名家に代々伝えられた日本刀
家康の重臣・本多家と長船派の名刀 伝倫光
名家に代々伝えられた日本刀
家康の重臣・本多家と長船派の名刀 伝倫光

文字サイズ

徳川家の守護神としてトップに君臨していた「徳川四天王」。このうちのひとり「本多忠勝」(ほんだただかつ)は数々の武勇伝を残した武将で、あの「織田信長」や「豊臣秀吉」からも一目を置かれる存在でした。今回は、江戸幕府創立時から、「徳川家康」を軍事的にも文事的にも支えてきた本多家の人物をご紹介すると共に、本多家に伝来した名刀「伝倫光」(でんともみつ)のルーツを見ていきましょう。

本多家を代表する戦国武将「本多忠勝」

松平家に仕える本多家のルーツ

本多忠勝

本多忠勝

本多家は、もともと藤原姓の「助秀」(すけひで)という人物が祖であり、豊後国(ぶんごのくに:現在の大分県)の「本多」という町へ移り住んで本多を名乗ったことから、本多姓が始まったと言われています。

助秀の子「助定」(すけさだ)は「足利尊氏」(あしかがたかうじ)に仕え、尾張国横根(おわりのくによこね:現在の愛知県大府市)・粟飯原(あいはら)の領主となり、その子孫である「助時」(すけとき)が三河に移住し松平家に仕えたことで、代々松平家の家臣を継承していくことに。本多家は松平家にとって腹心の部下であり、一般的な主君と家臣の関係以上の絆を深めていました。

なかでも、最も松平家(徳川家)に貢献した本多氏と言えば「本多忠勝」でしょう。忠勝の祖父「忠豊」(ただとよ)と父「忠高」(ただたか)は、「徳川家康」の祖父である「松平清康」(まつだいらきよやす)に仕え、戦国時代に「織田信秀」(おだのぶひで)との戦いで討死しています。このとき、忠高は22歳という若さで、忠勝はまだ生まれたばかりでした。幼くして父を亡くした忠勝もまた、幼少期から家康のもとに仕え、松平家のために奔走していくこととなります。

家康を支え続けた猛将・忠勝

岡崎城

岡崎城

忠勝が初陣を飾ったのは、1560年(永禄3年)の「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)。13歳の忠勝は、家康に付いて「大高城兵糧入れ」(おおだかじょうひょうろういれ)に加わりました。その後、共に岡崎に移った忠勝は、この戦い以降、家康のそばを片時も離れることはなかったと言います。

1562年(永禄5年)、家康が「織田信長」と和睦し同盟を組んだ「清須会議」(きよすかいぎ)においても、忠勝は家康侍従22名のうちのひとりとして同行していました。

家康のもとで戦歴を重ねた忠勝は、19歳で精鋭部隊の騎兵隊長に任命されます。この頃すでに、忠勝は戦場において不可欠な存在となっていました。

徳川家康

徳川家康

1572年(元亀3年)の「三方ヶ原の戦い」(みかたがはらのたたかい)では、家康は「武田信玄」に大敗してしまったものの、忠勝の勇猛ぶりがうかがえるエピソードが残っています。先陣で三加野に進出した忠勝は、武田軍の攻勢に勝ち目がないと悟り撤退の判断を下しました。

しかし、両軍の距離が近すぎたために身動きが取れなくなっていたところ、「黒糸威」(くろいとおどし:黒糸でつづった鎧)に身を包み、鹿角の兜をかぶった忠勝が、槍を提げて武田軍の前に馬を入れて駆け回ったのです。忠勝は徳川軍を退陣させ、追撃してくる武田軍を食い止めました。これに対して家康は「まことに我が家の良将である」と、忠勝の機敏な判断力を褒めたと言います。さらに、武田軍の精鋭達は「家康に過ぎたる物が2つあり、唐の頭に本多平八」と、敵ながら忠勝の勇猛さに感心していたとのこと。

また、1582年(天正10年)に起こった「本能寺の変」(ほんのうじのへん)のあと、家康を京都から三河まで帰国させた「伊賀越え」では、信長の死にうろたえていた家康を忠勝は必死になだめ、常に先頭を進んで舵を取り、ほとんど不眠不休で家康の警護にあたって無事岡崎まで帰国させました。家康は、このときも忠勝に「この間の危機、万死を免れたのも、ひとえに忠勝の力なり」と労いの言葉を掛けたのです。

