拵・刀装具
刀装具の名工
拵・刀装具
刀装具の名工

文字サイズ

室町時代になると、足利将軍家による技芸に秀でた人々を集める「同朋衆」(どうぼうしゅう)政策などの影響もあり、日本刀(刀剣)制作の分業化・専業化が進みました。従来、刀装(とうそう)金具については、すべて下地から制作されていましたが、下地作りは「白銀師」(しろがねし)が行ない「鍔」(つば)については「鍔師」(つばし)が、そして彫刻(金工)については彫刻の専門家が行なうようになっていったのです。ここでは、刀装具を制作する職人、及び「金工師」(きんこうし)の名工についてご紹介します。

刀装具を制作する職人達

分業化・専業化が進んだ刀装具制作。これに従事する職人は、大まかに5つのジャンルに分けることができると言えます。それが「金工師」(きんこうし)、「白銀師」(しろがねし)、「鞘師」(さやし)、「塗師」(ぬし)、「柄巻師」(つかまきし)、「鍔師」(つばし)です。

金工師(きんこうし)

笄・小柄

笄・小柄

金工師は刀装に用いる金具全般を加工(彫刻)する職人です。その元祖は室町時代の「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)であると言われており、祐乗を祖とする「後藤家」はときの権力者の庇護を受けて、作品を制作。室町時代から江戸時代を通して、刀装彫刻界の頂点に君臨していました。

戦国乱世が終わり、天下泰平の世の中になると日本刀(刀剣)は武器ではなく武士の身分や権威の象徴となったことで、刀装具にも趣向を凝らすように。

その結果、武士達は鍔をはじめとして「笄」(こうがい)、「小柄」(こづか)、「縁」(ふち)、「頭」(かしら)など金属を用いている部分に彫刻などを施して装飾することで、他者との差別化を図ったのです。

刀装具彫刻が一気に花開いた江戸時代には、後藤家以外の流派も台頭します。これらの流派については、権力者のお抱えとして活動していた後藤家(=家彫り:いえぼり)とは対照的に、在野(民間)で活動していたことから「町彫り」(まちぼり)と呼ばれていました。「横谷宗珉」(よこやそうみん)が始祖と言われる町彫りの特徴は図柄が写実的(絵画的)であること。

すなわち、後藤家による作品の図柄が、必ずしも写実的であるとは言えなかったのに対し、町彫りの金工師の作品は片刃の「片切り鏨」(かたきりたがね)を自在に操ることで、あたかも筆で描いたかのような抑揚の効いた線を引くことを実現し、絵画のようなできばえの作品を作り出したのです。

白銀師(しろがねし)

鎺

白銀師は、刀装具に用いる金属の下地制作を担っていましたが、その最も重要な仕事は「鎺」を制作すること。

鎺は刀身を固定して「鞘」(さや)から抜け落ちることを防止すると共に、しっかりと鞘に収めるための金具で、刀装金具の中で最も重要な役割を担っていると言っても過言ではありません。

刀身が鞘に触れることなく宙に浮いた状態を保持することで、刀身が傷つくのを防ぐのと同時に刀身を鞘からスムーズに抜くことが可能になります。

言わば、日本刀(刀剣)の武器としての役割も美術品としての価値も鎺に依存していると言えるのです。

日本刀(刀剣)は、1振1振が異なる個性を有する物であり、すべて同じ物は存在しておらず、鎺についても、その個性にぴったりと合う物を制作することが必要になります。また、鎺は刀身の延長であるとも言えることから、それ自体でも鑑賞の対象。

そして、上述したように鎺の存在意義が刀身を安定させると共に鞘からスムーズに抜くことにあることから、刀装具制作の中心であると言えます。すなわち、鎺のできが刀装具のできを左右するとも言え、白銀師には熟練の技術が要求されます。

このように、鎺の制作には技術的な高い水準の物が要求され、繊細な作業となるため鎺を完成させるためには、かなりの時間を要するのです。

鞘師(さやし)

鞘

鞘は日本刀(刀剣)を収めるための刀装具で、家などで保管するときに使用する鞘が「白鞘」(しらさや)、外出時に刀身を収めるための鞘は「拵」(こしらえ)の下地となる物。これらの鞘を制作するのが鞘師です。

