日本刀の歴史
末古刀
日本刀の歴史
末古刀

文字サイズ

「末古刀」(すえことう)とは、室町時代末期から安土桃山時代にかけて制作された日本刀(刀剣)の総称です。文字通り「古刀」(ことう)の末期という意味であり、当時は戦乱が多く、かつ最も激しかった時代でもあります。そのような乱世に作られた末古刀は、どんな特徴を備えていたのでしょうか。ここでは、この末古刀の特徴をご紹介します。

現存する末古刀は玉石混淆

玉石混淆

玉石混淆

一部の意見ではありますが、「末古刀」と言えば、鎌倉時代に作られた古刀に比べると、いささか劣ると見る向きがあるそうです。もちろん、これは事実ではありませんが、そう思われてしまうのには理由があります。

鎌倉時代以前の古い時代に作られた日本刀(刀剣)は、およそ800年にもなる長い年月を経ている訳ですから、その間に選別され、優れた作品しか残っていません。また、粗悪な作品は鍛えも良くないので、長持ちせず、残ることができませんでした。

しかし、末古刀は作られてからまだ400年ほど。しかも、当時は各地で戦乱が起き、日本刀(刀剣)に対する需要も高まっていました。大量に生産されたがゆえに現存する作品も多く、名品と粗悪品が混在する、いわば玉石混淆(ぎょくせきこんこう)の状態となっているのです。

この、残ってしまった一部の粗悪品が、偏見を生む原因になったと言えます。

名品と粗悪品の見分け方

昔から、「」(なかご)の下手な物に名品はないとされています。茎の肉置きが薄く、「目釘穴」(めくぎあな)の大きさや開け方が雑に見えれば、おおむね不可。そういった茎は、素手で握ってみると痛みを感じると言われています。これらは、戦地へ赴く大勢の雑兵(ぞうひょう)に支給するための安価な大量生産品で、どこかで手抜きがなされていた訳です。

また、良し悪しは、刃文の「匂口」(においぐち:刃文と地との境界)でも観ることができます。匂口に崩れや、むらのある作品は良くありません。

末古刀の代表格 末備前

末古刀の代表格は、「末備前」(すえびぜん)だと伝えられています。1504年(永正元年)頃から1592年(文禄元年)の前までに、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県東部)で作られた日本刀(刀剣)のことです。

戦国時代に増大した、武器としての日本刀(刀剣)の需要に応えたため、備前刀のなかでも、質、量共に最大の制作期間となりました。とりわけ、注文打ちの日本刀(刀剣)には、地鉄の鍛錬(たんれん)が優れた作品が数多く残っています。

そんな末備前を代表する刀工が、「与三左衛門尉祐定」(よそざえもんのじょうすけさだ)と「五郎左衛門尉清光」(ごろうざえもんのじょうきよみつ)という双璧です。

他にも名工は大勢いますが、特に技術力の高さを称えて、この両名がトップとして挙げられます。

与三左衛門尉祐定

「祐定」の銘を残した刀工は数十人も存在し、これは当時のブランド名でした。

そのなかでも与三左衛門尉祐定は、群を抜いて最高であったと伝えられる刀工です。切られた銘の「備前長船」(びぜんおさふね)と祐定の間に「与三左衛門尉」と俗名が入る作品は価値が高い日本刀(刀剣)。

祐定は、「乱刃」(みだれは:真っ直ぐではない刃文)を得意としていました。一見、「直刃」(すぐは)のように見える日本刀(刀剣)でも、多くは乱れ調子が出ています。刃文は盛んに「」が入り、木の葉を散らしたような「」(よう)も働き、直刃に「丁子乱れ」を加えたようにも見え、たいへん華やかです。「鎬筋」(しのぎすじ)が高く、身幅の広い造込みは、末備前らしい作品と言えます。

