日本刀の歴史

現代刀

文字サイズ

「現代刀」(げんだいとう)とは、1876年(明治9年)3月28日に発布された「廃刀令」(はいとうれい)以降に制作された日本刀を指します。現代では、日本刀を武器として制作・所持することはできません。しかし、古くから伝わる伝統的な日本刀は、美術品としての価値も高く、日本刀の展示会はいずれも盛況。人々から大きな関心を寄せられています。
このように、古い歴史を持つ日本刀が愛される一方、現代の刀工に自分だけの新しい日本刀を鍛えてもらいたいと希望する愛好家や、外国人ファンも増えてきました。現代刀への注目も高まっているのです。 そんな現代刀とは、どのような日本刀なのでしょうか。その歴史を追うと共に、代表的な刀工と作品について見ていきます。

現代刀の歴史

明治時代初期の「廃刀令」を乗り越える

前述の通り、1876年(明治9年)3月28日に「廃刀令」が発布され、大礼服(明治時代から第2次世界大戦終結までに使用された最上級の正装)着用の場合、及び軍人や警察官などが制服を着用している場合を除き、日本刀を身に付けることが禁止されました。

この法令によって、鍛刀界は大きな打撃を受けます。

しかし廃刀令は、日本刀を帯びて持ち歩く「帯刀」を禁止しましたが、作刀は禁止されていませんでした。さらに、日本刀を好んだとされる「明治天皇」が、日本刀文化の維持に力を注いだことから、鍛刀界は衰滅を免れたのです。

当時、日本の美術・工芸の保護奨励のため、皇室の御用を務める美術・工芸家が「帝室技芸員」に任命されました。

鍛刀界からは、作刀と刀身彫刻において優れた才能を発揮した初代「月山貞一」(がっさんさだかず)と、皇族の知遇(ちぐう)を得て「戊辰戦争」にも従軍した「宮本包則」(みやもとかねのり)が選ばれます。

月山貞一と宮本包則は、明治天皇をはじめとする皇族や、著名人の作刀に数多く携わり、廃刀令以前の「新々刀」(しんしんとう)と現代刀との期間をつなぐ名刀工として活躍しました。

皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

軍刀の需要が伸びた昭和時代初期

昭和時代初期の1931年(昭和6年)、関東軍(大日本帝国陸軍のひとつ)と中華民国の間で「満州事変」(まんしゅうじへん)が勃発。

当時、世界恐慌のあおりを受け、さらに関東大震災によって経済的に困窮していた日本は、大陸への進出に活路を見出し、翌1932年(昭和7年)には、傀儡(かいらい)国家である満州国(現在の中国東北部)を建国します。

こうした状況下にあって鍛刀界では、「軍刀」への需要が高まっていきました。

靖国神社

靖国神社

1933年(昭和8年)には、軍刀整備のために、「財団法人日本刀鍛錬会」を創設。「靖国神社」(やすくにじんじゃ:東京都千代田区)の境内に鍛錬所が設けられます。ここで作刀された日本刀は「靖国刀」と呼ばれ、靖国刀制作に従事した刀工を「靖国刀匠」と称しました。

靖国刀匠としては、創設当初に主任刀匠を務めた「宮口靖廣」(みやぐちやすひろ)、「梶山靖徳」(かじやまやすのり)、「池田靖光」(いけだやすみつ)の他、新々刀の始祖「水心子正秀」(すいしんしまさひで)の流れを汲む「八鍬靖武」(やくわやすたけ)などが挙げられます。

満州国の建国以来、日本は諸外国との国際協調体制を失い、1937年(昭和12年)には「日中戦争」に突入。やがて戦火は拡大し、「第2次世界大戦」へとつながっていくのです。

その間、終戦を迎える1945年(昭和20年)まで、日本刀鍛錬会は活動を続け、日本軍の軍学校を優秀な成績で卒業した生徒に与えられる「御下賜刀」(ごかしとう)など、約8,100振の日本刀を制作しました。

終戦後から現代まで

第2次世界大戦終結後、日本を占領下に置いたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)により日本刀は武器と見なされ、所持は禁止となり没収。作刀も禁じられてしまいます。日本刀は、存続の危機に直面したのです。

しかし、日本側の強い働きかけにより、日本刀は武器ではなく、美術品として認められます。法律の改正が行なわれ、日本刀の制作や、個人で所有・売買することが可能となりました。

こうした激動の時代、のちに重要無形文化財保持者(人間国宝)となる「宮入昭平(行平)」(みやいりしょうへい[ゆきひら])や「高橋貞次」(たかはしさだつぐ)など優れた刀工が鍛刀界を支え、作刀の技法と伝統は、現代まで受け継がれることとなったのです。

刀工になるためには、「全日本刀匠会」の刀匠資格を持つ刀工に入門し、5年以上研修することが必要となります。その上で、文化庁が主催する実地試験「美術刀剣刀匠技術保存研修会」を修了しなければならないのです。