鞘は刀身を錆(さび)などから保護すると共に、そこから刀身を抜きやすいなどの使い勝手の良さが重要。これらを決定付けるのが、鞘師の技量であると言えます。

塗師(ぬりし)

塗師は武士が外出するときに、日本刀(刀剣)の刀身を収める拵(鞘)に漆などを塗っていく作業を行なう職人。鞘を丈夫で美しく仕上げるために、漆などを薄く何層にも塗り重ねていきます。一般的な制作にかかる所要期間は2~3ヵ月。このように手間をかけて塗り固めていくことで、強度のある美しい鞘ができ上がるのです。

柄巻師(つかまきし)

柄巻

柄巻

柄巻師は日本刀(刀剣)を握る「柄」(つか)を鮫皮(さめがわ)で包み、その上から組紐で菱形模様ができるように巻いていく作業を行ないます。

柄に組紐を巻く目的は柄部分を補強すると共に、握った感触を良くすること。古代においては植物のつるなどで巻くのが主流でしたが、江戸時代になると組紐で巻くのが一般的になりました。

「常組糸」(つねぐみいと:本絹のみで編んだ組紐)や「蛇腹糸」(じゃばらいと)など、個性が異なった組紐で巻くことで機能性はもちろん、見た目の美しさにも配慮がなされていたのです。

鍔師(つばし)

正阿弥 鍔

正阿弥 鍔

室町時代以前において鍔は「刀匠」や「甲冑(鎧兜)師」などの職人が、余った材料を利用して副業的に制作するのが一般的でした。それらは職人の区分から「刀匠鍔」(とうしょうつば)、「甲冑(鎧兜)師鍔」(かっちゅうしつば)などと分類されていたのです。

そののち、室町時代に入ると「正阿弥」(しょうあみ)と称される鍔師が出現。後世における鍔制作技術発展の礎を築いたと言われています。

刀装具の名工達

刀装具文化が本格的に花開いた江戸時代において、その中心は刀装彫刻、すなわち「金工」にあったと言えます。幕府などの権力者の庇護を受けていた後藤家による家彫りや、在野の金工師による町彫りなど金工技術は大きく発展しました。

後藤一乗(ごとういちじょう)

「後藤一乗」(ごとういちじょう)は、幕末から明治時代にかけて活動していた金工師で、室町時代から続いた名門後藤家の最後を飾った名工として知られています。

一乗は、とかく形式主義に陥りがちだった後藤家において、絵画的手法を取り入れるなど、新しい風を吹き込みました。この背景には一乗自身が風流を好む文化人だったことがあったのです。

一宮長常(いちのみやながつね)

「一宮長常」(いちのみやながつね)は、江戸時代中期に京都で活動していた金工師。その特徴は、刀装金具に写実的な模様を彫った点にあります。「鋤彫り」(すきぼり)、「肉合彫り」(ししあいぼり)、「片切り彫り」(かたぎりぼり)などの手法を織り交ぜて独自の境地を切り開いた長常は、同時期に江戸で活動していた横谷宗眠と並び称された名工です。

平田道仁(ひらたどうにん)

「平田道仁」(ひらたどうにん)は、安土桃山時代から江戸時代前期に活動していた金工師。道仁を祖とする「平田派」は「七宝」(しっぽう)でも高度な独自技術を誇っていました。

元々は京都で活動していましたが、江戸幕府の開府に伴って「駿府」(すんぷ:現在の静岡県)、「江戸」(現在の東京都)に移住。道仁の代表作としては、国指定重要文化財である「花雲形文七宝鍔」(無銘)が挙げられます。

岩本昆寛(いわもとこんかん)

「岩本昆寛」(いわもとこんかん)は、江戸時代中期から後期にかけて活動していた金工師で、書画俳諧に造詣が深く、風流洒脱(ふうりゅうしゃだつ)な独自の作風を確立。「横谷派」と「奈良派」の技法を取り入れつつ構図を巧みに活かした作品で人気を博しました。

