拵・刀装、刀装具

鍔の種類

文字サイズ

日本刀の「鍔」(つば)は、刀装具のひとつと言うだけでなく、独立した美術工芸品としての価値も高く、多くの日本刀愛好家に注目されています。その種類は多様で、とてもひとくくりにはできません。良く目を凝らせば、鍔の奥深い世界を垣間見ることができるのです。
鍔の種類では鍔工の系統別に取り上げ、使用されている地金の特徴や、図柄とそれを施す技法、さらに時代背景も織り交ぜてご紹介します。

鍔の各部分の名称

茎穴(なかごあな)
鍔の各部の名称

鍔の各部の名称

日本刀のを通すための中央部分の穴。
切羽台(せっぱだい)
茎穴の周辺部分。ここに切羽をかけて刀身を固定。作者の銘はこの部分に切る。
笄穴(こうがいあな)
切羽台の右側にある、笄を通すための州浜形の穴。
小柄穴(こづかあな)
笄穴の反対側にある小柄を通す半円形の穴。
責金(せきがね)
茎穴の上下にはめ込み、刀身が揺れ動くのを防ぐための金具。
(じ)
鍔の表裏における地肌のこと。茎穴の幅の狭い方を上にした場合、州浜形の笄穴が右側、半円形の小柄穴が左側になる面が鍔の表。
(みみ)
鍔の外周部分の縁のこと。
(めい)
多くは切羽台の左側に切られる作者名。

刀匠鍔(とうしょうつば)

刀匠が日本刀を鍛えるときに、残った鉄を利用して作った鍔が「刀匠鍔」(とうしょうつば)です。完成した日本刀に添えて、注文者に納めていたと伝えられています。

室町時代に制作された古い刀匠鍔、つまり「古刀匠鍔」は、やや厚手で平坦、形は大振りな丸形、または外周にへこみを入れた「木瓜形」(もっこうがた)が多く、耳部分にはあまり手を加えてはいません。

地肌は磨き仕上げなどをせず、槌打ちの跡を残した「槌目仕上」(つちめしあげ)のシンプルな作りです。わずかに桜や梅花、大根などの簡単な透彫(すかしぼり)をひとつかふたつ、茎穴の右上または右下に彫り込んであります。

「櫃穴」(ひつあな)は開ける必要のない時代であったため、もし開いていればのちの時代に加工された物か、偽物です。

全体として飾り気のない実戦向きの造形ですが、鍛えられた地鉄の表面に滲み出た錆色が、長い時間の経過と共に深みを増し、素朴なおもむきと力強さを感じさせてくれます。南北朝時代より前の作品は少なく、多くは室町時代から戦国時代の制作です。ただし江戸時代後期には、数多くの模倣品が作られました。

太刀金具師鍔(たちかなぐしつば)

「太刀金具師」(たちかなぐし)とは、奈良時代の頃より、仏具などの金属彫刻を本業とした金物細工師を指しています。「毛彫」(けぼり)や「鋤出彫」(すきだしぼり)、「打ち出し」の技術に優れ、副業として日本刀の金具や鍔を制作するようになりました。

平安時代から安土桃山時代にかけて、彼らが手掛けた鍔を「太刀金具師鍔」(たちかなぐしつば)と呼び、古い時代の物では平安時代の「毛抜形太刀」(けぬけがたたち)や、鎌倉時代の「兵庫鎖太刀」(ひょうごびょうのたち)などに付属していた物が現在も残っています。

太刀金具師鍔のほとんどは、山銅(やまがね:よく精錬していない粗銅)や赤銅(しゃくどう:銅に金を加えた合金)の地金で、鉄製ではありません。

木瓜形や菱形、楕円形などの変わった形の地金に、唐草、菊花、花鳥などが精緻な毛彫の他、透彫、象嵌(ぞうがん)などで表され、さらに鍍金(めっき)を施して美しく仕上げています。立体的な組み立て式の鍔さえあり、実戦向きとは言えません。

実際、この鍔は儀礼用に日本刀の装飾の一部として制作された物なのです。初めから地金の硬度や鍛えよりも毛彫、透彫などに力が注がれており、実戦で使用することは考えられていませんでした。

古い時代の太刀金具師鍔には立派な名品が多く、その技法と太刀金具師の血統は、後代まで連綿と受け継がれ、のちに金工界の権威となる「正阿弥」(しょうあみ)と「後藤家」へと繋がっていきます。

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)

甲冑師鍔

甲冑師鍔

「甲冑師鍔」(かっちゅうしつば)は、実用的で味気ない刀匠鍔に満足できなかった上級武士の要望に応じて、高い技術力を持つ甲冑師が手掛けた物です。言わば高級鍔の制作を担っていたため、甲冑師としてはありがたい副業となりました。

後代には注文制作の枠を越えて発展し、専門職としての鍔工を数多く生み出しています。

その制作期は長く、鎌倉時代から江戸時代にまで亘っていますが、全盛期と言えば戦国時代でした。当時の鍔の制作者はほとんど、この甲冑師系の鍔工であったそうです。

甲冑師鍔は、甲冑制作の技術を応用しながら、技巧面でさらに進歩を遂げました。刀匠鍔よりもひと回り大きな丸形に、重ねはやや薄い鉄板鍔。地肌は磨き上げられ、さらに「角耳」(かくみみ)、「打ち返し耳」、「土手耳」など、細部まで手が込んでいます。

