日本刀鑑賞のポイント

鞘書とは

文字サイズ

「鞘書」(さやがき)とは、日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

鞘書

鞘書

「鞘書」(さやがき)とは、「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。茶道具の箱に書かれた「箱書」のような物で、白鞘に直接、中に入った日本刀の刀工名、刃長、鞘書年月日が墨で書かれています。

元々は、大名家の蔵にある刀を整理するために、主が書いた物だそう。有力な大名家には、先祖代々継承された刀はもちろん、褒美刀、贈答刀など、数多くの日本刀を収蔵していました。

そこで、大名は、自分の蔵刀を整理するために、その日本刀がどんな代物なのか、刀工名、いつ、誰から賜ったのかなどを白鞘にメモするようになったのです。

やがて、武家社会が崩壊。時代が経過するなかで、鞘書は、中身を知るためのインデックス的役割から、「正真保証」を表す物に代わり、鞘書を書く人も、大名ではなく「鑑定家」が行なうようになりました。

なお、白鞘とは、日本刀の刀身を保存・保管するための容器です。皆さんがよく目にする刀は、漆などで装飾された「」(こしらえ)に装着されています。

この拵を装着していれば、すぐに使用できるし格好が良いのですが、拵に入れたままにしておくと、通気性がないために錆びが発生しやすくなります。したがって使用しないときは、通気性が良い白鞘に入れて長期保管する必要があるのです。そのため、白鞘は「休め鞘」とも呼ばれています。

そんな白鞘の素材は、朴(ほお:モクレン科ホオノキ属)。朴材は、木質が緻密で均一でやわらかいため、加工しやすいのが特徴です。白鞘の他、将棋の駒、ピアノの鍵盤などにも使用されています。特に、表面を加工しない無垢の白木の状態の朴は、湿気に敏感で吸収性にも優れています。湿度が安定するため錆びにくく、保存をするのには最適です。

刀袋

刀袋

また、白鞘を「刀袋」(かたなぶくろ)に入れて、日の当たらない場所に保存すれば、光を遮断し、温度も安定できるので、結露による錆びも防止できます。

ぜひ、ご自分の日本刀にぴったりする白鞘を、オーダーメイドすると良いでしょう。価格は約2万円から。上質な白鞘は、50年以上持つと言われています。

鞘書は誰がどこに書くものなの?

鞘書を書く鑑定家とは、主に「折紙」の発行を「豊臣秀吉」から許された刀剣鑑定家「本阿弥光徳」の子孫達です。

江戸幕府が倒幕して混乱期になると、明治時代には、正真保証の観点から、鞘書が頻繁に施されるようになりました。白鞘には、作者名(在)、刃長、鞘書年月日が、記載されるようになったのです。

太刀の鞘書(一例)

太刀の鞘書(一例)

鞘書が施される場所は、太刀の場合は佩表と言われていますが、鞘書が始まった時代が江戸中期で打刀が主流になったことから、指表に書かれている場合が多く、近世においても同じとされています。

また、太刀以外も変わらず、打刀、脇差短刀も同様に指表に施されており、短刀など片面に書き切れないことも多いため、指表に銘(もしくは極め)と刃長、指裏に記入年月日、記入者名(花押)を分けて書き入れます。

打刀の鞘書(一例)

打刀の鞘書(一例)

なお、こちらの打刀の鞘書には「荘司次郎太郎藤原直勝 生中心在銘越後水原作 嘉永五年二月日年紀入リ 佳品也 長サ貮尺四寸六分余有之 昭和五拾弐歳巳霜月誌之 本阿彌日洲[花押]」と書かれています。

本阿弥家の子孫以外にも、鞘書を書いた人として有名なのは高瀬羽皐、佐藤貫一(寒山)、本間順治(薫山)など。

有名な鞘書鑑定家

本阿弥日洲(ほんあみにっしゅう)
1908年(明治41年)~1996年(平成8年)享年88歳

本阿弥分家の「本阿弥琳雅」(ほんあみりんが)に師事し、19歳で養子となる。日本刀研磨と鑑定を学び、1975年(昭和50年)に重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に。子の「本阿弥光洲」(ほんあみこうしゅう)も、2014年(平成26年)に、人間国宝に認定された。

「刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日」白鞘

「刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日」白鞘
刀剣ワールド財団(東建コーポレーション)所蔵

高瀬羽皐(たかせうこう)
1853年(嘉永6年)~1924年(大正13年)

ジャーナリスト、刀剣研究家。「東北毎日新聞」を発刊し、自由民権論を唱えた。靖國神社遊就館の刀剣会幹事。著書に「詳註刀剣名物帳」、「刀剣談」などがある。

佐藤貫一/寒山(さとうかんいち/かんざん)
1907年(明治40年)~1978年(昭和53年)

刀剣学者。公益財団法人 日本美術刀剣保存協会常務理事長。刀剣博物館副館長。日本刀鑑定、特に新刀研究の権威と言われた。

「刀 銘 水心子正秀 天明五年二月日彫同作」白鞘

「刀 銘 水心子正秀 天明五年二月日彫同作」白鞘
刀剣ワールド財団(東建コーポレーション)所蔵

本間順治/薫山(ほんまじゅんじ/くんざん)
1904年(明治37年)~1991年(平成3年)

日本刀研究家。公益財団法人 日本美術刀剣保存協会を設立し、理事、会長に就任。日本刀鑑定、特に古刀研究の権威。著書に「日本刀」、「日本古刀史」がある。

「刀 無銘 貞宗」白鞘

「刀 無銘 貞宗」白鞘
刀剣ワールド財団(東建コーポレーション)所蔵

鞘書があると価値が高いの?

鑑定書

鑑定書

日本刀の価値を保障する物としては、公益財団法人 日本美術刀剣保存協会や日本刀剣保存会などの鑑定機関が発行している「鑑定書」(旧:認定書)、「指定書」があります。

これに対して、鞘書は個人鑑定家が行なっていることが多いです。最も信頼が高い保証としては、公益財団法人 日本美術刀剣保存協会が発行している鑑定書(旧:認定書)または指定書と言われています。

鑑定書があれば、鞘書がなかったとしても、その刀の価値が変わることはありません。しかし、不安な時代、少しでも目に見える信頼できる物が欲しいと考える人が多いようです。

したがって、鞘書があったほうがより信頼され、市場でも高値で取引される場合が少なくありません。また、鞘書を書く人の肩書きも信頼に値する、ひとつの要素となっています。

ただし、これが悪い方に利用されることもあるのです。日本刀の本体はもちろん、鞘書まで偽物が流通し、二次被害、三次被害に遭う危険もありますので、注意しましょう。

鞘書とは

鞘書とはをSNSでシェアする

「日本刀鑑賞のポイント」の記事を読む


日本刀鑑賞ポイント

日本刀鑑賞ポイント
日本刀を鑑賞する際には、いくつかのポイントを知っておくと、より日本刀を楽しむことができます。観るポイントを押さえ、日本刀の美しさを体感しながら鑑賞することで、その深い魅力に気付くことができるのです。ここでは、そんな日本刀の鑑賞ポイントをご紹介します。

日本刀鑑賞ポイント

日本刀の姿

日本刀の姿
日本刀を鑑賞するポイントは、日本刀の美しさを構成している要素をよく観ること。ズバリ、日本刀の「姿」(すがた)・「刃文」(はもん)・「地鉄」(じがね)、そして「茎」(なかご)です。まずは、日本刀の姿に注目。日本刀の姿を作る、「鋒/切先」(きっさき)・「反り」(そり)・「造込み」(つくりこみ)・「長さ」を良く観て全体的にとらえることができれば、作刀された時代や個性を読み取れるようになれます。そこで、日本刀の姿について詳しくご紹介しましょう。

