日本刀を知る

鞘書とは?

文字サイズ

「鞘書」(さやがき)とは、日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

鞘書

鞘書

「鞘書」(さやがき)とは、「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。茶道具の箱に書かれた「箱書」のような物で、白鞘に直接、中に入った日本刀の刀工名、刃長、鞘書年月日が墨で書かれています。

元々は、大名家の蔵にある刀を整理するために、主が書いた物だそう。有力な大名家には、先祖代々継承された刀はもちろん、褒美刀、贈答刀など、数多くの日本刀を収蔵していました。

そこで、大名は、自分の蔵刀を整理するために、その日本刀がどんな代物なのか、刀工名、いつ、誰から賜ったのかなどを白鞘にメモするようになったのです。

やがて、武家社会が崩壊。時代が経過するなかで、鞘書は、中身を知るためのインデックス的役割から、「正真保証」を表す物に代わり、鞘書を書く人も、大名ではなく「鑑定家」が行なうようになりました。

なお、白鞘とは、日本刀の刀身を保存・保管するための容器です。皆さんがよく目にする刀は、漆などで装飾された「」(こしらえ)に装着されています。

この拵を装着していれば、すぐに使用できるし格好が良いのですが、拵に入れたままにしておくと、通気性がないために錆びが発生しやすくなります。したがって使用しないときは、通気性が良い白鞘に入れて長期保管する必要があるのです。そのため、白鞘は「休め鞘」とも呼ばれています。

そんな白鞘の素材は、朴(ほお:モクレン科ホオノキ属)。朴材は、木質が緻密で均一でやわらかいため、加工しやすいのが特徴です。白鞘の他、将棋の駒、ピアノの鍵盤などにも使用されています。特に、表面を加工しない無垢の白木の状態の朴は、湿気に敏感で吸収性にも優れています。湿度が安定するため錆びにくく、保存をするのには最適です。

刀袋

刀袋

また、白鞘を「刀袋」(かたなぶくろ)に入れて、日の当たらない場所に保存すれば、光を遮断し、温度も安定できるので、結露による錆びも防止できます。

ぜひ、ご自分の日本刀にぴったりする白鞘を、オーダーメイドすると良いでしょう。価格は約2万円から。上質な白鞘は、50年以上持つと言われています。

鞘書は誰がどこに書くものなの?

鞘書を書く鑑定家とは、主に「折紙」の発行を「豊臣秀吉」から許された刀剣鑑定家「本阿弥光徳」の子孫達です。

江戸幕府が倒幕して混乱期になると、明治時代には、正真保証の観点から、鞘書が頻繁に施されるようになりました。白鞘には、作者名(在)、刃長、鞘書年月日が、記載されるようになったのです。

太刀の鞘書(一例)

太刀の鞘書(一例)

鞘書が施される場所は、太刀の場合は佩表と言われていますが、鞘書が始まった時代が江戸中期で打刀が主流になったことから、指表に書かれている場合が多く、近世においても同じとされています。

また、太刀以外も変わらず、打刀、脇差短刀も同様に指表に施されており、短刀など片面に書き切れないことも多いため、指表に銘(もしくは極め)と刃長、指裏に記入年月日、記入者名(花押)を分けて書き入れます。

打刀の鞘書(一例)

打刀の鞘書(一例)

なお、こちらの打刀の鞘書には「荘司次郎太郎藤原直勝 生中心在銘越後水原作 嘉永五年二月日年紀入リ 佳品也 長サ貮尺四寸六分余有之 昭和五拾弐歳巳霜月誌之 本阿彌日洲[花押]」と書かれています。

本阿弥家の子孫以外にも、鞘書を書いた人として有名なのは高瀬羽皐、佐藤貫一(寒山)、本間順治(薫山)など。

有名な鞘書鑑定家

本阿弥日洲(ほんあみにっしゅう)
1908年(明治41年)~1996年(平成8年)享年88歳

本阿弥分家の「本阿弥琳雅」(ほんあみりんが)に師事し、19歳で養子となる。日本刀研磨と鑑定を学び、1975年(昭和50年)に重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に。子の「本阿弥光洲」(ほんあみこうしゅう)も、2014年(平成26年)に、人間国宝に認定された。

「刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日」白鞘

「刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日」白鞘
刀剣ワールド財団(刀剣コーポレーション)所蔵

高瀬羽皐(たかせうこう)
1853年(嘉永6年)~1924年(大正13年)

ジャーナリスト、刀剣研究家。「東北毎日新聞」を発刊し、自由民権論を唱えた。靖國神社遊就館の刀剣会幹事。著書に「詳註刀剣名物帳」、「刀剣談」などがある。

佐藤貫一/寒山(さとうかんいち/かんざん)
1907年(明治40年)~1978年(昭和53年)

刀剣学者。公益財団法人 日本美術刀剣保存協会常務理事長。刀剣博物館副館長。日本刀鑑定、特に新刀研究の権威と言われた。

「刀 銘 水心子正秀 天明五年二月日彫同作」白鞘

「刀 銘 水心子正秀 天明五年二月日彫同作」白鞘
刀剣ワールド財団(刀剣コーポレーション)所蔵

本間順治/薫山(ほんまじゅんじ/くんざん)
1904年(明治37年)~1991年(平成3年)

日本刀研究家。公益財団法人 日本美術刀剣保存協会を設立し、理事、会長に就任。日本刀鑑定、特に古刀研究の権威。著書に「日本刀」、「日本古刀史」がある。

「刀 無銘 貞宗」白鞘

「刀 無銘 貞宗」白鞘
刀剣ワールド財団(刀剣コーポレーション)所蔵

鞘書があると価値が高いの?

