日本刀を知る

日本刀を活用する

文字サイズ

江戸時代、武士が常に携帯していた日本刀ですが、実際に「斬る」ことは、ほとんどありませんでした。しかし、他にも日本刀を活用する道があったのです。それは「兵法」(へいほう)に則った活用法。武士は斬るという「攻撃力」はもちろん「防御力」や「情報分析力」、「論理的思考力」などを、総合して身に付ける必要がありました。武士がどのように日本刀を活用したのか、詳しくご紹介します。

兵法としての日本刀

「兵法」とは兵学、軍学のこと。「孫子」(そんし)、「呉子」(ごし)、「六韜三略」(りくとうさんしゃく)など、古代中国で生まれた戦闘に関しての学問です。日本でも近世、これに神教、密教などが取り入れられ、独特の兵法が確立されました。

それは「軍配」(戦の日取り・方角など吉凶)、「軍礼」(出陣・凱旋・首実検などの式を定めること)、「軍法」(組織の組み方)、「軍略」(戦略・謀計)、「軍器」(武器の製法)について考察すること。

武士は、武術(攻防の技術)を身に付けることはもちろん、兵法を学ぶことで情報分析力や論理的思考力、将来を見通し対応する力といったオールマイティな能力を備えたのです。

道具を活用するとなると、忍者が行なう「忍法」を想像してしまいがちですが、そうではありません。一般の武士が行なってきた兵法としての日本刀の活用方法が存在しました。

情報収集するときに使う

有益な「情報分析」を行なうためには、質の高い「情報収集」を行なわなければなりません。質の高い情報を集めるには「足で稼ぐ」(自分で出向いて情報を得る)こと。どうしても敵の弱みを見付けたい場合は、敵の屋敷を覗き、忍び込む「諜報活動」(ちょうほうかつどう:敵の事情を探って知らせること)を行なうことも必要なのです。

塀のり吊り刀とは?

塀のり吊り刀

塀のり吊り刀

屋敷の中にいる敵を観察する1番の方法は、塀を覗き込み話を盗み聞くこと。高い塀があった場合、日本刀の鐺(こじり:鞘の末端)を地面に突き刺して壁に立て掛け、踏み台にして覗くという方法があります。刀にもよりますが、これにより約1mの高さの踏み台を作り出すことができるのです。これを、「塀のり吊り刀」と言います。

敵情を見る程度なら、日本刀の鍔(つば)に乗って(片足の指を鍔のふちにかけて)覗き込めば、充分に盗み見できるはず。

塀を越えて部屋に入り込みたい場合にも、やはり塀のり吊り刀を行ないます。足で鍔を思い切り踏みしめ、手と足の力を巧みに使って塀に登るのです。

ポイントは、下緒の端を口にくわえておくこと。塀に登り切ったら下緒を手繰り寄せて刀を吊り上げ回収します。これで、塀のり吊り刀を行なった証拠を隠滅。完全な不法侵入ができ、情報を集めることができるのです。

座さぐりの法とは?

武士には、どうしても情報収集を行なわなければならないときがあります。それは、実際的に夜間、暗闇で敵が見えない中を前進するとき。

夜間、道を歩くのはとても危険です。万一敵が伏せていたときに、どれだけ早く気付けるかどうかで、生死が分かれる場合もあります。そんなときに用いた情報収集方法が座さぐりです。座さぐりには、大きく2つの方法があります。

座さぐり

座さぐり

第1の方法は、帯刀していた日本刀を「鞘」(さや)ごと抜き取って、完全には抜刀せず刀身の鋒/切先を10cm程度鞘の中に残し、右手で柄と下緒の端を握ること。暗闇の中を鞘の先で探りながら静かに歩むのです。もし何かを感じ、鞘に何かがあたれば何かがあった、いたということ。その場合は咄嗟に判断(分析)し、逃げるか斬るかします。

第2の方法は、刀身の反りを逆さに持つこと。さらに、下緒の端を口にくわえます。これは、鞘がすべって抜けるのを防ぎ、集中力を高めるためです。

下緒の端をしっかり口でくわえてピンと張っておけば、いざというときに刀身を僅かに手元に引くだけで鞘が軽く抜け落ち、相手を的確に突き、斬り付けることができます。

また、暗闇の部屋の中や廊下で座さぐりをする場合は、壁にそって鞘をなるべく低い位置にして進むこと。這うくらい低い姿勢で進むのです。そうすれば敵の足に鞘があたり、発見率が高まります。

威嚇するときに使う

「思考力」とは、知識をインプットして知恵というアウトプットに変換することができる能力。江戸時代は、武士と言えども相当な理由がなく相手を斬ってしまうと、本人切腹、家名断絶、財産没収という、とても重い刑罰を科せられました。

そのリスクを回避するために、賢い武士は「威嚇」(いかく:威力を持って脅すこと)という方法を考えたのです。もし敵に襲われたとしても、敵が斬るに値する人物なのかどうか咄嗟に判断しなければいけません。相当な理由がないと判断した場合は、相手を威嚇し、その隙に逃げるのです。

日本刀に目潰し砂を仕込む

相手を威嚇するのに、最も手軽で最も効果があるのが「目潰し」(めつぶし)です。目潰しとは、文字通り目に砂や灰などを掛けてつぶすこと。両目を塞がれ視力を失い、眼底に耐え難いほどの激痛を与える効果が期待できます。

