNSでシェアする

「刀装具・拵」の記事を読む


刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことを指しています。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀が持つひとつの特徴です。ここでははじめに刀装具とは何か解説し、次に刀装具を部品ごとに詳しくご紹介していきましょう。

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具とは

刀装具とは
「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

刀装具とは

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

鎺の種類・図柄

鎺の種類・図柄
「鎺」(はばき)は、柄(つか)や鞘(さや)などと同じ刀装具のひとつで、刀身と鍔(つば)が接する部分にはめ込まれた筒状の金具です。「鞘走留」(さやばしりどめ)、「腰巾金」とも呼ばれます。刀剣にとって鎺は必要不可欠な刀装具。そんな鎺とは、どのような役割を担っているのでしょうか。鎺の種類や素材、施されている図柄についても併せて見ていきます。

鎺の種類・図柄

鍔の種類

鍔の種類
日本刀の「鍔」(つば)は、刀装具のひとつと言うだけでなく、独立した美術工芸品としての価値も高く、多くの日本刀愛好家に注目されています。その種類は多様で、とてもひとくくりにはできません。良く目を凝らせば、鍔の奥深い世界を垣間見ることができるのです。鍔の種類では鍔工の系統別に取り上げ、使用されている地金の特徴や、図柄とそれを施す技法、さらに時代背景も織り交ぜてご紹介します。

鍔の種類

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは
刀剣における「鍔」(つば)の本来の役割は、「柄」(つか)を握る際に、手を守ることにあります。刀身と柄の間を挟むように、刀剣に施されている鍔は、戦場で「突き」の攻撃を行なうときに、刀身のほうへ手がすべるのを防いでいたのです。刀剣が登場した当初は、この鍔がなかったり、付けられていたとしても、小さな形状であったりしましたが、時代が進んで刀剣の様式が確立されると、次第に大振りな形状へと変わっていきます。 そんな鍔の中でも「甲冑師鍔」(かっちゅうしつば)は、鉄板を打ち出し、透かし紋様を施した芸術性の高い鍔です。刀装具として独立した価値を有する鍔。力強さと繊細な技術を伝える甲冑師鍔の世界をご紹介します。

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは

鍔の図柄

鍔の図柄
日本刀の重要な一部である「鍔」(つば)。刃と刃を切り結んだとき、柄を握る手を守ることをはじめ、刀身と柄部分との重量のバランスを取ることなど、様々な役目があります。現代では、日本刀の一部であるに留まらず、鍔自体が独立した美術品として評価されているのです。 そして鍔には、戦での勝利や家の繁栄を願った武士の想いも込められました。鍔の図柄に焦点を当て、意匠に表された意味と、縁起について解説していきます。

鍔の図柄

切羽とは

切羽とは
「切羽」(せっぱ)とは、刀剣を構成する刀装具のひとつ。鍔(つば)を表裏から挟むように装着する金具のことで、「物事に追われて余裕がなくなる」という意味を持つ慣用句「切羽詰まる」の語源としても知られており、その形状は刀剣の種類によって様々です。切羽の基本知識をご紹介します。

切羽とは

目貫の図柄

目貫の図柄
様々な部位で構成されている日本刀の刀装具の中でも、横幅が3cmほどしかない小さな「目貫」(めぬき)。もともと目貫は、「茎」(なかご)に設けられた穴に挿し通し、刀身が「柄」(つか)から抜け出ないように固定するための「目釘」(めくぎ)の両端を留める役割を果たしていました。 しかし目貫と目釘は、時代が降る(くだる)につれて分離されるようになり、目貫は、柄を握る際の手溜まり(てだまり)に安定感をもたらすだけでなく、柄を華やかに彩る飾り金具として、そのデザイン性が高められていったのです。 目貫の意匠のなかでも、戦国武将達に最も好まれ、多く用いられていたのが、繁栄や幸福を意味する「吉祥文様」(きっしょうもんよう)の図柄。戦国武将達は、そのような意匠を自身の日本刀に装着することで、合戦の勝利や家の存続、発展といった願いを託していたのです。ここでは、小さな目貫の世界に自由な発想で施された、多種多様な意匠にはどのような意味があるのか、また、どのような想いが込められていたのかを観ていきます。

目貫の図柄

注目ワード
注目ワード