名家に代々伝えられた日本刀

御三家筆頭・尾張徳川家と名刀 貞宗

文字サイズ

江戸時代、徳川将軍家に次ぐ家格を持つ「徳川御三家」の中で筆頭格と言われていた尾張徳川家 (おわりとくがわけ)。度々将軍家と争いになるほどの権力を持った名家でしたが、尾張藩から将軍を輩出することはありませんでした。江戸300藩のトップに君臨していながら、なぜ将軍の座をつかめなかったのか。尾張藩の指針となる思想とは何なのか。 今回は、尾張徳川家が歩んできた歴史をさかのぼると共に、名家に伝来した日本刀「貞宗」(さだむね)についてご紹介します。

藩祖「義直」が築いた尾張藩の礎

名古屋城の築城と共に誕生した尾張藩

徳川義直

徳川義直

1600年(慶長5年)、「徳川家康」の9男として生まれた「義直」(よしなお)。2歳で甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)24万石を与えられたあと、亡くなった兄の遺領を継ぐために尾張国清洲(きよす:現在の愛知県清須市)に移封となります。

この頃、尾張藩が本拠としていた「清洲城」は「織田信長」の故地(こち:ゆかりのある地)であり、尾張の中央に位置する交通の要所となっていた場所でしたが、低地で「庄内川」(しょうないがわ)の河川流域にあったため、水害が起こりやすいという問題を抱えていました。そこで家康は、尾張藩の新たな本拠地として名古屋に城を構えることを命じ、「加藤清正」(かとうきよまさ)などの西国の諸大名が築城にあたることとなったのです。

まだ幼かった義直は、父・家康が隠居していた「駿府城」(すんぷじょう)に留まっており、名古屋城が完成するまでの間、幕府から送った「附家老」(つけがろう:幕府から親藩に監督や補佐として付けた家老)たちが城代を務めて領国経営を行なうことに。そして家康の死後、義直は初めて尾張の地へ足を踏み入れ、名古屋城の完成と共に、義直の初代尾張藩主としての人生が始まりました。

江戸時代に流行した民謡「伊勢音頭」(いせおんど)に、「尾張名古屋は城でもつ」というフレーズがあるように、名古屋城の築城をきっかけとして、新拠点・名古屋は大変な賑わいを見せることとなります。義直は清洲から名古屋へ神社や仏閣を移設させ、城下町の整備に努めました。やがて清洲の町人たちも大挙して名古屋へ移り、もともと城下町として栄えていた清洲の町は急激に過疎化が進むことに。この清洲から名古屋への大移動は「清洲越し」と呼ばれ、歴史的な都市移転として尾張藩史に刻まれることとなったのです。

名古屋城

名古屋城

名古屋城と言えば、「金の鯱」 (きんのしゃちほこ)をイメージされる方が多いでしょう。この金鯱は、尾張徳川家の権威を示すためのシンボルとして築城時に大天守に掲げられた物で、当時の金鯱の鱗は1,940枚もの慶長大判(けいちょうおおばん:江戸時代初期の大判金)を使用して制作されていたとも言われています。

金鯱は何度か盗難に遭っていることでも有名で、江戸時代には「柿木金助」(かきのききんすけ)という尾張の盗賊が、大凧に乗って金鯱の鱗を盗んだ、といった伝説も語り継がれています。

受け継がれる潘訓「王命に依って催さるる事」

幼い頃に家康のもとで教育を受けたためか、義直は謹厳実直な性格で、学問を好んでいました。特に儒教を奨励していたため、儒学者の「堀杏庵」(ほりきょうあん)を招いて城内に孔子廟(こうしびょう:儒教の創始者・孔子を祀る建物)を建立し、書物を所蔵する場所として「蓬左文庫」(ほうさぶんこ)を創設。主に文教政策を進めていた義直ですが、武術にも関心があったようで、尾張徳川家に仕えていた剣術家「柳生利巌」(やぎゅうとしよし)から「新陰流」(しんかげりゅう)を伝授されています。

