甲冑(鎧兜)の基礎を学ぶ
甲冑の基本解説
甲冑(鎧兜)の基礎を学ぶ
甲冑の基本解説

文字サイズ

甲冑(鎧兜)を鑑賞する上で、知っておくべきこと。それは、各部の名称です。甲冑(鎧兜)は、合戦における戦い方の変化に伴って進化していきました。そのため、同じ名称であっても、形状などが異なっており、それも見どころのひとつであると言えます。「日本式甲冑(鎧兜)」には、「大鎧」(おおよろい)と「当世具足」(とうせいぐそく)という2つの大きな転換点がありました。すなわち、大鎧は平安時代に登場した日本式甲冑(鎧兜)のはしりであり、室町時代後期あたりに登場したと言われている当世具足は、日本式甲冑(鎧兜)の完成形という位置付けです。ここでは、各時代における甲冑(鎧兜)の違いについて、各部の名称を中心に、基本的な内容をご紹介します。

大鎧

大鎧の登場

大鎧は、平安時代中期における武士の勃興(ぼっこう:急激な勢力を伴って隆盛となること)と共に登場しました。

当時、上級武士の戦い方は、至近距離において1対1で矢を放ち合う「騎射戦」(きしゃせん)が中心。そこで、乗馬姿勢でスムーズに矢を放つことができると同時に、敵の矢による攻撃を防ぐことができる形式の甲冑(鎧兜)として大鎧が考案されたのです。

また、大鎧は当時の貴族文化である「国風文化」(こくふうぶんか)の影響を受け、洗練された貴族的な美装を有していることも特徴。その意味では、武家文化と貴族文化が融合してでき上がった物であるとも言えます。

各部の名称

大鎧の各部の名称

大鎧の各部の名称

吹返(ふきかえし)
大鎧に付属している兜の「吹返」は、かなり大ぶりに作られていました。これは、顔付近に飛んできた敵の矢から顔面を守ることを目的としたため。時代を経るにしたがって戦い方が地上戦に変化していき、弓矢が使われなくなると視界確保のため縮小していきました。
(しころ)
兜鉢の下端に取り付けられている小札製の防具。背後からの矢などによる攻撃から首を守るために取り付けられた物です。当初は下向きに付けられていましたが、時代を経るにしたがって横向きになっていきました。

大袖(おおそで)
「大袖」の最大の役割は、敵の矢から身を守ること。騎馬武者の主武器は弓であり、両手が塞がっていました。そのため、盾を手に持って身を守ることはできません。そこで大袖を盾代わりにすることで身を守ったのです。

具体的には、体を捻ることで大袖で敵の矢を受けるようにして使用していたと言われています。平安時代に幅33cm、長さ40cm前後だった大袖は、室町時代になると幅35cm、長さ42cmほどに大型化。もっとも、打物戦が主流となり、攻撃の邪魔となったことから、当世具足においては縮小または省略されていきました。

胸板(むないた)
胴前部の最上段にある板のことで、鉄板でできているため非常に強固です。

鳩尾板(きゅうびのいた)
大鎧は、弓を主武器として戦うことを想定された防具だったため、弓の弦を引きやすいように「胸板」とその下の「前立挙」(まえたてあげ)の幅が狭く作られています。

その結果、胴の上部と大袖の間には隙間ができてしまい、無防備の状態になってしまっていました。それを塞ぐ小型の盾として「鳩尾板」と、後述する「栴檀板」(せんだんのいた)が取り付けられたのです。胸板の左側に取り付けられた鳩尾板は、長方形の鉄板を革で包んで作られました。

栴檀板(せんだんのいた)
鳩尾板と同様に胴の上部と大袖の間にできる隙間を塞ぐ目的で取り付けられました。長方形の鉄板で作られていた鳩尾板とは異なり、栴檀板は「小札板」3段を縅して(おどして:縅糸で下につなぐこと)作られた、ミニチュア版の袖といった趣。

