刀装具・拵

刀装具彫刻の種類

文字サイズ

刀装具は、元来「日本刀」を保護したり、使いやすくしたりする目的で制作された物でしたが、時代の変化と共にその役割も変化していきました。すなわち、日本刀を所用する武士の身分や権力を示す物になっていったのです。特に、天下泰平の世となった江戸時代においては、武士達は競い合うようにして刀装具を飾り立てるように。ここでは、刀装具装飾における手段のひとつ、刀装具彫刻について考察します。

刀装彫刻の変遷

後藤祐乗

後藤祐乗

刀装彫刻を施す刀装金工師の祖は、室町時代の「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)と言われています。祐乗をはじめとする後藤家は、以後、足利氏・徳川氏という将軍家や、豊臣氏といった時の権力者に仕え、その庇護の下、数多くの作品を制作。幕末に至るまで、日本における刀装彫刻界の頂点に君臨していました。

室町時代に始まったとされている刀装彫刻は、時代を経ていくにしたがって一般にも浸透。江戸時代において、日本刀が武器としてだけではなく、美術品としても珍重されるようになると、刀装具自体の価値が注目されるようになったのです。

このような世相を反映し、後藤家以外にも名工と呼ぶにふさわしい刀装金工師が出現します。江戸時代中期に活動していた「横谷宗珉」(よこやそうみん)は、在野(民間)において、絵画のような彫金作品を制作。

非写実的な作風だった後藤家とは対照的な作風を誇った宗珉は、権力者に仕えた後藤家と対比して在野で刀装彫刻を行なう「町彫り」(まちぼり)と呼ばれ、その後の刀装彫刻発展の礎となりました。

その系譜を継ぐ町彫りの刀装金工師としては、「奈良三作」(ならさんさく:江戸時代の刀装金工師の一派である奈良派における3人名工)である「奈良利寿」(ならとしなが)、「土屋安親」(つちややすちか)、「杉浦乗意」(すぎうらじょうい)や、京都で活動していた「一宮長常」(いちのみやながつね)、横谷風・奈良風の技法を取り入れ、独自の境地を切り開いた「岩本昆寛」(いわもとこんかん)などが挙げられます。

彫刻の種類

刀装具彫刻が盛んに行なわれるようになると、従来の技術を応用するなど、様々な技法が開発されました。ここでは、代表的な彫刻技法についてご説明します。

毛彫り(けぼり)
彫られた線が、髪の毛のように細いことから、こう呼ばれています。「毛彫り」(けぼり)は、彫金技法の中では最も古く、基本的な彫金技術。

古くは弥生時代の「銅鐸」(どうたく)にはじまり、古墳から出土した兜や馬具の金具、さらには奈良時代に建立された「東大寺」(とうだいじ)にある大仏の台座に施された「蓮弁」(れんべん:蓮の花びら)にも、この技法を見ることができるのです。

毛彫りに用いられる鏨(たがね:工具の一種)は、「しぶ鏨」(しぶたがね)または「毛彫り鏨」(けぼりたがね)と呼ばれている物で、数ある鏨の中で最も小型です。

この鏨は、刃先が三角形をした尖った形をしており、金属を鋭角に削ることから、彫った線が髪の毛のように細いにもかかわらず、鋭く力強い線を表現することができます。

片切り彫り(かたぎりぼり)
片切り彫り

片切り彫り

「片切り彫り」(かたぎりぼり)は、金属に片刃の鏨を斜めに打ち込んで、抑揚のある線を切る技法。江戸時代中期の装剣金工・横谷宗眠が編み出したと言われています。

毛筆を使って書いたかのような線を彫ることが可能になったことで、絵画のような彫金を行なえるようになりました。その結果、表現の幅が広がったのです。

片切り彫りで用いられる鏨は、「片切り鏨」(かたきりたがね)と呼ばれる物で、片側だけが斜めになっているのが一般的。刃先先端の角を使って彫っていきます。刃先の角を使いこなすことによって、筆を使って絵を描いたかのような線を彫ることができました。

甲鋤彫り(こうすきぼり)
「甲鋤彫り」(こうすきぼり)とは、江戸時代末期の刀装金工師「船田一琴」(ふなだいっきん)が得意としていた技法で、近世のみで見られる彫金表現です。元々は毛彫りであったと考えられ、刃先を半月形にした鏨で金属地をすくい取るようにして幅広い線を彫ることで、一琴が得意としていた梅樹などを生き生きと表現するのに適した技法であると言えます。

