その他
江戸三作
その他
江戸三作

文字サイズ

江戸時代中期以降、長く平和な時代が続いたために、日本刀(刀剣)の需要も次第に減っていきました。刀鍛冶の手法そのものも簡素化されることとなり、かつては隆盛を極めた各地の刀工達も苦しい状況に陥ります。しかし、1772年(安永元年)に始まる安永期になると、「水心子正秀」(すいしんしまさひで)をはじめとする意欲的な刀工達が登場して「刀剣復古論」を提唱。「刀剣復古論」とは、南北朝時代から室町時代初期頃の「古刀」(ことう)の鍛錬法に復元すべきであるという主張です。彼らは、古い時代の日本刀(刀剣)を研究し、さらに、製鉄技術の進歩によって得られた地鉄(じがね)を用いて、「新々刀」(しんしんとう)と呼ばれる新しい日本刀(刀剣)を作り上げます。新々刀は、日本刀(刀剣)の革新となり、1876年(明治9年)の「廃刀令」まで制作されました。

江戸三作とは

新々刀の制作に尽力した名のある刀工達の中でも、江戸に拠点を構えた経歴を持つ3人の名刀工を「江戸三作」と呼んでいます。すなわち、「新々刀」の始祖として知られる「水心子正秀」(すいしんしまさひで)、正秀の弟子で師にも負けないほどの腕を持つ「大慶直胤」(たいけいなおたね)、そして幕末の刀工随一の人気を誇る「源清麿」(みなもときよまろ)の3刀工です。ここでは、彼らの人物像と作品の特徴についてご紹介します。

新々刀

新々刀

水心子正秀(すいしんしまさひで)

水心子正秀(すいしんしまさひで)は、1750年(寛延3年)生まれ。出羽「米沢藩」領の中山村諏訪原(現在の山形県南陽市)の出身です。幼くして父を亡くし、母の実家である赤湯町外山家で育ちます。

長じては、赤湯北町で野鍛冶(のかじ:農具や包丁、鉈などを作る鍛冶)をしながら、長井小出の鍛冶「吉沢三次郎」に学び、腕を磨きました。そののち、刀工を志して武州八王子(現在の東京都八王子市)の「宮川吉英」(みやがわよしひで)のもとで修行し、腕を上げていきます。

そして、1774年(安永3年)、「山形藩」(現在の山形県)2代藩主「秋元永朝」(あきもとつねとも)に召し抱えられ、「川部儀八郎正秀」(かわべぎはちろうまさひで)と名乗ると共に、号を「水心子」としました。

しかし、正秀はこれに満足することなく、たびたび名刀工の子孫を訪ねて教えを請います。中でも、鎌倉時代きっての名人「正宗」の子孫「山村綱広」(やまむらつなひろ)に入門すると、系図と秘伝書を授けられることとなりました。

正秀はその後も研鑽(けんさん:学問などを深く究めること)を積み、工夫を重ねていきます。「山城伝」(やましろでん)、「備前伝」(びぜんでん)などの古法の探求から発見した「おろし鍛え」の方法もそのひとつ。これは、新しい製鉄法で精錬された、いわゆる市販の鉄は用いず、砂鉄の精錬から日本刀(刀剣)の鍛錬までを、古法にしたがって刀工自身が一貫して行なう方法です。

正秀の山城伝は、「粟田口」(あわたぐち)派の作品を手本としており、上品な姿をした「沸」(にえ)の少ない「直刃」(すぐは)に、「小乱れ」(こみだれ)。備前伝は古備前の「一文字」(いちもんじ)派を手本としていますが、逆がかった「小丁子乱れ」(こちょうじみだれ)が交じり、オリジナルの古刀に比べると、刃中の働きがほとんどありません。

このように、正秀は生涯に369振の日本刀(刀剣)を打ちましたが、その技法のすべてを十数冊の本にまとめて公開したと伝えられています。一門の門人も百に達し、北は出羽米沢から、南は薩摩まで全国に及ぶとのことです。

水心子正秀

水心子正秀

大慶直胤(たいけいなおたね)

大慶直胤(たいけいなおたね)は1779年(安永8年)、奥州出羽国山形(現在の山形県)生まれ。通称は「荘司箕兵衛」(しょうじみのべえ)。出羽国の刀鍛冶であった父のもとで作刀を学びました。24歳のとき、刀工を目指して水心子正秀に師事。その技量は師をしのぐと言われ、新々刀前期を代表する刀工のひとりとなります。

正秀の弟子となって間もなく、銘を「大慶直胤」と切るようになりますが、のちに「筑前大掾」(ちくぜんだいじょう)を受領。これを冠し、さらに「美濃介」(みののすけ)に転じることとなります。

