日本刀を作る

人間国宝(重要無形文化財保持者)

文字サイズ

1945年(昭和20年)、日本は連合国に無条件降伏し、太平洋戦争が終結しました。戦後日本に進駐したアメリカ軍は、それまでの国家最高元首としての天皇のあり方を否定し、国と国民統合の象徴という民主主義下での新しい概念を導入しました。
それに伴い、それまで天皇の勅任という形を採り、皇室・皇族の御用を中心として制作を行なっていた「帝室技芸員制度」は廃止されます。そして、あらためて創り出されたのが、一般に「人間国宝」と呼ばれている、「重要無形文化財制度」です。ここでは、この「人間国宝」について解説します。

人間国宝とは何か

重要無形文化財・雅楽

重要無形文化財・雅楽

重要無形文化財は、読んで字の通り、形はないけれども重要な文化財、という意味です。

それはいったい何なのでしょうか?歴史的価値の高い建物や、美しい芸術作品、それに見事な出来の名刀などは形のある文化財、つまり有形文化財です。

これに対して、人形浄瑠璃や文楽、能楽といった演劇の名優・名演者、箏曲・長唄三味線など音楽の名演奏者、それに工芸品を作る達人、言うまでもなく名刀を鍛え上げる刀匠など、形にできるものではないけれども日本の伝統的な文化を継承していくうえで欠くことができない技能こそが「無形文化財」なのです。

そして、その卓越した技能を持つ人(保持者)を顕彰・保護し、その技能を継承していくための手段として重要無形文化財としての技能を指定し、それを持つ人物を重要無形文化財保持者に認定するという制度が、1950年(昭和25年)成立の「文化財保護法」のなかで定められました。

次に、その主な内容を挙げます。

「第六十七条 無形文化財のうち特に価値の高いもので国が保護しなければ衰亡するおそれのあるものについては、委員会は、その保存に当ることを適当と認める者に対し、補助金を交付し、または資材のあっせんその他適当な助成の措置を講じなければならない。」

この法律が成立し施行されたあと、1954年(昭和29年)には第一次改正が行なわれて重要無形文化財の指定、及び保持者の認定制度が同法に規定されました。

同時に具体的な認定の条件を定めた「重要無形文化財の指定並びに保持者及び保持団体の認定の基準」も設けられ、改正前の第六十七条「衰亡するおそれ」のある技能という前提があったものが撤廃され、それまでの重要無形文化財保持者認定はいったん白紙に戻し、あらためて再認定することとなります。

次にその基準のうち、作刀に関する内容を挙げておきましょう。

第一 重要無形文化財の指定基準
〔工芸技術関係〕
陶芸、染織、漆芸、金工その他の工芸技術のうち次の各号の一に該当するもの
(一) 芸術上特に価値の高いもの
(二) 工芸史上特に重要な地位を占めるもの
(三) 芸術上価値が高く、または工芸史上重要な地位を占め、かつ、地方的特色が顕著なもの

第二 重要無形文化財の保持者または保持団体の認定基準
〔工芸技術関係〕
保持者
一 重要無形文化財に指定される工芸技術(以下単に「工芸技術」という。)を高度に体得している者
二 工芸技術を正しく体得し、かつ、これに精通している者
三 二人以上の者が共通の特色を有する工芸技術を高度に体得している場合において、これらの者が構成している団体の構成員
保持団体
工芸技術の性格上個人的特色が薄く、かつ、当該工芸技術を保持する者が多数いる場合において、これらの者が主たる構成員となっている団体

これによって1955年(昭和30年)に最初の重要無形文化財の指定とその保持者の認定が行なわれます。

審議・議決は文化審議会文化財分科会が行ない、文部科学大臣が指定・認定を決裁する形で、認定された保持者には年200万円の補助金が交付される他、団体に対しては経費の助成が行なわれるようになりました。

戦後の伝統技能保護制度はこうして完成し、保持者は一般的に「人間国宝」と呼ばれるようになっていったのです。

人間国宝に認定された刀匠

重要無形文化財保持者、すなわち「人間国宝」に認定された日本刀関係者をご紹介しましょう。まずは刀工です。

月山貞一(がっさんさだかず)
月山貞一

月山貞一

「帝室技芸員」の章で登場した「月山貞一」(がっさんさだかず)は、戦前を代表する名刀工でした。

彼の子「月山貞勝」(さだかつ)、孫の二代・月山貞一(さだかず)と大阪の月山派はその後も名匠の系譜が続き、ここでご紹介する二代・月山貞一は1971年(昭和46年)に重要無形文化財保持者に認定されています。それでは、その経歴を見てみましょう。

