日本刀を知る

時代劇での日本刀

文字サイズ

日本刀の知識が深まって歴史が好きになっていくと、映画やテレビの時代劇にも興味を持つのではないでしょうか。特に、刀の名士と呼ばれた人の話なら、「あの役者が演じるあの武士は、あの日本刀を持っていたはず」、「あの日本刀で殺陣(たて:闘争の演技)をするところがぜひ見たい」と興奮もひとしお。ここを見ると時代考証のツウになれる!?時代劇の注目ポイントをご紹介します。

日本刀をささげる

「時代劇」とは、主に明治維新以前の日本を舞台とした、テレビや映画の作品のこと。なかでも人気が高く、作品として多いのは「戦国時代」と「江戸時代」です。

武士が描かれれば、帯刀している刀も必然的に登場するので、刀剣ファンには必見です。そこで、時代劇でちょっと気になることを考証していきたいと思います。

考証1 平時と戦時で持ち方が違う?

小姓

小姓

例えば、将軍(大名)の後ろに座って日本刀を持っている若者のこと、ちょっと気になりませんか。あの若者は一体何者なのでしょうか。

正解は、将軍や大名の身辺で雑用を行なう「小姓」(こしょう)と言う役職の人。室町時代に将軍に近従した者を「小姓衆」と呼び、以後、役職となったそうです。

この小姓には、主に人質に取った大名の子弟が選ばれました。そのため、若年者が多かったのが特徴です。有名なのは、織田信長の小姓「森蘭丸」や「前田利家」。豊臣秀吉の小姓「石田三成」、上杉謙信の小姓「直江兼続」など。

正式には、将軍(大名)の左側(向かって右)で正座し、日本刀を持ちます。持ち方として平時には、刀の柄を上にして右手で持ち、刃を自分に向けます。さらに「鐺」(こじり:鞘の末端部分)に「袱紗」(ふくさ:貴重品を包む布)を敷いて垂直に立てるのです。重い刀を正しい姿勢で持ち続けるのは、とても重労働。

しかし戦時には全く変わります。その理由は、小姓は将軍に付いて戦に赴くので「鎧」を纏い「臑当」(すねあて)を付けるから。臑当を付けると膝を折ることができなくなり、正座ができなくなってしまいます。そのため、戦時に日本刀を持つときは、右膝を立てて左膝を折り、刀の柄を右手で持ち鞘を右肩に乗せるという、ちょっと偉そうな格好になるのです。

ところが、将軍が「刀を」と言ったときには、右膝をすっと立てて左膝を起こして、柄を右前に静止して差し出します。これは、将軍が刀の柄を握りやすくするため。従順に見えて、とても様になる姿。将軍が柄を握ったら鞘を引き下げ、抜刀するのです。

今後、室町時代以降の時代劇などをテレビや映画で見た際、小姓が映っていたら平時と戦時で、日本刀の持ち方に違いがあることをぜひ確認してみましょう。

座敷での日本刀

テレビや映画でよく見るシーンと言えば、他家を訪問する武士。何気ないシーンですが、よく見ていると日本刀を室内に持ち込む武士もいれば、持ち込まない武士もいました。

考証2 他家訪問時のマナーとは?

日本刀を置く

日本刀を置く

日本刀を室内に持ち込む武士の中にも、刀を指したまま座っている武士と、刀を置いている武士がいます。「作法」としては一体どちらが正しいのでしょうか?

正解は、刀を置いている武士です。他家を訪問した場合は、履物を脱ぐ前に必ず帯刀していた刀を抜き取り「下緒」(さげお:鞘に装着して用いる紐)をさばいて三つ折にし、右手に刀を持ってそのまま客間か案内される部屋へと進みます。刀を手持ちすることを、正式には「提刀」(さげとう)と言います。

そして着座するときには、刀を自分の右側、膝のあたりに鐔がくるように置くのです。刃を自分に向け「栗形」(くりかた:下緒を通す突起物)が下になるように置くのが礼儀。この行為により、敵対する意志がないことを示すことができるのです。

なお、刀を抜き取り左手に提げて持つのは、絶対にいけません。刀を左手に持てば「右手ですぐに抜いて斬るぞ」という意味になり、害心があって侵入したと思われて、取り押さえられる事態になりかねないのです。

さらに心得ておきたいのは、刀の鐔を自分の右膝の外側にぴったりと密着させて置くということ。まさかのときは、敵に襲われて後方から刀を奪われる危険がありますが、鐔を膝に密着させておくと、敵が自分の刀に触れたことがすぐに分かり、応戦できるのです。具体的には、右膝を浮かせて膝で鐔を上から強く抑えておきます。

こうすれば、たとえ敵が刀を奪い取ろうしても、柄と刀身は膝に押さえられているので、刀身は畳の上にそのまま残すことが可能。

この状態からならば、前後ろ左側、右側の敵を切ることもできるのです。この方法を「正木一刀流四方斬り」(まさきいっとうりゅうしほうぎり)と言います。テレビや映画で行なわれると様になる武術の型のひとつです。

なお、殿中(でんちゅう:将軍や大名の居所)を訪問する際は、法令により帯刀禁止のため、打刀は入口で預けなければなりません(殿中指[でんちゅうざし:1尺未満の短刀]は帯刀しても良い)。そのため殿中で、殿中指以外の刀を帯刀することは有り得ないのです。

あの有名な江戸城の松の廊下で「浅野内匠頭」(あさのたくみのかみ)が「吉良上野介」(きらこうずけのすけ)を斬り付けた「赤穂事件」(あこうじけん)を描くならば、凶器は「短刀」でなければ間違いです。

雨の中を歩く

何気ない「雨」のシーン。時代劇でもよく描かれますが、刀剣ファンならば要注目の場面です。現代ではタブーではないので見過ごされがちですが、武士ならば絶対にしないことが、たくさんあります。

考証3 雨の日に武士が行なったことは?

