日本刀を作る

棟区(むねまち)とは

文字サイズ

「棟区」(むねまち=峰区)は、刀身の棟(峰)側にある「区」(まち:刀身の刃側と棟側が「茎」[なかご]に向かってカギ形にくぼんでいる部分)のことで、区は「柄」(つか)に収まる茎と、「上身」(かみ:刀身の区から鋒/切先[きっさき]にかけての部分)の境界線になっています。
棟区は、日本刀の花形である刃側の「刃区」(はまち)に比べると、注目を集める部分ではあるとは言えません。しかし棟区は、この場所を観ることを通して、刀身が制作当時の姿をよく残しているか否かを推し量ることができる「知る人ぞ知る」鑑賞ポイントであると言えるのです。

棟区とは

棟区

棟区

棟区(むねまち)は、上身側において、棟からに向かう部分(棟側の下端部)のこと。鉤形(かぎがた)になっている棟区は、刃側にある刃区とともに、茎と上身を分ける境界線の役割を果たしています。

もっとも、博物館や美術館に展示してある場合、「」(はばき)を装着していることも多く、その下に隠れているため、棟区の鑑賞をすることができるとは限りません。

日本刀ごとに合わせて制作されている鎺は、刀身の一部と表現されることもありますが、鎺と刀身の接点は、棟区と刃区。区部分には鎺を安定させると言う役割もあるのです。

作刀過程において、棟区・刃区が形成されるのは、「素延べ」(すのべ)、「火造り」が行なわれ、大まかな日本刀の形ができあがったあとの仕上げの段階。「鏟」(せん)と「鑢」(やすり)を使って、すべての線の基準となる棟を立て(棟の線を決める)、そのあと棟区と刃区(の場所)を決め、「鎬地」(しのぎじ)のムラを取っていくのです。

つまり、は、茎と上身の境界線であるとともに、日本刀の姿を最終的に決定しているとも言えます。一般的に、区のある部分は、刀身において身幅が広い箇所ですが、そこから2寸(約6cm)の間で刃部、棟部がともに末広がりのような形状となっていく様子を、人間が両足で踏ん張っている様子になぞって、「踏張り」があると表現されてきました。

区部分(刃区、棟区)から出発して、上身の先端に行くにしたがって身幅が狭くなっていく様子との対比は、日本刀の姿を鑑定するためのひとつの要素でもあるのです。

すなわち、棟区・刃区の区部分には、姿の美しさを演出すると言う効果もあると言えます。

健全性の判断基準

日本刀は、対象物を切断する武器であることから、刃が「主役」であり、鑑賞する際にも、どうしても刃文などの刃側に目がいきがちです。

そのため、区が注目されることがあっても、クローズアップされるのは、棟区ではなく刃区。「刃区が深いのはその日本刀が健全である証拠である」というような言われ方がよくなされるのも、そのためです。

ここで言う「健全」とは、作刀当時の姿がよく残っていると言う意味。すなわち、刃区が深ければ、その日本刀は研磨などによる磨耗が少なく、制作当時の姿をよく残していると言えるのです。

日本刀に限らず、刃物を使用する際、刃側については、刃こぼれの修復や、切れ味の保全など、必然的に研ぐことも多くなり、刀身が磨り減ってしまうリスクがついて回ります。

そのため、区の深さ(幅)の広狭を見極めることで、当該刀身の健全性(=磨り減りの少なさ)を判断することになるのです。このような判断を行なうにあたって、区の深さの基準となり得るのが棟区。刃区と棟区の深さが同じであることが一般的であるためです。

切断で使用する刃側とは反対側にあり、かつ上身の根元にある棟区は、刀身(上身)において、最も形状が変化しにくい場所。そのため、棟区を基準にして刃区を見比べることで、刀身の変化を推し測ることが可能になるのです。

他にも、棟区が制作当時の姿を残しているとする根拠があります。日本刀が実戦で使用されていた時代には、棟で相手の攻撃を受け止めて棟が損傷することもありましたが、刃とは違い、補修されるのではなく、そのままの状態にされていることが一般的だったのです。