目潰しの砂は、日本刀の鞘の中に仕込みます。具体的には、鞘を少し長めに作り鞘尻に空洞があまるようにし、そこに砂を仕込むのです。

唐辛子砂の作り方と投げ方

砂だけでは効果が一時的でした。そこで「唐辛子砂」が開発されたのです。

まずは砂を用意します。砂の種類は、金剛砂でも川砂でも何でも大丈夫。粒の大きさを揃えることが肝心です。次に、唐辛子の赤い皮の部分だけを細かく刻んで、鍋に入れて点火します。その中に、水と粒が揃った砂を入れて、水分がなくなるまで煮込み、煎りあげるのです。砂のまわりに唐辛子の微粉がこびり付き、赤色になったら、でき上がり。

唐辛子砂の投げ方としては、鞘ごと帯から抜き取り鞘尻を左手で握り、左足を前に踏み込み鞘を引き抜きます。同時に大きく鞘を振って、目潰しの砂を敵の顔に投げかけるだけ。そして、敵がひるんだ隙に逃げるのです。

これが、目に入ると痛いのなんの。万が一、相手に目を閉じられたとしても、目を開いた時点で目がヒリヒリ痛む激痛を与えることができました。

防御するときに使う

とにかく防御だけをしたいなら「野中の幕」と言う方法があります。日本刀の鞘の部分を活用して「盾」を作る方法です。

武士は、ふいに襲われることが少なくはありません。しかも、色々な方角から矢や石などの飛び道具で狙われることもあったでしょう。そんなときに、咄嗟に防御する対処方法があったのです。

野中の幕

野中の幕

野中の幕

飛び道具を防御するには、盾が必要です。盾を作るには、まず着用していた羽織を脱いで、抜刀した鞘に両袖を通して、中心を左手で握ります。その左手を前面に伸ばして垂れ幕のように持つのです。これが盾の代わりになります。右手には抜いた刀身の柄を握っておくこと。この幕と刀身によって、突然に飛んでくる、矢や石を避けることができるのです。

また、この幕を敵が人間と錯覚して狙う場合があります。つまり、身代わり効果もあったのです。その隙に逃げることが可能になります。ここまで読んだ方は、日本刀を活用した結論が、ほとんど「逃げろ」という策ばかりで、なんて虚弱な活用法なんだと嘆く方がいるかもしれません。

しかし、昔から「逃げるが勝ち」と言うことわざがあります。「無駄な戦いや愚かな戦いなら、避けて逃げるほうが結局は利益が大きい」ことを、武士は分かっていたのです。

日本刀を活用する

日本刀を活用するをSNSでシェアする

「日本刀を知る」の記事を読む


国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣
国内外問わず、美術品として高い人気を誇る日本刀。時代を超えて現代に残る日本刀は、その歴史的・美術的価値を守るために、「有形文化財」として登録されることがあります。日本刀の価値を高め、後世に残すための「文化財保護法」。また、それに付随する「国宝」や「重要文化財」とは何か、どのような基準で登録されるのか。分かりやすくご紹介します。

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

御物の日本刀とは

御物の日本刀とは
「御物」(ぎょぶつ)とは、皇室の私有品として天皇家に伝来した美術品や古文書などの所蔵品のこと。現在は宮内庁が管理しており、御物の中には日本刀も多数含まれています。その理由は、大名などから献上された他、「明治天皇」をはじめ「愛刀家」として知られる天皇らが名刀を収集したためです。御物の日本刀では、御物の歴史と共に御物に指定されている名刀をご紹介します。

御物の日本刀とは

守り刀・枕刀とは

守り刀・枕刀とは
日本には、古くから日本刀にまつわる風習が数多く伝わってきました。そのひとつが、大切な人を守護するために短刀を贈るという習慣で、これらの短刀は「守り刀」(まもりがたな)と呼ばれています。誕生したばかりの子どもや花嫁などの子女に贈る場合の他、故人の枕元や胸元に置くのも守り刀です。一方、就寝時に枕元へ置いて魔除けの効果をもたらす守り刀のことを「枕刀」(まくらがたな)と呼び、この慣習は武家の時代から行なわれていました。守り刀・枕刀とはでは、持ち主を護るための日本刀である「守り刀」についてご紹介します。

守り刀・枕刀とは

偽物の鑑別

偽物の鑑別
戦のない現代においては、「武具」としてだけではなく、「美術品」としての側面にもその価値が見出されている日本刀。その人気は日本のみならず海外にまで広がり、市場における流通量も増えているため、その分、贋作(がんさく:日本刀の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が出回っていることも事実。有名刀工の刀だと言われて高い金額で購入した日本刀が、実は本物ではなかった、というケースもあります。ここでは、日本刀好きの皆さんに、本当に価値のある日本刀の鑑賞を楽しんで頂くために、偽物の刀にはどのような特徴があるのか、そして、本物と偽物とを見極めるポイントについてご説明します。

偽物の鑑別

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の格付けと歴史

日本刀の格付けと歴史
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより刀剣の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」にもなったのです。ここでは、刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

日本刀の格付けと歴史

本阿弥家と折紙

本阿弥家と折紙
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としての「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としての「業物」(わざもの)の格付けなどです。これらの格付けによって能力と信用とが保たれ、土地に代わる「恩賞」として扱われていた刀剣。そんな格付けされた刀剣の「証明書」と言える物が「折紙」(おりがみ)であり、その「折紙」の起源、本阿弥家(ほんあみけ)とのつながり、書式や様式などを知れば、刀剣の世界がさらに広がります。この世界を広げるため、詳しく解説していきます。

本阿弥家と折紙

鞘書とは?

鞘書とは?
「鞘書」(さやがき)とは、日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

注目ワード
注目ワード