名家に代々伝えられた日本刀

家康の重臣・本多家と長船派の名刀 伝倫光

文字サイズ

徳川家の守護神としてトップに君臨していた「徳川四天王」。このうちのひとり「本多忠勝」(ほんだただかつ)は数々の武勇伝を残した武将で、あの「織田信長」や「豊臣秀吉」からも一目を置かれる存在でした。今回は、江戸幕府創立時から、「徳川家康」を軍事的にも文事的にも支えてきた本多家の人物をご紹介すると共に、本多家に伝来した名刀「伝倫光」(でんともみつ)のルーツを見ていきましょう。

本多家を代表する戦国武将「本多忠勝」

松平家に仕える本多家のルーツ

本多忠勝

本多忠勝

本多家は、もともと藤原姓の「助秀」(すけひで)という人物が祖であり、豊後国(ぶんごのくに:現在の大分県)の「本多」という町へ移り住んで本多を名乗ったことから、本多姓が始まったと言われています。

助秀の子「助定」(すけさだ)は「足利尊氏」(あしかがたかうじ)に仕え、尾張国横根(おわりのくによこね:現在の愛知県大府市)・粟飯原(あいはら)の領主となり、その子孫である「助時」(すけとき)が三河に移住し松平家に仕えたことで、代々松平家の家臣を継承していくことに。本多家は松平家にとって腹心の部下であり、一般的な主君と家臣の関係以上の絆を深めていました。

なかでも、最も松平家(徳川家)に貢献した本多氏と言えば「本多忠勝」でしょう。忠勝の祖父「忠豊」(ただとよ)と父「忠高」(ただたか)は、「徳川家康」の祖父である「松平清康」(まつだいらきよやす)に仕え、戦国時代に「織田信秀」(おだのぶひで)との戦いで討死しています。このとき、忠高は22歳という若さで、忠勝はまだ生まれたばかりでした。幼くして父を亡くした忠勝もまた、幼少期から家康のもとに仕え、松平家のために奔走していくこととなります。

家康を支え続けた猛将・忠勝

岡崎城

岡崎城

忠勝が初陣を飾ったのは、1560年(永禄3年)の「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)。13歳の忠勝は、家康に付いて「大高城兵糧入れ」(おおだかじょうひょうろういれ)に加わりました。その後、共に岡崎に移った忠勝は、この戦い以降、家康のそばを片時も離れることはなかったと言います。

1562年(永禄5年)、家康が「織田信長」と和睦し同盟を組んだ「清須会議」(きよすかいぎ)においても、忠勝は家康侍従22名のうちのひとりとして同行していました。

家康のもとで戦歴を重ねた忠勝は、19歳で精鋭部隊の騎兵隊長に任命されます。この頃すでに、忠勝は戦場において不可欠な存在となっていました。

徳川家康

徳川家康

1572年(元亀3年)の「三方ヶ原の戦い」(みかたがはらのたたかい)では、家康は「武田信玄」に大敗してしまったものの、忠勝の勇猛ぶりがうかがえるエピソードが残っています。先陣で三加野に進出した忠勝は、武田軍の攻勢に勝ち目がないと悟り撤退の判断を下しました。

しかし、両軍の距離が近すぎたために身動きが取れなくなっていたところ、「黒糸威」(くろいとおどし:黒糸でつづった鎧)に身を包み、鹿角の兜をかぶった忠勝が、槍を提げて武田軍の前に馬を入れて駆け回ったのです。忠勝は徳川軍を退陣させ、追撃してくる武田軍を食い止めました。これに対して家康は「まことに我が家の良将である」と、忠勝の機敏な判断力を褒めたと言います。さらに、武田軍の精鋭達は「家康に過ぎたる物が2つあり、唐の頭に本多平八」と、敵ながら忠勝の勇猛さに感心していたとのこと。