地肌も鍛えたままの平坦な物ではなく、鍔の中ほどを盛り上げ、中央から耳際へかけて少しずつ地肉を薄くするなどの工夫も施されました。また、その装飾も多彩となり、塔、鎌、桜花、蝶などの地透かしの他に、南無阿弥陀仏、南無八幡大菩薩などの仏教に由来する文字や、縁起をかつぐ物、教訓的な言葉なども多く彫られています。

時代が新しくなるにつれて、ますます技巧的に発展。鍛え方も単なる「丸鍛」(まるぎたえ:ひと塊の金属からひとつの鍔を作ること)から、「渦巻鍛」(うずまききたえ)や「五鉄練鍛」(ごてつれんぎたえ)などと称される「肌物鍛」(はだものきたえ:鍛錬によって模様が現れた物)が考案されました。しかしその反面、古い時代の風流は失われ、品格の劣りも見られるようになったと言われています。

鎌倉鍔(かまくらつば)

鎌倉鍔

鎌倉鍔

「鎌倉鍔」(かまくらつば)の「鎌倉」と言う言葉の意味は、鎌倉時代と言う年代や、相州鎌倉といった地名を示す物ではありません。「堆朱彫」(ついしゅぼり)やお盆、下駄などに彫られている「鎌倉彫」の漆芸(しつげい)が応用されていることから、明治時代に付けられた新しい名前です。

鎌倉鍔の制作者は、甲冑師鍔と同じ系列に属していますが、鎌倉彫の工法や図模様を用いて制作にあたった別個のグループを指します。ただ、鎌倉鍔を専門とした家系は確認されていません。

鎌倉鍔の構図や技法は、刀匠鍔や甲冑師鍔よりもさらに一歩進んでおり、鎌倉彫の手法で菊、唐草などの草花や、塔、橋、または中国風の楼閣山水といった絵風文様が浅く鋤出彫され、独自性が感じられます。切羽台や櫃穴、耳の周辺を高く鋤き残すのも特徴のひとつです。

後期には簡単な真鍮象嵌(しんちゅうぞうがん)を施すなど、荒削りながらもその発想や技巧は進歩的で、のちの鍔工に少なからず影響を与えました。

しかしながら、鎌倉鍔は戦国時代の大量需要に応じて量産された作品であるため、鍛えは上等とは言えず、地肌も荒く、ざらざらとしています。彫り自体も丁寧さに欠ける浅彫り。構図的には見るべき物が多く、味もありますが、実戦向きの大量生産品の域は出ません。

鎌倉鍔の制作地は京都や相州小田原ですが、後代にはオリジナルを真似た写し物が各地で作られるようになっています。

応仁鍔(おうにんつば)

「応仁鍔」(おうにんつば)と言う名称は、1467年(応仁元年)の「応仁の乱」の頃から、京都を中心として各地で制作されたことから、鎌倉鍔と同じく明治時代に名付けられました。応仁鍔の制作者も甲冑師の流れを汲んでいますが、まったく別の制作意図を持ったグループです。

この鍔の形は、刀匠鍔や甲冑師鍔よりもおおむね小形。その多くは2通りの工法に分けられます。ひとつは、塔、笠、草花などの透彫や、切羽台、櫃穴の周辺に真鍮を用いて縁取りした物。もうひとつは、家紋や唐草などを浅肉彫して真鍮象嵌を施し、据金物(すえかなもの:甲冑などの飾りに付ける金物)のようにはめ込んだ物です。象嵌は地肌より浮き上がっていて、厚みが加えられました。

当時、真鍮は非常に高価な輸入品でした。つまり応仁鍔はたいへんに手間のかかった、高級品であったのです。

一方で、いかにも乱世の作品らしい無骨さも備えていました。鍛えに甘さがあり、「平安城象嵌鍔」(へいあんじょうぞうがんつば)に見られるような土手耳や打ち返し耳などの技巧や、耳際の精巧な細工はありません。

しかしその貫禄は疑いようもなく、応仁鍔の工法は後代へ伝わり、平安城象嵌鍔や正阿弥鍔、また「与四郎鍔」の象嵌にも活かされています。

美濃鍔(みのつば)

美濃鍔

美濃鍔

太刀金具師の副業から発達した「美濃鍔」(みのつば)。刀匠鍔や甲冑師鍔とはおもむきを異にしており、のちに後藤家の基礎を築きます。安土桃山時代以前の作品は「古美濃鍔」と呼ばれ、江戸時代以降の物が美濃鍔です。

もともと美濃国(現在の岐阜県南部)は京都にも近く、豊かな土地柄でした。また、「飛騨街道」をはじめ「中山道」(信州、甲州)や「東海道」(尾張、三河、相模国)と繋がる交通の要衝でもあります。

古くから公卿達の荘園も多くあり、京都が戦禍に巻き込まれた際には避難地として利用されるなど、京都との交流も盛んでした。

こういった理由から、京都が南北両朝の争いで焼け野原になったとき、京都の太刀金具師達も美濃国の赤坂(現在の大垣市)周辺へ避難します。彼らはここで暮らしながら技を磨き、美濃金工の礎(いしずえ)となりました。

やがて足利幕府が確立して京都に平和が戻ると、美濃国の金工家達はその技術を活かし、京好みの優美な作風を発展させていきます。

この頃、後世の金工家達から神とも仰がれる「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)が登場。祐乗は美濃国から、のちに京都へ出て「足利義政」に仕え、古美濃彫の技法を原点とした後藤彫を完成させます。これは以降の金工家達のお手本となる物で、祐乗を始祖とする金工後藤家は幕末まで繁栄を続けました。