二代・月山貞一は、1907年(明治40年)大阪市東区(現在の大阪市中央区)鎗屋町で生まれました。本名は「月山昇」(がっさんのぼる)です。

父・月山貞勝から刀工としての技術を学び、父と共に「伊勢神宮」の式年遷宮宝刀や「昭和天皇」の日本刀も鍛え上げ、戦後は日本刀の冬の時代を乗りきり、1967年(昭和42年)現代刀の新作名刀展で日本最高の栄誉とされる正宗賞を受賞するなど活躍して、1971年(昭和46年)に重要無形文化財保持者に認定されています。

月山派にとどまらず五箇伝、大阪新刀と幅広い作風を修得し使いこなした二代・月山貞一は、海外にもその名を広め、1995年(平成7年)87歳で世を去りました。

短刀 銘 太阿月山源貞一作(花押)昭和五十一年十二月日
短刀 銘 太阿月山源貞一作(花押)昭和五十一年十二月日
太阿月山源
貞一作(花押)
昭和五十一年
十二月日(棟に)
畑喜与一所持
鑑定区分
保存刀剣
刃長
28.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
高橋貞次(たかはしさだつぐ)
高橋貞次」は1902年(明治35年)、愛媛県新居郡大町村(現在の西条市大町)で生まれました。1917年(大正6年)、大阪に出て「月山貞一」の門をたたき、月山貞一の子・貞勝から直接作刀を学ぶと、1919年(大正8年)東京の中央刀剣会の養成工時代を経て1923年(大正12年)故郷に戻って独立します。

1936年(昭和11年)松山で鍛錬場を開き、戦後は皇室などのために日本刀を鍛え、特に1951年(昭和26年)には「伊勢神宮」の式年遷宮の宝刀を鍛造しています。1955年(昭和30年)、刀工として初めて重要無形文化財保持者の認定を受け、1968年(昭和43年)66歳で死去しました。

備前伝の丁字刃文の作風が特徴で、また刀身彫刻にもすぐれた技術を発揮した名刀匠です。

脇差 銘 龍泉入道貞次(花押)
脇差 銘 龍泉入道貞次(花押)
彫同作
龍泉入道貞次
(花押)水口義誉還暦之秋
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
40.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
隅谷正峯(すみたにまさみね)
本名は「隅谷與一郎」(すみたによいちろう)。1921年(大正10年)、石川県出身です。1941年(昭和16年)に立命館大学を卒業するとすぐ「桜井正幸」(さくらいまさゆき)に師事し(桜井正幸は立命館大学で刀剣鍛錬所を運営していました)、備前伝の鍛刀に励み、映(うつり)を追求しました。

映というのは、刀身の地肌の中に刃文の乱れに添って、その影のように息を吹きかけて曇ったような白い霞(かすみ)模様が浮かびあがって見えることで、その特徴を持つ代表が備前刀でした。

隅谷正峯は、「隅谷丁子」(すみたにちょうじ)と呼ばれる美しい丁字の刃文も生み、1981年(昭和56年)重要無形文化財保持者の認定を受けます。女性皇族の守り刀も手がけ、日本美術刀剣保存協会長賞の受賞歴もあります。1998年(平成10年)死去、享年77歳。

刀 銘 傘笠正峯作之
刀 銘 傘笠正峯作之
傘笠正峯作之
乙丑年八月日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
74.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
天田昭次(あまたあきつぐ)
天田昭次

天田昭次

天田昭次」は1927年(昭和2年)、新潟県新発田市に生まれました。本名は「天田誠一」(あまたせいいち)と言います。

1940年(昭和15年)、東京市赤坂区氷川下の日本刀鍛錬伝習所に入り、終戦まで日本刀の鍛造を学びます。

この伝習所は衆議院議員の「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)が自邸(「勝海舟」の屋敷跡)の中に開いた物で、栗原彦三郎自身も「栗原昭秀」(くりはらあきひで)の名乗りを持つ刀工でした。

相州伝の作刀を中心に、鍛造用の鉄から自家製で用意するというこだわりぶりで、正宗賞を3回にわたって受けるという偉業を果たし、その間に全日本刀匠会理事長に就任したあと、1997年(平成9年)、重要無形文化財保持者に認定されました。