その後、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」で挙げた功績により、伊勢国桑名(いせのくにくわな:現在の三重県桑名市)10万石の初代藩主となった忠勝は、1609年(慶長14年)に嫡男である「忠政」(ただまさ)に家督を譲り、翌年、桑名の地で逝去しました。

徳川家の重臣として、勇敢に、時には冷静に、家康を護ることに徹底していた忠勝。本多家に多大なる功績を残しただけでなく、戦国一の勇士としてその名を歴史に刻みました。

家康政権を支えた、もうひとりの本多氏

本多正信

本多正信

実は、本多家には忠勝以外にも家康を支えた重臣がいました。それは忠勝同様、祖父の代から松平家の家臣をしていた「本多正信」(ほんだまさのぶ)です。正信は、忠勝のような武将タイプの人間ではなく、幕府政治を担っていた文臣(学問・文学などで仕える家来)でした。

幼少時より家康に忠義を尽くしてきた正信でしたが、「三河一向一揆」(みかわいっこういっき)では、家康に背いて浄土真宗本願寺派(じょうどしんしゅうほんがんじは)の門徒側にまわり離反しています。

その後、家康の家臣である「大久保忠世」(おおくぼただよ)の仲介で帰参した正信は、再び家康の重臣として尽力し、関東総奉行として江戸城の整備や、江戸の組織作りに邁進していきました。一度は心が離れた2人でしたが、正信も家康もお互いのことをよく理解していたようで、言葉を多く交わさなくとも打てば響く、といった古くからの友人のような間柄だったそうです。

1565年(永禄8年) には、正信の嫡男「正純」(まさずみ)が誕生し、父と同じく幼くして家康に仕えました。文臣気質なところも父親譲りで、のちに「武家諸法度」(ぶけしょはっと)や「公家諸法度」(くげしょはっと)の制定にも関与しています。

また、正信・正純父子は、政敵である「大久保忠隣」(おおくぼただちか)を失脚させるために策謀をめぐらせたとも言われており、その内容は、家康の家臣である「大久保長安」(おおくぼながやす)の死後に、長安が利己的に幕府のお金を不正利用していたことが発覚したとして、残された家族達が罰せられたという物。

これが、正信・正純父子による虚偽報告だったのではないかという見解があるのです。真偽のほどは不明ながら、この事件によるものか、あるいは政治的能力があまりにも優れていたためか、正信は悪い意味でも「謀臣」(ぼうしん:計略に巧みな家来)と捉えられ、忠勝らの本多家武功派とは、しばしば対立関係にあったと言われています。

1616年(元和2年)、家康が逝去した53日後、正信は家康のあとを追うかのように、この世を去っていきました。

本多家伝来・長船派の名刀 伝倫光

こうして本多家は、忠勝を祖とする家系や正信を祖とする家系など、複数の分岐した家系が存在する一大族党となり、その多くが大名家として栄えました。今回紹介する「伝倫光」は、忠勝の孫「忠晴」(ただはる)の代に本多家に伝来した名刀です。

倫光は、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で興隆した刀工流派「長船派」(おさふねは)の「兼光」(かねみつ)の子、または弟とされている人物で、南北朝時代に備前国で活躍しました。

倫光の師・兼光は、長船派の中でも功績を残した人物で、長船派を打ち出した「光忠」(みつただ)の子である「長光」(ながみつ)の子、あるいは弟子にあたり、南北朝時代の主に延文年間に活躍したことから、別称は「延文兼光」(えんぶんかねみつ)。兼光の日本刀(刀剣)は当時から評価を得ていて、南北朝の軍記物語である「太平記」(たいへいき)にも「長船打の矢根をもって、鎧の前後二重にかけて、大の男の胸板を背へぐさと射通したり」という一文があり、兼光の日本刀(刀剣)の斬れ味の良さが述べられています。

1350年(正平5年)には、足利尊氏から太刀の制作の要望を受けており、兼光は第10代天皇である「崇神天皇」(すじんてんのう)を祀る天皇社の境内に鍛冶場を作って太刀を鍛えました。尊氏はこの太刀の褒賞として、兼光に屋敷を与えたと言います。

