名家に代々伝えられた日本刀

能登畠山氏と吉岡一文字の名刀

文字サイズ

「能登国」(のとのくに)は、現在の石川県能登半島に位置し、日本海が入り込む七尾湾に囲まれた能登島や美しい海岸線など古代から景勝地が多いことで有名です。能登国は、足利一門である「畠山氏」が代々「守護職」を務めました。11代に亘る「能登畠山氏」の歴史を振り返ると共に、畠山氏に伝来した「吉岡一文字」(よしおかいちもんじ)の名刀をご紹介します。

能登国守護を務めた能登畠山氏の当主達

能登畠山氏の創設

畠山基国

畠山基国

畠山氏は、1391年(明徳2年)、足利一門の「畠山基国」(はたけやまもとくに)が能登守護職に就任すると、翌年には幕府の侍所当人に起用され、さらに山城国(やましろのくに:現在の京都府南部)の守護職と、尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の守護職も兼任するなど、室町幕府において目覚ましい活躍を見せていました。

さらに1398年(応永5年)には幕府の官僚の地位にまで上りつめ、紀伊国(きいのくに:現在の和歌山県三重県南部)の守護職の座も手に入れることに。こうして畠山氏は、基国の時代に各地に基盤を固め、「細川氏」(ほそかわし)、「斯波氏」(しばし)と並ぶ足利一門の「三官僚家」として、地位を確立させました。

1406年(応永13年)に55歳で基国が亡くなると、嫡男の「満家」(みついえ)が室町幕府3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)の怒りを買って蟄居(ちっきょ:自宅の一室に謹慎させる刑罰)。そのため、次男の「満慶」(みつのり)が家督を継ぎました。

しかし、1408年(応永15年)に将軍・義満が逝去すると、満慶は自ら畠山家当主の辞退を幕府に申し出て、兄・満家に譲ることを認めてもらいます。この弟の善意に感謝した満家は、父の代から引き継いだ守護分国4ヵ国のうちの「能登国」を満慶に与えました。

こうして、官僚家畠山氏の有力分家となる「能登畠山氏」が、満慶を初代として誕生したのです。

能登畠山氏と抗争

応仁の乱

応仁の乱

室町時代後期になると、官僚家である畠山氏と斯波氏の家督争いを発端に、将軍家の相続問題も絡み合って「応仁の乱」へと発展していきます。

この争いによって、畠山氏一族の間にも亀裂が入ることに。初代・満慶から家督を継いで2代目当主となった「義忠」(よしただ)は、家督争いで畠山宗家を支持したため、応仁の乱では「山名宗全」(やまなそうぜん)率いる西軍に属しました。

1477年(文明9年)、およそ10年に亘って続いた応仁の乱が終息すると、能登畠山3代目当主「義統」(よしむね)は、8代将軍「足利義政」(あしかがよしまさ)の弟である「義視」(よしみ)と共に出京し、しばらく美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)に滞在したあと、翌年の1478年(文明10年)に能登国に下りました。

これ以降20年間に亘って鹿島郡八田郷府中(かしまぐんやたごうふちゅう:現在の七尾市府中町)に置かれた守護所を拠点とし、義統はここから改めて能登国支配の礎を築いていったのです。

1497年(明応6年)、能登畠山氏の政治的安定を担っていた義統が亡くなると、有力家臣達による4代目当主の後嗣争いが勃発します。

嫡男「義元」(よしもと)派と次男「慶致」(のりむね)派に分裂して抗争を繰り広げましたが、義元が家督を継いで1506年(永正3年)に両派は和睦。一度追放されたのちに6代目当主にも復帰した義元は、慶致の子である「義総」(よしふさ)を後継者として指名しています。その後、能登で起こった内乱の際には、両者が協力して鎮圧を行なっていきました。

能登畠山氏が築いた七尾城

七尾城は畠山氏の新拠点へ

七尾城跡

七尾城跡

能登の七尾城は、七尾湾が一望できる石動山(せきどうさん)系の最先端に位置する山城で、城郭の中核部にあたる本丸は、標高300mの尾根上に築かれました。

しかし、16世紀前半に築城されたと言われている七尾城は、城とは言うものの小規模な建造物だったため、畠山家は府中に守護所を置いて活動をしていました。

その後、時代の流れと共に増築、改修が進められ、5代目・慶致の頃には七尾城は居城となり、守護所も城内に置かれるようになったのです。畠山家の能登における新しい本拠地として城下町も整備され、府中にあった家臣団屋敷のほとんどが七尾城下に移転してきました。

7代目「義総」(よしふさ)は文芸を愛好していたため、京都から公家や禅僧、歌人などの多くが訪れ、城下町は大いに繁栄しました。また文化が興隆したことで、家臣からも文化的教養に富んだ人材が多く輩出されたと言います。

