日本刀を作る
刀身彫刻の実際
日本刀を作る
刀身彫刻の実際

文字サイズ

刀工による様々な作刀工程を経て、その仕上がりが完璧なまでに美しい物となる日本刀(刀剣)。その刀身に肉感を持った立体的な彫刻を施すことで、さらなる美しさが引き出されています。刀身彫刻の種類は、日本刀(刀剣)の強度はそのままに、重量を軽くする実用性のある物から、宗教への信仰心、制作者や所持者の自由な思いが込められた物まで、実に様々です。ここでは、個性的な意匠が用いられた刀身彫刻の具体的な種類をご紹介すると共に、実際に行なわれている刀身彫刻の工程についてもご説明します。

彫師になるために必要なこと

江戸時代以前の刀工には、簡単な彫刻であれば自身で施す人もいました。そのためか、専門の彫師(ほりし)に関心を向けられることはなく、刀身の制作を行なった刀工のように、後世にまでその名を残している人はほとんどいません。

しかし、江戸時代に入って、日本刀(刀剣)に武具よりも美術品としての価値が見出されるようになると、刀身彫刻もその装飾性が高まり、より専門的で高度な技術が求められるようになりました。

そして、刀工と彫師の分業が明確化されるようになり、例えば江戸時代初期の名刀工「越前康継」(えちぜんやすつぐ)の作刀には、金工彫物師の著名な一派である「記内」(きない)派が、「喜内」や「木内」と言うような銘を切るようになったのです。

柳村仙寿

柳村仙寿

刀工と同じように自身の銘を切ることで、その技術の高さを後世にまで伝えられるようになった彫師。現代の著名な彫師には、無鑑査、及び岡山県指定重要無形文化財保持者の「柳村仙寿」(やなぎむらせんじゅ)などがいます。

彼らもまた、先人達と同様に、刀身彫刻の彫師になりたい人達はもちろん、装剣金工(そうけんきんこう:彫刻技術を用いて、金や銀などの材料で鍔[つば]をはじめとする刀装具を制作する職人のこと)を目指す人、そして、自身で刀身彫刻を行ないたい刀工などに対して、広くその技術を伝えているのです。

日本刀(刀剣)の刀身を制作する刀工になるには、刀匠のもとで一定期間の修行を経て、文化庁主催の研修会で行なわれる試験を受け、文化庁からの「作刀承認」を受けなければなりません。

一方で刀身彫刻の彫師は、特別な資格や免許は不要。独学で1年しか経っていないような職人であっても、宣言してしまえばプロを名乗ることはできます。

しかし「不動明王」(ふどうみょうおう)が刀身彫刻の代表的な意匠であることからも分かるように、刀身彫刻は、宗教的な意味合いが色濃く映し出されている物。そのため、宗教関連の文献を読んだり、自ら寺院や神社に赴いて住職や神職の方にお話を伺ったりするなど、その背景にある精神性を学ぶことが重要です。

また、刀身彫刻には厳格な決まりごとがあるため、正確な技術を身に付けるのに、やはりプロの彫師のもとに弟子入りする人も多くいます。独学にしても、師のもとで修業を積むにしても、本当の意味で周囲から「プロ」と認めてもらうには、最低でも5年はかかると言われているのです。

道具もお手製!?刀身彫刻が完成するまで

実際の刀身彫刻の工程において使われる主な道具は、刀身に痕跡を付けながら彫り進めていくための「鏨」(たがね)と呼ばれる工具と、それを叩くために用いられる「豆鎚」(まめつち)や「福鎚」(ふくづち)です。

使用される鏨は、意匠などによって先端の形状が異なる物が使い分けられ、ひとりの彫師が所有している数は、なんと約50~数百種類にまで及びます。彫師が自身でやすりを掛け、使い勝手の良い形状の鏨を手作りしているのです。この鏨のなかには、1度使ったらそれきりという物もあります。

刀身彫刻の工程

  1. 下絵描き(絵付け)

    下絵となる図案を和紙に描いてから、それを参考にして刀身に直接墨で写す、言わば刀身彫刻のための下準備。絵付けに墨を用いるのは、爪楊枝など細い物で擦ると剥がれるため、あとからでも修正が利くということが、その理由のひとつ。

