女剣士ヒストリー
千葉佐那
女剣士ヒストリー
千葉佐那

文字サイズ

「千葉佐那」(ちばさな)は、幕末の江戸で道場主の家に生まれ、14歳にして北辰一刀流免許皆伝(ほくしんいっとうりゅうめんきょかいでん)した女性の剣豪です。千葉道場へ剣術修行に来た「坂本龍馬」(さかもとりょうま)と恋に落ち、彼女の人生は幕末の荒波の中を大きく漂うことになります。そんな彼女の生涯と坂本龍馬とのエピソードが窺えるゆかりの地をご紹介します。

多彩な才能を持った佐那に訪れた恋の行方は?

佐那(佐奈)の経歴は、実に多彩です。北辰一刀流小太刀免許皆伝、長刀師範の他、宇和島藩藩主伊達家の姫の武芸指南役も担っていました。さらに、学習院女子部舎監も務めています。そんな彼女は、実は、恋に生きた女性でもあります。

千葉の鬼小町

千葉佐那

千葉佐那

北辰一刀流桶町千葉道場主・「千葉定吉」(ちばさだきち)の次女として誕生した佐那。千葉道場があった桶町は、現在の東京駅前のあたりです。

北辰一刀流は、江戸時代末期、江戸3大道場のひとつに数えられた「玄武館」(げんぶかん)を興した定吉の兄、千葉周作を創始者とするものです。

佐那は、幼いころから千葉道場で父の教えを受け、14歳にして免許皆伝。特に小太刀が得意だったと言われています。ちなみに佐那には兄がいたため、彼女が道場を継ぐ必要はなく、また姉と妹が剣術に秀でていたという史料はありません。佐那の腕前は、道場主の娘だからというよりも、自らが興味を持ち、磨いていったものであったと言えるでしょう。また、近隣では「千葉の鬼小町」と呼ばれており、剣の才覚と美貌を合わせ持った女性だったことが分かります。

佐那に魅了された龍馬

坂本龍馬

坂本龍馬

そんな佐那の人生の大きなターニングポイントになったできごとが起こるのは、ある人物が千葉道場の門をたたいたことからです。その人物とは、坂本龍馬。言わずとしれた幕末騒乱の重要な登場人物です。

実は、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」は、龍馬が剣術の修行のため、私費で江戸に立つところから始まります。彼が剣術を学ぶ場所として選んだのが、千葉道場でした。

龍馬はすぐに佐那に心を奪われます。彼が姉に送った手紙には、佐那の剣の腕前のすごさと共に、彼女は十三弦を弾き、絵もうまく、物静かな人でもあると書いており、龍馬が佐那を人として深く愛していたことが分かります。

そしてほどなくして2人は婚約に至りますが、ときは幕末。江戸と土佐を行き来し、さらに自身の志のために全国を駆け巡る龍馬には、新しい出会いが訪れます。そう、「お龍」(おりょう)こと「楢崎龍」(ならさきりょう)です。龍馬と言えばお龍というくらいに、2人の関係はよく知られていますが、佐那がこのことをどう思っていたかは、とても気になるところです。

明治期の女剣士・千葉佐那

幕末江戸3大道場のひとつに数えられる玄武館の分室道場「北辰一刀流・桶町千葉道場」の娘として生まれた千葉佐那は、14歳にして免許皆伝という非常に秀でた女剣士でした。

恋のエピソードも目を引くもので、結婚には至らなかったものの、幕末の風雲児・坂本龍馬と婚約していたと伝わります。1896年(明治29年)に生涯を終えるまでの佐那の後半生をご紹介しましょう。

59歳でその生涯を終えるまで、龍馬への愛を貫いた?

千葉道場に剣術修行に来ていた龍馬と恋に落ちた佐那は、龍馬が北辰一刀流長刀兵法目録皆伝となった1858年(安政5年)ごろに婚約したと彼女の回想録に記されています。佐那は1838年(天保8年)生まれ、龍馬は1836年生まれですから、20歳と18歳のころ。

しかしその後、龍馬は幕末の世を東奔西走する中で、京でお龍と出会い、結局、彼女を妻とします。そして1867年(慶応3年)、龍馬は自身が尽力した大政奉還(たいせいほうかん)が成立したわずか1ヵ月後、近江屋事件で暗殺されます。一方の佐那は、そんな龍馬に対してどのような思いを持ち、明治維新後はどう生きたのでしょうか。

姉の遺児に「龍太」という名を

残念ながら、お龍と結婚した龍馬のことを佐那がどう思っていたかは、資料にも言い伝えにも残っておらず定かではありません。ただ、次のような逸話は残されています。

ひとつは、父・定吉が佐那と龍馬の結婚のために仕立てた坂本家の紋付の片袖を、龍馬の死後、形見として大切に持っていたこと。

もうひとつは、若くして亡くなった姉に代わり、その子どもに「龍太」という名を付けたこと。この逸話と共に、剣の腕はもちろんのこと、並みの男ではかなわないくらい力も強かったと言われる男勝りの佐那が、16歳で龍馬と出会い、心を焦がした日々を送ったことを想像すると、彼女はおそらく龍馬を愛し続けていたのではないでしょうか。