金工界に大きな影響をもたらした美濃鍔。特に古美濃鍔はそもそもが太刀金具師の細工物の系統でもあり、格調の高い美しい作品が数多く作り出されています。

素地には鉄を使わず、太刀金具師達が用いた赤銅や素銅(すあか:精錬された純粋な銅)に、秋草文様と、そこに描き込まれた鈴虫、蝶、蜂、鹿、兎などを垂直に掘り下げ、さらに金銀をちりばめると、地肌は必ず魚子地(ななこじ)としました。また、耳や切羽台のまわりは鋤き残すという手法で力強さも表現しています。

一口に美濃鍔と言っても、江戸時代にはその完成度に違いが生じてきました。初期の作品は安土桃山時代の伝統を残し、秋草の彫りも丁寧である上に、上質な金銀で厚く彩られ、図柄にも躍動感があふれる立派な物です。

ところが、中期頃になるとやや技巧に走る傾向が見られるようになります。例えば、草花の中にいる鈴虫や鹿などが、大きく誇張して描かれたり、逆に小さくなり過ぎていたり、技術上の工夫と言えないこともありませんが、鏨運び(たがねはこび)に切れはなくなり、立体感もありません。

より時代が新しくなると、文様には重苦しさが漂い荒削りで、しかも垂直彫の技法が薄れて、全体的に迫力のない作品となりました。

古美濃鍔には銘がありませんが、江戸時代になると、例えば「吉教」(よしのり)や「喜基」(よしもと)などの金工銘が現れます。とりわけ元禄時代以降の鍔には在銘も数多く、銘は「美濃住」、「光政」のように、左右に分けて切られました。

平安城鍔(へいあんじょうつば)

「平安城鍔」(へいあんじょうつば)はその名の通り、京都で初めて独立した専門の鍔工達の手による作品です。

起源は足利幕府6代将軍「足利義教」(あしかがよしのり)にあり、その好みによって制作が始まったと伝えられています。そして、当時の武士の要望や、佩用(はいよう)の仕方の変化、さらに戦国時代となり需要が増大したことなどから全国へ広まり、専門の鍔工が次々と誕生しました。

ここでは、平安城鍔をその特徴から2種類に分け、それぞれ「平安城透鍔」(へいあんじょうすかしつば)と、平安城象嵌鍔(へいあんじょうぞうがんつば)としてご説明します。

平安城透鍔(へいあんじょうすかしつば)
京透鍔

京透鍔

一般的には「京透鍔」(きょうすかしつば)と呼ばれている作品です。

形はほとんどが丸形。良く鍛えられていて、地肌は美しく磨き上げられています。精巧に地透かしされた文様が鍔全体に広がってダイナミックであり、またその洗練された構図と卓越した技術からは、京物らしい優麗な気品が窺える鍔です。

平安城透鍔の制作者達は、鍔の実用面以上に、透彫による美しさの表現に力を尽くしたと考えられています。

当時の他のグループと同じく、平安城透鍔もほとんどが無銘ですが、安土桃山時代にはごくわずかに「平安城住」、「山城国五条住」などの居住地を含めた銘が切られました。

平安城象嵌鍔(へいあんじょうぞうがんつば)
別名で「平安城真鍮象嵌鍔」(へいあんじょうしんちゅうぞうがんつば)とも呼ばれる作品です。

応仁鍔の技法を継承した物で、丸形の鉄地の全体に、牡丹、南天、唐草などの真鍮象嵌が施され、さらに後代には、真鍮だけでなく金、銀、赤銅なども使用。応仁鍔よりも装飾性が高くなっています。

そして、応仁鍔との最大の違いは、応仁鍔の装飾が平面的で、ひとつひとつ独立した文様を象嵌した物であるのに対し、平安城象嵌鍔は、鍔全体に草花や山水風物を絵画のように表現している点です。

この象嵌には、地肌面を彫り込み、それに文様をはめ込んでいく「真鍮据文式」(しんちゅうすえもんしき)と言う工法が使われています。

正阿弥鍔(しょうあみつば)

日本刀の「本阿弥」(ほんあみ)、能楽の「世阿弥」(ぜあみ)、絵画の「能阿弥」(のうあみ)と並び、「正阿弥」(しょうあみ)は金工として足利将軍家に仕えた名門です。太刀金具師の血統と技術を受け継いでおり、「後藤家」、「埋忠家」(うめただけ)と比肩する金工界の3大流派のひとつとして、1876年(明治9年)の廃刀令発布まで、およそ500年の長きに亘って栄えました。

特に、安土桃山時代以前の「古正阿弥」(初期の物)に名品が多く、古正阿弥は槌目仕上げを、江戸時代の正阿弥は磨き仕上げを基本としています。

古正阿弥鍔は、平安城鍔とは同系統で、ほぼ同じ時代に作られました。しかし、そのおもむきはかなり異なっています。例えば、左右対称に近い構図が多く、これは平安城鍔にはあまり見られません。

また、図案は大柄で動きのある地透で、地肌の表面は少し荒く、ざらつき気味です。平安城鍔のような絵画風の繊細な物ではありませんが、鉄骨が現れて錆色の味わいがあります。そして、得意とする布目象嵌では金を使用し、真鍮はほとんど使いませんでした。

正阿弥鍔

正阿弥鍔

正阿弥鍔には、ふたつの作風があります。ひとつめは、丸形の鉄地金を槌目仕上げとして、そこに透かしの文様を施した鍔。ふたつめは、鉄地金を透かした残りの地肌に、金を多用した「布目象嵌」(ぬのめぞうがん)を施した鍔です。

