日本刀を作る
鍛冶の道具
日本刀を作る
鍛冶の道具

文字サイズ

日本刀(刀剣)の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、用いられる道具は30点近くになります。現代では市販されている道具もありますが、刀匠が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから自分で作る場合もあり、いずれも長年の経験に基づいた創意工夫がなされている物です。ここでは、道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

鍛冶の基礎を担う大道具

火床(ほど)
鋼(はがね/こう)を熱する炉のこと。火を使う作業はここで行ないます。

構造はごく単純で、まわりをコの字型に囲む壁と「鞴」(ふいご)から繋がる送風孔の「羽口」(はぐち)がひとつ開いているだけです。この火の中で鋼の性質は常に変化しているため、作業には刀匠の経験と勘、そして度胸が重要となります。

鞴(ふいご)
火床のすぐ横に備え付けられている送風装置が「鞴」です。漢字に革偏が使われているのは「日本書紀」や「古事記」に、鹿の皮をまるごと剥いだ「天羽鞴」(あまのはぶき)という鞴が記されているからだと伝えられています。

差し鞴

差し鞴

鞴の種類は、大きく分けて2つ。足で踏んで風を送る「踏鞴」(たたら)と、手動による「差し鞴」(さしふいご)があります。

刀匠はおもに長方形の箱型で、手前の柄を前後させて風を送る、差し鞴を使用。鍛錬を行なうには、鋼が沸くまでは一定のリズムで風を送り、鋼が沸いてからは風を強めたり、弱めたりして鋼の温度を細かく調節しなければなりません。

刀匠の技を支える多様な道具

大槌(おおづち)
大槌

大槌

鋼を鍛錬するときと、素延べ(すのべ:鋼を日本刀[刀剣]の長さまで延ばす作業)の際に使います。別名は「向槌」(むこうづち)。

大槌を打ちおろす役目の方を「先手」(さきて)、火床で鋼を操作する役目の方を「横座」(よこざ)と呼びます。

柄の長さは80cm以上あり、上達すると腕だけを使うのではなく、全身で振れるようになるそうです。打ちおろすときの角度や強弱、横座とのタイミングを身に付けるまでには3年ほどかかると言われています。柄の材質はおもに樫。頭は鋼材。

小槌(こづち)
大槌と共に、主に鍛錬に用いる道具です。素延べ、火造り(ひづくり:延ばした鋼を日本刀[刀剣]の形に打ち出すこと)などにも使用され、その場合は「手槌」(てづち)と表現されることもあります。

素延べや火造りの際、小槌の角を入れないように注意しながら叩かなければならず、これには高い技術が必要です。
大槌と同じく、柄は樫で、頭は鋼材。

金床(かなとこ)
「金敷」(かなしき)とも呼ばれる、熱した鋼を叩くための鉄の作業台です。金床の面は常に平らに保っておく必要があり、作業中に槌の角で表面を傷付けたりしないよう気を付けなければなりません。
テコ棒(てこぼう)とテコ皿(てこざら)
炉で鋼を沸かしたり、金床の上で鍛錬したりするときに、その鋼を支える棒が「テコ棒」鋼を乗せる台が「テコ皿」または「テコ台」です。

テコ棒とテコ皿の材料は刀身となる鋼に少し混じるため、まったく同じ材質の材料を使用します。材質は、刀身と同じ「玉鋼」(たまはがね)。

火箸(ひばし)
玉鋼や刀身を挟んで支えるための「火箸」は、挟み口の形が何種類もあり、作業内容によって使い分けます。

火箸が重すぎると体が疲れ、作業の効率が悪くなりますが、逆に軽すぎると、作業中に曲がってしまったり、しっかり挟んだりすることができず危険です。

そのため玉鋼と相性の良い火箸を使用することが重要。火箸の材質は、すべて鋼材です。

玉箸(たまばし)
玉箸

玉箸

玉鋼を金床の上で打ち延ばすとき、玉鋼が落ちないように固定するための道具。挟み口がクワガタムシのあごのようにも見えるのが特徴です。

平箸(ひらばし)
玉鋼を炉へ入れたり出したりするとき、また、金床に乗せて素延べや火造りを行なうときに刀身を支えます。それ以外にも様々な場面で使われる、汎用性の高い火箸です。
鷺箸(さぎばし)
挟み口が鷺の頭に似ていることから、この名前が付けられたと言います。使い方は、平箸とほぼ同様。平箸より挟み口がやや大きめとなっています。
切り鏨(きりたがね)
鋼を鍛錬するときは、何度も折り返して叩きます。そのとき、長方形に延ばされた鋼の中央に、折り返しがしやすいように切り込みを入れるために使う道具です。柄は主に樫。頭は鋼材。
あてびし
甲伏(こうぶせ)などに作り込む際に使用します。「甲伏」とは、外側の皮鉄(かわがね)で、中心にある心鉄(しんがね)を包み込みながら鍛える方法のこと。