明治維新後、京の華族女学校の舎監に

一説には、明治維新後の佐奈は、兄の重太郎と共に京へ移り住み、剣の道から一転、華族女学校(学習院女子部)の舎監(寄宿舎の生活指導など)の職に就いたとされています。女剣士として培った凛とした姿勢で新たな道に踏み出していったのでしょう。1882年(明治15年)、45歳のころに東京の千住に移り、灸治院を開業し、晩年は灸師として生計を立てたようです。

また、一生独身を貫いたとも、一時、もと鳥取藩士の山口菊次郎と結婚をしていたとも言われていますが、1896年に59歳で亡くなったときは独り身で、無縁仏になりかけていたところを、知人が甲府市の清運寺にお墓を建てたとのこと。そして2016年(平成28年)の没後120年を機に、千葉家ゆかりの練馬区にある仁寿院(にんじゅいん)に改葬されました。

女剣士・千葉佐那ゆかりの地を行く

北辰一刀流小太刀の免許皆伝の腕前を持ち、坂本龍馬との恋のエピソードも伝わる、幕末から明治にかけての女剣士・千葉佐那。彼女のゆかりの地をご紹介しましょう。

「小千葉の小町娘」の足跡を訪ねて

北辰一刀流桶町千葉道場主・千葉定吉の二女として江戸に生まれた佐那。千葉道場があった桶町近隣では、千葉の鬼小町、「小千葉小町」とも呼ばれましたが、これは、秀でた剣術の腕と共に美貌で知られていたからです。佐那ゆかりの地を訪ね歩く行程は、東京の名所をめぐる旅としても楽しめます。

佐那生誕の地・桶町千葉道場跡

北辰一刀流の開祖・千葉周作は、江戸3大道場のひとつに数えられる玄武館を日本橋品川町(現在の本部は杉並区善福寺)に開きます。幕末動乱の追い風と合理的な指導方法が高い評価を受けた玄武館の門弟は6000名を超えたと言います。

この門弟の増加に伴いつくられたのが、周作の弟であり佐那の父を道場主とする「桶町千葉道場」です。いわば分室のような物で、当時では非常に珍しい士農工商の区別なく受け入れる道場でもあったため、さらに人気に拍車がかかったようです。

玄武館及び桶町千葉道場で学んだ門弟に、坂本龍馬をはじめ、清河八郎、山南敬助、山岡鉄舟などがおり、明治維新の原動力の一端を担った人物が育った場所とも言えます。桶町千葉道場があったのは、現在の東京都千代田区八重洲2丁目8-5あたりで、東京駅から徒歩10分。跡地には説明板が立てられています。

剣術指南に通った宇和島藩伊達家江戸屋敷跡

佐奈の剣豪ぶりが分かる史料に、宇和島藩8代藩主・伊達宗城(だてむねなり)が記録した物をまとめた「稿本藍山公記」(こうほんらんざんこうき)があります。そこには、1856年(安政3年)、19歳の佐那が伊達家の姫の剣術師範として伊達屋敷に通っていたこと、さらには、何とのちに9代藩主となる「伊達宗徳」(だてむねえ)と立ち合い、勝ったことが記されています。

佐那が通った伊達家の上屋敷は、当時、麻布龍土町と呼ばれたところで、現在の六本木7丁目。東京ミッドタウンの正面あたりで、その場所に今建っている物のひとつが国立新美術館です。

晩年を過ごした千葉灸治院跡地

佐那が1882年に移り住み、1896年にその生涯を終えるまで過ごした地が、現在の足立区千住仲町1番地です。

千葉家の家伝には灸もあり、佐那も施術を行なえる灸師でした。一説には板垣退助も治療を受けたことがあったとか。子どものいなかった佐那は養子を取り、千葉灸治院は戦前までこの地で開院。その後100mほど離れた千住仲町29番地に移り、2000年までは開業されていたということです。

現在は灸治院も家も一切残っていませんが、当時、千葉家の玄関には槍が2~3本立てかけてあったそうで、佐那の生涯に思いを馳せながら目を瞑ると、佐那在りし日の灸治院の様子が思い浮かぶようです。

佐那が眠る仁寿院

現在、佐那が眠るのは、練馬区練馬4-25-9にある浄土宗寺院「仁寿院」です。継承者がいなかったため、東京都立八柱霊園の無縁塚で合葬されていましたが、佐那の妹・はまの子孫が無縁塚に佐那が眠ることを知り、無縁塚から採取した土を入れた骨つぼを受け取り、2016年の佐那没後120年の命日に改葬した物です。仁寿院は、関東大震災で移転するまでは浅草にあり、千葉家の菩提寺があったお寺。1世紀以上のときを経て、佐那は妹・はまと共に千葉家の菩提寺に眠ることとなったのです。