直胤は「相州伝」(そうしゅうでん)を最も得意としており、次いで備前伝を得手としていました。おおむね、師である正秀よりも豪壮な作柄です。水心子正秀との比較で直胤の特徴を観ていきましょう。

大慶荘司直胤

大慶荘司直胤

  1. 正秀の刃文は「沸」が少なく穏やかですが、直胤は「大丁子乱れ」(おおちょうじみだれ)に特有の「荒沸」(あらにえ)が付きます。
  2. 正秀の地肌は目が細かく肌が詰んでいますが、直胤は「杢目肌」(もくめはだ)に「板目肌」(いためはだ)が交じり、肌立ち気味です。
  3. 正秀の作品には彫刻がほとんどありませんが、直胤は手の込んだ精巧な彫刻を多く施しています。
  4. 直胤の作品は、力強く堂々としていますが、品格という点では正秀には敵いません。しかし、いずれも新々刀を代表する名刀工です。

源清麿(みなもときよまろ)

源清麿(みなもときよまろ)は1813年(文化10年)に、信濃国小諸藩赤岩村(現在の長野県東御市)の郷士(ごうし:農村に居住した武士)「山浦信友」(やまうらのぶとも)の次男として誕生。兄「真雄」(さねお)と共に、「上田藩」(現在の長野県)の抱え工「河村寿隆」(かわむらとしたか)に刀工の技を学びます。のちに、武士を志して江戸へ上り、幕臣の軍学者であり剣術家でもある「窪田清音」(くぼたすがね)に弟子入りを懇願。清麿の刀工としての腕を評価した清音のはからいで、清音の屋敷内に鍛冶場を持ち、作刀に専念します。

1839年(天保10年)、清音は「3両払えば1振作る」という「武器講」を募集しました。すると、あっと言う間に300両で100振の応募が集まったと伝えられています。このとき最初に仕上げた日本刀(刀剣)は、現在、重要美術品に指定されている名刀となりました。そこには、「山浦環正行天宝十年八月日武器講一百之一」という銘が切られており、「山浦環正行」(やまうらたまきまさゆき)とは、清麿銘を切る前の本名を入れた初銘です。

ところが、清麿は武器講のすべてを仕上げる前に、「長州藩」(現在の山口県)家老「村田清風」(むらたせいふう)の招きに応じて長州藩へ旅立ってしまいます。この頃に制作したのが「長州打」と称される作品です。

その後、1844年(天保15年)に江戸へ戻り、後年、四谷北伊賀町(現在の東京都新宿区四谷)に住んで作刀を続けたことから「四谷正宗」とも呼ばれました。しかし、若い頃からの深酒がたたり軽い脳震盪を起こしたのを悲観して、1854年(嘉永7年)に47歳で自害してしまいます。

清麿の作品は、新々刀期の日本刀(刀剣)の中でも、とりわけ人気が高いと言うことです。その作風は相州伝で、刀身の反りが浅く身幅は広く「鋒/切先」(きっさき)は延び、ふくらは枯れ、焼き幅の広い「匂い」を主体とした丸みのある「大乱れ」、「のたれ乱れ」を焼き、平地に「白髪筋」(しらがすじ)と呼ばれる銀の筋が現れるのが特徴とされています。

源清麿 中嶋兼足佩刀

源清麿 中嶋兼足佩刀

武器講について

3両で1振

3両で1振

源清麿の記述でふれました武器講。これは、江戸時代、日本刀(刀剣)を誂(あつら)えるために、数十人がお金を出し合って刀工に依頼する物です。日本刀(刀剣)を受け取る順番はくじによって決められます。注文して打ってもらうので、長さや重さ、刃文、反りなど、自分の好み通りに制作されるのが最大のメリットです。

窪田清音が募集した武器講は、3両で1振でした。1両は現在の貨幣価値に換算すると10~12万円ほど。当時の武器講における相場、1振2~3両に則していますが、有名な刀匠の日本刀(刀剣)は1振数百両とも言われていますから、現代の清麿人気から考えると、3両で1振はかなりお買い得だったのではないでしょうか。

江戸三作

江戸三作をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「その他」の記事を読む


天下三作

天下三作
「天下三作」(てんがさんさく)とは、「名物三作」(めいぶつさんさく)とも呼ばれており、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)と言う「名物」(めいぶつ:古来有名で、通名がある日本刀)の日本刀台帳に「天下の3名工」として記載されている3人の刀工です。鎌倉時代中期に「山城国」(やましろのくに:現在の京都)で活躍した「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)、鎌倉時代末期から南北朝時代に「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で活躍した「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)、南北朝時代に「越中国」(えっちゅうのくに:現在の富山県)で活躍した「郷義弘」(ごうのよしひろ)とその作刀を指します。天下人として名を馳せ、熱心な日本刀の収集家でもあった「豊臣秀吉」が珍重したことでも有名です。

