日本刀を作る

肉置とは

文字サイズ

「日本刀」を評価する基準のひとつに「肉置」(にくおき)があります。肉置は、日本刀を鋒/切先(きっさき)から観たときに現れる刀身の厚みを示しており、「肉付き」と近い意味を持つ刀剣用語です。ここでは、肉置の基礎知識とともに、肉置が豊かに付いた日本刀をご紹介します。

肉置の基礎知識

肉置とは

肉置

肉置

「肉置」(にくおき)は、刀身の「鎬地」(しのぎじ)を除いた厚みのこと。鎬地は、鎬筋(しのぎすじ)と(むね:刃先と反対側)の間にある面のことです。

薄ければ「薄い」、「枯れる」、「少ない」と表現し、反対に厚みがあれば「豊か」、「たっぷり」と言い表します。

また、制作当時のまま肉置が残っている場合は、「健全」と表現するのが一般的。なお、肉置は研磨されるうちに削り取られて、一度削られてしまうと再生することは不可能です。

そのため、「健全な肉置」を保持する日本刀は、大変貴重であると言えます。

平肉と刃肉

平肉
平肉」(ひらにく:「地肉」とも呼ばれる)は、鎬筋と刃文の間にある丸みのこと。

一般的に、古刀には平肉が多く、新刀には平肉が少ないと言われています。

刃肉
「刃肉」(はにく)は、刃先から鎬筋までの丸みのこと。

刃部には、焼き(やき:[焼き入れ]の作業、または焼き入れ後のこと)が入れられるため、平肉と比較すると硬いのが特徴。

そのため、研磨されても平肉より磨り減らないと言われています。

強靭さを求めて肉置を厚くする

実戦において重要なのは「折れにくい」こと

創作作品などでは、日本刀が主要武器として描かれることが多いですが、戦場で主に使用されていたのは槍や弓矢などでした。

戦場において日本刀が使われる場面というのは、矢が尽きたり、槍が折れたりしたときです。そして、日本刀による斬り合いで最も恐ろしいのは、刀身が折れてしまうこと。

そのために武士は、「切れ味」よりも「頑丈さ」を求めて鎬を高くしたり、肉置を豊かにしたりすることで自分の身を守りました。

肉置が豊かな名刀①

「太刀/銘 備前国包平作」(名物 大包平)は、「天下五剣」のひとつ「童子切安綱」と並び称される国宝の名刀。

織田信長」の重臣である「池田恒興」の子「池田輝政」の愛刀として知られており、池田輝政から「一国に替えがたい名刀」と讃えられた太刀です。

作刀者は、平安時代末期に備前国(現在の岡山県南東部)で活動した刀工「包平」。

長さ89.2cm、反り3.4cmと長大な大太刀で、肉置が豊かに付いているのが特徴です。

太刀 銘 備前国包平作

  • 刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣をご紹介!

肉置が豊かな名刀②

「太刀/銘 ソハヤノツルキ/ウツスナリ」は、「徳川家康」の愛刀として知られる太刀。

作刀者は、鎌倉時代に筑後国(現在の福岡県南西部)で活動した刀工「三池典太光世」と言われており、三池典太光世は天下五剣のひとつ「大典太光世」を制作したことで知られる名工です。

本刀は、佩表に「妙純傳持 ソハヤノツルキ」、佩裏に「ウツスナリ」という切付銘が入れられていることが名称の由来。制作年代を感じさせないほど、健全な肉置が付く1振となっています。

太刀/銘 ソハヤノツルキ/ウツスナリ

太刀/銘 ソハヤノツルキ/ウツスナリ

  • 史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣をご紹介!

  • 刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

切れ味を求めて肉置を薄くする

あえて肉置を薄くすることで切れ味を向上させた

南北朝時代に起きた「蒙古襲来」(元寇)。この出来事で、日本の武士は蒙古兵が身に付ける革製防具を切るための日本刀を開発しました。

鎬を削り、肉置を薄くすることで切れ味が増すように工夫したのです。

肉置が薄い名刀①

「刀/銘 長谷部国重本阿花押」(名物 へし切り長谷部)は、織田信長の愛刀として知られる名刀。無礼を働いた茶坊主を、膳棚ごと「へし切った」(押し切った)ことから「へし切り」の名が付けられました。

作刀者は、山城国(現在の京都府南半部)で活動した刀工「長谷部国重」。本刀は、身幅広く、重ね薄く、地鉄の出来が大変優れた傑作です。

へし切り長谷部
刀/金象嵌銘 長谷部国重本阿花押 黒田筑前守(名物 へし切り長谷部)
金象嵌銘
長谷部国重本阿
(花押)
/黒田筑前守
鑑定区分
国宝
刃長
64.8
所蔵・伝来

肉置薄い名刀②

「刀/無銘 志津」(名物 分部志津[わけべしづ])は、美濃国(現在の岐阜県南部)で活動した刀工「志津三郎兼氏」が作刀した打刀。徳川家康の愛刀の1振で、志津三郎兼氏の傑作としても知られています。

本刀は、切れ味を増すために身幅広く、反り浅く、平肉薄い、志津三郎兼氏の特徴がよく現れている作です。

刀/無銘 志津(名物分部志津[わけべしづ])

刀/無銘 志津(名物分部志津[わけべしづ])