    また、絵付けした墨が消えてしまうのを防ぐため、墨の上から油を塗ることもあります。

  2. アタリ

    絵付けした線に沿って、4分鏨(しぶたがね:彫った跡が毛のように細いことから[毛彫り鏨]とも呼ばれる)を用いて、アウトライン(輪郭)を彫ります。

  3. 荒彫り~切下げ

    ここから本格的に彫っていきますが、まずはアタリの通りに掘り下げ、大まかな形を作っていく「荒彫り」を行ないます。

    鏨で彫った跡は、光って見づらくなることが難点。そのため、「切下げ」(きさげ)という道具で削り、つやを消しながら作業します。切下げを掛けて彫り跡をならすことで、彫りの状態をよく把握しつつ、必要があれば、彫りの粗(あら)などを再び彫り下げていくのです。切下げを掛ける作業は、このあとの工程でも随時施される物。

    また、この段階で肉取(にくどり:彫りの高さの膨らみ具合から生じる量感)などの最終的な彫りの姿を決定します。

  4. 上彫り

    粗い目の砥石なども交えながら、荒削りと切下げ掛けを繰り返して彫りの形を決めたあと、細かな部分を彫っていきます。この「上彫り」は、刀身彫刻の工程の中でも最も繊細さが求められる緻密な作業です。

  5. 磨き(研磨)

    上彫りのあとは、最後の仕上げとなる磨き(研磨)。荒削りと同様、ここでも切下げを掛けて細かな部分まで鏨の跡をならします。

    刀身彫刻の研磨で用いるのは、セラミック砥石や樹脂(レジン)が材質に含まれる「レジノイド砥石」。これらを薄く切って細かく砕き、削って尖らせた割り箸の先に瞬間接着剤で止め、600番ぐらいの砥石から、徐々に目が細かい砥石に変えて磨いていきます。

    彫り跡の中で黒っぽく見える部分と白っぽく見える部分があるのは、立体感を出すのに磨き方を変えているため。黒くしたい部分はよく磨き込み、白い部分は荒いまま残しています。

    そして最後に、砥石の粉を油で溶いた物を使って磨き、ようやく完成となるのです。

以上のような刀身彫刻の工程が完了すると、刀身全体の研磨を行なうため、専門の研師(とぎし)のもとへ回します。

しかしそれは、彫刻完了後、すぐにと言う訳ではありません。研師に渡すのは、しばらく時間を置いてからという彫師も多いのです。

と言うのは、完成直後には分からなかった粗が、時間が経つと、細部に見えてくることがあるため。他人の目では見付けられないほど些細な不具合であっても、最高の作品にするのに、彫師は納得がいくまで修正を重ねていきます。

刀身彫刻の様々な技法

刀身彫刻は、基本的な工程の流れは共通していますが、その技法については、刀身の強度や意匠などによってそれぞれ使い分けられているもの。ここでは、いくつもある刀身彫刻の技法の中でも、特によく用いられる6種類についてご紹介します。

陰刻(いんこく)
刀身の表面をへこませて彫る技法。

図柄を線や陰影として簡潔に表しており、刀身彫刻において最もよく用いられています。

浮彫(うきぼり)
陰刻とは逆に、図柄の表面を刀身のそれと同じ高さで平らに仕上げる技法。

陰刻に対して「陽刻」(ようこく)と呼ばれることもあります。

  • 【陰刻】刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日

    【陰刻】
    刀 銘 越前国住兼法 慶長五年三月日

    詳細を見る

  • 【浮彫】脇指 銘 重次慶定作(鞍馬関)

    【浮彫】
    脇指 銘 重次慶定作(鞍馬関)

    詳細を見る

地肉彫(じにくぼり)
テーマとなる図柄を浮き上がらせるように肉高く表現するため、その周囲を深く掘り下げる技法。刀身の平地(ひらじ)部分に直接彫り表されています。
透彫(すかしぼり)
テーマとなる模様や図柄を肉彫の技法を用いて表し、さらにその周囲を彫り透かすことでテーマを強調する技法。強度が低くなってしまうため、太刀(たち)などの刀身が長い物にはほとんど用いられず、作例が多いのは、脇指(わきざし)や短刀です。

和風建築における、天井と鴨居(かもい)とのあいだに設けられる「欄間」(らんま)にも似ていることから、「欄間彫」とも言われます。

櫃内彫(ひつないぼり)
刀身の表面に、長方形、または卒塔婆(そとば:故人を供養するため、墓などに立てる細長い木の板。仏塔を表している)形の櫃(ひつ)の中に、肉彫や浮彫の表現を用いて図柄を表す技法。
樋内彫(ひないぼり)
刀身の表面に掻かれた「樋」(ひ:刀身彫刻の一種で、細長い溝のようになっている物)の中に、肉彫や浮彫の表現を用いて図柄を表す技法。基本となる6種類