「伊勢神宮」の式年遷宮に奉納される宝刀の鍛造を3度担当し、2013年(平成25年)、85歳で世を去っています。出身地の新発田市には、「刀剣伝承館 天田昭次記念館」が建てられ、その作品を観ることができます。

刀 銘 天田昭次作
刀 銘 天田昭次作
天田昭次作
昭和五十六年
初冬日
鑑定区分
未鑑定
刃長
75.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
宮入行平(みやいりゆきひら)
「宮入行平」は1913年(大正2年)、長野県埴科郡坂城町に生まれました。本名は「宮入堅一」(みやいりけんいち)と言います。

祖父・父と2代続いた鍛冶屋の生まれで、刀工となるため高等小学校(現在の中学校)を卒業すると1937年(昭和12年)上京し、「栗原彦三郎(昭秀)」の日本刀鍛錬所に入り、師範の笠間一貫斎繁継に師事するとたちまち頭角を現しました。

1940年(昭和15年)日本刀匠協会の展示会で文部大臣(現在の文部科学大臣)賞を受け、「宮入昭平」(あきひら)と名乗ります。

戦時中は、「伊勢神宮」の式年遷宮の宝刀を鍛え、戦後の1955年(昭和30年)から日本美術刀剣保存協会の美術審査会特賞を5回連続で受けました。1963年(昭和38年)、重要無形文化財保持者の認定を受け、1977年(昭和52年)64歳で世を去っています。

大刀 銘 宮入昭平
大刀 銘 宮入昭平
宮入昭平
伊勢神宮御神宝控打之
鑑定区分
保存刀剣
刃長
78.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
大隅俊平(おおすみとしひら)
大隅俊平」は1932年(昭和7年)、群馬県新田郡野村富沢(現在の太田市富沢町)に生まれました。本名は「大隅貞男」(おおすみさだお)です。

1952年(昭和27年)、大隅俊平は20歳で西へ150km離れた、長野県埴科郡坂城町の「宮入行平(当時は昭平)」のもとに赴いて入門し、刀工としてのスタートを切り、1960年(昭和35年)富沢に戻り、独立。1974年(昭和49年)、新作名刀展で正宗賞を受賞。その後も2度正宗賞に輝いています。

皇族の「高松宮」(たかまつのみや)様の御守刀や「伊勢神宮」の宝鉾などを鍛え上げ、1997年(平成9年)重要無形文化財保持者の認定を受けました。

その作風は、鎌倉時代後期の山城伝・来派(らいは)や、同じく鎌倉時代後期の備中伝・青江派(あおえは)を追求するもので、直刃を特徴としました。

2009年(平成21年)、77歳没。太田市由良町にはその作品を展示する「大隅俊平美術館」があります。

短刀 銘 大隅俊平謹作
短刀 銘 大隅俊平謹作
大隅俊平謹作
平成十三年八月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
25.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

人間国宝に認定された研師

研師

研師

彼ら「人間国宝」の刀匠は、戦前からの第一人者・初代「月山貞一」が新々刀の名工として活躍するなど、新しい時代の日本刀を作ろうと励んだのとは路線を異にして、古刀の名物を理想とし、それに追いつくことを目標として研鑽を続けたのです。

また作刀では最終工程となる研ぎも、一流の技術とすぐれた道具を必要とする立派な技能。

重要無形文化財では日本刀の研磨もその対象とされ、室町時代から日本刀の研ぎを伝承し続けてきた本阿弥家の養子に入った「本阿彌日洲」(ほんあみにっしゅう:1975年[昭和50年]認定)と、その子「本阿弥光洲」(ほんあみこうしゅう:2014年[平成26年]認定)、四天王寺蔵の「丙子椒林剣」「七星剣」の研磨を行なった「小野光敬」(おのこうけい:1975年[昭和50年]認定)、「来国光」(らいくにみつ)などの研磨を行なった「藤代松雄」(ふじしろまつお:1996年[平成8年]認定)、「山伏国広」(やまぶしくにひろ)などの研磨を行なった「永山光幹」(ながやまこうかん:1998年[平成10年]認定)の5名が「人間国宝」として多くの古刀・新刀を研ぎ上げ、後身の育成にも力を注ぎました。

  • 現代刀の名工・名匠
    現代の日本刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。
  • 「帝室技芸員・人間国宝・無鑑査刀匠」一覧をご覧いただけます。

人間国宝(重要無形文化財保持者)

人間国宝(重要無形文化財保持者)をSNSでシェアする

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)
玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史(玉鋼誕生物語)を動画にてご紹介します。

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

注目ワード

注目ワード