墓石に「坂本龍馬室」と彫られた清運寺・千葉佐那墓所

さて、東京を少し離れてみましょう。山梨県甲府市に、実は、もうひとつ佐那の墓所があります。一説によると、59歳で佐那が病死したとき、その前年に養子の勇太朗が没していたこともあり、無縁仏になりかけていたところを、千葉灸治院の患者で親交のあった山梨県の自由民権運動家・「小田切謙明」(おだぎりけんめい)の夫人が分骨して、甲府市の小田切家菩提寺・清運寺に埋葬したのです。墓碑には「坂本龍馬室」(室=妻)と刻まれています。

千葉佐那

千葉佐那をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「女剣士ヒストリー」の記事を読む


女性と刀剣

女性と刀剣
刀剣と言うと男性にかかわりが深い物であるように考えがちですが、実は女性とも深いかかわりがあるのです。ここでは「花嫁道具としての刀剣」、「女性の武芸指南役」、「女性に人気の刀剣・武術」についてお話ししましょう。

女性と刀剣

巴御前①

巴御前①
今日の日本において、最も有名な女武将と言えば「巴御前」(ともえごぜん)でしょう。巴御前は源平合戦のとき、木曽義仲(きそよしなか)軍の一大将として活躍し、その勇猛さは日本各地に伝説が残るほど、語り継がれています。ここでは巴御前と木曽義仲との数々のエピソードをお話しましょう。

巴御前①

巴御前②

巴御前②
「木曽義仲」(きそよしなか)と別れ、戦場を離れた「巴御前」(ともえごぜん)はその後どうなったのでしょう?ここではその後の巴御前についてご紹介します。 また、薙刀の形状名「巴形薙刀」や、もうひとりの女武将「葵御前」の伝説についてもご紹介。さらに日本全国にある巴御前ゆかりの地をご紹介します。

巴御前②

板額御前

板額御前
平安時代末期(12世紀後半)に活躍した女武将として名高い「巴御前」(ともえごぜん)とほぼ同時期に、もうひとり、その勇猛ぶりを称えられた女武将がいます。越後(新潟県)の有力な豪族で、越後平氏とも言われた城氏(じょうし)の姫・「板額御前」(はんがくごぜん)です。

板額御前

甲斐姫

甲斐姫
「織田信長」に続き、「豊臣秀吉」が天下統一を成し遂げた安土桃山時代に、一国の城主の娘として生まれ、19歳にして秀吉による小田原征伐の際には、豊臣方との1ヵ月にも及ぶ籠城戦の陣頭指揮を執った東国無双の姫として知られる「甲斐姫」(かいひめ)。彼女の運命を変えた1590年(天正18年)6月4日から7月15日(旧暦)の1ヵ月余りの日々を追いましょう。そして、その後の甲斐姫と、甲斐姫ゆかりの地を巡ります。

甲斐姫

大祝鶴姫

大祝鶴姫
日本で唯一現存する女性用の鎧という意見もある「紺糸裾素懸威胴丸」、それを実際に着用して戦ったといわれている女武将がいます。 戦国時代(16世紀半)の伊予国(愛媛県)、18歳という若さで水軍を率いて周防国(山口県)の大内氏と何度も戦い、瀬戸内海に浮かぶ故郷・大三島を守り抜いた「大祝鶴姫」です。

大祝鶴姫

佐々木累

佐々木累
「佐々木累」(ささきるい)は、江戸時代前期の女性の剣術家で、江戸時代、女性のひとつの職業として確立されていた武芸指南役にも就いていた人物です。風変わりな出で立ちで、凄腕の女剣士、佐々木累の人生はどのようなものだったのでしょうか。その生涯と彼女ゆかりの地をご紹介します。

佐々木累

中沢琴

中沢琴
「中沢琴」(なかざわこと)は、幕末に男装姿で「浪士隊」(ろうしたい)に参加し、江戸市中の見廻りを担い、治安の維持にあたった女剣士です。江戸、明治、大正、昭和の4つの時代を駆け抜けた中沢琴の生涯はどのようなものだったのでしょう。様々なエピソードと共に、彼女の人生をひも解きます。

中沢琴

井伊直虎①

井伊直虎①
江戸幕府創設の功臣「徳川四天王」(とくがわしてんのう)のひとり、井伊直政(いいなおまさ)。その直政を養育し、家康の家臣としての道を開いたとされるのが、戦国時代、井伊家の「女城主」となった「井伊直虎」(いいなおとら=1582年没)です。

井伊直虎①

注目ワード

ページトップへ戻る