天下三作

日本三名匠

日本三名匠
日本刀には作者の名前が刻まれています。それは銘(めい)と呼ばれますが、歴史の中で最初に銘が切られたのは、平安時代。「日本三名匠」と呼ばれる3人は、銘が切られている刀鍛冶の中で、最も古い時代の刀匠です。現代まで語り継がれてきた名刀には、神秘的な物語と関連付けられた日本刀もあります。では、日本三名匠が鍛えたとされる日本刀には、どのような物があるのでしょうか。

日本三名匠

尾張三作

尾張三作
愛知県の尾張地区と言えば、「織田信長」と「豊臣秀吉」の出身地であり、また「徳川家康」にもゆかりのある地域です。彼ら三英傑が活躍した室町末期から江戸初頭というのは、権力の変遷が目まぐるしい激動の時代。そして、刀剣史上でも、古刀から新刀へ移る過渡期でした。優れた刀剣、優れた刀工は、権力者のもとへ集まってくると言いますが、「尾張三作」と呼ばれる優秀な刀工達も、この時代に名古屋の地へやってきたのです。では、この背景にはどのようなことがあったのでしょうか。そして、時の権力者と彼らの関係はどのような物だったのでしょうか。

尾張三作

青江派

青江派
「青江派」(あおえは)とは、備中国青江(びっちゅうのくにあおえ:現在の岡山県倉敷市)で活躍したとされる刀匠の一派です。隣国である備前国邑久郡長船(びぜんのくにおくぐんおさふね:現在の岡山県瀬戸内市)の「備前長船派」とほぼときを同じくして共に繁栄し、平安末期から鎌倉・南北朝時代にかけて名声を上げました。その後、松山(現在の高梁市)や備中片山庄(現在の総社市周辺)で栄えた豪族の「上神氏」などのもとで武士と刀鍛冶を兼任していた背景から、南北朝時代に入って起こった政争の影響を受け、豪族達と共に衰退の運命に巻き込まれていったのです。

青江派

左文字

左文字
「左文字一派」(さもんじいっぱ)は、「筑前国」(ちくぜんのくに:現在の福岡県)で鎌倉時代後期から室町時代初期に日本刀を制作し、活躍した一派です。九州地方で最も卓越した技巧を持つ一門とされています。筑前国のある九州地方は、「大和伝」(やまとでん)の刀工が多いことで知られおり、初期の左文字派は大和伝の作風でしたが、一派の刀工のひとりである「左安吉」(さのやすよし:のちの左文字)が「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)の有名な刀工「正宗」(まさむね)に入門し、「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の弟子の中でも特に優れた10人の弟子)に数えられたことにより、「相州伝」(そうしゅうでん)を修得したため、相州伝の日本刀を制作するようになっていきました。

左文字

村正

村正
「村正」(むらまさ)は、伊勢国桑名郡(いせのくにくわなぐん:現在の三重県桑名市)で室町時代から江戸時代初期にかけて活躍した刀工一派です。徳川家の人間の死や負傷にかかわった凶器が、ことごとく村正の日本刀だったことから「妖刀村正」と恐れられ、広く人々に周知されるようになりました。「持ち主に祟りがある」、「抜けば血を見ずには治まらない」と囁かれたため、大名や旗本が使用を避けたとされています。系譜をはじめ、古くから諸説が囁かれる一派で、いまだに決定的な定説のないミステリアスな一派です。

村正

堀川一門

堀川一門
「堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、桃山時代を代表する刀工。優れた技術を誇っただけではなく、多くの弟子を育てたことでも有名です。彼らは「堀川一門」と呼ばれています。ここでは、新刀の第一人者と称される堀川国広についてご紹介します。

堀川一門

豊後刀

豊後刀
豊後(ぶんご:現在の大分県)では、中世から近世にかけて多くの刀工が活躍しました。「品位に乏しく、凡作にて丈夫で折れず、曲らず、良く切れる」と言われた豊後刀。美術工芸品としてはいまひとつだが、実用品としては丈夫でよく切れるということです。ここでは、豊後近辺で活躍した名工達や、「高田物」と呼ばれる豊後の日本刀(刀剣)についてご紹介します。

豊後刀

注目ワード

ページトップへ戻る