布目象嵌とは、地肌に織物の布目のような縦横の筋を付け、そこに金や銀の箔を貼り、食い込ませて剥げないように仕上げる手法のこと。

ふたつの作風のいずれも、落ち着いた貫禄がある反面、優美さや図柄の品格と言う点では平安城鍔にやや劣ります。

信家鍔(のぶいえつば)

信家鍔

信家鍔

信家鍔(のぶいえつば)の鍔工「信家」には初代と2代があり、初代は「織田信長」に仕えて、尾張国清洲城下で鍔制作に励みました。

2代目信家は、織田信長の没後に清洲城主となった「福島正則」(ふくしままさのり)の抱え工となりましたが、福島正則が芸州広島城主として国替えする際に、主人にしたがって広島へ移り住んだと伝えられています。

信家の作品は、やや楕円形で「信家の木瓜形」(のぶいえのもっこうがた)と言われ、別名は「蹴鞠形」(けまりがた)。

重ねも厚く、地肌はわずかにでこぼこのある槌目仕上げですが、焼きなましの処理が行なわれており、地肌は艶のある黒紫色で美しく締まっています。切羽台から耳へかけて少しずつ厚みを持たせ、また角耳や土手耳、打ち返しなどの手間を掛けた工夫は、実戦に適した造形美とも言えるでしょう。

図柄は、簡素な亀甲(きっこう)や草花を浅く毛彫した物、また文字、櫂(かい)、定規などを小透した物が多く、地透鍔はあまり見られません。何より、信家の作品について特筆すべき点は、南無阿弥陀仏、南無八幡大菩薩、一心不乱など、当時の信仰や思想を取り入れて刻んでいるところです。その技術面のみならず、信家自身の個性や信仰と、背景にある思想までもが表現されていて、強い気概と奥深い禅的な感性に心を打たれます。

また、信家の銘にも特徴があり、切られるのは必ず「信家」の2文字で、初代は信と家との間に間隔がある「放れ銘」。癖のある縦長の細字体です。2代目は、初代とは反対に、太くがっちり切った銘で、信と家の間隔も詰まっています。

尾張鍔(おわりつば)

「尾張鍔」(おわりつば)とは、その名前の通り、尾張国清洲(現在の名古屋市)を中心とする地域で作られた鍔の総称です。戦国時代には、隣国の美濃国と並んで、軍需工業地帯の一環と目されていました。

尾張鍔は、来歴や種類によってそれぞれ異なる特徴を持っています。それらを大きく8つの系統に分けて観ていきましょう。

尾張透鍔(おわりすかしつば)
尾張透鍔

尾張透鍔

丁寧に鍛錬されたやわらかい地鉄には、黒紫色をした鉄骨が現れ、ほとんどの作品に透かしが施されています。これは文様の部分だけを残して、他の素地をすべて切り取る地透です。

その独特の地鉄色と意匠、彫りの巧みさにより、平安城透鍔と双璧をなす透鍔の代表格として、尾張国周辺の同じ種類の鍔の総称にもなっています。

繊細優美な平安城透鍔に比べ、「尾張透鍔」(おわりすかしつば)はやや大きくて重ねが厚く、特に文様の繋ぎ目は太く貫禄のある造り。また、鉄骨が現れた槌目仕上げの地肌には深みがあり、愛好家の賞賛を集める物です。施された文様はほぼ左右対称。人物の図柄や象嵌の細工はまったくありません。

尾張透鍔の名品が数多く制作されたのは、戦国時代から安土桃山時代。その流れは江戸時代中期にまで及んでいます。ただ、時代が新しくなるにつれ、技巧に走り過ぎた構図や赤味を含んだ錆色が現れるなど、貫禄が感じられなくなるのは残念と言わざるを得ません。

金山鍔(かなやまつば)
「金山鍔」(かなやまつば)の制作地には諸説あります。戦国時代、熱田神宮の御用を担っていた尾張国の太刀金具師達が、金山神社域内(現在の名古屋市南区)に住み、副業として、需要の増えた鍔の制作に従事したことから付いた名前だと言う説。

それより古い室町時代、美濃国の稲葉山城下(現在の岐阜市)の金山神社管内で制作に携わった鍔工達を指すと言う説です。これは、美濃鍛冶の制作した日本刀に金山鍔が使用されていたことなどを考え合わせると有力な説とも言えます。

また、木曽川の上流、飛騨川に沿った鉄の集散地である金山町が発祥の地であり、時代も南北朝時代だと言う説も見逃せません。いずれにしても、広い意味では同じ尾張透鍔のカテゴリに入る作品です。

最も盛んに作られた時代は、関鍛冶の繫栄に合わせるように戦国時代をピークとして、江戸時代中期まで続きます。

初期の作品は、小振りな丸形で重ねが厚く、鉄骨がはっきりと現れた逞しく素朴な作りです。その構図は、茎穴を中心として上下、左右対称の幾何学模様。槌目仕上げの地肌に地透されています。象嵌が施されることはなく、銘もありません。

後代には、優れた尾張透鍔に同化していったとも言われますが、素朴な重量感は、同じ尾張鍔の先輩格としての魅力十分です。

法安鍔(ほうあんつば)
武田信玄

武田信玄

初代「法安」(ほうあん)は尾張国の武家出身で、甲冑師から鍔工へ転じたと言われています。「武田信玄」(たけだしんげん)に仕えたと言うこともあり、作品は豪放で迫力満点。造形美や鍛錬の緻密さはないものの、槌目仕上げの地肌に黒味を帯びた錆や鉄骨が現れ、実用的な古雅の風味を感じさせてくれます。

