日本刀を作る

沸し(わかし)

文字サイズ

「折れず・曲がらず・よく切れる」。日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

「せいれん」という言葉に見る「沸し」がもたらす効果

日常生活で用いられる「沸す」という言葉は、「お湯が沸く」など、水などに熱を加えて熱くすることを意味しますが、日本刀制作で沸すというときには、玉鋼を「火床」(ほど)と呼ばれる炉のなかで熱し、その芯までじっくり熱を通すことを指しているのです。

玉鋼

玉鋼

このように玉鋼を火床で加熱することを、日本刀制作では「赤める」と言います。

玉鋼を沸すことで得られる効果を知るためのキーワードは、「せいれん」という言葉。日本刀制作の工程では、他にもせいれんの効果を利用する技術があり、それは玉鋼を生産するために行なわれる、「たたら製鉄」と呼ばれる日本古来のもの。

ただし、この場合のせいれんは「製錬」と表現され、これは、鉱石や砂鉄などの原料から不要な物を除去し、中に含まれる金属を抽出して精製することを表す言葉です。

これに対し、沸しによって行なわれるせいれんは「精錬」と書き表されます。こちらは、よく練って鍛えることにより、金属の純度を高めることを意味しているのです。

沸しを施す前の玉鋼は、満足に精錬されておらず純度が低い状態。このあとの鍛錬によって玉鋼を強靭な物に成熟させるために、沸しの工程を経て精錬することが必要なのです。

「沸し」の準備のために行なう3つの工程とは

日本刀制作は、「水減し」(みずへし)と呼ばれる工程から始まります。これは、赤めた玉鋼を厚さ5mmほどまで打ち延ばす作業です。

水減しを経て、沸しが完了すると、ようやく玉鋼などが作刀に適した素材となり、刀身そのものの制作に入ることができます。しかし沸しの前には、その準備段階として次の3つの工程を経る必要があるのです。

【沸しの準備 その1】小割り

「小割り」(こわり)は、水減しを終えて薄く延ばされた玉鋼の中から、良質な物を選別するために行なう工程。「金敷/鉄敷」(かなしき)など硬い材質の台の上で、玉鋼を小鎚(こづち:打ち叩く道具のうち、小さいサイズの物)で叩き、2~2.5cm程度の大きさに砕きます。

このとき、炭素量が丁度良い加減の部分は無理に力をかけなくても、簡単に割ることができますが、十分に炭素が含まれていない部分は、何度叩いてもなかなか割れずに、曲がってしまう物もあるのです。刀匠は、このときの割れ方や破断面を見ただけで、炭素量や、「鉄滓」(てっさい)と呼ばれる不純物の有無などを瞬時に判断します。

そして、その中から、きれいに割れた品質の良い鋼だけを2~3kgほど選び出し、刀身の表側に用いられる「皮鉄」(かわがね)の材料にするために準備をするのです。

なお、小割りした鋼の中でも、鉄滓が多いためにやわらかくなっている鋼は取り除かれ、皮鉄で包まれる「心鉄」(しんがね)に使用されます。

【沸しの準備 その2】テコ台(皿)、及びテコ棒の制作

沸し以降の工程で用いる道具となる、「テコ台(テコ皿)」と「テコ棒」を制作する工程です。

簡単に言うと、「テコ台」は小割りされた鋼を積んで載せるための道具であり、テコ棒は鋼を火床に入れて沸すときに、最もスムーズに沸すことのできる位置に固定させておくための物。テコ棒が持ち手となり、その先にテコ台が接着されます。

テコ台は、最終的に刀身の一部となるため、その材料には良質な玉鋼を用いなければなりません。しかし、テコ棒に用いる鋼については、質は問わないため、刀工によっては普通の錬鉄で制作する場合もあるのです。

テコ棒は、鋼を折り返して鍛えることを3~4回繰り返し行なったあと、角棒状に薄く打ち延ばし、持ち手となる部分には、熱くなっても持つことができるように、麻などで編みこまれた細い縄を巻きます。また、テコ台の接着が容易になるように、テコ棒の先端は、片側を削ぎ落としているのです。

テコ台とテコ棒の先端を接着するには、まず、その両方を火床に入れて、一定の温度まで赤めることが必要。赤めることで、鉄滓や酸化膜などの不純物を取り除くのです。

このとき、通常は火花の出る直前の温度が適温であるとされていますが、刀匠は赤めた色により、この温度を見極めます。一朝一夕には、確に判断できるようにならず、やはり長年の経験によって培ってきた、刀匠自身の感性が大切になってくるのです。