義総による30年間の統治時代には能登畠山氏の最盛期となり、七尾の発展と共に、安定した平穏な時代が築かれました。

落城と能登畠山氏の滅亡

上杉謙信

上杉謙信

1545年(天文14年)、能登の平和を築いた義総が死去すると、政治的混乱の時代が訪れます。

8代目「義続」(よしつぐ)の代には、畠山家の重臣で構成される「畠山七人衆」が実権を握ることとなり、守護である義続は傀儡化(くぐつか:あやつり人形のように言いなりに動いて利用されること)してしまうことに。

その後も畠山家は9代目、10代目と実権を握っては没落を繰り返し、畠山家の権力は次第に衰退の道を辿っていくこととなったのです。

こういった混乱の中で10代目「義慶」(よしのり)が変死を遂げると、弟である「義隆」(よしたか)が家督を継いで11代目当主となりましたが、1576年(天正4年)越後国(えちごのくに:現在の新潟県)から「上杉謙信」(うえすぎけんしん)が能登攻略のため侵攻し、翌年に至るまで能登各地で交戦が繰り広げられることに。

このとき、七尾城は上杉謙信の猛攻に1年以上耐えたことから、のちに天下屈指の堅城と讃えられました。しかし、この間に11代目・義隆が、七尾城で病死。統制の取れない畠山家は、猛攻に耐えてきたものの上杉謙信の包囲の前にあえなく落城となり、これをもって能登畠山氏は滅亡したのです。

その後、七尾城は謙信が派遣した上杉家の家臣「鰺坂長実」(あじさかながざね)と、畠山七人衆のひとりである「遊佐続光」(ゆさつぐみつ)が管理することになりました。

前田利家

前田利家

ところが、1579年(天正7年)に畠山家の旧臣である温井(ぬくい)氏と三宅(みやけ)氏が上杉家に反逆し、上杉家の勢力を能登から追放。

さらに翌年には、畠山家の旧臣は天下統一を目指す「織田信長」に仕えるようになり、能登は信長の支配下に置かれました。そして能登国は、信長から「前田利家」(まえだとしいえ)に与えられたのです。

利家は尾張国荒子(おわりのくにあらこ:現在の名古屋市中川区荒子)出身の戦国大名で、のちに「加賀100万石」で知られる加賀藩の藩祖となり、能登を含む加賀の領地を大いに繁栄させていきました。

7代目・義総が佩いた吉岡一文字の名刀

能登畠山氏の黄金時代を築いた7代目・義総は、七尾の町が「小京都」と呼ばれるようになるほど能登の発展に貢献しました。義総の佩刀だと伝わる本刀は「吉岡一文字」の作品で、鎌倉時代において「長船派」(おさふねは)と並んで、備前物の二大巨頭とされる「一文字派」(いちもんじは)の流れを汲む1振です。

吉岡一文字は、一文字派の代表格である「福岡一文字」に続いて鎌倉時代後期に吉岡という地で繁栄した刀工集団。福岡一文字の祖と言われる「則宗」(のりむね)の子「助宗」(すけむね)の孫である「左衛門尉助吉」(さえもんじょうすけよし)を祖として、一派の代表工は「助」を通字にしていたようです。

刀 無銘 伝吉岡一文字

刀 無銘 伝吉岡一文字

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
無銘 鎌倉時代後期 重要美術品 能登畠山家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
詳細を見る

能登畠山氏と吉岡一文字の名刀

能登畠山氏と吉岡一文字の名刀をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


鍋島家と肥前国住陸奥守忠吉

鍋島家と肥前国住陸奥守忠吉
「特別重要刀剣」に認定されている「刀 銘 肥前国住陸奥守忠吉」は、「佐賀藩」(現在の佐賀県佐賀市)別称「肥前藩」(ひぜんはん)の藩主「鍋島家」に伝来した名刀です。肥前国(ひぜんのくに:現在の佐賀県、長崎県)の戦国大名「龍造寺家」(りゅうぞうじけ)の家臣であった鍋島家は、龍造寺家宗家の断絶後「徳川家康」に認められ、佐賀藩の藩主に就任しました。 特別重要刀剣に認定の刀 銘 肥前国住陸奥守忠吉についてご紹介すると共に、この刀剣を所有していた鍋島家や、江戸時代初期の刀工で「最上大業物」(さいじょうおおわざもの)に列せられる名工「陸奥守忠吉」(むつのかみただよし)についても解説します。

鍋島家と肥前国住陸奥守忠吉

尾張徳川家家老・竹腰家に伝わる名刀

尾張徳川家家老・竹腰家に伝わる名刀
「刀 無銘 伝長義」を所持していたとされるのは、尾張徳川家家老・竹腰家(たけのこしけ)です。竹腰家の初代「竹腰正信」(たけのこしまさのぶ)は、尾張徳川家の初代藩主「徳川義直」(とくがわよしなお)と異父兄弟の関係。竹腰正信と徳川義直は共に成長し、やがて竹腰正信は家老へ、徳川義直は藩主へと大きく躍進していきます。そして、刀 無銘 伝長義を作刀したとされるのは、南北朝時代の刀工「長義」(ながよし/ちょうぎ)。最年少で「正宗十哲」に名を連ねた名工です。竹腰家と刀 無銘 伝長義についてご紹介します。