刀 無銘 伝倫光

刀 無銘 伝倫光

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
南北朝時代 重要美術品 本多家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
詳細を見る

そのような偉大な刀匠を師とした倫光が鍛えた本刀は、身幅が広く、大鋒/大切先の豪壮な刀身で、太刀の中でも特別と大きな野太刀だったのではないかと言われている物です。

1658年(万治元年)に「御三家」の紀州徳川家の依頼で、刀剣鑑定を行なっていた「本阿弥家」(ほんあみけ)によって金7枚とした「折紙」(鑑定書)が発行されており、紀州徳川家にも伝来していたことがうかがえます。さらに、1713年(正徳3年)、本多忠晴が再度鑑定の依頼をし、新たに金15枚として折紙が発行されていたことが、当時の本阿弥家の記録台帳である「留帳」(とめちょう)の写しに記されていました。

したがって、伝倫光は、この時代に本多家へ伝来したのではないかと考えられています。

歴史の武将・偉人と日本刀[本多忠勝]歴史の武将・偉人と日本刀[本多忠勝]
本多忠勝と、その愛刀についてご紹介します。

家康の重臣・本多家と長船派の名刀 伝倫光

家康の重臣・本多家と長船派の名刀 伝倫光をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


土屋家伝来の日本刀 太刀 景依

土屋家伝来の日本刀 太刀 景依
江戸時代において、常陸土浦 (ひたちつちうら:現在の茨城県土浦市) 藩を11代にわたって治めていた「土屋家」。最終的に土浦藩9万5,000石を領するまでになりましたが、その治世が安定していたことを証明するがごとく、数多くの日本刀(刀剣)を所有していました。ここでは、その中の1振である日本刀(刀剣)の太刀「景依」(かげより)についてご紹介すると共に、土屋家のルーツをご説明します。

土屋家伝来の日本刀 太刀 景依

伊達家伝来の日本刀 刀 備前国住長船忠光

伊達家伝来の日本刀 刀 備前国住長船忠光
「伊達氏」(だてし)と聞いて1番に思い浮かぶのは、「独眼竜」(どくがんりゅう)の異称を持つ名将「伊達政宗」(だてまさむね)。伊達宗家の第17代当主である政宗は、陸奥仙台藩(むつせんだいはん:現在の宮城県仙台市)の初代藩主として、奥羽地方(おううちほう:現在の東北地方)を治めていました。しかし、政宗の長男・秀宗(ひでむね)は、後継者としての期待をかけられていながら、伊予宇和島藩(いようわじまはん:現在の愛媛県宇和島市)藩祖となったのです。 伊達宗家と遠く離れた西の地で、秀宗が伊達氏庶流家を興した理由とは?宇和島藩伊達家に伝来していた日本刀「備前国住長船忠光」と共に、宇和島藩伊達家の詳細についてご説明します。

伊達家伝来の日本刀 刀 備前国住長船忠光

井伊家伝来の日本刀 刀 弘行

井伊家伝来の日本刀 刀 弘行
「井伊家」(いいけ)と言えば、「徳川家康」第1の功臣で、「徳川四天王」のひとりに数えられた直政(なおまさ)や、江戸幕府の大老(たいろう:政務のすべてを取りまとめていた江戸幕府における最高職)として徳川家を支えていた直弼(なおすけ)など、後世に名を残す人物を多く輩出しています。井伊家は、江戸時代に近江彦根藩(おうみひこねはん:現在の滋賀県彦根市)藩主として近江国東部一帯を領していましたが、その歴史が始まったのは平安時代。それから現在に至るまで、1,000年以上もの長いあいだ井伊家が存続してきた理由と、井伊家に伝来する日本刀「弘行」(ひろゆき)についてご説明します。

井伊家伝来の日本刀 刀 弘行

御三家筆頭・尾張徳川家と名刀 貞宗

御三家筆頭・尾張徳川家と名刀 貞宗
江戸時代、徳川将軍家に次ぐ家格を持つ「徳川御三家」の中で筆頭格と言われていた尾張徳川家 (おわりとくがわけ)。度々将軍家と争いになるほどの権力を持った名家でしたが、尾張藩から将軍を輩出することはありませんでした。江戸300藩のトップに君臨していながら、なぜ将軍の座をつかめなかったのか。尾張藩の指針となる思想とは何なのか。 今回は、尾張徳川家が歩んできた歴史をさかのぼると共に、名家に伝来した日本刀(刀剣)「貞宗」(さだむね)についてご紹介します。