甲鋤彫りに用いられる鏨は、「甲鋤鏨」(こうすきたがね)と呼ばれる物です。この鏨の特徴は、溝を掘るように彫り進めることができること。日本刀の刀身にある「樋」(ひ:鎬地と峰の間に彫られた細長い溝)のような線には、生命力が宿っているように見えます。

鋤下げ彫り(すきさげぼり)/鋤出彫り(すきだしぼり)
「鋤下げ彫り」(すきさげぼり)/「鋤出彫り」(すきだしぼり)は、「鍔」(つば)や「小柄」(こづか)、「縁頭」(ふちがしら)などに用いられている技法で、主題となる図柄を残し、周囲の地面を鋤き取ることで、図柄を立体的に表現する方法です。

用いる技術は同じですが、鍔においては、微妙な表現の違いごとに技法の名称が異なっており、「耳」(みみ:鍔の淵)から「切羽台」(せっぱだい)に向けて地面を鋤き取った結果、地面が切羽台よりも低くなった物を鋤下げ彫りと言い、切羽台と地面が、ほぼ同じ高さで、図柄が高く彫り表された物を鋤出彫りとして区別。

なお、切羽台から耳に向かって地面の肉をなだらかに鋤き落としていく表現を「鋤落し彫り」(すきおとしぼり)と呼びます。

肉彫り(にくぼり)
「肉彫り」(にくぼり)とは、金属に浮き彫りを施す彫金技法。浮き彫りをした模様の肉の厚い物が高肉彫り、薄い物が薄肉彫りで、高肉彫りと薄肉彫りの中間が半肉彫りです。高肉彫りには、厚手の金属に文様を残して地の部分を彫り下げる方法や、裏から金属を打ち出したあとに表から彫り整える方法があります。

また、薄肉彫りは、模様を比較的薄く金属面に浮き上がらせる手法で、薄い範囲で模様を表現しなければならないため、高い技術を必要としていました。

肉合い彫り(ししあいぼり)
肉合い彫り

肉合い彫り

「肉合い彫り」(ししあいぼり)は、金属面を模様の頂点にして、さらに地金面を掘り下げて肉取りをした薄肉彫りのこと。

刀装彫金が隆盛を極めた江戸時代に始まった物で、鍔や小道具をはじめとして、煙草入れ・煙管の彫刻において、この技法がしばしば見られます。

江戸時代の刀装金工師の一派である「奈良派」で活動していた杉浦乗意が小柄を制作する際に、この技法を用いていました。

倶利彫り(ぐりぼり)
「倶利彫り」(ぐりぼり)とは、異なる色の金属(素銅・赤銅)を交互に数十枚幾重にも合わせた物に、「唐草模様」(からくさもよう)や「渦巻模様」(うずまきもよう)を掘り下げる技法。

倶利彫りは、江戸時代初期に「出羽秋田住正阿弥伝兵衛」(でわあきたじゅうしょうあみでんべえ)によって考案されたと言われています。そして江戸時代後期になると、倶利彫りの技術が完成。金属の色の違いを利用して木目のような模様を作り出す金属加工技術である「木目金」(もくめがね)として定着したのです。

魚子打ち(ななこうち)
魚子打ち

魚子打ち

「魚子打ち」(ななこうち)とは、金属面に繰り返し鏨を打ち付けることで作った模様のことで、その様子が魚の卵を連想させることからこのように呼ばれています。鍔に限らず、小柄、笄(こうがい)、縁、頭でも下地で魚子模様の物が制作されていました。

この技法の歴史は古く、645年(大化元年)から710年(和銅3年)にかけて栄えた「白鳳文化」(はくほうぶんか)の時代にはすでに存在しており、奈良時代以降に盛んになったのです。

魚子打ちに用いられていたのが「魚子鏨」(ななこたがね)。これは、刃先が小さな輪のようになっている鏨で、この模様を金属に打ち込むことで、魚子模様ができるのです。簡単な作業で模様を付けられますが、模様を美しく揃えるためには、熟練の技術が必要とされると言われています。

