歴史上の人物と日本刀

美濃国守護・土岐頼芸と美濃伝の名刀 志津

文字サイズ

戦国時代の幕開けと共に、「美濃国」(みののくに:現在の岐阜県南部)では、守護大名の座を奪い合う、熾烈な戦いが繰り広げられました。ここでは、土岐(とき)家の兄弟による家督争いから、家臣による下克上へと発展した「大桑城の戦い」 (おおがじょうのたたかい)まで、美濃国で起こった戦いをご紹介します。 また「美濃伝」の祖とされる「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)が鍛えた土岐家の佩刀(はいとう)についてご説明します。

土岐頼芸が美濃国守護となるまで

土岐家兄弟による家督を巡る合戦

土岐頼武

土岐頼武

「美濃源氏」(みのげんじ:清和源氏の流れを汲む一族)の嫡流として、美濃国に栄えたのが土岐家です。

1502年(文亀2年)、「土岐頼芸」(ときよりのり)は、土岐家の次男として生まれました。父は「政房」(まさふさ)。頼芸は、長男「頼武」(よりたけ)を差し置いて父から深い寵愛を受けたことで、次第に兄弟の家督争いへと発展していったのです。

さらに、守護の代理を務める「守護代」として土岐家に仕える重臣・斎藤氏の衰退によって、国内は不安定な情勢が続いていました。守護代の座を護ろうとする斎藤家と、その座を奪おうと勢力を付けてきた長井氏の対抗的な関係も相乗し、ついに美濃国内は「頼武派」と「頼芸派」とに分かれ、戦いの火蓋が切られることとなったのです。

兄・頼武には守護代「斎藤利良」(さいとうとしなが)が付き、弟・頼芸には小守護代(守護代の代官)「長井長弘」(ながいながひろ)と、長井家の家臣「西村勘九郎」(にしむらかんくろう)が加勢することとなりました。

1戦目は1517年(永世14年)、まずは兄・頼武の勢力が大勝します。しかし、翌年の2戦目では、頼芸が頼武を見事に討ち払い、越前国(えちぜんのくに:現在の福井県嶺北地方)への追放に成功。

ところが頼武は、越前国で守護代・斎藤家の娘の嫁ぎ先である朝倉家(あさくらけ)に力を借り、翌年の1519年(永世16年)、再戦を果たすため美濃国に侵攻します。一度は兄に勝利した頼芸でしたが、3戦目にして再び頼武の勢力に敗れてしまうことに。

こうして3年に亘って兄弟間で激しく繰り広げられた合戦も、頼武の勝利でようやく幕を閉じることになるかと思われました。しかし、頼芸もまた再戦を果たすべく、家督奪還に燃えていたのです。

激戦の末に美濃国守護となった頼芸

斎藤道三

斎藤道三

その後、頼武は朝倉家から支援を受けながら、美濃国での政権維持に努めていました。しかし、1525年(大永5年)、再び頼芸が長井長弘らと挙兵。次第に勢力を増していき、ついに1530年(享禄3年)に頼武派の牙城(がじょう:本丸)を崩したのです。

こうして、土岐家の家督を賭けた兄弟戦争は、弟・頼芸に軍配が上がり、家督を継承した頼芸は、1536年(天文5年)に幕府から正式に美濃守護の座に就くことを認められました。

頼芸の守護就任により、頼武派の守護代・斎藤家も没落。1537年(天文6年)に斎藤利良が逝去すると、斎藤家は断絶することに。また、これまでの合戦で軍功を挙げた頼芸派の長井長弘や西村勘九郎も逝去。頼芸は、勢力維持のために勘九郎の息子・道三(どうさん:斎藤道三)に斎藤家を継がせ、守護代の座に就かせました。

しかし、この挙用がのちに頼芸自身を苦しめることになろうとは、このときはまだ思ってもいなかったのです。

頼芸を襲った悲劇!道三による美濃国盗り

下克上に敗れた頼芸

濃姫

濃姫

美濃国11代守護となり、やっと政権を手に入れた頼芸。しかし、勘九郎の跡を継いで守護代となった斎藤道三はなかなかの曲者で、次第に頼芸と対立するようになっていきます。