また、1582年(天正10年)に起こった「本能寺の変」(ほんのうじのへん)のあと、家康を京都から三河まで帰国させた「伊賀越え」では、信長の死にうろたえていた家康を忠勝は必死になだめ、常に先頭を進んで舵を取り、ほとんど不眠不休で家康の警護にあたって無事岡崎まで帰国させました。家康は、このときも忠勝に「この間の危機、万死を免れたのも、ひとえに忠勝の力なり」と労いの言葉を掛けたのです。

その後、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」で挙げた功績により、伊勢国桑名(いせのくにくわな:現在の三重県桑名市)10万石の初代藩主となった忠勝は、1609年(慶長14年)に嫡男である「忠政」(ただまさ)に家督を譲り、翌年、桑名の地で逝去しました。

徳川家の重臣として、勇敢に、時には冷静に、家康を護ることに徹底していた忠勝。本多家に多大なる功績を残しただけでなく、戦国一の勇士としてその名を歴史に刻みました。

家康政権を支えた、もうひとりの本多氏

本多正信

本多正信

実は、本多家には忠勝以外にも家康を支えた重臣がいました。それは忠勝同様、祖父の代から松平家の家臣をしていた「本多正信」(ほんだまさのぶ)です。正信は、忠勝のような武将タイプの人間ではなく、幕府政治を担っていた文臣(学問・文学などで仕える家来)でした。

幼少時より家康に忠義を尽くしてきた正信でしたが、「三河一向一揆」(みかわいっこういっき)では、家康に背いて浄土真宗本願寺派(じょうどしんしゅうほんがんじは)の門徒側にまわり離反しています。

その後、家康の家臣である「大久保忠世」(おおくぼただよ)の仲介で帰参した正信は、再び家康の重臣として尽力し、関東総奉行として江戸城の整備や、江戸の組織作りに邁進していきました。一度は心が離れた2人でしたが、正信も家康もお互いのことをよく理解していたようで、言葉を多く交わさなくとも打てば響く、といった古くからの友人のような間柄だったそうです。

1565年(永禄8年) には、正信の嫡男「正純」(まさずみ)が誕生し、父と同じく幼くして家康に仕えました。文臣気質なところも父親譲りで、のちに「武家諸法度」(ぶけしょはっと)や「公家諸法度」(くげしょはっと)の制定にも関与しています。

また、正信・正純父子は、政敵である「大久保忠隣」(おおくぼただちか)を失脚させるために策謀をめぐらせたとも言われており、その内容は、家康の家臣である「大久保長安」(おおくぼながやす)の死後に、長安が利己的に幕府のお金を不正利用していたことが発覚したとして、残された家族達が罰せられたという物。

これが、正信・正純父子による虚偽報告だったのではないかという見解があるのです。真偽のほどは不明ながら、この事件によるものか、あるいは政治的能力があまりにも優れていたためか、正信は悪い意味でも「謀臣」(ぼうしん:計略に巧みな家来)と捉えられ、忠勝らの本多家武功派とは、しばしば対立関係にあったと言われています。

1616年(元和2年)、家康が逝去した53日後、正信は家康のあとを追うかのように、この世を去っていきました。

本多家伝来・長船派の名刀 伝倫光

こうして本多家は、忠勝を祖とする家系や正信を祖とする家系など、複数の分岐した家系が存在する一大族党となり、その多くが大名家として栄えました。今回紹介する「伝倫光」は、忠勝の孫「忠晴」(ただはる)の代に本多家に伝来した名刀です。

倫光は、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)で興隆した刀工流派「長船派」(おさふねは)の「兼光」(かねみつ)の子、または弟とされている人物で、南北朝時代に備前国で活躍しました。

倫光の師・兼光は、長船派の中でも功績を残した人物で、長船派を打ち出した「光忠」(みつただ)の子である「長光」(ながみつ)の子、あるいは弟子にあたり、南北朝時代の主に延文年間に活躍したことから、別称は「延文兼光」(えんぶんかねみつ)。兼光の刀剣・日本刀は当時から評価を得ていて、南北朝の軍記物語である「太平記」(たいへいき)にも「長船打の矢根をもって、鎧の前後二重にかけて、大の男の胸板を背へぐさと射通したり」という一文があり、兼光の刀剣・日本刀の斬れ味の良さが述べられています。

