日本刀を作る

帝室技芸員

文字サイズ

「帝室技芸員」(ていしつぎげいいん)とは、明治時代に日本美術・工芸の保護を奨励する目的で定められた美術家であり、明治時代に日本が欧米化していく中で、日本の文化を現代に継承するために大きな役割を果たしました。ここでは帝室技芸員とは何か、そして刀工の帝室技芸員にどんな人物がいたのかについて解説します。

日本刀の危機

廃刀令

廃刀令

明治時代に入ると、「西洋文化に追いつき追い越せ」のスローガンの下「欧化主義」、「文明開化」の嵐が吹き荒れ、日本古来の文化は否定され、ないがしろにされていきました。

1868年(慶応4年)の「神仏分離令」、1870年(明治3年)の「大教宣布詔」(たいきょうせんぷのみことのり:天皇を神とし、神道を国教とする)の影響によって廃仏毀釈運動が起こり、全国のお寺が破壊されたり、仏像が廃棄されたりするなどして、貴重な文化財が失われました。

さらに1871年(明治4年)には「散髪脱刀令」(断髪令)でちょんまげをやめて自由な髪型にしても良い、華族(元の公家・大名)や士族(元の武士階級)がふだん日本刀を差すことをやめても良い、と「武士の命」である日本刀を否定する動きが始まります。

そしてついに、1876年(明治9年)の「廃刀令」によって政府要人の大礼服や軍人・警官の装備として以外の帯刀が禁止されました。

士族にとって、帯刀を禁じられるということは、見た目で平民(江戸時代の農民・職人・商人が、明治になるとひとまとめにしてこう呼ばれました)と区別がつかなくなります。武士の誇りをひきずる士族は、それが我慢できなかったのです。

そのため廃刀令は士族達の大反発を招き、神風連の乱・秋月の乱、そして西南戦争と、一連の士族による反乱の原因のひとつにもなりました。

しかし、これらの反乱が鎮圧されると、完全に武士の時代は終わり、一般の日本刀に対する需要もなくなっていきます。日本刀と刀工は、まさに冬の時代を迎えたのです。

皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

帝室技芸員とは

帝室技芸員の作品

帝室技芸員の作品

1890年(明治23年)10月、帝国博物館総長が招集した有識者(宮内大臣によって指名された推薦委員)会議で、最初の帝室技芸員10名が任命されました。

その内訳は、日本画家の「狩野永悳」(かのうえいとく)、仏師・彫刻家の「高村光雲」(たかむらこううん)、他に漆工・彫金と、日本の伝統美術や工芸の第一人者達です。

明治維新以降、軽んじられ忘れ去られていた日本の伝統美術・工芸は、1878年(明治11年)に来日したアメリカの哲学・政治学・経済学者の「フェノロサ」によって再注目されます。

彼は「狩野永悳」の弟子になるなど熱心に活動し、弟子の「岡倉天心」(おかくらてんしん)と共に、1887年(明治20年)東京美術学校を設立して低迷する伝統的日本美術の精神と手法を次代に伝える運動を軌道に乗せました。

ところが、「フェノロサ」は日本画と西洋画の融合による新たな芸術をこころざして1884年(明治17年)にそれまで関与していた「龍池会」と呼ばれる伝統美術の保護・保存・振興を目指す団体から離脱していたため、「龍池会」のメンバーは危機感を抱きます。

これを「旧派」と呼び、「フェノロサ」が立ち上げた「鑑画会」を「新派」と呼ぶのですが、「新派」が文部省の管轄で東京美術学校を発足させたのに対抗し、「旧派」は宮内省の協力のもと「日本美術協会」を立ち上げます。そして、1888年(明治21年)「宮内省工芸員」17名を選定しました。これが帝室技芸員の前身と言われています。

さらに2年後、帝室技芸員制度が開始されたのです。20名(のち25名に拡大)の技芸員の内に選出されれば、終生100円の年金が支給され、皇室から制作依頼を行なう際には制作費も支払われたので、それまで貧窮し不振におちいっていた芸術家にとっては救いにもなりました。

帝室技芸員は、勅任官(天皇の直裁をあおいで任命され、「閣下」と呼ばれます)の待遇であり、選出された優秀な美術工芸家たちは明治国家と天皇の権威によって顕彰され、その面でも伝統美術・工芸の保護復興に寄与します。

また、当時のヨーロッパでは1867年(慶応3年)のパリ万国博覧会に当時の江戸幕府、薩摩藩佐賀藩が出品したことをきっかけとして「ジャポニスム」と呼ばれる日本の美術・工芸ブームが起こっていました。

ゴッホやモネらが影響を受けたことでも知られる、芸術改革運動のきっかけです。帝室技芸員制度は、この機に便乗して美術・工芸品を外国へ輸出し、少しでも貿易赤字を解消しようという政府のもくろみもあったのです。

この制度は太平洋戦争で日本が敗れたあと、1947年(昭和22年)に廃止されましたが、その間、13回にわたって計79名の技芸員が選定され、現在では文化勲章授与、重要無形文化財(人間国宝)認定、日本芸術院会員制などに顕彰と奨励の精神が受け継がれています。

帝室技芸員の名工たち

帝室技芸員に日本刀の名工が任命されたのは1906年(明治39年)4月4日。制度が発足して16年後のことです。指名されたのは、次の2名でした。

宮本包則(みやもとかねのり)
宮本包則」(本名「宮本志賀彦」)は1830年(天保1年)8月、伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県中西部)大柿にあった醸造業の家の次男として生まれました。