一説によると、道三が頼芸派の重臣・長井長弘を殺したとも言われており、道三は自分の君主を乗っ取って守護代の座に就いたのではないかとも考えられています。

道三の父・勘九郎は、もともと油売りの行商から小守護代の家臣に成り上がったという経歴だったため、父の背中を見て育った道三も、野心が人一倍強かったのかもしれません。道三はついに守護職の座をも奪うことを画策し、頼芸を追い詰めていくのです。

1542年(天文11年)、頼芸は道三によって居城の「大桑城」(おおがじょう)を包囲されます。頼芸は尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の守護代を務めていた「織田信秀」(おだのぶひで)のもとへ駆け込みます。その結果、信秀の支援を受けて道三と和睦し、大桑城へと戻って守護職へ復帰。しかし、2年後の1547年(天文16年)、頼芸の兄・頼武が病死したことをきっかけに、再び道三による大桑城攻めが始まるのです。

頼芸はまたもや信秀のもとへ逃げ、翌年和睦がなされました。このとき、道三の娘「帰蝶」(きちょう:通称は濃姫)が、信秀の子「信長」(のぶなが)と政略結婚をします。のちの天下人・織田信長の正室に迎えられたのが道三の娘だったのです。織田家との関係を結んだ道三は、ますます勢力を拡大していきました。

この和睦で、頼芸は再び大桑城に戻れることとなりますが、この頃の美濃国の実権はすでに道三にあったようなもの。1552年(天文21年)に3度目の大桑城攻めにあったときには、もはや頼芸に手を差し伸べる者はいなくなっていました。こうして孤立状態となった頼芸は美濃国を追放され、11代続いて美濃守護を務めた土岐家は、とうとう道三によって陥落したのです。

流浪の旅へ出た頼芸の最期

後ろ盾を失くして美濃国を出た頼芸は、実弟の「土岐治頼」(ときはるより)が城主を務める、常陸国江戸崎城(ひたちのくにえどさきじょう:現在の茨城県稲敷市)へと向かいます。ここで頼芸は、治頼に家宝と系図を譲渡し、土岐宗家を継承させました。

江戸崎城をあとにすると、頼芸は続いて上総国万喜城(かずさのくにまんぎじょう:現在の千葉県いすみ市)を訪れます。頼芸の従兄弟とされている城主「土岐為頼」(ときためより)を頼り、しばらくここに落ち着いていました。その後、今度は甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)の武田氏を頼った形跡が残っています。これは、美濃土岐氏と関係の深い和尚が、甲斐国で武田氏に厚遇されていたことが関係しているのではないかと考えられています。

しかし、1582年(天正10年)になると、織田信長によって武田氏は滅亡します。悲運なことに、この時期に甲斐国にいた頼芸は信長に捕らえられ、尾張国の岩倉や犬山に連れて行かれて謹慎を下されるのです。すると、信長の家臣となっていた頼芸の旧臣「稲葉一鉄」(いなばいってつ)が、所領地であった岐礼村(きれむら:現在の岐阜県揖斐川郡揖斐川町谷汲)に東春庵(のちの[法雲寺]:ほううんじ)を設けて、頼芸を住まわせました。

実に30年ぶりの美濃国への帰還となった頼芸ですが、この頃には眼病を悪化させていたため、故郷の景色をじっくりと見ることは叶わなかったかもしれません。頼芸は美濃国への帰還後すぐに、同年12月4日、82歳で人生の幕を閉じました。

頼芸の波乱万丈な人生の終着点である東春庵改め法雲寺には、頼芸の墓が建てられており、岐阜県指定の史跡となっています。

頼芸の佩刀・美濃伝の志津

兄や家臣と何度も合戦を繰り広げていた頼芸ですが、実は文武両道に優れた武将だったと言われています。画才に秀でていた頼芸は、特に鷹の絵を描くことを得意とし、彼の作品は「土岐の鷹」と呼ばれ、当時から名画として評価されていたのです。そんな美濃国の文化人としての一面を持つ頼芸は、美濃伝の「志津三郎兼氏」の刀剣・日本刀を佩刀していました。