2代目の「久次」(ひさつぐ)が法安の姓を継ぎ、代々これを名乗ったため、この系統の作品は「法安鍔」(ほうあんつば)と呼ばれるようになりました。

2代目法安は、仕えた浅野家が紀州和歌山城主から芸州広島城主へと国替えになると、主人に従い広島へ移住。以後、芸州法安と称されることとなります。芸州法安は、のちに長州藩の金工達の作品、つまり「長州鍔」の影響を受け、錆色は黒紫色から赤味がかった物となり、高彫色絵の手法も取り入れて、初期の鍔とはまったく異なる作品になりました。

初代の銘は「法安」の二字銘。2代目は、さらに「紀州住法安」と切り、3代目以降は「芸州住法安」など居住地を付け加えた物が多いです。

山吉鍔(やまきちつば)
「山吉鍔」(やまきちつば)は、古い尾張鍔を代表する一派。初代の「山坂吉兵衛」(やまさかきちべえ)が銘を「山吉兵」、「山坂吉兵」と切ったことからこの名前が付きました。初代は甲冑師として織田信長に仕え、のちに鍔工に転業したと伝えられています。

2代目は、尾州徳川家の支援を受け、そののち、同銘は7代続きました。

初代の作風は、信家や法安に似ています。しかし、一般的にイメージされる尾張透鍔のスマートさはなく、無骨な作り込みでわずかに小透かしがある程度。それでも、実戦を第一に考えた素朴な力強さからは目が離せません。

2代目の特色は「阿弥陀鑢」(あみだやすり)の名人であったこと。阿弥陀鑢とは、仏像の後背(こうはい)に見られるような後光や、太陽光線のような放射線状の物を指します。さらに、力のこもった耳の打ち返しや、鋤残しの技法も初代とは異なる部分です。

3代目からのちは槌目仕上げもより丁寧になり、透かしの技術も上がりますが、一方で素朴な風情は失われてしまいました。

時計鍔(とけいつば)
時計鍔

時計鍔

オランダから輸入された時計を手本に、太刀金具師達が制作したのが和時計です。彼らは、同時に時計の一部を図案化した異国情緒あふれる鍔も作りました。これが「時計鍔」(とけいつば)と言う名前の由来です。

時計姓を名乗る一派のルーツは、尾張徳川家のお抱え時計師だった津田家にあります。

2代目が藩主より「時悦」(ときえつ)の称号を授かって以来、津田家一門はみな時計を姓として、名古屋で時計制作のかたわら鍔作りを手掛け、幕末まで継承しました。

時計鍔の作風は、尾張鍔としては珍しい鉄地金の磨地に、和時計の歯車を思わせるギザギザを地透にした素朴な作品です。形はおおむね真丸形(まんまるがた)。鉄地肌は平面的で上質とは言えませんが、一見して時計鍔と分かるこの斬新なデザインは当時の人気を博しました。

光善寺鍔(こうぜんじつば)
町人の脇差用の鍔という特色ある作品です。幕末の鍔工「犬助」が、京都から名古屋の善光寺境内へ移り住んで制作しました。作品は赤銅の地金に、唐草や桔梗などの草花を金象嵌した物がほとんどです。傑作揃いの美濃後藤の作品に似たところもありますが、できばえは美濃後藤にはとても及びません。
柳生鍔(やぎゅうつば)
尾州藩主徳川家の剣術指南役であった「柳生厳包」(やぎゅうとしかね)が、実戦向けとして、これまでの尾張鍔に新たな工夫をこらして作らせた鍔です。制作年代は江戸時代中期になります。当時としては、一流の鍔工達が丹精込めて制作しました。

形は小振りな丸形か木瓜形。重ねは厚く、槌目仕上げの荒いくすんだ地肌に鉄骨が現れ、大胆な透かしにも武芸者好みの気合がみなぎっています。

柳生厳包は鍔の意匠を考案するにあたり、当時の名画家「狩野探幽」(かのうたんゆう)に武道の真髄を示して、これを表現。探幽が描いた「三十六歌仙」(さんじゅうろっかせん)と呼ばれる三十六種類の図柄のいずれかにあてはまるのが、この鍔の条件だということです。

それだけに、「柳生鍔」(やぎゅうつば)には従来の尾張鍔にはない構図が取り入れられ、力強く、躍動感があります。剣術の達人、柳生厳包の人となりすら表現されていると言えるでしょう。また、柳生鍔はすべて無銘です。

大野鍔(おおのつば)
尾張国知多郡大野村で制作されたことから、「大野鍔」(おおのつば)と呼ばれています。始祖は鎌倉時代に近江国から移り住んで、日本刀や馬具類を作っていました。

しかし、新刀時代になって日本刀の注文が減ると、鍬(くわ)、鋤(すき)などの農具類制作に転向。副業で鍔作りにも携わることに。そして、江戸時代中期になると、尾州藩士柳生厳包に手腕を認められ、柳生鍔の制作者に名を連ねました。

こうした経緯から、大野鍔の多くは柳生鍔の影響を受けており、似たところがたくさんあります。一方で独自性も備え、地肌は柳生鍔が赤紫色なのに対して、黒味がかった鉄色。風帆(かざほ)や帆掛船(ほかけぶね)、稲穂などが大きな模様で透彫されています。柳生鍔に比べ丁寧な作りとは言えませんが、地方色豊かな朴訥とした味のある作品です。鍔銘には「福」の文字を含んだ物が多く見受けられます。