また、義直という人間の最も特徴的な部分は、勤皇思想 (きんのうしそう:天皇に忠義を尽くす考え方)の持ち主であるところ。徳川将軍家の分家という立場でありながら、勤皇家だった義直は、御三家の中でも浮いていたと考えられます。この思想は代々尾張藩に受け継がれ、「王命に依(よ)って催(もよお)さるる事」すなわち「朝廷と幕府で争いが起きた際は、迷わず朝廷側につくこと」という藩訓が、その後の藩主たちの指針となっていったのです。

このような義直の勤皇思想には、甥にあたる3代将軍「家光」(いえみつ)との確執が関係しているのではないかと言われています。義直は家康の子というプライドを持っており、将軍家から家臣のように扱われるたびに、ひどく拒んで反発。たとえ将軍であっても、自分たちと同じように朝廷の臣であることに変わりはないと考えていたようです。こういった義直の自尊心こそが、尾張藩の核となる部分になっていたのかもしれません。こうして尾張藩は、義直の教えを尊守し、将軍後継争いに参加することはありませんでした。

名古屋を「芸どころ」に発展させた異端児

7代藩主 宗春の登場

徳川宗春

徳川宗春

1650年(慶安3年)に初代藩主・義直が亡くなって以降、義直の子孫が藩主となり尾張藩を護っていきます。しかし、4代から6代藩主に亘って不幸が続いたため、藩主が相次いで交代する事態に。そこで、尾張から移って陸奥梁川(むつやながわ:現在の福島県伊達市梁川町)藩主をしていた「宗春」(むねはる)が呼び戻され、7代藩主となりました。

宗春は、3代藩主「綱誠」(つななり)の20男で、6代藩主「継友」(つぐとも)の弟にあたります。兄・継友は、奇行奇癖な人物として知られていましたが、どうやら宗春もその血を受け継ぐ奇異な人物だったよう。なんと、宗春は初めて尾張名古屋入りした際、大煙管を片手に派手な衣装を靡(なび)かせ、牛に乗っていたのです。傾いた(かぶいた:異様な風体をすること)姿で登場した宗春は、民衆を驚かせました。

幕府に反抗して名古屋を賑わせた!?

宗春は藩政においても、異端ぶりを発揮しています。当時、江戸では「享保の改革」(きょうほうのかいかく)によって質素倹約を強いられていました。しかし、宗春は庶民を苦しめていた幕府の政策に疑問を呈していたようで、尾張藩主として幕府とは真逆の政策を打ち出したのです。

宗春は、江戸で禁止されていた芝居小屋や遊郭を名古屋の城下町に次々と開店させ、上方商人による出店やお祭りの奨励など、自由で開放的な政策を行なっていきます。これによって名古屋城下は治外法権的な場所となり、名古屋の町は大変な賑わいを見せることとなったのです。こうして名古屋では、華やかな芸術の文化が発展していき、宗春は「名古屋は芸どころ」と称されるようになったきっかけを作りました。

しかし、宗春の「自由経済政策」は町の繁栄とは裏腹に、藩の財政難や風紀の悪化を招いてしまうことに。この状況を幕府が見逃すはずもなく、8代将軍「吉宗」(よしむね)の逆鱗に触れた宗春は、幕府から隠居謹慎を命じられ、家督を譲ることになるのです。

江戸幕府の長い歴史の中でも、幕府に盾をついて、ここまで大胆な行動をした藩主はいないのではないでしょうか。宗春の政策は、尾張藩の興隆には繋がらなかったものの、名古屋の町や文化には色濃く影響を与えることとなりました。