このような構造となった理由は、柔軟性を持たせることで、右手で弓を引く際に栴檀板と接触してもスムーズな動作が可能になるのです。

弦走(つるばしり)
胴の前面に鹿革を貼った物。弓の弦を引く際に弦が胴を構成している小札に引っかからないようにする目的で施されました。
蝙蝠付韋(こうもりづけのかわ)
芯となる丈夫な革を絵韋で包み、左右の「草摺」(くさずり)を取り付けるための台形状の革で、蝙蝠が翼を広げた姿に似ていることから、こう呼ばれています。
草摺(くさずり)
大鎧における草摺は、前後左右の4間(けん)に分かれ、腰から下の四方を台形状の箱のようにして囲んでいます。右側の草摺は、胴の右側をカバーする「脇楯」(わいだて)に付属している物です。

胴丸

胴丸の登場

上級武士の戦いが大鎧を身にまとっての騎射戦だったのとは異なり、その従者達の戦いは、「太刀」(たち)や「薙刀」(なぎなた)などを用いた「徒立戦」(かちだちせん:歩兵による戦い)でした。

そのため、大鎧よりも軽く動きやすい甲冑(鎧兜)が登場したのです。「胴丸」(どうまる)は、体を取り囲むように「小札」(こざね)を繋ぎ合わせて形成した大鎧よりも簡易的な構造で、腰から下を守る「草摺」(くさずり)が8枚に分かれています(大鎧は4枚)。これにより、足の動きの制約が小さくなり、機動性が確保されたのです。

当初は従者(下級武士)が身に着けていたため、袖や兜がないスタイルが定番でしたが、時代を経て大規模な地上戦が行なわれるようになると、上級武士達も胴丸に袖を付け、兜を被ったスタイルで着用するようになりました。

各部の名称

胴丸の各部の名称

胴丸の各部の名称

肩上(わだかみ)
背面の「押付板」(おしつけのいた)から両肩を渡らせて、先に取り付けられた「高紐」(たかひも)で胴前面にある「胸板」へとつなぐ装置。柔軟性のある革が用いられました。

押付板(おしつけのいた)
胴背面の上部にある横長の板で、肩や背中を防護する役割を果たしていた「金具廻」(かなぐまわり:甲冑[鎧兜]において、鉄板で作られていた部分)。肩上とひと続きにした革を当てて、革紐や鋲(びょう)などで固定していました。

杏葉(ぎょうよう)
「杏葉」は、胴丸着用者の肩を守るために肩上に取り付けられた鉄を革でくるんだ葉状の防具です。当初、胴丸には肩を守る袖はありませんでしたが、胴丸に袖を付属させるようになると、胴前面にぶら下げられるようになりました。
前立挙(まえたてあげ)
「胸板」よりも下にあり、前胴と後胴を渡らせている部分(長側)よりも上の部分。

後立挙(うしろたてあげ)
押付板よりも下にあり、前胴と後胴を渡らせている部分(長側)よりも上の部分。

胸板(むないた)
胴前部の最上段にある板。実戦において弓を使用しなくなったことで、大鎧よりも幅が広くなっているのが特徴です。
脇板(わきいた)
脇部分をカバーするために取り付けられた鉄板で、腕を動かしやすいように凹型にされています。引き合わせ部分となる右側の「脇板」は、2枚に分割されており、後ろの脇板を前の脇板に重ね合わせて引き合わせるため、後ろの脇板は大きく作られていました。

引合緒(ひきあわせのお)
胴右側にある引き合わせ部分が離れてしまわないように結び付けるための緒。

総角(あげまき)
蜻蛉十文字に結び、房が付いている装飾的な色鮮やかな紐。機能面でも、袖の緒と連結することで、腕の動きがスムーズになると言う利点があります。

草摺(くさずり)
大鎧においては4間でしたが、胴丸の草摺は8間に分割されました。その経緯については、足さばきをよくするために、大鎧の4間をさらに二分したと考えられています。

腹巻

腹巻の登場

「腹巻」(はらまき)については、大鎧を簡易にした胴丸をさらに軽快化した物だと言われています。中世の記録などの中には、胴の右側で引き合わせる形式の物について腹巻と記述している物もあり、室町時代においては、背中で引き合わせる、現在腹巻と呼ばれる形式の物について、胴丸と呼ばれていました。