美濃国は、もともと「五箇伝」(ごかでん:多くの名工を輩出した日本刀の代表的産地)の中で最も古いとされる大和伝(やまとでん:現在の奈良県に伝来した流派)に属していましたが、相州伝(そうしゅうでん:現在の神奈川県に伝来した流派)を確立した「正宗」(まさむね)の弟子、「正宗十哲」のひとり、志津三郎兼氏が美濃国へ移住したことをきっかけに相州伝が広まり、刀剣需要が高まった南北朝期に美濃伝が完成して繁栄したと言われています。

志津三郎兼氏は、大和の刀工「手掻包永」(てがいかねなが)系の出身で、相州伝の正宗に学んだあと、美濃多芸庄志津(みのたぎしょうしづ:現在の海津市南濃町志津)に移住して活躍した刀工で、大和伝に相州伝を加味して新しく美濃伝を築き上げました。

本刀は、鎌倉末期の相州伝らしい豪壮な姿に、南北朝時代を代表する様式を用いた、品格漂う1振となっています。

刀 無銘 伝志津

刀 無銘 伝志津

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
無銘 南北朝時代 重要美術品 土岐家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
詳細を見る
美濃伝の日本刀

美濃伝の刀剣・日本刀をご覧頂けます。

美濃国守護・土岐頼芸と美濃伝の名刀 志津

美濃国守護・土岐頼芸と美濃伝の名刀 志津をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊

立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊
「刀 無銘 伝二字国俊」(重要美術品)は、柳川藩(やながわはん:現在の福岡県柳川地方)藩主「立花宗茂」(たちばなむねしげ)が所持したとされる名刀です。立花宗茂は、歴史好きの間では非常に人気の高い武将。「関ヶ原の戦い」では西軍に付き、一度は改易されたにもかかわらず、そののち大名として復帰したことはよく知られています。 作刀したのは、山城国(やましろのくに:現在の京都府南部)の刀工「国俊」。山城伝を代表する来派(らいは)に属し、来を冠する「来国俊」と「国俊」のみの二字銘が現存します。ここでは、立花宗茂について述べると共に、国俊や来派、山城伝についても解説していきます。

立花宗茂の刀 無銘 伝二字国俊

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋
「夢想神伝流」(むそうしんでんりゅう)を創始した「中山博道」(なかやまひろみち/なかやまはくどう)は、様々な武道に通じ、史上初めて「剣道」、「居合道」、「杖術」(じょうじゅつ)の3つの範士の称号を授与された人物です。 道場以外にも、学校や警察、企業などにおいても師範を務め、「昭和の剣聖」、「最後の武芸家」と呼ばれました。 そんな中山博道が所有した刀剣・日本刀を作ったのが、刀工「森良近」(もりよしちか)です。中山博道は、なぜこの刀剣・日本刀と出逢い、愛刀としたのでしょうか。その理由をご紹介します。

中山博道の太刀 銘 森良近 昭和三年仲秋

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定
「十市遠忠」(とおちとおただ)は、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)を治めた戦国武将で、「十市城」(といちじょう)、龍王山城(りゅうおうざんじょう)の城主。武術はもちろん和歌にも通じ、「十市遠忠詠草」(とおちとおただえいそう)などの歌集も多数残しました。 そんな十市遠忠が所持していたのは、「短刀 銘 備州長船祐定 明応七年八月日」。この短刀を所持した十市遠忠が、どのような人生を歩んでいったのかをご紹介します。

十市遠忠伝来の短刀 備前長船祐定

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永
徳川家の御用鍛冶として、幕末まで刀剣・日本刀の制作を続けた「藤原兼永」(ふじわらかねなが)。その藤原兼永が作刀した刀剣・日本刀の所有者で有名なのが、「明楽茂村」(あけらしげむら)です。 明楽茂村は、将軍に御目見できない「御家人」の身分でありながら、幕府の要職である勘定奉行を9年間務め「旗本」にまで大出世した人物。この大出世には、ある秘密が隠されていました。そんな明楽茂村とは一体どんな人物だったのでしょうか。 明楽茂村について紹介すると共に、明楽茂村が所持した薙刀の歴史と特徴についてご紹介します。