金家鍔(かないえつば)

金家鍔

金家鍔

「金家鍔」(かないえつば)は信家鍔と並び、現代の鍔愛好家からの人気が高い鍔です。

初代金家の家柄は「円明流」(えんめいりゅう)の武芸の宗家であり、彼は父から秘伝を学んで名人のレベルに達した武人でした。

そんな初代金家は、人柄も優れていたと伝えられ、最初に鍔に絵画的図柄を取り入れた鍔工としても名を残しています。

制作の拠点としていた「山城国伏見」は京都、大坂にも近く、新旧の世相に敏感な新興地であったため、現代にも通じる垢抜けした感覚を磨く一助となったと言えるでしょう。金家はのちに江戸へ移住しても、銘には「山城国伏見住」と名前に併せて明記しています。

金家鍔の形は、一般に「金家の拳形」(かないえのこぶしがた)と呼ばれる少しふくらみのある丸形の薄手の物。丁寧に仕上げられた槌目肌の鉄地金に、山水、人物、風景などを絵画風に鋤出彫し、これに金、銀、素銅などを少量使用した高彫色絵象嵌を施しています。

いわゆる「奇麗寂」(きれいさび)の佇まいには、観る人の心を打つ気迫と、豊かな詩情が宿っているのです。

このように、鍔の種類は多岐にわたります。そして、長く続く鍔工の系統にも本流と目される甲冑師の流れを汲むグループからユニークな鍔制作に携わった家系まで様々であり、興味は尽きません。

甲冑師系の鍔工

甲冑師鍔は、戦国時代に全盛期を迎え、さらに江戸時代、ときには明治時代まで技を継承する家系も輩出しました。ここでは、甲冑師の系統の中から、後世に名を残した4つの家系に絞って取り上げていきます。

①明珍鍔(みょうちんつば)

明珍鍔

明珍鍔

「明珍家」は、甲冑制作を生業(なりわい)として、鎌倉時代の初期から明治時代まで30数代に亘ってその技術を受け継ぎました。特に江戸時代中期以降は、江戸をはじめ、仙台、水戸、尾張、越前、土佐、安芸、豊後肥後国など全国に活躍の場を広げ、数多くの作品を残しています。

ただ、明珍家は幕府から報酬を得ていたお抱え工ではなく、町職人と言える甲冑師の家系でした。また有名であるにもかかわらず、作品は他の金工系の物に比べるとやや見劣りします。

これは、明珍家が日本刀の「本阿弥」、金工の「後藤」と並んで甲冑の鑑定もかねていたため、後代に有名になった物。つまり自己宣伝に長けていたと言えるでしょう。

明珍鍔の特徴は、すべて鉄鍔であることです。山銅や赤銅、真鍮などの素材は使いません。頻繁に用いた鉄は「南蛮鉄」(なんばんてつ)で、これは中国やインド、ヨーロッパから輸入していました。砂鉄ではなく、鉄鉱石を原料に大量生産された物です。鉄地金の多くは文様を現した「鍛え肌」であり、ここに菊、桐、唐草模様などを透彫しました。

②早乙女鍔(さおとめつば)

「早乙女家」は、下野国早乙女村(現在の栃木県塩谷郡)の出身で、初代の「早乙女信康」は、明珍家17代「信家」に学んだ甲冑師でした。信家の娘婿となり、甲州の武田家に仕え、のちには常州府中(現在の茨城県石岡市)へ移住。子孫はこの地域や、また国内の各所に根を張り、甲冑制作のかたわら鍔作りにも従事しています。

江戸時代には徳川幕府の御三家のひとつ、水戸藩主「徳川頼房」(とくがわよりふさ)に仕えると、以降は水戸城下に住まい、他の地域の同族と密に連携しながら家を盛り立てていきました。

早乙女鍔の多くは、槌目仕上げの鉄地に、花弁を深々と彫り込んで鍔全体を菊の花に見立てた迫力のある物です。象嵌などの装飾はありませんが、茎穴(なかごあな:鍔の中央の穴)から耳(鍔の外輪)の方へ向かって厚くなり、形も大振りで力強さが感じられます。

銘には、居住地名と名前が入った物が多くありましたが、江戸時代になると単に「早乙女」と切っただけの作品も見られるようになりました。

③天法鍔(てんぽうつば)

戦国時代後期に、甲冑師の早乙女一派が相州小田原(現在の神奈川県小田原市)で始めたのがルーツだと言われています。一族は各地へ広がり、京都や常陸地方(現在の茨城県北東部)でも、「天法鍔」(てんぽうつば)は制作されました。

古天法鍔は、明珍信家風の槌目仕上げの鉄板鍔に、風、天、地などの文字や草花の刻印を打ち込んだ物で、応仁鍔のような真鍮象嵌も見られますが、全体として無骨な荒々しさが目立ちます。また、これこそが古天法鍔だという銘のある作品はほとんどありません。

一般的に天法鍔と称される物は、でこぼこのある粗い槌目仕上げの鉄地肌に、文字や刻印を押した鍔を指します。現存する作品は幕末前後に作られ、「佐那田天法」(さなだてんぽう)や、「真田天法」などの銘を切った実用向けの板鍔ばかりです。

④春田鍔(はるたつば)

春田鍔

春田鍔

古くから奈良に住んでいた甲冑師の一派を始祖としています。兜では、戦国時代前期の「春田宗政」(はるたむねまさ)などの銘が確認されていますが、鍔には在銘品は残っていません。