御三家筆頭・尾張徳川家と名刀 貞宗

戦国武将と茶人が築いた片桐家に伝わる名刀 直綱作

戦国武将と茶人が築いた片桐家に伝わる名刀 直綱作
現在の奈良県大和郡山市(やまとこおりやまし)小泉町を支配下としていた「大和国小泉藩」(やまとのくにこいずみはん)。藩祖である「片桐貞隆」(かたぎりさだたか)は、「豊臣秀吉」が天下統一を果たした時代、兄である「片桐且元」(かたぎりかつもと)と共に、兄弟で豊臣家に仕えた人物です。また、貞隆の息子で2代小泉藩主の「片桐貞昌」(かたぎりさだまさ)は、茶道「石州流」(せきしゅうりゅう)の始祖として名を馳せた茶人でもありました。 今回は、そんな石州流の茶の湯文化を汲む片桐家伝来の太刀「直綱作」(なおつなさく)をご紹介すると共に、「天下人」と「茶道」に貢献してきた小泉藩片桐家のルーツを辿っていきます。

戦国武将と茶人が築いた片桐家に伝わる名刀 直綱作

独眼竜伊達政宗と来国俊

独眼竜伊達政宗と来国俊
戦国武将の中でもトップクラスの人気を誇る「伊達政宗」(だてまさむね)。乱世を駆け上がった猛将というイメージが強い政宗ですが、和歌を詠んだり、茶道を嗜んだりといった文事にも優れた人物で、「豊臣秀吉」に仕えていた頃は優れた歌を詠むことから「鄙(ひな:田舎)の華人」と、諸大名の中で称賛されていたほど。まさに文武両道を極めた武将でした。今回は、そんな政宗の人物像に迫ると共に、政宗の愛刀で奥州伊達家に伝来した「来国俊」(らいくにとし)作の名刀についてご紹介します。

独眼竜伊達政宗と来国俊

足利家剣豪将軍の愛刀 基近造

足利家剣豪将軍の愛刀 基近造
「足利尊氏」(あしかがたかうじ)でお馴染みの足利将軍家は、もともと清和源氏(せいわげんじ)の流れをくむ河内(かわち:現在の大阪府)源氏の名門武家。尊氏は、鎌倉幕府を滅ぼし室町幕府を開いた「足利将軍家の祖」として足利家を繁栄させました。しかし、戦乱の世で室町幕府将軍を務めた歴代当主達は、そのほとんどが華々しい将軍生活とはほど遠い人生を歩んでいたのです。今回は、室町幕府第13代将軍「義輝」(よしてる)と愛刀「基近造」(もとちかつくる)と共に、足利将軍家誕生までの道のりをご紹介します。

足利家剣豪将軍の愛刀 基近造

御三卿・一橋徳川家と太刀 豊後国行平

御三卿・一橋徳川家と太刀 豊後国行平
江戸時代において、尾張・紀州・水戸からなる「徳川御三家」に次ぐ家格を持っていた「徳川御三卿」(とくがわごさんきょう)。田安(たやす)・一橋(ひとつばし)・清水(しみず)の三家からなる御三卿は、江戸幕府第8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)の子孫を当主とした大名家で、江戸城の田安門、一橋門、清水門内に屋敷を与えられたことから始まっています。 今回は、御三卿のうちのひとつである「一橋徳川家」のルーツと、一橋家に伝来した九州古典派の刀匠「豊後国行平」(ぶんごのくにゆきひら)の在銘刀についてご紹介します。

御三卿・一橋徳川家と太刀 豊後国行平

波乱万丈な池田家と太刀 吉弘

波乱万丈な池田家と太刀 吉弘
安土桃山時代から江戸時代にかけて様々な功績を残した「池田家」(いけだけ)。代々、池田家を護ってきた当主達は、一体どんな人物だったのでしょうか。池田家のルーツから備前岡山藩主になるまでの時代を、戦国3大武将とのエピソードを交えながらご紹介すると共に、備前池田家に伝来した太刀「吉弘」(よしひろ)について見ていきます。

波乱万丈な池田家と太刀 吉弘

注目ワード

ページトップへ戻る