相州伝を代表する刀匠 貞宗

その後、藩政時代に尾張徳川家は17代まで続き、17代藩主「慶勝」(よしかつ)が明治維新後に侯爵を授けられました。

この最後の尾張藩主である慶勝の11男「義恕」(よしくみ)の代に、相州伝(そうしゅうでん)の代表的な刀工「貞宗」(さだむね)の日本刀が伝わったと言われています。

刀 無銘 貞宗

刀 無銘 貞宗

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
無銘 南北朝時代 特別重要刀剣 尾張徳川家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
詳細を見る

相州伝とは、刀工が栄えた五ヵ国の地域で生み出された流派「五箇伝」のうちのひとつで、南北朝時代に相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)を中心に繁栄しました。貞宗は、この相州伝を確立させた刀匠「正宗」(まさむね)の門人で、のちに正宗の養子となったのです。

正宗の作風を継承し、味わい深い沸出来(にえでき)を得意としていた貞宗。本刀においても、その美しい沸え(にえ)が全体に感じられます。また、ゆるやかな湾れ(のたれ)も貞宗らしく、落ち着いた品格を醸し出す1振となっています。

御三家筆頭・尾張徳川家と名刀 貞宗

御三家筆頭・尾張徳川家と名刀 貞宗をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀
「秋元家」(あきもとけ)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)に仕えた大名です。転封(てんぽう:所領を別の場所に移すこと)を繰り返した秋元家が、最後に所領としたのが上野国館林藩(こうずけのくにたてばやしはん:現在の群馬県館林市)でした。 徳川家と深い縁があったにもかかわらず、幕末は新政府側の一員となった秋元家の歴史とはどのようなものだったのでしょうか。

館林藩秋元家伝来の水心子白熊入道正秀

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光
本薙刀の制作者は、備前長船の刀匠であり、「最上大業物鍛冶師」(さいじょうおおわざものかじし)と称えられる「長船秀光」(おさふねひでみつ)。南北朝時代に小反り物(こぞりもの)の代表的な刀工として活動していました。 小反り物とは、長船鍛冶の嫡流(ちゃくりゅう:正統の流派)の「兼光」(かねみつ)や、傍系の「元重」(もとしげ)、「長義」(ながよし/ちょうぎ)に属さない刀工郡のこと。そんな刀鍛冶の手による、特別保存刀剣の薙刀、無銘 長船秀光は「谷家」(たにけ)に伝来しました。 ここでは、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)にかかわりのある谷家の歴史や経歴をご紹介するのに合わせて、薙刀 無銘 長船秀光の歴史や特徴もご説明していきます。

谷家伝来の薙刀 無銘 長船秀光

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀
薙刀 銘 伯耆国住広賀 号 渡海龍(ほうきこくじゅうひろよし ごう とかいりゅう)は、刀工「伯耆国住広賀」(ほうきこくじゅうひろよし)の手によって作られた薙刀です。その持ち主は、備前国武将であった「宇喜多秀家」(うきたひでいえ)。渡海龍の号は、1592年(文禄元年)に「豊臣秀吉」の命で朝鮮へ出兵した「文禄の役」の際、宇喜多秀家がこの薙刀で奮闘したことから付けられました。 本薙刀は宇喜多秀家のあと、宇喜多家と深い関係があった加賀前田家へと伝来。そこで、刀工一派である伯耆国住広賀とその持ち主であった宇喜多秀家、そして宇喜多家と前田家との関係を紐解いていくと共に薙刀 銘 伯耆国住広賀の魅力をご紹介します。

宇喜多家・前田家伝来の薙刀 伯耆国住広賀

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道
「能勢氏」(のせし)の始まりは平安時代後期。以来、摂津国能勢郡(せっつのくにのせぐん:現在の大阪府)に領地を置きますが、「織田信長」(おだのぶなが)や「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)に相次いで攻め込まれ、領地を失うこととなります。そののち、日蓮宗の寺に逃げ延び、いつか能勢氏を再興することを願い続けた結果、「徳川家康」(とくがわいえやす)の時代にその願いを叶えることになるのです。一度は一族の危機にもさらされた能勢氏がどのように再興していったのか、歴史を紐解いてみました。