バラエティ豊かな刀身彫刻の種類

強くて軽い!「実用性重視」編

刀身彫刻の中でも、鎬地(しのぎじ)に彫られた溝のような物は樋と呼ばれています。この溝があることにより、刃筋方向に加わる力が吸収されて曲がりづらくなるだけでなく、重量の軽減と強度の増加を両立させる効果があるのです。

最も古い形式は「掻通し/掻流し」(かきとおし/かきながし)と言われる、ごく簡単な物でしたが、日本刀(刀剣)に実用性のみならず、装飾性も求められるようになると、シンプルな中でも工夫を凝らした、様々な意匠が出現するようになりました。

掻通し/掻流し(かきとおし/かきながし)
樋の下端部が区際(まちぎわ)では止まらず、茎尻(なかごじり)まで貫かれた物。古刀期によく見られます。
丸止め(まるどめ)・角止め(かくどめ)
区際における樋の下端部の止めが丸く仕立てられた物を「丸止め」、同様に角状になっている物を「角止め」と呼びます。
片チリ(かたちり)・両チリ(りょうちり)
樋を彫ったあとの鎬地の余地が、棟側(むねがわ)のみに、わずかに残っている物を「片チリ」、両方に残っている物を「両チリ」と言います。掻通し/掻流し_丸止め_角止め_片チリ_両チリ
棒樋(ぼうひ)
刀身に沿って、太い溝が1本だけ彫られている物。樋の中では最も単純な意匠ですが、その深さや幅などによって、個性を表すことができます。
添樋(そえび)
棒樋に沿って、さらに1本細い溝が添えられた物。
連樋(つれひ)
連樋とは添樋の一種。棒樋に沿って彫られた細い樋が、棒樋の先端にまで掻かれている物。
二筋樋(ふたすじひ/にすじひ)
【腰樋】短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)

【腰樋】
短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)

詳細を見る

二筋樋とは2本の細い樋を、同じ太さで平行に彫った物。

密教(みっきょう)の信仰対象である不動明王の化身「護摩箸」(ごまばし)を表しています。

腰樋(こしび)
腰樋とは刀身の腰付近(3分の1程度の長さ)のみに短く彫られた物。

薙刀(なぎなた)によく掻かれており、その場合は「薙刀樋」と呼ばれています。

棒樋_添樋_連樋_二筋樋_腰樋

武士の精神的な拠り所「信仰心」編

実用性を優先した樋から始まった刀身彫刻。しかし、平安時代末期から鎌倉時代初期において、幾度にもわたって戦が繰り返されるようになると、神仏の加護を求めた武士達は、彫刻の意匠にその信仰心を込めるようになりました。

その中でもよく見られた意匠が、当時の武士達が多く信仰していた密教の影響が色濃く現れている物。古くは「梵字」(ぼんじ)に始まり、不動明王などが様々な表現で描かれています。

梵字(ぼんじ)
古代インドの文章語である「サンスクリット語」で用いられた梵字で、密教を始めとする神仏の名称が彫られた物。最も多い物は不動明王ですが、「摩利支天」(まりしてん)や「文殊菩薩」(もんじゅぼさつ)なども見られ、その技法には陰刻がよく用いられています。
不動明王(ふどうみょうおう)
不動明王は、密教の本尊である「大日如来」(だいにちにょらい)の化身で、如来の忿怒相(ふんぬそう)を示しています。刀身彫刻においては、火炎に包まれていたり、剣などを持って滝に打たれたりする構図で描かれる物が多いことが特徴。

古くは、鎌倉時代中期の刀工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)による名物「骨喰藤四郎」(ほねばみとうしろう)にあり、新刀期においては、新刀鍛冶の祖と称されながら、刀身彫刻の名手でもあった「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)の作品でも、よく知られています。

独鈷(とっこ/どっこ)・三鈷剣(さんこけん)・素剣(そけん/すけん)
【三鈷剣】刀 銘 肥前国忠吉

【三鈷剣】
刀 銘 肥前国忠吉

詳細を見る

「独鈷」や「三鈷」は、密教で使用される法具「金剛杵」(こんごうしょ)の一種。密教では、煩悩を退治するシンボルです。

もともとは、杵型で両端に突起が付いた古代インドの「バジュラ」という武器で、両端が尖っている物が「独鈷杵」、3つに分かれた物が「三鈷杵」と呼ばれています。

刀身彫刻で彫られるのは、この独鈷杵と、三鈷杵の両端にある三つ股部分の中央が剣になった「三鈷剣」。

三鈷剣は、不動明王が右手に持つとされ、その化身となる物。これを簡略化し、剣の部分のみを表した「素剣」の意匠が広く用いられています。

羂索(けんさく/けんじゃく)
不動明王が左手に持つ密教法具。5色の糸からなる綱で、煩悩にまみれ外道(げどう:仏教以外の教え。また、それを信仰する人)に落ちようとする人々を、縛り上げてでも救い出すために用いる物。その末端には三鈷、もう一方の端には剣が付けられています。不動明王_独鈷_三鈷剣_素剣_羂索
倶利伽羅(くりから)
【倶利伽羅】刀 銘 肥前国忠吉