尾張徳川家家老・竹腰家に伝わる名刀

柳河藩主・立花家と無銘の名刀 国宗

柳河藩主・立花家と無銘の名刀 国宗
「立花宗茂」(たちばなむねしげ)は、筑後国柳河藩(ちくごのくにやながわはん:現在の福岡県柳川市)の藩主を務めた戦国武将。文武に秀で「武士の中の武士」として当時から高い評価を得ていました。しかし、「関ヶ原の戦い」で西軍に与したことで改易処分を受け、一時は放浪の身となってしまいます。そののち、徳川家家臣「本多忠勝」などの協力を得て、再び大名へと返り咲きました。柳河藩主・立花家と無銘の名刀 国宗では、立花宗茂の経歴と共に立花家に伝来した無銘の名刀「国宗」(くにむね)をご紹介します。

柳河藩主・立花家と無銘の名刀 国宗

中島家伝来・鎌倉時代の太刀 吉房

中島家伝来・鎌倉時代の太刀 吉房
「太刀 銘 吉房」は「御番鍛冶」(ごばんかじ)であった刀工「吉房」(よしふさ)によって鎌倉時代に作られ、航空機メーカー「中島飛行機株式会社」(なかじまひこうきかぶしきがいしゃ)で有名な「中島家」にて所持されていた刀剣です。本刀は、第2次世界大戦後に連合国から刀剣を救うきっかけにもなった1振。今回は、そんな本刀を取り巻く歴史について解説すると共に、刀工・吉房と中島家についてご紹介します。

中島家伝来・鎌倉時代の太刀 吉房

久留米藩・有馬家の名刀 繁慶

久留米藩・有馬家の名刀 繁慶
雄大な筑後平野が広がり、九州最大の河川である筑後川が流れる福岡県久留米市。「久留米」という地名の由来には諸説ありますが、久留米藩士が編纂した筑後国(ちくごのくに:現在の福岡県南部)の史書「筑後志」(ちくごし)では、古代日本で「神武天皇」(じんむてんのう)に仕えた「大久米命」(おおくめのみこと)という人物が、大きな「くるくる目」をしていたことから「くるめ」に繋がったのではないかという説が語られています。 ここでは、筑後国久留米藩で約250年間藩主を務めた有馬家と共に、有馬家に伝来した名刀「繁慶」(はんけい)についてご紹介します。

久留米藩・有馬家の名刀 繁慶

石見小笠原家伝来の宗恒

石見小笠原家伝来の宗恒
「石見小笠原家」(いわみおがさわらけ)は、鎌倉時代中期から島根県の石見を拠点として「石見銀山」(いわみぎんざん)という魅惑の山を攻防してきた豪勇な一族です。主を何度も変えながら、猛者揃いの乱世を生き抜きました。今回紹介するのは、石見小笠原家に伝わったという刀剣。ここでは、石見小笠原家にどんな歴史、特徴があるのかをご紹介します。

石見小笠原家伝来の宗恒

日向伊東氏伝来の刀 和泉守国貞

日向伊東氏伝来の刀 和泉守国貞
重要刀剣である本刀「和泉守国貞」(いずみのかみくにさだ)は、日向国飫肥藩(ひゅうがのくにおびはん:現在の宮崎県日南市)の藩主であった「伊東氏」(いとうし/いとううじ)に伝来した刀剣です。国貞の作刀は「大業物」(おおわざもの:特に切れ味の良い日本刀)に列せられており、江戸時代の剣豪達に好まれていました。ここでは、日向伊東氏の歴史と共に、本刀・和泉守国貞がどのような刀剣なのかを解説していきます。

日向伊東氏伝来の刀 和泉守国貞

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀
「秋元家」(あきもとけ)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)に仕えた大名です。転封(てんぽう:所領を別の場所に移すこと)を繰り返した秋元家が、最後に所領としたのが上野国館林藩(こうずけのくにたてばやしはん:現在の群馬県館林市)でした。 徳川家と深い縁があったにもかかわらず、幕末は新政府側の一員となった秋元家の歴史とはどのようなものだったのでしょうか。

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光
本薙刀の制作者は、備前長船の刀匠であり、「最上大業物鍛冶師」(さいじょうおおわざものかじし)と称えられる「長船秀光」(おさふねひでみつ)。南北朝時代に小反り物(こぞりもの)の代表的な刀工として活動していました。 小反り物とは、長船鍛冶の嫡流(ちゃくりゅう:正統の流派)の「兼光」(かねみつ)や、傍系の「元重」(もとしげ)、「長義」(ながよし/ちょうぎ)に属さない刀工郡のこと。そんな刀鍛冶の手による、特別保存刀剣の薙刀、無銘 長船秀光は「谷家」(たにけ)に伝来しました。 ここでは、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)にかかわりのある谷家の歴史や経歴をご紹介するのに合わせて、薙刀 無銘 長船秀光の歴史や特徴もご説明していきます。

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

注目ワード
注目ワード