打ち延ばした皮鉄をU字型の台の上に置き、あてびしで真ん中をくぼませてU字型に折り曲げます。柄はおもに樫。頭は鋼材。

U字台(ゆーじだい)
あてびしと併用。皮鉄をU字型に折り曲げるときに支えとなる台です。材質は鋼材。
炭掻き(すみかき)
火床を使って作業をするとき、炉内の炭を掻きよせるために使用。主に先がかぎ状に曲がっています。材質は鉄。柄は木製。
焼柄(やきづか)
刀身の焼き入れのとき、刀身を加熱しますが、その際、刀身を支えるために使用される長い柄のこと。

日本刀(刀剣)の茎尻(なかごじり)から焼柄の先へ差し込み、作業の途中で抜けないように、茎(なかご)を差し込んだ部分を小槌で叩き込みます。

刀身の幅によって焼柄の幅も変わるので、鍛える日本刀(刀身)の種類の数だけ揃えることもあるそうです。材質は鋼材。

藁箒(わらぼうき)
鍛錬のときに飛び散る火の粉を払ったり、鋼の表面に形成された酸化膜(さんかまく)を払い取ったりする場合に用います。
塗り台(ぬりだい)
刀身に「焼刃土」(やきばつち)を塗る際に使用。「焼刃土」とは「刃文」(はもん)を焼き入れるときに用いられる土のことで、耐火性のある粘土、砥石の粉、炭の粉を水で混ぜてドロドロにした物です。

この焼刃土を塗るときに、刀身が動かないよう柱の上部に茎を挟み込み、かすがいを打ちます。材質は木製。

練り板(ねりいた)
焼刃土を練るときに使う板。この板の上にガラス板を置き、その上で焼刃土を練ります。材質は木製。
ヘラ
焼き入れ

焼き入れ

ヘラの大きさは、大、中、小とあり、大は焼刃土を練るときに使用。中と小は刀身に焼刃土を塗るときに使います。材質は竹など。現代ではステンレス製の物もあります。

水槽(すいそう)
刀身の焼き入れのとき、熱した刀身を一気に冷却するために、水を入れておく長方形の水槽です。材質は、主に檜(ひのき)。

仕上げの工程で活躍

捩り取り(ねじりとり)
刀身に焼きを入れると捩れることがあります。そんなときには、万力(まんりき)に刀身を挟んで、この道具で捩れをならします。材質は鋼材。
せん鋤(せんすき)
せん鋤・蜻蛉せん

せん鋤・蜻蛉せん

火造りを終えた刀身の表面を、きれいに削って整えるのに使います。材質は柄が木製。せん部は鋼材。

蜻蛉せん(とんぼせん)
刀身に生じた傷を取り除いたり、刀身に「樋」(ひ)を彫ったりする際に使用。材質は柄が木製。せん部は鋼材。
鑢(やすり)
茎(なかご)をきれいに仕立てる「茎仕立て」(ながごしたて)で使用。茎には、日本刀(刀剣)が柄から簡単に抜けないように「鑢目」(やすりめ)を施しますが、流派によってその入れ方に特徴が表れます。材質は鋼材。
銘切り鏨(めいきりたがね)
銘切り

銘切り

茎に銘(めい)を切るときに用います。材質は鋼材。

銘切り用小槌(めいきりようこづち)
銘を切るときに、銘切り鏨を打つために使います。上手に銘を切るには、回数を重ねて練習することが必要です。材質は柄がおもに樫。頭は鋼材。
銘切り台(めいきりだい)
銘を切るときに茎を固定する鉛板。木の台の上へ置いて使います。材質は鉛。

鍛冶の道具

鍛冶の道具をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本刀を作る」の記事を読む


無鑑査刀匠

無鑑査刀匠
「無鑑査」(むかんさ)とは一般的に、芸術などの分野において、作者の過去の実績に照らして特定の展覧会などにおいて「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」であると認められることを意味しています。「日本刀」(刀剣)の世界における無監査は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が主催する「現代刀職展」(旧新作名刀展)に出品した作品について、受賞審査を必要としない資格(公益財団法人日本美術刀保存協会無鑑査選任規程第2条)のこと。無鑑査となった刀匠の作品は、別格扱いとなるのです。