赤めたテコ台とテコ棒を重ね、鎚で叩いて鍛接すれば完了となります。

接着効果を高めるために薬品などを用いることもありますが、日本で作られた鋼は、適切な温度で赤められていれば、自然に接着させることが可能。このように、鋼を沸した温度のみで接着する技術は、「沸し着け」(わかしづけ)と称され、日本に古くから伝わる鍛冶技術の大きな特色のひとつです。

【沸しの準備 その3】積み重ね

積み重ね

積み重ね

「積み重ね」は、小割りの際に選別した鋼を、テコ台の上に、パズルのように隙間なく積み重ねる作業。

積み重ねの前にわざわざ小割りを行なうのは、小さくすることで鋼に伝わる熱が均一になるようにするだけでなく、鍛錬を行なったときに、鉄滓などの不純物を抜けやすくするため。

「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)を制作するのであれば2~3kgの鋼が積み重ねられ、それらよりも刀身が短い「短刀」(たんとう)や「脇指」(わきざし)であれば、その長さに応じて分量を変えます。

積み重ねる鋼は、小割りできれいに割れた物であれば、どこに置いても支障はありません。しかし、「耳」と呼ばれる鉄滓などが含まれる箇所が付いている物については、不純物が抜けやすくなるように、なるべく外側に置き、火が直に当たるように調節。

また、鍛錬の際、鋼を鎚で打ち叩くと共に火花が飛び散ります。このとき、粒状になった非常に小さな塊が一緒に出てくることがありますが、その中には、鉄滓はもちろんのこと、質の高い鋼も含まれているのです。刀匠は、この極小の鋼でさえも無駄にせず、積み重ねによって生じたわずかな隙間に差し込んで、鋼全体に熱が満遍なく伝わるように配慮します。

良質な日本刀を目指す「沸し」の工程

積み重ねの作業が完了すると、いよいよ沸しへ。この工程では、バラバラに積み重ねた鋼を火床に入れて赤めて、ひとつの塊にまとめるのです。単純に鋼を熱するだけの作業のようにも思えますが、そこには、いくつもの細かな工程と様々な工夫があります。

1.藁灰と泥汁で鋼を保護する

これは、積み重ねた鋼を火床に入れる前に行なう最初の作業です。まず、和紙を水で濡らし、それを用いて鋼の表面をすべて覆います。こうすることで、火床に入れる際に、積まれた鋼が崩れにくくなるのです。

次に、空気と鋼のあいだを遮るために、和紙の上から藁灰(わらばい)をふりかけます。これには、鋼の燃焼を防止する効果があるのです。

藁灰に用いられる藁は、もち米の稲を干して作られた物。これを半燃焼した藁灰が沸しには使いやすいとされ、刀匠のあいだでは「アク」と呼ばれているのです。

そして、さらにその上から泥汁を全体的にかけ、鋼の中心部にまで熱が伝わりやすくします。

泥汁の作り方は、刀匠によって違いがあるもの。しかし、その多くは、乾燥させた良質な粘土を細かく砕いてから篩(ふるい)にかけ、微粒子になった物に松炭の粉末や腐敗土などを少量混ぜ、水でよく溶いて作られます。

2.鞴で火床の火力を調節する

「鞴」(ふいご)と呼ばれる送風装置を用いて火力を調節しながら、火床のなかで鋼を赤める工程。現代刀匠のなかには、鞴の代わりにファンを用いる人もいますが、火力の加減によってできが左右される沸しにおいては、人間の手で微妙に風力を調節できる鞴のほうが適していると言えるのです。

基本的には、左手で鞴の取っ手を持ちながら風力を調節すると同時に、右手でテコ台の付いたテコ棒や火掻き棒(ひかきぼう)を握りつつ、積み重ねられた鋼が崩れないように、そして熱の伝わり方をコントロールしながら作業を行ないます。

急速に火力が上がることを防ぐため、沸しの初期段階では、あまり力を入れずに少しずつ風を送ることが重要。鞴の取っ手を可能な限り長く抜き差しすることで、鋼がじっくりと沸くようにするのです。

刀匠は鞴を吹くとき、火床の中から聞こえてくる音に細心の注意を払います。この音を聞き分けることで、鋼がうまく沸き始めたかを判断するのです。両手のみならず、耳をよく働かさなければなりません。

沸しが順調に始まったことを見極めると、次は「太鼓吹き」(たいこぶき)という鞴の吹き方に移ります。

ここでは、前段階よりも力を入れて、鞴の取っ手の抜き差しを短く行ない、そのあとは、少しのあいだ鞴を止めておくという作業を数回繰り返すのです。この作業中の音が太鼓に似ていることから、太鼓吹きの名称が付けられています。ここで火床の中に熱が充満し、火力が徐々に上がっていくのです。