現在、この難関を突破した200名近い刀工が現役で活躍しています。

全日本刀匠会 会員名簿全日本刀匠会 会員名簿
日本全国で活躍する各都道府県の会員(刀匠)をご紹介します。

現代刀の刀工とその作品

月山貞一(初代)

初代「月山貞一」は、1836年(天保7年)に近江国(現在の滋賀県)で生まれました。

7歳のとき、大阪の刀工「月山貞吉」(がっさんさだよし)の養子となります。16歳にして刀身彫刻を施した脇差を制作するなど、早くから優れた才能を見せました。

1906年(明治39年)、帝室技芸員に任命されたのちは、明治天皇の軍刀や皇族の日本刀を手掛け、鍛刀界の盛隆に尽くします。

月山貞一の作風としては、大きくうねる波のような地鉄(じがね)の文様「綾杉肌」(あやすぎはだ)が特徴であり、この綾杉肌は月山家伝来として現代にも継承されている鍛えです。

さらに、「古刀」(ことう)の伝法である「相州伝」や「備前伝」にも精通していました。得意とした刀身彫刻は、精緻で巧みであることが知られています。

刀 銘 帝室技芸員月山貞一謹作之七十五歳(花押) 至尊余鉄以 明治四十三年十一月吉日為石原家
刀 銘 帝室技芸員月山貞一謹作之七十五歳(花押) 至尊余鉄以 明治四十三年十一月吉日為石原家
帝室技芸員
月山貞一謹作
之七十五歳
(花押)
至尊余鉄以
明治四十三年
十一月吉日
為石原家
鑑定区分
保存刀剣
刃長
69.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

宮本包則

月山貞一と共に帝室技芸員となった「宮本包則」は、1830年(元保元年)に伯耆国大柿(現在の鳥取県倉吉市)で生まれ、22歳のときに刀工を志し、備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市)を拠点とする刀工「横山祐包」(よこやますけかね)に師事しました。

鳥取藩に召し抱えられて活動したのち、天皇と朝廷に忠義を尽くす志士達のために作刀する中で、朝廷の重鎮である「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)に認められ、1867年(慶応3年)に「能登守」(のとのかみ)を受領。「戊辰戦争」への従軍経験を経て、その後、明治天皇をはじめ3代の天皇の守り刀を制作します。

宮本包則は、1886年(明治19年)に「伊勢神宮」式年祭の宝刀を手掛けるなど、97年の生涯を通じて現代刀工に多大なる影響をもたらしました。

宮本包則の作品は、朴訥として質実と言われ、派手さはないものの、その落ち着いた品位の高さから通(つう)好みと言われます。

細かく詰んだ小板目の鍛えに、古風な直刃の刃文を得意としていました。

刀 銘 因州宮本能登守菅原包則 於江州御陣中鍛之
刀 銘 因州宮本能登守菅原包則 於江州御陣中鍛之
因州宮本能登守
菅原包則
君万歳
慶応四年正月日
於江州
御陣中鍛之
鑑定区分
保存刀剣
刃長
69.0
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

八鍬靖武

八鍬靖武」は、1909年(明治42年)に山形県で誕生。作刀を学んだ師である「池田一光」(いけだかずみつ)は、新々刀の始祖として名高い水心子正秀につながる系統の刀工です。

池田一光のもとで学んだのち、1935年(昭和10年)に上京。「財団法人日本刀鍛錬会」へ入会し、靖国神社の境内に設けられた鍛錬所にて靖国刀の制作に従事しました。

第2次世界大戦後、自由に作刀できなくなった八鍬靖武ですが、1954年(昭和29年)に許可を受け作刀を再開すると、多くの展覧会や品評会へ出品して入賞。

1973年(昭和48年)には伊勢神宮式年遷宮御神宝太刀を手掛けたのをはじめ、靖国神社など、全国の神社に請われて日本刀を奉納しています。

1981年(昭和56年)には、刀剣界で最も名誉ある「正宗賞」を受賞し、「日本美術刀剣保存協会」の無鑑査に認定されました。これは、靖国刀匠としては他に並びない快挙です。

八鍬靖武が鍛えた日本刀の地肌は、小板目肌よく練れて美しく精緻。刀姿は、しっかりとして豪壮であり、名刀の名に恥じない出来栄えと言われています。

刀 銘 八鍬靖武
刀 銘 八鍬靖武
八鍬靖武
昭和四十五年
二月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
75.7
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

宮入昭平(行平)

1913年(大正2年)に長野県の鍛冶屋に生まれた「宮入昭平(行平)」は、幼少の頃より鍛冶に親しみ、1937年(昭和12年)には刀工を志して上京。

衆議院議員も務めた刀工「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)の「日本刀鍛錬伝習所」に入所します。

第2次世界大戦中は、「陸軍造兵廠」(りくぐんぞうへいしょう)の指定工となり、作刀に力を注ぎました。しかし、東京への空襲の激しさから故郷へ疎開。さらに、終戦後は作刀が禁じられたため、いったん表舞台からは身を引きます。

1950年(昭和25年)、「日本美術刀剣保存協会」からの依頼を受けて、伊勢神宮式年遷宮御神宝太刀を制作したことを契機として作刀を再開。1955年(昭和30年)、日本美術刀剣保存協会が主催する「第1回美術審査会」で特賞に輝くと、続けて5回の入賞を果たしました。