しかし、江戸時代になると、春田家の分流が駿河国(現在の静岡県中部・東部)や尾張、越前、備前、広島、出雲などで栄え、名を上げています。

春田鍔と推定される作品には、甲冑師の特徴が色濃く現われており、鉄地金に竜や獅子などの文様が彫り込まれた重量感のある物です。

埋忠鍔(うめただつば)

埋忠鍔の初代、「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)は、名刀鍛冶を祖先に持つ京都の名門の出身で、父の「重隆」(しげたか)は金工家として足利将軍の側近くに仕えました。明寿も父のあとを継いで「足利義昭」(あしかがよしあき)に仕え、のちには織田信長、豊臣秀吉徳川家康など天下人に認められています。

明寿は金工家として有名なだけでなく、新刀鍛冶の祖と仰がれ、その門下からは多くの名刀鍛冶が誕生。また、「本阿弥光悦」(ほんあみこうえつ)などの文化人や武将達との交友も深い、名のある文化人でした。

埋忠家は、京都における金工と刀鍛冶の名門であることから、明寿以前にも鍔の制作は行なわれており、明寿より前の作品を「古埋忠鍔」と呼んでいます。

この古埋忠鍔は、同じ鉄鍔の古正阿弥鍔に通じるところがありますが、より垢抜けした作風で、京物らしく洒脱です。丸形のふっくらとした鉄磨地(てつみがきじ)に京透を入れた物や、鉄地肌に素銅や真鍮で平象嵌を施し、これに透彫した物などがあります。

明寿の作品は、さらに京風の優美な気品にあふれており、明寿と同じく日本の「三大鍔工」に挙げられる信家、金家とはまた異なる作風。信家鍔、金家鍔が戦国時代の悲壮感や禅的な思想を内包しているのに対して、明寿の作品は、あくまで平和な安土桃山時代を象徴する温和な感覚を備えているのです。

素材ひとつ取っても、明寿は鉄地金をほとんど使わず、赤銅、山銅、真鍮などで重ねの薄い小形の鍔を作り、ここに大根、ぶどう、唐草、水仙といった写実的な図柄を色絵平象嵌で描いています。明寿の銘は、切羽台の右側に埋忠、左側に明寿と、2つに分けて切りました。重要文化財や重要美術品に指定された明寿の名品も、数多く現存しています。

与四郎鍔(よしろうつば)

与四郎鍔

与四郎鍔

「与四郎鍔」(よしろうつば)は、平安城象嵌鍔からさらに発展して本家より有名になった物で、代表的人物が「与四郎」であったことから、同様の系列の作品を総称して与四郎鍔としました。

与四郎の本名は「小池与四郎直正」(こいけよしろうなおまさ)。名人として豊臣秀吉から天下一の称号を賜り、のちに和泉守を受領しました。京都から加賀金沢に移住し、「加賀象嵌」の基礎を築いたひとりだと伝えられています。

与四郎鍔は、真丸形か木瓜形の鉄地肌。家紋や唐草模様を真鍮象嵌で施すのが特徴です。また、寺院などで見られる欄間透(らんますかし)の技法を取り入れました。鍔の6~8ヵ所を等間隔に丸くくり抜き、その中に家紋や桜花、梅花などを透彫した同じ大きさの真鍮の丸形をはめ込み、その他の地肌部分には唐草などを毛彫して真鍮象嵌した物です。

これは、地肌と象嵌がほとんど同じ高さになる平象嵌工法で、繊細さが際立っています。その精巧で豪華な作品は、装飾的な刀装用であり、実戦には適していません。

鋳物鍔(いものつば)

鉄を鍛錬して作るのではなく、鋳型(いがた)で大量生産された鍔が「鋳物鍔」(いものつば)です。大量の注文があってもすぐさま納品でき、値段も安いことから相当数制作されましたが、強度も耐久性もなく、実戦的ではありません。もちろん、美術工芸品としての価値も低い物です。

鋳物の材料としては、鉄の他に山銅、青銅、錫(すず)の合金などが使われています。これらは「鋳物師」(いものし)によって作られましたが、彼らの本業は鍋、釜、そして仏具や梵鐘(ぼんしょう)の制作でした。

鋳物鍔の見分け方は簡単です。まず、地肌に締まりがなく、艶がありません。厚さに合わない軽さで、指先にのせて軽く弾くと、余韻のない低くにぶい音がします。普通の鍛錬された鍔が、高く澄んだ余韻のある快い音を発するのとは対照的です。

また、彫刻は型作りなので鏨跡(たがねあと)がなく、精巧さに欠け、細かく見ると角は丸みを帯びています。鉄の持つ味わいや、彫刻の巧みさは見出すことができません。

南蛮鍔(なんばんつば)

「南蛮」とは、ポルトガルやスペイン、また広義では中国も含む外国のことです。1543年(天文12年)、ポルトガル人が鹿児島県の種子島に鉄砲を伝えてから、この言葉が広く使われるようになります。

当初、「南蛮鍔」(なんばんつば)は外国の人々が使用していたヨーロッパのサーベルに付随している鍔を指す物でした。1635年(寛永12年)に徳川幕府が鎖国を実行して以降は、中国人が日本での需要を見込んで、日本刀に使用できるよう工夫し、南蛮鍔と称して盛んに輸出した物です。日本国内でも、この輸入品を真似て改良した南蛮鍔が制作されました。

南蛮鍔の形は、丸形か木瓜形。薄い鉄地に異国風の玉追竜(たまおいりゅう)や雨竜(あまりゅう)、あるいは外国文字、唐草などを彫り、金銀の布目象嵌を施しています。多くは、耳の周囲を菊形のギザギザに刻みました。