「研ぎ」から観た肉置、「鍔」の肉置

肉置を付けるのは「研師」の役目

肉置は、日本刀を制作する工程で自然に発生する部位ではありません。

研師」(とぎし)と呼ばれる職人が、日本刀を研磨することではじめて形が作られます。

研師の役割は、研磨によって日本刀の切れ味や見た目の良さを最大限に引き出すこと。

研ぐ作業は、大きく分けて「下地研ぎ」と「仕上げ研ぎ」の2工程に分けられます。

下地研ぎ
下地研ぎは、20種類以上の砥石を使って全体の形を慎重に整えること。

はじめに目の粗い砥石を使って、少しずつ目の細かい砥石に切り替えていきます。「日本刀の美しさは、下地研ぎに掛かっている」と言われるほど重要な作業です。

仕上げ研ぎ
仕上げ研ぎは、刃文や地鉄を浮き立たせるために行なう研磨のこと。

砥石をそのまま使うのではなく、「内曇砥」(うちくもりと:粒子が最も細かい砥石)を細かく砕いてできた砂を和紙に貼り付けて、それを地鉄にこすることで(にえ)や(におい)と呼ばれる粒子を明確に引き立てます。

肉置は、下地研ぎの段階で形成する部位です。左右の形を均等に整える作業は大変難しく、わずかでも磨きすぎれば肉置は枯れてしまいます。

そのため、肉置を付ける作業は研師にとって腕の見せどころと言えるのです。

「鍔」における肉置

鍔の肉置

鍔の肉置

鍔(つば)は、美しい彫刻に注目が集まりやすいですが、優れた作品になると彫刻の優美さだけではなく、全体的に均整が取れた造形であることが分かります。

そして、その形の良さを引き立てるのが肉置です。鍔における肉置とは、(縁部分)や平(表裏の地肌)に付く厚みのこと。

鍔に付く肉置も、鍔師(つばし:鍔を作る職人)の腕前を示す部位であり、鍔を鑑賞する際の見どころとなっています。

鍔イラスト集鍔イラスト集
日本刀の刀装具のひとつであり、美術工芸品としての価値も高い「鍔」のイラストをご覧頂けます。

健全な肉置が付いた刀剣ワールド財団所蔵の名刀

刀/無銘 畠田真守

「刀/無銘 畠田真守」(はたけださねもり)は、西条藩(現在の愛媛県西条市)藩主「伊予西条松平家」に伝来した打刀。

制作したのは、備前国「畠田派」の刀工「畠田真守」。本刀は、華麗な作風が特徴の真守らしい作で、特に刃文が秀逸です。肉置豊かな造込みも見どころのひとつ。

刀 無銘 畠田真守
刀 無銘 畠田真守
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
73.6
所蔵・伝来
伊予西条松平家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀/無銘 伝ニ王

「刀/無銘 伝二王」は、周防国(現在の山口県東部)の刀工一派「二王派」が制作した打刀。「二王派」は、「二王三郎清綱」(におうさぶろうきよつな)を事実上の始祖とする刀工集団で、鎌倉時代中期から興り、江戸時代の新刀期まで活躍しました。

本刀は、鎌倉時代中期の「二王清綱」が鍛えた1振。制作年代を感じさせない豊かな平肉が付いた、極めて健全な作です。

刀 無銘 伝二王
刀 無銘 伝二王
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
75.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀/無銘 伝倫光

「刀/無銘 伝倫光」は、南北朝時代の名匠「倫光」(ともみつ)が制作した打刀。

本刀は、「紀州徳川家」にあった頃に、刀剣鑑定家「本阿弥家」(ほんあみけ)によって「金7枚」の折紙(鑑定書)を発行されました。

そのあと、「本多忠勝」の孫「本多弾正少弼」(ほんだだんじょうしょうひつ:[本多忠晴])の元へ渡った際に、「もっと価値があるはずだ」と改めて本阿弥家に鑑定依頼をした結果、「金15枚」の折紙が発行されたという逸話を持つ名刀です。

倫光が制作した刀剣の中でも、特に鍛えが優れていると言われており、健全な肉置が見どころのひとつとなっています。

刀  無銘  伝倫光
刀 無銘 伝倫光
無銘
鑑定区分
重要美術品
刃長
72.4
所蔵・伝来
本多弾正少弼
(本多忠晴)→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀/無銘 来国光(佐竹義宣佩刀)

「刀/無銘 来国光」(佐竹義宣佩刀)は、戦国時代に常陸国(現在の茨城県)を治めていた「佐竹氏」19代当主「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)の愛刀として知られる打刀。

制作者は、鎌倉時代末期に山城国で活躍した刀工「来国光」(らいくにみつ)。来国光は、刀工一派「来派」(らいは)を代表する刀工「来国俊」(らいくにとし)の子と言われており、太刀と短刀を多く制作しました。

本刀は、元幅が約3.3cmあり、たっぷりと平肉が付く「蛤刃」(はまぐりば)が見どころです。蛤刃とは、「蛤」(はまぐり)の形に似た肉置のこと。

肉厚にすることで頑丈さが増しているのが特徴で、太刀が主流だった時代、甲冑の硬さに負けて刃こぼれをしないように考案されました。

刀 無銘 来国光(佐竹義宣佩刀)
刀 無銘 来国光(佐竹義宣佩刀)
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
71.8
所蔵・伝来
佐竹義宣 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

肉置とは

肉置とはをSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが刀剣・日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、刀剣・日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる刀剣・日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
刀剣・日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
刀剣・日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀剣・日本刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「刀剣・日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、刀剣・日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。刀剣・日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、刀剣・日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。刀剣・日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀剣・日本刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀剣・日本刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが刀剣・日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)
玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史(玉鋼誕生物語)を動画にてご紹介します。

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。刀剣・日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀[刀剣]の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、刀剣・日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、刀剣・日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

注目ワード

注目ワード