1963年(昭和38年)には、その卓越した技術が評価され、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。

宮入昭平(行平)は、五箇伝のひとつ「相州伝」の伝法に傾倒し、「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)や「源清麿」(みなもときよまろ)などの名刀工を研究。自身の作刀に活かしました。

刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作
刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作
葛尾山麓住人
宮入昭平作
昭和十九年
七月日
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
66.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

現代刀の名工・名匠現代刀の名工・名匠
現代の日本刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。

現代刀

現代刀をSNSでシェアする

「日本刀の歴史」の記事を読む


平安時代~南北朝時代

平安時代~南北朝時代
日本刀の姿は「戦」(いくさ)の発生に応じて変化してきました。日本刀の反りが生まれた優美な平安時代、日本刀の黄金期を築き上げた鎌倉時代、豪壮な作りが勇ましい南北朝時代と、その時代によって様々な魅力があるのです。ここでは、各時代の戦と日本刀の特徴についてフォーカスを当ててご紹介します。

平安時代~南北朝時代

室町時代~安土桃山時代

室町時代~安土桃山時代
日本刀の姿は、室町時代以降も「戦」(いくさ)の発生に応じて変化していきます。合戦の戦術が変化することによって、日本刀も室町時代や安土桃山時代に合わせて変化していくのです。引き続き、各時代の戦と日本刀の特徴についてご紹介します。

室町時代~安土桃山時代

江戸時代~明治時代

江戸時代~明治時代
日本刀は、1596年をもって古刀から新刀へと分類が変化します。新刀になって以降、江戸時代に入り戦が減っていくことで、日本刀はまた独自の進化を遂げていくのです。そんな中での、江戸時代以降における日本刀の変遷についてご紹介します。

江戸時代~明治時代

古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷
刀剣が現在の「日本刀」と呼ばれる反りがある形となったのは平安時代までさかのぼります。日本刀は1,000年以上の時を経て、各時代の影響を受けながら時代に応じた特色を持ち現在まで伝わっているのです。ここでは、日本刀における時代の特色についてご紹介します。

古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

上古刀

上古刀
「上古刀」(じょうことう)とは、奈良時代以前に制作された「日本刀」で、反りのない直刀のことを指します。「大刀」(たち)の字が当てられ、厳密にはまだ日本刀とは呼ばれていませんでした。ここでは、便宜上上古刀も日本刀と表記し、その歴史や特徴について解説していきます。

上古刀

古刀

古刀
「古刀」(ことう)とは、901年(延喜元年)以降の平安時代中期から、安土・桃山時代末期の1596年(慶長元年)までに制作された、反りのある日本刀を指します。古刀が登場する以前は、反りのない、真っ直ぐな「直刀」(ちょくとう)が主流でした。日本刀に反りが付いた理由には、武士の台頭と密接なつながりがあるのです。古刀が誕生し普及した理由と、古刀の代表的な刀工を、時代を追って述べていきます。

古刀

末古刀

末古刀
「末古刀」(すえことう)とは、室町時代末期から安土桃山時代にかけて制作された日本刀の総称です。文字通り「古刀」(ことう)の末期という意味であり、当時は戦乱が多く、かつ最も激しかった時代でもあります。そのような乱世に作られた末古刀は、どんな特徴を備えていたのでしょうか。ここでは、この末古刀の特徴をご紹介します。

末古刀

慶長新刀

慶長新刀
日本刀の時代区分は、古い順に「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)と表されます。1595年(文禄4年)までの古刀から、1596年(慶長元年)からの新刀への移行期に制作されたのが、「慶長新刀」(けいちょうしんとう)です。慶長新刀は、古刀の特徴を十二分に受け継ぎながら、新しい時代にも目を向けた、過渡期特有の個性を持つことになりました。そこで慶長新刀が、どのような日本刀なのかをご紹介します。

慶長新刀

新刀

新刀
安土桃山時代末期から江戸時代中期にあたる、1596年(慶長元年)~1763年(宝暦13年)までに制作された日本刀が「新刀」(しんとう)です。それ以前の「古刀」(ことう)から新刀へ移行する期間、すなわち1596年に始まる慶長年間に作刀された作品を、別に「慶長新刀」(けいちょうしんとう)と呼ぶこともあります。 新刀という名称の由来は、江戸時代中期の講釈師「神田白龍子」(かんだはくりゅうし)の著作、1721年(享保6年)出版の「新刃銘尽」(あらみめいづくし)と、1729年(享保14年)出版の「続新刃銘尽」(ぞくあらみめいづくし)の中で、1596年(慶長元年)に作刀された日本刀を新刀、または「新刃」(あらみ)と表記されたことが始まりです。それが流行して新刀の呼び名が定着しました。 ここでは、新刀の特徴と、新刀期を前期、中期、後期の3つに分け、それぞれの時代背景や、代表的な刀工についてご紹介します。

新刀

注目ワード
注目ワード