同じ南蛮鍔でも、「漢東鍔」(かんとうつば)と呼ばれる作品もあり、丸形の鉄地に、ぶどう、唐草などを浮き彫りし、竜を絡めて地透ししたり、これらの図柄を上下左右対称に配したりしています。南蛮鍔は異国趣味で珍しい物ですが、地金や金銀の質も悪く、味のある鉄錆の色も出ませんでした。図柄も日本人には馴染みにくかったとのことで、一時の流行で終わっています。

信玄鍔(しんげんつば)

信玄鍔

信玄鍔

武田信玄の好みによって作られたと言われていますが、真偽のほどは定かではありません。

古作は甲冑師系の大振りな木瓜形の鉄地で、菊の透かしのある豪放な物です。惜しむらくは現在ほとんど残っていないこと。

「信玄鍔」(しんげんつば)と称せられて現存している作品は、丸形の鉄地に、真鍮や山銅の細かい針金を巻いたり、あるいは籠のように編み上げたりした物や、鉄地の縁をムカデが這っているかのように真鍮細工を施した物などがあります。しかし、これらはいかにも時代が新しく感じられて、とても戦国時代の作品とは考えられません。古くても江戸時代末期の物です。

一説には、明治・大正時代に外国人向けの輸出品として制作された物が、一部国内に出回ったと説明されています。古書に記された信玄鍔のイメージとはまったく異なり、品格に欠け、また、すべて無銘です。

ただ、古い時代の物と見られる信玄鍔と呼ばれる作品が、武田信玄の菩提寺(ぼだいじ)である山梨県甲州市の「恵林寺」の宝物館に2、3枚ほど保存されています。

刀工鍔(とうこうつば)

安土桃山時代以前の刀匠が作った鍔を「刀匠鍔」、江戸時代以降の刀工が作った物を「刀工鍔」(とうこうつば)と呼び、区別しています。

いずれも刀鍛冶の副業的な作品で、鉄を素材とし、実戦で使われることを主眼としました。また刀工鍔は、信家鍔や法安鍔を含む刀匠鍔の再現を目指した物が多く、その手法は鉄地に透かしや毛彫を入れた古風作。まれに高彫色絵を見ることができます。

有名な作者は、江戸時代末期に集中。江戸では、「水心子正秀」(すいしんしまさひで)、「庄司直胤」(しょうじなおたね)一門の他、「細川正義」、「近江守継平」(おうみのかみつぐひら)が有名です。京阪地方では、「三品」(みしな)一門、「月山貞一」(がっさんさだかず)。そして、東北や九州、土佐など、全国で刀工鍔制作が行なわれました。

  • 鍔写真集鍔写真集
    職人の技が光る芸術性の高い鍔を、画像にて細部までご覧頂ける写真集です。
  • 鍔イラスト集鍔イラスト集
    日本刀の刀装具のひとつである鍔のイラストをご覧頂けます。

名古屋刀剣ワールドの刀装具 YouTube動画

名古屋刀剣ワールドの刀装具~鍔~YouTube動画

刀装具 鍔

鍔の種類

鍔の種類をSNSでシェアする

「拵・刀装、刀装具」の記事を読む


日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことを指しています。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀が持つひとつの特徴です。ここでははじめに刀装具とは何か解説し、次に刀装具を部品ごとに詳しくご紹介していきましょう。

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

拵とは?

拵とは?
「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鍔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、日本刀や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

拵とは?

拵の基本解説

拵の基本解説
日本刀の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

拵の基本解説

日本刀の拵の種類

日本刀の拵の種類
「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

日本刀の拵の種類

打刀拵の種類

打刀拵の種類
「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを指し、日本刀を使用する際に必要不可欠な物です。代表的な拵には「太刀拵」「打刀拵」「腰刀拵」がありますが、ここでは、地方によって異なる打刀拵の種類や特徴を中心に詳しく説明していきます。

打刀拵の種類

日本刀と漆

日本刀と漆
日本刀は、塗鞘(ぬりさや)を筆頭に、刀身、鍔に至るまであらゆる箇所に「漆」(うるし)が施されています。それは、一体なぜなのでしょうか。日本刀と漆では、漆の性質や芸術性、機能性など、日本刀にまつわる漆仕上げについて詳しくご紹介します。

日本刀と漆

目貫の図柄

目貫の図柄
様々な部位で構成されている日本刀の刀装具の中でも、横幅が3cmほどしかない小さな「目貫」(めぬき)。もともと目貫は、「茎」(なかご)に設けられた穴に挿し通し、刀身が「柄」(つか)から抜け出ないように固定するための「目釘」(めくぎ)の両端を留める役割を果たしていました。 しかし目貫と目釘は、時代が降る(くだる)につれて分離されるようになり、目貫は、柄を握る際の手溜まり(てだまり)に安定感をもたらすだけでなく、柄を華やかに彩る飾り金具として、そのデザイン性が高められていったのです。 目貫の意匠のなかでも、戦国武将達に最も好まれ、多く用いられていたのが、繁栄や幸福を意味する「吉祥文様」(きっしょうもんよう)の図柄。戦国武将達は、そのような意匠を自身の日本刀に装着することで、合戦の勝利や家の存続、発展といった願いを託していたのです。ここでは、小さな目貫の世界に自由な発想で施された、多種多様な意匠にはどのような意味があるのか、また、どのような想いが込められていたのかを観ていきます。

目貫の図柄

注目ワード
注目ワード