1350年(正平5年)には、足利尊氏から太刀の制作の要望を受けており、兼光は第10代天皇である「崇神天皇」(すじんてんのう)を祀る天皇社の境内に鍛冶場を作って太刀を鍛えました。尊氏はこの太刀の褒賞として、兼光に屋敷を与えたと言います。

刀 無銘 伝倫光

刀 無銘 伝倫光

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
南北朝時代 重要美術品 本多家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
詳細を見る

そのような偉大な刀匠を師とした倫光が鍛えた本刀は、身幅が広く、大鋒/大切先の豪壮な刀身で、太刀の中でも特別と大きな野太刀だったのではないかと言われている物です。

1658年(万治元年)に「御三家」の紀州徳川家の依頼で、刀剣鑑定を行なっていた「本阿弥家」(ほんあみけ)によって金7枚とした「折紙」(鑑定書)が発行されており、紀州徳川家にも伝来していたことがうかがえます。さらに、1713年(正徳3年)、本多忠晴が再度鑑定の依頼をし、新たに金15枚として折紙が発行されていたことが、当時の本阿弥家の記録台帳である「留帳」(とめちょう)の写しに記されていました。

したがって、伝倫光は、この時代に本多家へ伝来したのではないかと考えられています。

歴史の武将・偉人と日本刀[本多忠勝]歴史の武将・偉人と日本刀[本多忠勝]
本多忠勝と、その愛刀についてご紹介します。

家康の重臣・本多家と長船派の名刀 伝倫光

家康の重臣・本多家と長船派の名刀 伝倫光をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀
「秋元家」(あきもとけ)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)に仕えた大名です。転封(てんぽう:所領を別の場所に移すこと)を繰り返した秋元家が、最後に所領としたのが上野国館林藩(こうずけのくにたてばやしはん:現在の群馬県館林市)でした。 徳川家と深い縁があったにもかかわらず、幕末は新政府側の一員となった秋元家の歴史とはどのようなものだったのでしょうか。

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光
本薙刀の制作者は、備前長船の刀匠であり、「最上大業物鍛冶師」(さいじょうおおわざものかじし)と称えられる「長船秀光」(おさふねひでみつ)。南北朝時代に小反り物(こぞりもの)の代表的な刀工として活動していました。 小反り物とは、長船鍛冶の嫡流(ちゃくりゅう:正統の流派)の「兼光」(かねみつ)や、傍系の「元重」(もとしげ)、「長義」(ながよし/ちょうぎ)に属さない刀工郡のこと。そんな刀鍛冶の手による、特別保存刀剣の薙刀、無銘 長船秀光は「谷家」(たにけ)に伝来しました。 ここでは、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)にかかわりのある谷家の歴史や経歴をご紹介するのに合わせて、薙刀 無銘 長船秀光の歴史や特徴もご説明していきます。

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀
薙刀 銘 伯耆国住広賀 号 渡海龍(ほうきこくじゅうひろよし ごう とかいりゅう)は、刀工「伯耆国住広賀」(ほうきこくじゅうひろよし)の手によって作られた薙刀です。その持ち主は、備前国武将であった「宇喜多秀家」(うきたひでいえ)。渡海龍の号は、1592年(文禄元年)に「豊臣秀吉」の命で朝鮮へ出兵した「文禄の役」の際、宇喜多秀家がこの薙刀で奮闘したことから付けられました。 本薙刀は宇喜多秀家のあと、宇喜多家と深い関係があった加賀前田家へと伝来。そこで、刀工一派である伯耆国住広賀とその持ち主であった宇喜多秀家、そして宇喜多家と前田家との関係を紐解いていくと共に薙刀 銘 伯耆国住広賀の魅力をご紹介します。