能勢氏伝来の日本刀 丹後守兼道

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒
本刀、額銘「正恒」(まさつね)は、平安時代後期から戦国時代に相模国三浦(さがみのくにみうら:現在の神奈川県)を拠点とした「三浦氏宗家」と、その流れをくむ「相模三浦氏」が所持したとされる名品です。太刀(たち)を磨上げて打刀(うちがたな)に直したと伝えられています。三浦氏滅亡後は、宿敵であり、小田原城を本拠に関東に勢力を伸ばした「後北条氏」(ごほうじょうし:戦国大名の北条氏のこと)のもとへ渡りました。本刀を作刀した備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)の刀工「正恒」は、平安時代後期に活躍した「古備前派」の名工です。今回は、三浦氏と後北条氏について解説すると共に、正恒の作風や特徴について述べていきます。

相模国三浦氏から北条氏に渡った名刀 正恒

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊
本太刀は、「来一門」の刀工「来国俊」(らいくにとし)が制作し、丹後国宮津(たんごのくにみやづはん:現在の京都府宮津市)の宮津藩「本庄松平家」(ほんじょうまつだいらけ)に伝来した雅な作品です。本庄松平家は江戸時代に栄え、下級武士から幕閣(ばっかく:幕府の最高行政機関)の中枢を担う一流の家柄となりました。ここでは、本庄松平家の歴史についてふれながら、太刀 来国俊を解説していきます。

丹後宮津・本庄松平家伝来の太刀 来国俊

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広
土佐国(とさのくに:現在の高知県)1国を領有していた土佐藩のルーツは、戦国時代に「土佐七雄」(とさしちゆう:室町時代末期から戦国時代に、土佐国に存在した7つの豪族の総称)のひとりだった「長宗我部/長曾我部元親」(ちょうそかべもとちか)が領主となったことに始まります。その後、息子の「長宗我部盛親」(ちょうそかべもりちか)が領主を引き継ぎましたが、「関ヶ原の戦い」で敗軍となった「西軍」に与していたことから、土佐国を没収されました。そして、長宗我部氏に替わって土佐に入封した「山内家」(やまうちけ)が、明治維新に至るまでのおよそ270年統治していくこととなったのです。今回は、土佐藩を代々牽引してきた山内家の歴史を振り返ると共に、土佐藩3代藩主の愛刀を鍛えた「新刀の祖」と称される刀匠「堀川国広」(ほりかわくにひろ)についてご紹介します。

土佐藩山内家と刀匠・堀川国広による 洛陽一条住信濃守国広

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王
「二王清綱」(におうきよつな)が作り、「内藤氏」が所有していたとされる重要刀剣の刀「伝二王」。「二王派」は、「大和鍛冶」(やまとかじ)達とも親交が深かったことから、その影響が作刀にも色濃く反映されており、本刀においても、その独特な風格を漂わせているのです。今回は、この二王清綱の持つ技術が、十分に注入された刀である伝二王の歴史や特徴を紐解いていくと共に、二王派と大和鍛冶との関係などについても掘り下げていきます。

内藤氏伝来・二王清綱作の伝二王

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀
江戸幕府によって設置された「京都所司代」(きょうとしょしだい)は、京の治安を維持するために置かれた行政機関で、鎌倉幕府の「六波羅探題」(ろくはらたんだい)や室町幕府の「所司代」(しょしだい)を参考に定められた役職です。京都所司代の主な任務は、現代で言うところの裁判官の職務。市中で起こる様々な事件や騒動の解決のために裁判を行なうなど、社会の秩序を維持する重要な役割を果たしていました。ここでは、親子2代で京都所司代を務めた板倉家(いたくらけ)と共に、「板倉重宗」(いたくらしげむね)が所持していた「天秤」(てんびん)の号を持つ「薙刀」(なぎなた)についてご紹介します。

京都所司代・板倉家と天秤と称された薙刀

注目ワード

注目ワード