そののち、室町時代末期に胴の右で引き合わせる物を胴丸、背中で引き合わせる物を腹巻と呼ぶようになり、現在に至ります。

胴丸との最大の違いは、背中で引き合わせること。そのため、動いている間に隙ができがちだった背中を守るために「背板」が考案されます。

しかし、敵に背を向ける(=逃げる)というイメージにつながってしまうことから、背板は「臆病板」(おくびょういた)と揶揄(やゆ)されました。

各部の名称

腹巻の各部の名称

腹巻の各部の名称

肩上(わだかみ)
柔軟性のある革が用いられた点や、形については、胴丸と同様ですが、腹巻には杏葉がなかったことから、杏葉を付属させるための緒はありませんでした。
引合緒(ひきあわせのお)
腹巻は、背中で引き合わせるため、引合緒は押付板に設置されていました。
胸板(むないた)
胸板については、胴丸とほぼ同様です。
押付板(おしつけのいた)
材料や形状などについては、胴丸とほぼ同様です。もっとも、背中で引き合わせるという腹巻の特性から、二分されていた点が異なっています。
立挙(たてあげ)
立挙についても、材料や形状などについては胴丸とほぼ同様。しかし、背中で引き合わせることから、後立挙が二分されていた点において差異が見られます。
脇板(わきいた)
腹巻は背中で引き合わせるため、脇板については左右同じ物が用いられました。その材料や形状は、胴丸の左側に設置された、分割されていない脇板とほぼ同様です。
長側(なががわ)
胴丸と同様に、ひと続きで制作されました。もっとも、背中で引き合わせる形式であるため、左右対称の形となっています。

胴先緒(どうさきのお=繰締緒:くりじめのお)
胴を締めて結ぶために背面の胴先(どうさき:胴の端)に1条ずつ設置された緒。各緒を背後で交差させて前面に回し、正面で結び合わせて使用します。胴丸と異なり、緒を通して引き戻すための「鐶」(かん)などのない、簡易的な方式でした。

草摺(くさずり)
腹巻の草摺は、胴丸(8間)とは異なり、原則として7間。前の正面に1間を配置し、左右に3間ずつを配置しており、真後ろについては草摺がない状態でした。これをカバーしたのが背板に縅し付けられた1間分の草摺です。
背板(せいた)
背板が登場したのは、白兵戦が各地で行なわれていた室町時代末期であると言われています。胴と同じ段数の小札板を縅し、金具廻(押付板)に取り付けた鞐(こはぜ:留具)を肩上の「綰」(わな)につなげて取り付けることで、背中にできる隙間を覆ったのです。

当世具足

当世具足の登場

室町時代末期から戦国時代にかけての時代は、日本式甲冑(鎧兜)にとって、大きな転換期でした。合戦において、鉄砲や槍などの大きな貫通力を持つ武器が導入されたことによって、これまでの甲冑(鎧兜)では防御することが難しくなったのです。

そこで登場したのが当世具足。甲冑(鎧兜)制作において、鉄板の使用量を増やしたり、隙間を少なくしたりするなど、防御力に優れた物を目指す一方で、白兵戦に備えて機動性を確保するための工夫も施されました。こうしてでき上がった当世具足は、日本式甲冑(鎧兜)の完成形であると言えるのです。

また、当世具足には定まった形式がなかったため、各武将の思想・信条などが反映された物が多く見られるのも特徴だと言えます。

各部の名称

当世具足の各部の名称

当世具足の各部の名称

脇立(わきだて)
「兜」の「立物」(たてもの)のうち、「鉢」(はち)の側面に設置した物。当世具足においては、鹿の角や水牛の角など、様々な物がモチーフとして用いられました。反面、これらが障害物に引っかかってしまうなど、実戦において邪魔にならないように、紙や木など、軽く折れやすい素材で制作されていたと言われています。