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道
「能勢氏」(のせし)の始まりは平安時代後期。以来、摂津国能勢郡(せっつのくにのせぐん:現在の大阪府)に領地を置きますが、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)に相次いで攻め込まれ、領地を失うこととなります。そののち、日蓮宗の寺に逃げ延び、いつか能勢氏を再興することを願い続けた結果、「徳川家康」(とくがわいえやす)の時代にその願いを叶えることになるのです。一度は一族の危機にもさらされた能勢氏がどのように再興していったのか、歴史を紐解いてみました。

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒
本刀、額銘「正恒」(まさつね)は、平安時代後期から戦国時代に相模国三浦(さがみのくにみうら:現在の神奈川県)を拠点とした「三浦氏宗家」と、その流れをくむ「相模三浦氏」が所持したとされる名品です。太刀(たち)を磨上げて打刀(うちがたな)に直したと伝えられています。三浦氏滅亡後は、宿敵であり、小田原城を本拠に関東に勢力を伸ばした「後北条氏」(ごほうじょうし:戦国大名の北条氏のこと)のもとへ渡りました。本刀を作刀した備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)の刀工「正恒」は、平安時代後期に活躍した「古備前派」の名工です。今回は、三浦氏と後北条氏について解説すると共に、正恒の作風や特徴について述べていきます。

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊
本太刀は、「来一門」の刀工「来国俊」(らいくにとし)が制作し、丹後国宮津(たんごのくにみやづはん:現在の京都府宮津市)の宮津藩「本庄松平家」(ほんじょうまつだいらけ)に伝来した雅な作品です。本庄松平家は江戸時代に栄え、下級武士から幕閣(ばっかく:幕府の最高行政機関)の中枢を担う一流の家柄となりました。ここでは、本庄松平家の歴史についてふれながら、太刀 来国俊を解説していきます。

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広
土佐国(とさのくに:現在の高知県)1国を領有していた土佐藩のルーツは、戦国時代に「土佐七雄」(とさしちゆう:室町時代末期から戦国時代に、土佐国に存在した7つの豪族の総称)のひとりだった「長宗我部/長曾我部元親」(ちょうそかべもとちか)が領主となったことに始まります。その後、息子の「長宗我部盛親」(ちょうそかべもりちか)が領主を引き継ぎましたが、「関ヶ原の戦い」で敗軍となった「西軍」に与していたことから、土佐国を没収されました。そして、長宗我部氏に替わって土佐に入封した「山内家」(やまうちけ)が、明治維新に至るまでのおよそ270年統治していくこととなったのです。今回は、土佐藩を代々牽引してきた山内家の歴史を振り返ると共に、土佐藩3代藩主の愛刀を鍛えた「新刀の祖」と称される刀匠「堀川国広」(ほりかわくにひろ)についてご紹介します。

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王
「二王清綱」(におうきよつな)が作り、「内藤氏」が所有していたとされる重要刀剣の刀「伝二王」。「二王派」は、「大和鍛冶」(やまとかじ)達とも親交が深かったことから、その影響が作刀にも色濃く反映されており、本刀においても、その独特な風格を漂わせているのです。今回は、この二王清綱の持つ技術が、十分に注入された刀剣・日本刀である伝二王の歴史や特徴を紐解いていくと共に、二王派と大和鍛冶との関係などについても掘り下げていきます。

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀
江戸幕府によって設置された「京都所司代」(きょうとしょしだい)は、京の治安を維持するために置かれた行政機関で、鎌倉幕府の「六波羅探題」(ろくはらたんだい)や室町幕府の「所司代」(しょしだい)を参考に定められた役職です。京都所司代の主な任務は、現代で言うところの裁判官の職務。市中で起こる様々な事件や騒動の解決のために裁判を行なうなど、社会の秩序を維持する重要な役割を果たしていました。ここでは、親子2代で京都所司代を務めた板倉家(いたくらけ)と共に、「板倉重宗」(いたくらしげむね)が所持していた「天秤」(てんびん)の号を持つ「薙刀」(なぎなた)についてご紹介します。

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀

注目ワード

注目ワード