源頼朝」(みなもとのよりとも)の追っ手を逃れて奥州平泉へ向かう「源義経」(みなもとのよしつね)と「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)のやり取りを描いた「安宅関図鍔」(あたかのせきずつば)は、そんな昆寛独特な世界観が広がっています。

奈良三作 利寿・安親・乗意(としなが・やすちか・じょうい)

豊干禅師図鍔

豊干禅師図鍔

奈良派は江戸時代に「奈良利輝」(ならとしてる)を祖として成立した金工師集団。

その中でも「奈良利寿」(ならとしなが)、「土屋安親」(つちややすちか)、「杉浦乗意」(すぎうらじょうい)の3人は、斬新な図柄や「肉彫り」(にくぼり)の手法に独特の風合いがあることから「奈良三作」(ならさんさく)として、江戸時代の金工の中でも高く評価されています。

津尋甫(つじんぽ)

「津尋甫」(つじんぽ)は、江戸時代中期に江戸で活動していた金工師。阿波徳島藩お抱えの金工師「野村正道」の門人で「野村派」の中で一番の名工と評価されていました。花鳥や植物を図柄にした「縁頭」(ふちがしら)、小柄などの作品を数多く制作しています。

村上如竹(むらかみじょちく)

勝虫図小柄

勝虫図小柄

「村上如竹」(むらかみじょちく)は、江戸時代後期に江戸で活動していた金工師。

当初は家業である「鐙師」(あぶみし:馬の鞍の両脇にかけて足を置く馬具を制作する職人)を継ぎましたが、刀装金工に転向したと言われています。

昆虫や魚を大胆に図案化した作品を多数制作しています。

加納夏雄(かのうなつお)

「加納夏雄」(かのうなつお)は、江戸時代末期から明治時代にかけて活動していた金工師で、明治維新後は「明治天皇」の太刀飾りの制作を担当。

晩年には「東京美術学校」(現在の東京芸術大学)の教授に就任し「帝室技芸員」(ていしつぎげいいん)に選出されるなど、明治時代を代表する刀装金工師です。

刀装具の名工

刀装具の名工をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「拵・刀装具」の記事を読む


拵の基本解説

拵の基本解説
日本刀(刀剣)の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

拵の基本解説

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀(刀剣)の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことです。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀(刀剣)が持つひとつの特徴でもあります。ここでは、刀装具について詳しくご紹介していきます。

刀装具のすべて①(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・鎺・柄・鞘)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)
日本刀(刀剣)は刃の部分だけではなく、刀装具にも注目して頂きたいと思います。刀装具の中には、一見するとどのような目的で付けられているのか分からない物でも、その意味や歴史を知ると興味を持つことができます。また、美術品としても扱われた刀装具は、それぞれ異なる形や美しさが見どころです。今回は、そのような刀装具に関する知識をご紹介します。

刀装具のすべて②(鐔・目貫・笄・小柄・縁頭・三所物・鎺・呑込み)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)
刀装具の種類の中でも、分かりやすい部品が「鞘」(さや)と「柄」(つか)です。実際に日本刀(刀剣)を手に取る際に触れる柄と、日本刀(刀剣)を納める際に使う鞘。また、その鞘に装着して用いる「下緒」(さげお)は、よく目にするのではないでしょうか。今回は、これらの種類や歴史についてご紹介します。

刀装具のすべて③(鞘・柄・下緒)

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

拵とは?

拵とは?
「拵」(こしらえ)とは、日本刀(刀剣)の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鍔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、日本刀(刀剣)や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

拵とは?

日本刀の拵の種類

日本刀の拵の種類
「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

日本刀の拵の種類

日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」(刀剣)の外装のことで、元々は日本刀(刀剣)を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具彫刻の種類

刀装具彫刻の種類
刀装具は、元来「日本刀」(刀剣)を保護したり、使いやすくしたりする目的で制作された物でしたが、時代の変化と共にその役割も変化していきました。すなわち、日本刀(刀剣)を所用する武士の身分や権力を示す物になっていったのです。特に、天下泰平の世となった江戸時代においては、武士達は競い合うようにして刀装具を飾り立てるように。ここでは、刀装具装飾における手段のひとつ、刀装具彫刻について考察します。

刀装具彫刻の種類

注目ワード

ページトップへ戻る