無鑑査刀匠

日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀(刀剣)です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀(刀剣)の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀(刀剣)の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方
「世界一切れる」と名高い日本刀(刀剣)。「西洋剣」は突き刺すことに優れていますが、日本刀(刀剣)は突き刺すことはもちろん、斬り裂くことにも優れています。 また、日本刀(刀剣)には、武器としての側面だけでなく、その美しさを鑑賞する芸術品としての側面もあり、多くの愛好家が存在。その姿からは、刀匠(とうしょう)が精進を重ねて作られたさまが手に取るように感じられます。日本刀(刀剣)の製法は、長い歴史の中で試行錯誤を重ねて培われてきました。そのため、どこか難しいイメージを持っている方も多いかと思いますし、その全貌は掴みにくい物ですよね。ここでは、日本刀(刀剣)を作る難しさが具体的にはどのようなところにあるのかをご説明します。

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

日本刀の研磨

日本刀の研磨
日本刀(刀剣)鑑賞のメインの部位であると言える「刀身」(とうしん)は、修行を積み重ねた刀匠の手によって作られる物。しかしながら、日本刀(刀剣)全体に目を向けてみると、日本刀(刀剣)は刀身以外の様々な部位からも成り立っていることが分かります。そのうちのどれかひとつでも欠ければ、現代にまで受け継がれている日本刀(刀剣)の完璧なまでの美しさが失われてしまうのです。その美しさを維持するためには、刀身を制作する刀匠だけでなく、刀身以外の様々な部位を手がける職人の技術も不可欠。その中でも、日本刀(刀剣)の強靭さ、そして美観を保護するために重要な工程である「研磨」(けんま)についてご説明します。

日本刀の研磨

日本刀に宿る神性

日本刀に宿る神性
武器として使われていた歴史がありながらも、美術品にまでその価値が高められてきた日本刀(刀剣)。その美しさは、磨き上げられたことによるのはもちろんのこと、刀身に施されている「彫刻」からも醸し出される物があります。「刀身彫刻」は一見すると、単なる装飾だと思われがちですが、いろいろな種類があり、そこに込められた意味も様々です。また日本刀(刀剣)は、「神具」としても用いられており、「古事記」や「日本書紀」を始めとする古来の文献にも登場。ここでは、それらを知ることで、作刀当時の彫師(ほりし)や刀匠(とうしょう)、そして日本刀(刀剣)所持者が、日本刀(刀剣)そのものに見出していた価値、及び日本刀(刀剣)にまつわる神々の逸話についてご紹介します。

日本刀に宿る神性

刀身彫刻の実際

刀身彫刻の実際
刀工による様々な作刀工程を経て、その仕上がりが完璧なまでに美しい物となる日本刀(刀剣)。その刀身に肉感を持った立体的な彫刻を施すことで、さらなる美しさが引き出されています。刀身彫刻の種類は、日本刀(刀剣)の強度はそのままに、重量を軽くする実用性のある物から、宗教への信仰心、制作者や所持者の自由な思いが込められた物まで、実に様々です。ここでは、個性的な意匠が用いられた刀身彫刻の具体的な種類をご紹介すると共に、実際に行なわれている刀身彫刻の工程についてもご説明します。

刀身彫刻の実際

たたら製鉄

たたら製鉄
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀(刀剣)制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀[刀剣]の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀(刀剣)の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀(刀剣)に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

時代別の火造りの方法

時代別の火造りの方法
日本刀(刀剣)制作において「火」は欠かせない要素のひとつ。バラバラになっている「玉鋼」(たまはがね)に熱を入れ、鍛接してひとつにする「積み沸し」(つみわかし)や、玉鋼を叩き伸ばして不純物を取り除き、含まれる炭素量を均一化して刀身の強度を増加させる「鍛錬」(たんれん)など、火が使われる工程はいくつもあります。その際に、火の温度や火力を正しく見極め、いかに自在に操れるかが刀匠の腕の見せどころ。 そんな火という言葉が入った「火造り」(ひづくり)という工程は、日本刀(刀剣)制作の中でも刀身の姿を決定付ける最も重要なもの。 ここでは、時代によって異なる火造りの詳細についてご紹介しながら、火造りの全貌についてご説明します。

時代別の火造りの方法

注目ワード

ページトップへ戻る