前立(まえだて)
立物のうち、鉢の前面に設置した物。戦国武将「直江兼続」(なおえかねつぐ)の「愛」に代表されるように、武将は自らの信条を掲げる前立を制作・設置していました。
頬当(ほおあて)
白兵戦が熾烈になった南北朝時代に、顔面や首を守る防具として「頬当」が登場しました。隙間なく全身を防御するという当世具足の精神に合致している「小具足」(こぐそく:兜、鎧、袖以外の防具)であると言えます。

下げ(さげ)
「下げ」とは、喉を守る「喉輪」(のどわ)の構成要素で、扇の地紙(扇に貼るための紙)のような形状の2段に縅された小札板でできています。

(そで)
肩の部分を防御するための防具。当世具足に用いられた袖については「当世袖」(とうせいそで)と呼ばれることもあります。大鎧の時代には、敵の弓による攻撃を防御するために盾としての役割が求められたこともあり、大型化。しかし、白兵戦に移行するにしたがい、腕の動きを邪魔しないように小型化していきました。

(どう)
鉄砲や槍などの貫通力の大きな武器が導入されたことにより、より強固な胴を制作する必要が生じます。そこで主流となっていったのが、それまでの小札を繋ぎ合わせて形成する胴ではなく、鉄板などの板を使った「板物胴」(いたものどう)を制作。

柔軟性がない点については、胴を分割して蝶番(ちょうつがい)で繋ぎ合わせる手法でカバーしました。この手法は、従来の胴の政策手法と比べて簡略化された物であったため、甲冑(鎧兜)制作の生産性も向上。合戦の大規模化に合わせた大量生産も可能になったのです。

籠手(こて)
全身を隙間なく覆う当世具足においては「籠手」も胴に結び付けられていました。

揺糸(ゆるぎのいと)
室町時代末期から戦国時代にかけての時代における合戦は、大規模な白兵戦が主流。そのため当世具足には、強度だけではなく機動性も求められていました。

機動性確保の観点における改良策が、胴と草摺をつなぐ「揺糸」を長くすること。草摺が前後左右に大きく動くようになったことで、以前にも増して着用者が動きやすくなったと言われています。

草摺(くさずり)
当世具足は、定まった形式がなかったのが特徴です。そのため、草摺についても、段数や間数についても決まったルールはありませんでした。
佩楯(はいだて)
「佩楯」は、「膝鎧」(ひざよろい)とも呼ばれる小具足で、草摺の裾から「臑当」の間を守る防具です。南北朝時代以降、戦闘の激化と共に進化・発展していきました。
臑当(すねあて)
臑当は、膝からくるぶしまでを守る小具足で、古代から用いられていました。当世具足においては、鎧兜とひと揃えで制作されるのが一般的だったと言われています。
  • 甲冑(鎧兜)写真
    甲冑(鎧兜)の名前や種類など、歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)を検索することができます。
  • 甲冑(鎧兜)写真集
    古美術品などの価値を持つ甲冑(鎧兜)の造形美を、様々な角度からご覧頂けます。

甲冑の基本解説

甲冑の基本解説をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「甲冑(鎧兜)の基礎を学ぶ」の記事を読む


甲冑とは

甲冑とは
「甲冑」(かっちゅう)と聞くと、何かとっつきにくそうなんて感じてしまう人もいるのではないでしょうか?その原因のひとつは、甲冑(鎧兜)の名前にあると考えられます。例えば「徳川家康」が所用した甲冑(鎧兜)として知られている「伊予札黒糸縅胴丸具足」(いよざねくろいとおどしどうまるぐそく)という名前を聞いたとき、初心者の方はこう思うでしょう。「漢字ばかりで、何だか難しそうだな」。しかし、そうではありません。むしろ逆。名前のルールが分かってしまえば、その甲冑(鎧兜)を鑑賞するためのヒントが詰まっているのです。今回は、甲冑(鎧兜)を楽しむための準備運動として、甲冑(鎧兜)について大まかにご紹介します。

甲冑とは

注目ワード

ページトップへ戻る