火力のタイミングを探り、今度は主にテコ棒を動かしていきます。テコ棒を少しだけ手前に引っ張り出したあと、即座にテコ台の先のほうを火床の奥へ差し込むのです。この段階になると火花も多く発生します。熟練の刀匠であれば、鋼が完全に沸かされたかどうかは、火花や沸しの音だけで判断することが可能。

しかし、そうでない場合は、炭を押し分けるか、テコ台の先を瞬間的に引き出して、鋼の色を確認します。黄色に変化していれば鋼が十分に沸かされていることを意味し、まだ赤みを帯びた状態であれば、再び鞴を用いて送風を続けるのです。

3.「仮付け」を行なう

仮付け

仮付け

「仮付け」(かりづけ)は、鋼の沸し具合を見定めるために行なう工程。よく沸いたと判断された鋼を、いったん火床の中から取り出します。

そして、2~3回、大鎚で注意深く叩き、崩れるかどうかを試すのです。沸しが好ましい状態であれば、鋼が崩れ落ちてしまうことはありません。

この仮付けの状態により、これからどの程度沸しをかけるのかを見極めて、鋼を再び火床の中に戻すのです。

4.藁灰と泥汁を再びかける

沸かしをかける様子

沸かしをかける様子

さらに沸しをかけ続けて、良い頃合いとなった鋼を火床から取り出し、金敷に載せて数回打ち叩きます。

ここで完全に沸き、鋼をきちんと鍛着できると判断できれば、古い藁灰を払ってから新たな藁灰と泥汁をふりかけ、再度火床の中に戻すのです。

このとき、鋼はすぐさま沸しがかけられますが、鞴での送風は少しずつ行なうようにします。

一段とよく沸かされた鋼は、火床の中からまた取り出されて金敷に載せられ、打ち固められていくのです。ここで技術の優れた弟子達による「向こう鎚」(むこうづち)と呼ばれる補助が入り、まずは10回ほど上から大鎚で叩かせます。

次に刀匠が手首を返して上に向けた側面を2~3回叩かせて鋼が十分に固まれば、藁灰と泥汁を再びまぶして、火床の中に戻します。なお、この一連の作業は、長い時間がかけられているように思えますが、「沸き」がなくならないうちに、瞬時に行なわなければならないものです。

5.「本沸し」を行なう

「本沸し」(ほんわかし)は、日本刀制作において最も重要だと言っても過言ではない工程。本沸しによって、より多くの鉄滓が抜けることになるため、鋼を精錬し、強靭な刀身を作り上げるためには、避けては通れないものなのです。

本沸しの最初の段階では、鞴を吹く力を弱め、送風を少しずつ行ないます。この工程でも、鋼を火床の中から時折取り出して様子を見つつ、もとの藁灰と泥汁を払って新しい物を付け、再び沸すという作業を繰り返すのです。

本沸しでは、沸しが活発になってくるとテコ棒をくるくると回転させ、鋼の上下左右、全体に火を行き渡らせます。

6.「仮鍛錬」で本格的な「鍛錬」の準備をする

本沸しを経て塊となった鋼を、大鎚で打ち叩いて固める工程です。沸しの次の工程である、本格的な「鍛錬(折り返し鍛錬)」の直前に行なうことから、「仮鍛錬」(かりたんれん)とも呼ばれます。

ひと塊になっているとは言え、全体的にはまだ弱い部分でもあるため、塊が崩れない程度の軽い力で、徐々に叩き固めていく必要があるのです。

大鎚で何度も打ち叩いていくうちに、粘り気のある鋼となり、なかなか砕けない強さを持つようなります。この段階になれば、体じゅうの力を持って大鎚を振り下ろして打ち叩くスピードを加速させ、次の鍛錬の準備を整えるのです。

沸し(わかし)

沸し(わかし)をSNSでシェアする

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)
玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史(玉鋼誕生物語)を動画にてご紹介します。

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

棟区(むねまち)とは

棟区(むねまち)とは
「棟区」(むねまち=峰区)は、刀身の棟(峰)側にある「区」(まち:刀身の刃側と棟側が「茎」[なかご]に向かってカギ形にくぼんでいる部分)のことで、区は「柄」(つか)に収まる茎と、「上身」(かみ:刀身の区から鋒/切先[きっさき]にかけての部分)の境界線になっています。棟区は、日本刀の花形である刃側の「刃区」(はまち)に比べると、注目を集める部分ではあるとは言えません。しかし棟区は、この場所を観ることを通して、刀身が制作当時の姿をよく残しているか否かを推し量ることができる「知る人ぞ知る」鑑賞ポイントであると言えるのです。

棟区(むねまち)とは

注目ワード

注目ワード