【倶利伽羅】
刀 銘 肥前国忠吉

詳細を見る

「倶利伽羅」(くりから)とは、不動明王の変化神である「倶利伽羅龍王」のこと。

龍が剣に巻き付く図柄が施されるため「剣巻龍」(けんまきりゅう)とも呼ばれ、仏法と外道が争った末に、仏法が勝利する様子を表しています。

精密度が異なる「真」(しん)、「行」(ぎょう)、「草」(そう)と言う3種類の表現方法は、様々な意匠のある刀身彫刻の中でも、この倶利伽羅に、特によく用いられる物。

最も緻密で写実的な真の倶利伽羅は、櫃内彫が用いられた「不動国行」(ふどうくにゆき)が有名。

行体は「兼光」(かねみつ)などの孕龍(はらみりゅう:龍の腹部が風を孕んだ帆のように表される意匠)がよく見られ、そして、草体については「豊後国行平」(ぶんごのくにゆきひら)が得意としていました。

倶利伽羅龍 真行草三体

這龍(はいりゅう)・玉追龍[珠追龍](たまおいりゅう)・昇龍(のぼりりゅう)・降龍(くだりりゅう)
刀身彫刻において表される龍は、例えば「這龍」が護摩箸などの密教法具と対になって描かれている物は、倶利伽羅と同じく不動明王を示しています。

しかし、龍が単体で彫られている物は、古代中国の「神仙思想」(しんせんしそう:神や仙人に不老不死の願いを見出した思想。道教[どうきょう]の基本となった)における龍神への信仰に基づいており、玉を追って掴もうとする「玉追龍[珠追龍]」や、天を目指して進もうとする「昇龍」がこれにあたるのです。

これらは、地上に降りて来る「降龍」と共に彫り表される物が多く見られます。

(つめ)・鍬形(くわがた)
【蓮台】短刀 銘 越前康継 於武州江戸

【蓮台】
短刀 銘 越前康継 於武州江戸

詳細を見る

素剣など、密教法具の刀身彫刻に添えて彫られることが多い意匠。

三鈷剣の爪を略体化した物で、形状の長い物が「鍬形」と呼ばれています。

蓮華(れんげ)・蓮台(れんだい)
爪や鍬形と同様に、素剣などの密教法具に添えて描かれることが多い意匠。

上部に彫られている物は不動明王の冠である「蓮華」、下部にある物は、不動明王が座る台座である「蓮台」を表します。

神仏の名号(みょうごう)
鎌倉時代後期になると、刀身彫刻に神仏の名号(神仏の称号。特に仏教においては、これを唱えることに大きな意義を見出す)が施されるようになりました。

「春日大明神」(かすがだいみょうじん:春日大社の祭神)や「八幡大菩薩」(はちまんだいぼさつ:八幡神の称号)など、武士に縁のある名号が多く彫り表されています。

平和の証し「装飾性の追及」編

室町時代後期以降、なかでも江戸時代に戦のない平和な世の中が訪れると、刀身彫刻に込められていた信仰心は次第に薄れていき、装飾性の高い物へと移行します。

図柄についても、その題材の自由度が高まり、縁起の良い動植物や人物、日本刀(刀剣)所持者が好んだ和歌や漢詩などが彫られ、より強く個性が発揮されるようになりました。

人物
  • 毘沙門天(びしゃもんてん)[融通招福]<七福神>
  • 大黒天(だいこくてん)[財宝・福徳開運]<七福神>
  • 日本武尊(やまとたけるのみこと)[記紀の英雄]
  • 達磨(だるま)[中国禅宗の開祖/開運・魔除け]
動植物
  • 梅龍(ばいりゅう)[倶利伽羅龍の剣を梅の木にした意匠]
  • 松竹梅(しょうちくばい)[慶事・吉祥の象徴]
  • 鶴亀(つるかめ)[長寿・繁栄の象徴]
文字彫(もじぼり)
主に陰刻の技法を用いて、和歌や漢詩などを彫り表した物。有名な詩歌はもちろん、自作した物を施すこともあり、日本刀(刀剣)所持者の信念や思想などを表現している物も見られます。