伯耆国は、古刀時代の名工・安綱を生んだ土地で、それに憧れた宮本包則は古刀の聖地・備前国長船に赴きます。伊勢守祐平の子で、備前新々刀の名工「横山祐永」(よこやますけなが)に師事しようとしましたが断られ、同じ長船の祐永の兄の養子あるいは弟子の「横山祐包」(よこやますけかね)に入門します。「包則」と言う名は、この横山祐包から一字を拝領したものです。

横山祐包の下で修行を積んだあと1857年(安政4年)に伯耆へ戻った宮本包則は、鳥取藩の家老で大柿のある倉吉を領する荒尾家に召し抱えられ、その後は京で作刀に励みました。

勤王の志士たちの日本刀を数多く手がけたことで彼は、のちに旧幕勢力を討つ東征大総督、元老院議長などを歴任する「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)にその才能を認められ、1866年(慶応2年)に「孝明天皇」(こうめいてんのう)の日本刀の鍛造にたずさわり、その功で翌年「能登守」の受領名を賜ります。

1868年(慶応4年)に始まった戊辰戦争では、熾仁親王や鳥取藩士の日本刀需要に応えるため、東征軍に参加しました。

「明治天皇」の太刀・短刀も鍛造した宮本包則でしたが、1876年(明治9年)の廃刀令以降は日本刀の注文が激減してしまい、一般庶民相手の鍛冶仕事でやっとその日を過ごすようなありさまとなります。

その窮地を抜け出すきっかけとなったのは、1886年(明治19年)に3年後の伊勢神宮式年遷宮で奉納する宝刀などの大量注文でした。上京し靖国神社の境内で槌をふることになった宮本包則は、この期待に見事こたえます。

これによって「明治天皇」からもその技量を高く評価され、1906年(明治39年)帝室技芸員に任命されるに至ったのです。

1915年(大正4年)、「大正天皇」の大元帥刀も鍛え上げるなど、皇室・皇族関係の作刀に多く携わった宮本包則は、1926年(大正15年)97歳という長寿をまっとうして他界。

宮本包則は、「五箇伝」のうち特に備前伝を取り入れた作刀を得意とし、相州伝や山城伝にも通じていました。

備前伝は匂出来(刀身の地の粒子が見えないもの)で高い腰反りの優美さを特徴としていますが、宮本包則の作刀は質素なものが主ですが奇をてらわない品格の高さを備えています。

その正統な日本刀の美しさや迫力が、愛刀家から高い評価を受けました。

脇差 銘 宮本包則
脇差 銘 宮本包則
帝室技芸員
宮本包則
九十才作
大正八年
二月十日
鑑定区分
未鑑定
刃長
41.7
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
月山貞一(がっさんさだかず)
「月山貞一」は1836年(天保7年)、近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)犬上郡で生まれました。

本名は「塚本弥五郎」(つかもとやごろう)と言います。彼は7歳のときに大阪の刀匠「月山貞吉」(がっさんさだよし)の養子となるのですが、この月山貞吉は出羽国の月山(がっさん:現在の山形県鶴岡市他)のふもとの寒河江(さがえ)で平安時代から続いた月山一族の末裔で、途絶えていた月山派の日本刀を復興した名工で、まず江戸に出て「水心子正秀」(すいしんしまさひで)に師事し、その後大阪に移って刀造りに励んでいたのです。

月山貞吉から作刀の技術を学んだ月山貞一は、早くからその才能を発揮し、諸藩の依頼で作刀に励みます。明治維新後も1869年(明治2年)に35歳の若さで明治天皇の御剣を鍛える一世一代の大仕事を成し遂げるなど、その力量は他を圧するものとなっていました。

1876年(明治9年)の廃刀令以降も逆境にめげず技術を磨いて作刀に励んだ月山貞一は、1885年(明治18年)その日本刀の刃の冴えに感心した明治天皇が買い上げたことでいっそう高い評価を得ました。

ついに1906年(明治39年)、帝室技芸員の任命を受けて宮内省の御用刀匠にもなり、皇室・皇族から著名人の日本刀、陸軍大学校を卒業するときの成績優秀者に贈る恩賜の軍刀などの日本刀を多く手がけることとなったのです。

その作刀作業は物に憑かれたかのような異様な集中力で行なわれ、日本刀を抱いて寝、起きるとまた鍛えるということもあったそうです。1918年(大正7年)、83歳で死去。

月山貞一は、月山派の綾杉肌(柾目の一種で、大きく波打っているもの)を得意としましたが、彼もまた五箇伝に通じ、様々な技法を駆使して変化に富んだ日本刀を世に出しました。特に優雅な刃文や精緻な彫刻で人気を集め、美術的な価値では宮本包則をしのぎます。

刀 銘 帝室技芸員月山貞一作(花押) (菊水紋)大正三年八月
刀 銘 帝室技芸員月山貞一作(花押) (菊水紋)大正三年八月
帝室技芸員
月山貞一作
(花押)(菊水紋)
大正三年八月
鑑定区分
保存刀剣
刃長
68
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
  • 現代刀の名工・名匠
    日本刀の歴史に名を残す、数々の現代刀の名工・名匠をご紹介します。
  • 日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

帝室技芸員

帝室技芸員をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが刀剣・日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、刀剣・日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる刀剣・日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
刀剣・日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
刀剣・日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀剣・日本刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「刀剣・日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、刀剣・日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。刀剣・日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、刀剣・日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。刀剣・日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀剣・日本刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀剣・日本刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが刀剣・日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)
玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史(玉鋼誕生物語)を動画にてご紹介します。

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。刀剣・日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀[刀剣]の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、刀剣・日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、刀剣・日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

注目ワード

注目ワード