備前長船与三左衛門尉祐定

備前長船与三左衛門尉祐定

五郎左衛門尉清光

毛利元就

毛利元就

「清光」の日本刀(刀剣)は、歴史に名を残す武将や偉人にも選ばれてきました。

例えば、「毛利元就」(もうりもとなり)は「厳島の合戦」に際し、清光に陣太刀(じんたち:太刀拵の様式のひとつ)を1振打たせたとのこと。名刀のおかげか、元就は大勝利を納めました。

また、明治維新に活躍した「桂小五郎」(かつらこごろう)の愛刀も五郎左衛門尉清光。小五郎は国事に奔走し、維新の大業達成のために尽くす間、清光を片時も離すことはなかったそうです。

清光の作品のなかには、「青江派」(あおえは:平安時代末期から、鎌倉・南北朝時代に備中国で栄えた刀工一派)の古作を観るかのような「」(にえ)や「」(におい)が表れた物があります。姿は、鎬が厚く、身幅は広め、「地鉄」も良く鍛錬されて美しく、全体が上品です。名立たる武将に好まれたのも頷けます。

当時、人気を博していた祐定、清光の両名工は注文打ちが多く、作風も多彩であったということです。

末古刀のもうひとつの雄「関」

備前と並ぶ、末古刀の代表的産地が関(せき:現在の岐阜県関市)。鎌倉時代、刀祖「元重」(もとしげ)が関の地に移り住み、刀鍛冶を始めたのが起源だと言われています。長良川(ながらがわ)と津保川(つぼがわ)の良質な水に恵まれたこの地には、多くの刀工達が集まり、室町時代には刀工が300人を超えていたそうです。

「折れず、曲がらず、良く切れる」と賞賛された関の日本刀(刀剣)は、戦国時代には、実戦向きとして数多の武将に愛用されました。この時代の作品が末古刀です。その切れ味から数の要望が多く、名刀が生み出される余裕がなくなってきていたとは言え、のちの世代からは、「新刀」や「新々刀」に比べ、独特の味わいがあると評価されています。

関の刀工のなかでも、最も知られていたのは、「兼元」(かねもと)と「兼定」(かねさだ)です。それぞれ何代も続く名門ですが、特に、2代目兼元は、「関の孫六」(せきのまごろく)と呼ばれ、「関伝」を有名にしました。

三本杉

三本杉

兼元は、切れ味だけでなく、「三本杉」という新たな刃文を創作しています。さらに、独自の鍛刀法である「四方詰め」によって、より頑丈な日本刀(刀剣)を作ることに成功しました。

兼元らが残した伝統技能は、現代の刀工や刃物産業に受け継がれ、関は世界屈指の刃物の産地として知られています。

美濃伝 関市美濃伝 関市
世界でも有数の刃物の産地である美濃伝の岐阜県関市についてご紹介します。

その他の末古刀

需要の増大した室町時代以降には、「郷土刀」と呼ばれる作品が地方で数多く制作されました。末備前や関をブランドとするならば、準ブランドと言える地方刀工の日本刀(刀剣)ですが、決してブランド物に見劣りする訳ではありません。

著名な刀工としては、筑前国(ちくぜんのくに:現在の福岡県)の山伏刀工であったと伝えられる「金剛兵衛」(こんごうひょうえ)。金剛兵衛一派は、茎の形状を卒塔婆(そとば)の形に作るのが大きな特徴です。

また、薩摩国(さつまのくに:現在の鹿児島県)で、平安時代から、新々刀期に至るまで栄えた「波平」(なみのひら)一派。作風の特徴は、「大和伝」(やまとでん)を踏襲しながら、「綾杉肌」(あやすぎはだ)を鍛えているところです。

さらに、肥後国(ひごのくに:現在の熊本県)を本拠地とする一派の出身で、「加藤清正」(かとうきよまさ)に仕えた「同田貫藤原正国」(どうだぬきふじわらのまさくに)など、数え上げればきりがないほどの地方刀工達が手掛けた作品も、また現存しています。