明楽茂村の薙刀 武州住藤原兼永

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房
「徳川家康」(とくがわいえやす)は、1542年(天文11年)に三河国(みかわのくに:現在の愛知県東部)「岡崎城」で生を受けました。岡崎城は、徳川家康の祖父である「松平清康」(まつだいらきよやす)が戦国時代中期に「西郷氏」(さいごうし)から奪取した場所で、岡崎平野が広がる豊穣な地でありながら、交通の要衝でもあったため、争奪が繰り広げられる場となっていたのです。江戸時代、岡崎藩は徳川家康誕生の地として厚遇され、徳川家にとって特別な場所となっていました。今回は岡崎藩の歴史を振り返ると共に、岡崎藩最後の藩主家となった「本多平八郎家」(ほんだへいはちろうけ)に伝来した名刀「則房」(のりふさ)をご紹介します。

徳川家康誕生の地 岡崎藩と名刀 則房

朝香孚彦と靖国刀の靖光

朝香孚彦と靖国刀の靖光
1876年(明治9年)、明治新政府が発した「廃刀令」によって、それまで「武士の魂」とされていた刀剣・日本刀の実用品としての需要は衰退。刀匠や金工師、鞘師など刀剣・日本刀制作にかかわってきた大多数の職人は廃業を余儀なくされるなど、刀剣・日本刀は「冬の時代」を迎えていました。大正時代に入ると、刀剣・日本刀の材料である「玉鋼」(たまはがね)を精製する日本古来の「たたら製鉄法」が廃絶。しかし、風前の灯となっていた刀剣・日本刀文化が息を吹き返しました。そのきっかけは、皮肉にも戦争の拡大。昭和初期、日本が軍国主義の道を進むにつれて、刀剣・日本刀は「軍人の魂」として、需要が拡大。「日本刀鍛錬会」が創設され、「靖国神社」の境内に鍛錬所が設置されました。そこで制作された軍刀が「靖国刀」です。見た目が美しく、実用性の高い靖国刀は、恩賜刀(天皇から与えられる日本刀)としても用いられました。 ここでは、昭和初期の刀剣・日本刀をめぐる状況と共に、元皇族で陸軍軍人の「朝香孚彦」(あさかたかひこ:元皇族・朝香宮孚彦王)に贈られた靖国刀「靖光」(やすみつ)についてご紹介します。

朝香孚彦と靖国刀の靖光

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」
織田有楽斎(おだうらくさい)は織田信長の弟で、本名は織田長益(おだながます)と言います。武将として合戦に参戦し、大草城や深志城の城主になるほどの手腕を発揮。しかし、温厚な性格だった織田有楽斎(織田長益)は茶道に励むのでした。 「本能寺の変」で織田信長が自害したのち、織田有楽斎(織田長益)は豊臣秀吉に仕え、茶人として頭角を現します。ついには「わび茶」の完成者・千利休の高弟「利休十哲」に数えられるまでになり、武家茶道「有楽流」を確立します。さらには織田有楽斎(織田長益)の屋敷があったとされる町に「有楽町」(東京都千代田区)という名まで付けられました。 幾度も合戦に参戦しながらも、茶人として生きた織田有楽斎(織田長益)。 織田信長、豊臣秀吉、そして徳川家康の三英傑に仕えるなど波乱に満ちた織田有楽斎(織田長益)の人物像に迫ると共に、彼が愛用した刀剣・日本刀「有楽来国光」(うらくらいくにみつ)についてご紹介します。

織田有楽斎(織田長益)と短刀「有楽来国光」

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信
「山鳥毛」(さんちょうもう/やまとりげ)は、「上杉謙信」由来の刀剣・日本刀です。関東管領の地位、上杉家の家督と共に、謙信に譲られたというこの名刀についてご紹介します。

日本刀 山鳥毛の写しと愛刀家上杉謙信

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波
「凡そ例といふ文字をば向後は時といふ文字にかへて御心えあるべし」 この一文は、室町時代の説話集「塵塚物語」(ちりづかものがたり)に記載されている「山名宗全」(やまなそうぜん)の台詞で、「今現在の時勢こそ大切なのだ」という宗全のモットーが語られています。宗全が生きた時代は、室町幕府における守護大名の体制が変化していった時代で、諸国各地で対立や争いが勃発していました。そして何より宗全こそが、日本を戦乱の世へと導いた象徴的人物だったのです。 今回は、室町時代に勢力を拡大した守護大名・山名宗全をご紹介すると共に、彼の子孫が刀匠に注文したとされる薙刀について見ていきます。

山名宗全と堀川国広の薙刀 磯波

注目ワード

注目ワード