刀身彫刻の実際

刀身彫刻の実際をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀を作る」の記事を読む


無鑑査刀匠

無鑑査刀匠
「無鑑査」(むかんさ)とは一般的に、芸術などの分野において、作者の過去の実績に照らして特定の展覧会などにおいて「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」であると認められることを意味しています。「日本刀」(刀剣)の世界における無監査は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が主催する「現代刀職展」(旧新作名刀展)に出品した作品について、受賞審査を必要としない資格(公益財団法人日本美術刀保存協会無鑑査選任規程第2条)のこと。無鑑査となった刀匠の作品は、別格扱いとなるのです。

無鑑査刀匠

日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀(刀剣)です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀(刀剣)の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀(刀剣)の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方
「世界一切れる」と名高い日本刀(刀剣)。「西洋剣」は突き刺すことに優れていますが、日本刀(刀剣)は突き刺すことはもちろん、斬り裂くことにも優れています。 また、日本刀(刀剣)には、武器としての側面だけでなく、その美しさを鑑賞する芸術品としての側面もあり、多くの愛好家が存在。その姿からは、刀匠(とうしょう)が精進を重ねて作られたさまが手に取るように感じられます。日本刀(刀剣)の製法は、長い歴史の中で試行錯誤を重ねて培われてきました。そのため、どこか難しいイメージを持っている方も多いかと思いますし、その全貌は掴みにくい物ですよね。ここでは、日本刀(刀剣)を作る難しさが具体的にはどのようなところにあるのかをご説明します。

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

日本刀の研磨

日本刀の研磨
日本刀(刀剣)鑑賞のメインの部位であると言える「刀身」(とうしん)は、修行を積み重ねた刀匠の手によって作られる物。しかしながら、日本刀(刀剣)全体に目を向けてみると、日本刀(刀剣)は刀身以外の様々な部位からも成り立っていることが分かります。そのうちのどれかひとつでも欠ければ、現代にまで受け継がれている日本刀(刀剣)の完璧なまでの美しさが失われてしまうのです。その美しさを維持するためには、刀身を制作する刀匠だけでなく、刀身以外の様々な部位を手がける職人の技術も不可欠。その中でも、日本刀(刀剣)の強靭さ、そして美観を保護するために重要な工程である「研磨」(けんま)についてご説明します。

日本刀の研磨

日本刀に宿る神性

日本刀に宿る神性
武器として使われていた歴史がありながらも、美術品にまでその価値が高められてきた日本刀(刀剣)。その美しさは、磨き上げられたことによるのはもちろんのこと、刀身に施されている「彫刻」からも醸し出される物があります。「刀身彫刻」は一見すると、単なる装飾だと思われがちですが、いろいろな種類があり、そこに込められた意味も様々です。また日本刀(刀剣)は、「神具」としても用いられており、「古事記」や「日本書紀」を始めとする古来の文献にも登場。ここでは、それらを知ることで、作刀当時の彫師(ほりし)や刀匠(とうしょう)、そして日本刀(刀剣)所持者が、日本刀(刀剣)そのものに見出していた価値、及び日本刀(刀剣)にまつわる神々の逸話についてご紹介します。

日本刀に宿る神性

鍛冶の道具

鍛冶の道具
日本刀(刀剣)の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、用いられる道具は30点近くになります。現代では市販されている道具もありますが、刀匠が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから自分で作る場合もあり、いずれも長年の経験に基づいた創意工夫がなされている物です。ここでは、道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

鍛冶の道具

たたら製鉄

たたら製鉄
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀(刀剣)制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀[刀剣]の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀(刀剣)の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀(刀剣)に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

時代別の火造りの方法

時代別の火造りの方法
日本刀(刀剣)制作において「火」は欠かせない要素のひとつ。バラバラになっている「玉鋼」(たまはがね)に熱を入れ、鍛接してひとつにする「積み沸し」(つみわかし)や、玉鋼を叩き伸ばして不純物を取り除き、含まれる炭素量を均一化して刀身の強度を増加させる「鍛錬」(たんれん)など、火が使われる工程はいくつもあります。その際に、火の温度や火力を正しく見極め、いかに自在に操れるかが刀匠の腕の見せどころ。 そんな火という言葉が入った「火造り」(ひづくり)という工程は、日本刀(刀剣)制作の中でも刀身の姿を決定付ける最も重要なもの。 ここでは、時代によって異なる火造りの詳細についてご紹介しながら、火造りの全貌についてご説明します。

時代別の火造りの方法

注目ワード

ページトップへ戻る