雨が降っても走らない

雨が降っても走らない

雨の日に、武士ならば絶対にしないこととは、何でしょうか。それは、雨の中を「小走り」すること。軒下に入って「雨宿り」をすること。他人の傘に入れてもらい「相合傘」をすること。これらは武士の教育にはない、してはいけないことになっていました。

たとえ突然雨が降ってきたとしても小走りはせず、普段と変わりないように悠々と雨に濡れて歩くのが鉄則。武士たる者、雨ごときにうろたえてはいけません。

ただし、刀の柄だけは雨に濡れないように守る必要がありました。その理由は、柄をぬらすと柄を握ったときに滑って感触が悪くなるから。すると、非常事態が起きたときに、思わぬアクシデントを招く場合があったのです。

また柄に鮫革が巻いてある場合、雨に濡れると水分を吸って、ふやけてやわらかくなってしまうから。鮫革は乾燥しているときは、とても硬くて切れませんが、濡れるとやわらかくなり刃物で切れてしまうのです。

したがって、雨が降ってきたら武士は持っている「手ぬぐい」で柄を巻くか「左袖の袂」で柄を覆いました。

それでは、すでに出掛けるときから雨が降っている場合は、どうしたのでしょうか。正解は「柄袋」を柄にかぶせて出掛けたのです。柄袋には、舶来の「羅紗地」(らしゃじ)や「鹿革黒うるし掛け」の高級な物から「呉絽」(ごろ)や麻製の粗末な物まで様々な物がありました。

これを踏まえてテレビや映画のシーンに注目すると、突然雨が降ったときに手ぬぐいで柄を巻いたり、袂で柄を覆ったりすることは正しいですが、はじめから雨が降っているシーンで戦に挑むという場面では、柄袋をしていなければいけないと分かります。

時代劇での日本刀

時代劇での日本刀をSNSでシェアする

「日本刀を知る」の記事を読む


国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣
国内外問わず、美術品として高い人気を誇る日本刀。時代を超えて現代に残る日本刀は、その歴史的・美術的価値を守るために、「有形文化財」として登録されることがあります。日本刀の価値を高め、後世に残すための「文化財保護法」。また、それに付随する「国宝」や「重要文化財」とは何か、どのような基準で登録されるのか。分かりやすくご紹介します。

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

御物の日本刀とは

御物の日本刀とは
「御物」(ぎょぶつ)とは、皇室の私有品として天皇家に伝来した美術品や古文書などの所蔵品のこと。現在は宮内庁が管理しており、御物の中には日本刀も多数含まれています。その理由は、大名などから献上された他、「明治天皇」をはじめ「愛刀家」として知られる天皇らが名刀を収集したためです。御物の日本刀では、御物の歴史と共に御物に指定されている名刀をご紹介します。

御物の日本刀とは

守り刀・枕刀とは

守り刀・枕刀とは
日本には、古くから日本刀にまつわる風習が数多く伝わってきました。そのひとつが、大切な人を守護するために短刀を贈るという習慣で、これらの短刀は「守り刀」(まもりがたな)と呼ばれています。誕生したばかりの子どもや花嫁などの子女に贈る場合の他、故人の枕元や胸元に置くのも守り刀です。一方、就寝時に枕元へ置いて魔除けの効果をもたらす守り刀のことを「枕刀」(まくらがたな)と呼び、この慣習は武家の時代から行なわれていました。守り刀・枕刀とはでは、持ち主を護るための日本刀である「守り刀」についてご紹介します。

守り刀・枕刀とは

偽物の鑑別

偽物の鑑別
戦のない現代においては、「武具」としてだけではなく、「美術品」としての側面にもその価値が見出されている日本刀。その人気は日本のみならず海外にまで広がり、市場における流通量も増えているため、その分、贋作(がんさく:日本刀の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が出回っていることも事実。有名刀工の刀だと言われて高い金額で購入した日本刀が、実は本物ではなかった、というケースもあります。ここでは、日本刀好きの皆さんに、本当に価値のある日本刀の鑑賞を楽しんで頂くために、偽物の刀にはどのような特徴があるのか、そして、本物と偽物とを見極めるポイントについてご説明します。

偽物の鑑別

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の格付けと歴史

日本刀の格付けと歴史
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより刀剣の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」にもなったのです。ここでは、刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

日本刀の格付けと歴史

本阿弥家と折紙

本阿弥家と折紙
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としての「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としての「業物」(わざもの)の格付けなどです。これらの格付けによって能力と信用とが保たれ、土地に代わる「恩賞」として扱われていた刀剣。そんな格付けされた刀剣の「証明書」と言える物が「折紙」(おりがみ)であり、その「折紙」の起源、本阿弥家(ほんあみけ)とのつながり、書式や様式などを知れば、刀剣の世界がさらに広がります。この世界を広げるため、詳しく解説していきます。

本阿弥家と折紙

鞘書とは?

鞘書とは?
「鞘書」(さやがき)とは、日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

注目ワード
注目ワード