末古刀とは、現代の我々に贈られたタイムカプセルです。400~500年前の日本刀(刀剣)が目の前にあり、その格調高い姿はもちろん、当時の優れた技術力や、時代背景までも垣間見せてくれます。これほど多面的で奥が深く、かつ贅沢な楽しみは、日本刀(刀剣)以外にはなかなかありません。

末古刀

末古刀をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀の歴史」の記事を読む


古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷
日本刀(刀剣)が現在の「日本刀」と呼ばれる反りがある形となったのは平安時代までさかのぼります。日本刀(刀剣)は1,000年以上の時を経て、各時代の影響を受けながら時代に応じた特色を持ち現在まで伝わっているのです。ここでは、日本刀(刀剣)における時代の特色についてご紹介します。

古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

平安時代~南北朝時代

平安時代~南北朝時代
日本刀の姿は「戦」(いくさ)の発生に応じて変化してきました。日本刀の反りが生まれた優美な平安時代、日本刀の黄金期を築き上げた鎌倉時代、豪壮な作りが勇ましい南北朝時代と、その時代によって様々な魅力があるのです。ここでは、各時代の戦と日本刀の特徴についてフォーカスを当ててご紹介します。

平安時代~南北朝時代

室町時代~安土桃山時代

室町時代~安土桃山時代
日本刀の姿は、室町時代以降も「戦」(いくさ)の発生に応じて変化していきます。合戦の戦術が変化することによって、日本刀も室町時代や安土桃山時代に合わせて変化していくのです。引き続き、各時代の戦と日本刀の特徴についてご紹介します。

室町時代~安土桃山時代

江戸時代~明治時代

江戸時代~明治時代
日本刀(刀剣)は、1596年をもって古刀から新刀へと分類が変化します。新刀になって以降、江戸時代に入り戦が減っていくことで、日本刀(刀剣)はまた独自の進化を遂げていくのです。そんな中での、江戸時代以降における日本刀(刀剣)の変遷についてご紹介します。

江戸時代~明治時代

慶長新刀

慶長新刀
日本刀(刀剣)の時代区分は、古い順に「古刀」(ことう)、「新刀」(しんとう)、「新々刀」(しんしんとう)、「現代刀」(げんだいとう)と表されます。1595年(文禄4年)までの古刀から、1596年(慶長元年)からの新刀への移行期に制作されたのが、「慶長新刀」(けいちょうしんとう)です。慶長新刀は、古刀の特徴を十二分に受け継ぎながら、新しい時代にも目を向けた、過渡期特有の個性を持つことになりました。そこで慶長新刀が、どのような日本刀(刀剣)なのかをご紹介します。

慶長新刀

大坂新刀

大坂新刀
「新刀」(しんとう)とは、1596年(慶長元年)から、江戸時代中期の1781年(安永10年)までに制作された日本刀(刀剣)を指し、その中でも、大坂(現在の大阪府)を拠点とした刀工の作品を「大坂新刀」と呼んでいます。大坂新刀は、江戸を拠点とした刀工の作品「江戸新刀」と並び称される、新刀の代表格です。ここでは、主な刀工と作品の特徴についてご紹介します。

大坂新刀

江戸新刀

江戸新刀
1596年(慶長元年)以降に制作された日本刀(刀剣)を「新刀」(しんとう)と呼び、それ以前を「古刀」(ことう)と呼んで区別しています。新刀時代、徳川幕府の樹立後に将軍のお膝元となった江戸には、越前国(現在の福井県北東部)から「越前康継」(えちぜんやすつぐ)、「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)、駿河国(現在の静岡県中部)から「野田繁慶」(のだはんけい)、近江国(現在の滋賀県)から「石堂是一」(いしどうこれかず)、但馬国(現在の兵庫県北部)から「法城寺正弘」(ほうじょうじまさひろ)が入り、江戸鍛冶繁栄の基礎を築きました。ここでは当時の時代背景と、「江戸新刀」の代表的な刀工について述べていきます。

江戸新刀

注目ワード

ページトップへ戻る