刀装具彫刻の種類

刀装具彫刻の種類をSNSでシェアする

「刀装具・拵」の記事を読む


刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことを指しています。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀が持つひとつの特徴です。ここでははじめに刀装具とは何か解説し、次に刀装具を部品ごとに詳しくご紹介していきましょう。

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具とは

刀装具とは
「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

刀装具とは

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

鎺の種類・図柄

鎺の種類・図柄
「鎺」(はばき)は、柄(つか)や鞘(さや)などと同じ刀装具のひとつで、刀身と鍔(つば)が接する部分にはめ込まれた筒状の金具です。「鞘走留」(さやばしりどめ)、「腰巾金」とも呼ばれます。刀剣にとって鎺は必要不可欠な刀装具。そんな鎺とは、どのような役割を担っているのでしょうか。鎺の種類や素材、施されている図柄についても併せて見ていきます。

鎺の種類・図柄

鍔の種類

鍔の種類
日本刀の「鍔」(つば)は、刀装具のひとつと言うだけでなく、独立した美術工芸品としての価値も高く、多くの日本刀愛好家に注目されています。その種類は多様で、とてもひとくくりにはできません。良く目を凝らせば、鍔の奥深い世界を垣間見ることができるのです。鍔の種類では鍔工の系統別に取り上げ、使用されている地金の特徴や、図柄とそれを施す技法、さらに時代背景も織り交ぜてご紹介します。

鍔の種類

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは
刀剣における「鍔」(つば)の本来の役割は、「柄」(つか)を握る際に、手を守ることにあります。刀身と柄の間を挟むように、刀剣に施されている鍔は、戦場で「突き」の攻撃を行なうときに、刀身のほうへ手がすべるのを防いでいたのです。刀剣が登場した当初は、この鍔がなかったり、付けられていたとしても、小さな形状であったりしましたが、時代が進んで刀剣の様式が確立されると、次第に大振りな形状へと変わっていきます。 そんな鍔の中でも「甲冑師鍔」(かっちゅうしつば)は、鉄板を打ち出し、透かし紋様を施した芸術性の高い鍔です。刀装具として独立した価値を有する鍔。力強さと繊細な技術を伝える甲冑師鍔の世界をご紹介します。

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは

鍔の図柄

鍔の図柄
日本刀の重要な一部である「鍔」(つば)。刃と刃を切り結んだとき、柄を握る手を守ることをはじめ、刀身と柄部分との重量のバランスを取ることなど、様々な役目があります。現代では、日本刀の一部であるに留まらず、鍔自体が独立した美術品として評価されているのです。 そして鍔には、戦での勝利や家の繁栄を願った武士の想いも込められました。鍔の図柄に焦点を当て、意匠に表された意味と、縁起について解説していきます。

鍔の図柄

切羽とは

切羽とは
「切羽」(せっぱ)とは、刀剣を構成する刀装具のひとつ。鍔(つば)を表裏から挟むように装着する金具のことで、「物事に追われて余裕がなくなる」という意味を持つ慣用句「切羽詰まる」の語源としても知られており、その形状は刀剣の種類によって様々です。切羽の基本知識をご紹介します。

切羽とは

目貫の図柄

目貫の図柄
様々な部位で構成されている日本刀の刀装具の中でも、横幅が3cmほどしかない小さな「目貫」(めぬき)。もともと目貫は、「茎」(なかご)に設けられた穴に挿し通し、刀身が「柄」(つか)から抜け出ないように固定するための「目釘」(めくぎ)の両端を留める役割を果たしていました。 しかし目貫と目釘は、時代が降る(くだる)につれて分離されるようになり、目貫は、柄を握る際の手溜まり(てだまり)に安定感をもたらすだけでなく、柄を華やかに彩る飾り金具として、そのデザイン性が高められていったのです。 目貫の意匠のなかでも、戦国武将達に最も好まれ、多く用いられていたのが、繁栄や幸福を意味する「吉祥文様」(きっしょうもんよう)の図柄。戦国武将達は、そのような意匠を自身の日本刀に装着することで、合戦の勝利や家の存続、発展といった願いを託していたのです。ここでは、小さな目貫の世界に自由な発想で施された、多種多様な意匠にはどのような意味があるのか、また、どのような想いが込められていたのかを観ていきます。

目貫の図柄

注目ワード
注目ワード