棟に傷のある日本刀については、修羅場をくぐり抜けてきたことの証であるとされており、当時はむしろ好ましいことであると考えられていました。

そのため、刀身の棟側に付いた傷については、研磨などによる修復作業が行なわれることは稀であり、刃区と比べて棟区の形状が変化するリスクは、小さかったと言えるのです。

刃区と棟区の位置関係

刃区と棟区の位置関係

また、日本刀においては、刃区と棟区は、ほぼ一直線上にあることが一般的(右イラスト参照)。

そのため、例えば刃区が棟区よりも鋒/切先方向にある場合には、刃区が損傷したか、研磨によって磨り減ってしまったことで、区送り(まちおくり:区の位置を鋒/切先方向にずらす作業)が行なわれた可能性が高いと考えられるのです。

このように、棟区を基準にして刀身を観ることで、目の前にある日本刀がどの程度、制作当時の姿を残しているかについての判断が可能であると言えます。

棟区縮小の原因をつくる「鞘当たり」

棟区は、刃区に比べて磨り減ったり、変形したりするリスクが低いことは前述した通り。

しかし、磨り減ったり変形したりしてしまうリスクを一気に増大させているのが、錆(さび)の発生です。日本刀を武器(道具)として使用することが皆無となった現代においては、刀身を「白鞘」(しらさや:白木で作った塗りのない鞘)に収めて保管することが多くなります。

その際、の内部と刀身を接触させたまま長期間放置すると、白鞘の内部にあるホコリなどが原因となって、刀身に錆が発生してしまうことがあるのです。

刀身の刃部については、切断すると言う実用面と、刃文などを鑑賞すると言う美術品の両面において、日本刀の最重要部分。そのため、保管するに当たっては、鞘に収める際にも、内部と刃部が接触することのないように、細心の注意が払われています。

しかし、それ以外の場所については、刃部ほど神経を使って扱われていません。そのため、刃部以外の場所が鞘に接している「鞘当たり」の状態で、日本刀を長期間放置してしまうこともあります。その結果、棟など、刃部以外の場所に錆が発生することは珍しくありません。こうして発生した錆を取り除くべく刀身を研磨した結果、棟区の幅が小さくなってしまう事態が生じてしまうのです。

刀身の断面図

刀身の断面図

棟側を研ぐ場合には、刃側を研ぐ以上に研師に技量が要求されます。なぜなら、刃側は「」(しのぎ)から直線的に刃に向かっていくのに対し、棟側は、鎬→鎬地(しのぎじ)→棟と角度を変えながら「庵」(いおり)へと達しており、立体的に研がなければ鎬筋に歪みが生じてしまうのです。

棟側は刃側よりも形状が複雑であるため、研磨も一筋縄ではいきません。

そのため、錆が広範囲に発生している場合には、錆の周辺から立体的に研いで整形していく必要があり、その結果として、より広範囲に亘って研磨することになる結果、棟区が浅くなる危険性が大きいのです。

日本刀を武器として使用しなくなった現代において、刀身に錆を発生させないための最も効果的な方法は、こまめな手入れ。

これに尽きます。このとき最も注意すべきなのが、鞘の中の汚れです。鞘の中が汚れていたのでは、いくらこまめに手入れをしても、汚れの中にたまっているホコリや、残っていた錆などが原因となって、すぐに新しい錆が発生してしまいます。

こうした場合、の鞘であれば新しく作り変える必要がありますが、白鞘の場合には、鞘を1度割って、内部を掃除したあとに、再び接着する方法によって対処するのです。

棟区から歴史をたどる

現代に伝わる日本刀が、制作当初の姿そのままであると言うことはありません。

なぜなら、刀身は研磨を重ねるほど確実に擦り減っていくのであり、研磨を行なった結果、刀身が「増える」と言うことは物理的にあり得ないからです。

前述のように、日本刀を鑑賞するにあたって、「日陰の存在」であるとも言える棟区は、注目されることがほとんどないのが実情。そうしたなかで、健全性を判断する基準となる棟区に注目して、目の前にある日本刀がたどってきた歴史に思いを馳せることも、日本刀鑑賞におけるひとつの楽しみ方であると言えます。

棟区(むねまち)とは

棟区(むねまち)とはをSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが刀剣・日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、刀剣・日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる刀剣・日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
刀剣・日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
刀剣・日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀剣・日本刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「刀剣・日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、刀剣・日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。刀剣・日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、刀剣・日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。刀剣・日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀剣・日本刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀剣・日本刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが刀剣・日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)
玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史(玉鋼誕生物語)を動画にてご紹介します。

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。刀剣・日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀[刀剣]の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、刀剣・日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、刀剣・日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

注目ワード

注目ワード