日本刀の姿

日本刀の造り・姿とは

日本刀の造り・姿とは
美術品として刀剣の鑑賞を楽しむときに観どころとなる部分はいくつかありますが、なかでも、作刀された時代を知る有力な手がかりとなるのが「造り」や「姿」です。刀剣は、それぞれの時代によって異なる必要性や要求に合わせて作られているため、その造りや姿の中に時代ごとの社会的特徴が反映されています。つまり、刀剣の造りや姿を知ることは、「日本の歴史そのものを知ることにつながる」と言えるのです。ここでは、刀剣の造りや姿について、詳しくご紹介します。

日本刀の造り・姿とは

日本刀の刃文とは

日本刀の刃文とは
日本刀を鑑賞するポイントは様々ありますが、「刃文」(はもん)の美しさは一番にチェックしたい点と言われています。刃文は「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)と共に、日本刀の作刀時間や、制作地を見分ける決め手となり、刀工ならではの特徴も見られることから、その個性を楽しめるのです。日本刀の刃文について詳しくご紹介します。

日本刀の刃文とは

日本刀の地鉄とは

日本刀の地鉄とは
「地鉄」(じがね)の美しさに気付くことは、日本刀を鑑賞する上で、とても重要なポイントです。地鉄とは、「折り返し鍛錬」によって生じた、「鍛え肌」(きたえはだ)・「地肌」(じはだ)の模様のこと。「姿」(すがた)や「刃文」(はもん)とともに、その刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる見どころです。日本刀の地鉄の見方について、詳しくご紹介しましょう。

日本刀の地鉄とは

日本刀の反りとは

日本刀の反りとは
時代背景や流行などによって、日本刀の形状は変化してきました。そのため、様々な形状がある日本刀ですが、多くの日本刀では一定の「反り」(そり)を確認できます。日本刀は、ある意味この独特な「反り」があるからこそ、美しいとも言えるのです。この日本刀の反りには、いったいどのような役割があり、反らせることによってどのような効果があるのか。また、日本刀にある反りの種類や時代による反りの変化について、詳しくご紹介します。

日本刀の反りとは

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ
「日本刀」には様々な見所があります。それは、刀工によって細部までこだわりぬかれた結果です。ここでは、日本刀鑑賞における細かなポイント(刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ)についてご紹介します。

日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ

刀剣鑑賞のマナー

刀剣鑑賞のマナー
2015年(平成27年)に「刀剣ブーム」が起こったことで、関連書籍も数多く発売されました。ところが、写真だけで伝えるのがとても難しく、専門用語を多く用いて説明しなくてはならないのが日本刀の特徴でもあります。そこで、難しく感じてしまう前に、実際に触れてみて、日本刀を味わってみるのはいかがでしょうか。 写真や展示では分からない重量感、茎(なかご)の感触など、直に触って分かることが沢山あります。作法を身に付ければ、刀剣鑑賞は難しいことではありません。日本刀に親しむことを目的としたビギナー向けのイベントは各地で催されており、その形式も様々ですが、ここでは、直に鑑賞することを前提に、必要な知識やマナーをご紹介します。

刀剣鑑賞のマナー

日本刀の法量(サイズ)

日本刀の法量(サイズ)
「法量」(ほうりょう)とは、もともと仏像の寸法を表す言葉でした。それが日本刀のサイズを表す言葉としても用いられ定着した理由は、かつて刀剣が神仏と同様に崇高な存在として捉えられていたためだと言われています。日本刀の法量は、主に「刃長」(はちょう)、「反り」(そり)、「元幅」(もとはば)、「元重」(もとがさね)、「先幅」(さきはば)、「先重」(さきがさね)で表現。作刀においてはもちろんのこと、鑑賞、または購入する際にも必要不可欠な数値です。ここでは、とりわけ特徴的な法量を持つ日本刀も併せてご紹介します。

日本刀の法量(サイズ)

注目ワード
注目ワード