鑑定書

鑑定書

日本刀の価値を保障する物としては、公益財団法人 日本美術刀剣保存協会や日本刀剣保存会などの鑑定機関が発行している「鑑定書」(旧:認定書)、「指定書」があります。

これに対して、鞘書は個人鑑定家が行なっていることが多いです。最も信頼が高い保証としては、公益財団法人 日本美術刀剣保存協会が発行している鑑定書(旧:認定書)または指定書と言われています。

鑑定書があれば、鞘書がなかったとしても、その刀の価値が変わることはありません。しかし、不安な時代、少しでも目に見える信頼できる物が欲しいと考える人が多いようです。

したがって、鞘書があったほうがより信頼され、市場でも高値で取引される場合が少なくありません。また、鞘書を書く人の肩書きも信頼に値する、ひとつの要素となっています。

ただし、これが悪い方に利用されることもあるのです。日本刀の本体はもちろん、鞘書まで偽物が流通し、二次被害、三次被害に遭う危険もありますので、注意しましょう。

鞘書とは?

鞘書とは?をSNSでシェアする

「日本刀を知る」の記事を読む


国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣
国内外問わず、美術品として高い人気を誇る日本刀。時代を超えて現代に残る日本刀は、その歴史的・美術的価値を守るために、「有形文化財」として登録されることがあります。日本刀の価値を高め、後世に残すための「文化財保護法」。また、それに付随する「国宝」や「重要文化財」とは何か、どのような基準で登録されるのか。分かりやすくご紹介します。

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

御物の日本刀とは

御物の日本刀とは
「御物」(ぎょぶつ)とは、皇室の私有品として天皇家に伝来した美術品や古文書などの所蔵品のこと。現在は宮内庁が管理しており、御物の中には日本刀も多数含まれています。その理由は、大名などから献上された他、「明治天皇」をはじめ「愛刀家」として知られる天皇らが名刀を収集したためです。御物の日本刀では、御物の歴史と共に御物に指定されている名刀をご紹介します。

御物の日本刀とは

守り刀・枕刀とは

守り刀・枕刀とは
日本には、古くから日本刀にまつわる風習が数多く伝わってきました。そのひとつが、大切な人を守護するために短刀を贈るという習慣で、これらの短刀は「守り刀」(まもりがたな)と呼ばれています。誕生したばかりの子どもや花嫁などの子女に贈る場合の他、故人の枕元や胸元に置くのも守り刀です。一方、就寝時に枕元へ置いて魔除けの効果をもたらす守り刀のことを「枕刀」(まくらがたな)と呼び、この慣習は武家の時代から行なわれていました。守り刀・枕刀とはでは、持ち主を護るための日本刀である「守り刀」についてご紹介します。

守り刀・枕刀とは

偽物の鑑別

偽物の鑑別
戦のない現代においては、「武具」としてだけではなく、「美術品」としての側面にもその価値が見出されている日本刀。その人気は日本のみならず海外にまで広がり、市場における流通量も増えているため、その分、贋作(がんさく:日本刀の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が出回っていることも事実。有名刀工の刀だと言われて高い金額で購入した日本刀が、実は本物ではなかった、というケースもあります。ここでは、日本刀好きの皆さんに、本当に価値のある日本刀の鑑賞を楽しんで頂くために、偽物の刀にはどのような特徴があるのか、そして、本物と偽物とを見極めるポイントについてご説明します。

偽物の鑑別

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の格付けと歴史

日本刀の格付けと歴史
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより刀剣の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」にもなったのです。ここでは、刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

日本刀の格付けと歴史

本阿弥家と折紙

本阿弥家と折紙
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としての「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としての「業物」(わざもの)の格付けなどです。これらの格付けによって能力と信用とが保たれ、土地に代わる「恩賞」として扱われていた刀剣。そんな格付けされた刀剣の「証明書」と言える物が「折紙」(おりがみ)であり、その「折紙」の起源、本阿弥家(ほんあみけ)とのつながり、書式や様式などを知れば、刀剣の世界がさらに広がります。この世界を広げるため、詳しく解説していきます。

本阿弥家と折紙

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形
日本刀に興味を持ったあなたに、さらに日本刀の魅力に気付いて頂くため、日本刀の楽しみ方をご紹介します。楽しく日本刀の知識を深めるのにおすすめなのが、遊びながらでも知識を体得できる「入札鑑定」。入札鑑定とは、銘の入った部分を隠した状態で誰が作った日本刀なのかを紙に書いて当てるというゲームのようなものです。また、実際に日本刀を所有しているという方には、日本刀がさらに美しく見える「日本刀の飾り方」、日本刀の姿を紙に写しとる「刀剣押形」についてもご紹介。日本刀の3つの楽しみ方で、日本刀の世界を広げてみてはいかがでしょうか。

入札鑑定・刀剣・日本刀の飾り方・刀剣押形

注目ワード
注目ワード