甲冑(鎧兜)の基礎を学ぶ
甲冑とは
甲冑(鎧兜)の基礎を学ぶ
甲冑とは

文字サイズ

「甲冑」(かっちゅう)と聞くと、何かとっつきにくそうなんて感じてしまう人もいるのではないでしょうか?その原因のひとつは、甲冑(鎧兜)の名前にあると考えられます。例えば「徳川家康」が所用した甲冑(鎧兜)として知られている「伊予札黒糸縅胴丸具足」(いよざねくろいとおどしどうまるぐそく)という名前を聞いたとき、初心者の方はこう思うでしょう。「漢字ばかりで、何だか難しそうだな」。しかし、そうではありません。むしろ逆。名前のルールが分かってしまえば、その甲冑(鎧兜)を鑑賞するためのヒントが詰まっているのです。今回は、甲冑(鎧兜)を楽しむための準備運動として、甲冑(鎧兜)について大まかにご紹介します。

甲冑の歴史

甲冑(鎧兜)とは、甲(鎧:よろい)及び冑(兜:かぶと)のこと。胴体部分を守る鎧と、頭部を守る兜からなる防具です。

日本においては、当初「短甲」(たんこう)、「挂甲」(けいこう)が制作されていましたが、平安時代に最初の分岐点を迎えます。国風文化の影響を受け、日本独自のスタイルである「大鎧」(おおよろい)の制作が開始されたことをきっかけに、独自の「日本式甲冑」として進化・発展していくこととなったのです。

その後、大鎧を簡易にした物として「胴丸」(どうまる)、「腹巻」(はらまき)、「腹当」(はらあて)が制作されました。そんな日本式甲冑が、第2の分岐点を迎えたのは、全国的に戦乱が広がった室町時代から戦国時代にかけての時期。

大人数での集団戦が主流となったことで、それまで以上の機動性と防御力が要求されたことを受け、軽量化と徹底した機能性重視の方針が貫かれた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場します。

また、当世具足は絢爛豪華な安土・桃山時文化の影響もあり、より個性的で着用者の思想・世界観を反映。この頃から甲冑(鎧兜)は、単なる防具に止まらない武将の正装という意味合いも帯びていったのです。

江戸時代に入り、天下泰平の世の中になると、甲冑(鎧兜)は、武士の威風を示すための道具になります。実戦での使用がなくなったことで、甲冑(鎧兜)には様々な装飾が施されるように。そして、幕末から明治維新の時期においては、武器の進化に追いついていくことができなかった日本式甲冑は、防具としての役割を終えました。

現在では、日本古来の技術が詰まった工芸品(美術品)として日本のみならず、世界において人気を集めているのです。

甲冑の種類

上述したように、甲冑(鎧兜)は時代を経るにつれて、進化を遂げていきました。その進化の過程を見ることによって、甲冑(鎧兜)を分類することが可能です。

短甲・挂甲

短甲

短甲

短甲

短甲は、上古(じょうこ:一般的に大化の改新以前を指します)において、鉄板や革板を鋲留めや革で綴じて作られた鎧(甲)です。

日本独自の形式であると言われており、一般的に体の右側にある蝶番(ちょうつがい)で開閉し、体の前面で合わせて装着。

日本最古の短甲は、静岡県の「伊場遺跡」(いばいせき)から出土した弥生時代の物と推定されている木製の短甲(残欠:一部が欠けて完全ではない物)であると言われています。

挂甲

挂甲は、鉄や革で作られた「札」(さね)を糸や革で綴って制作された鎧(甲)。馬に乗って戦った大陸北方の民族が同様の物を制作していたことから、短甲とは異なり大陸から多大な影響を受けたと考えられています。

この挂甲において見られる札を縅し、綴って胴などを形成していく方法は、のちの日本式甲冑にも受け継がれていきました。その意味では、日本式甲冑の原点であるとも言えるのです。

大鎧

大鎧は平安時代に出現して以来、「騎馬武者」が着用した物です。騎馬武者とは、すなわち上級武士のこと。当時、主流だった戦い方は、騎馬武者が1対1で弓矢を放ち合う「騎射戦」(きしゃせん)でした。

下半身を守る「草摺」(くさずり)は、前後左右の4枚に分かれているのみで、着用者が馬に乗ったときに箱のようにすっぽりと下半身を囲むようにして防御。そのため、馬から降りて歩いたりするのには不向きでした。

その他、兜前面の「吹返」(ふきかえし)や、肩に装着した「大袖」(おおそで)が大きく制作されるなど、弓矢による攻撃に対する防御に強さを発揮した甲冑(鎧兜)であると言えます。

胴丸・腹巻・腹当

胴丸

胴丸は、中下級の武士が着用した甲冑(鎧兜)。

騎射戦が主流だった時代において中下級武士は、馬ではなく徒歩で移動し、戦場でも「徒立戦」(かちだちせん:徒歩での戦闘)に臨んでいました。そのため、大鎧に比べて軽量な胴丸を着用した兵士は、軽快に動くことが可能だったのです。

その後、戦闘の主流が大軍同士での大掛かりな「打物戦」(うちものせん:太刀や槍、薙刀などを使用した戦い)へと変化していった南北朝時代あたりになると、上級武士も胴丸を着用するようになっていったと言われています。

腹巻

腹巻は背中から体を入れて、引き合わせる形で着用する甲冑(鎧兜)です。

当初は主に下級武士が着用していた物で、腰から下を防御する草摺は7間。胴丸よりもさらに軽量でした。大鎧や胴丸もそうでしたが、時代を経るにつれて胴の重さを肩だけでなく腰でも支えるようになったため、腰の部のくびれが目立つように。

また、背中の引き合せ部分については隙間をふさぐため「背板」(せいた)が用いられます。室町時代以降になると胴丸と同様に、上級武士が腹巻を身にまとうことも増え、その場合には、大きな袖が付属しました。

腹当

腹当

腹当

腹当は胸部、腹部と両脇を防御するだけの最も簡易的な甲冑(鎧兜)で、主に最下層の兵士が身に着けていました。また、上級武士が軽武装として衣服の下に着ることもあったとされ、鎌倉時代には存在していたと言われています。

胸板とわずかに両脇にかかっている「長側」(なががわ:前胴から後胴にかけて一続きとなっている小札板の部分)からなる胴に、小さな草摺が付いた物が一般的ですが、完全な状態で現存している腹当は少数です。

当世具足

当世具足は、大鎧以来続いてきた日本式甲冑とは一線を画する新しい形式の甲冑(鎧兜)であると言うことができます。確かに、右で引き合わせる胴の形式など、胴丸の系譜を継ぐ面も見られますが、槍や鉄砲などの新しい武器による攻撃に耐えられるだけの防御力を備えており、かつ集団戦において軽快に動くことができるように、胴と草摺をつなぐ「揺糸」(ゆるぎのいと)を長くするなどの改良が加えられました。

また、戦場において着用する武将の思想や世界観を体現していた点においても、それまでの日本式甲冑とは異なるのです。

名前を読み解くことが第1歩

甲冑(鎧兜)について、一通りの知識を習得したあとは、やっぱり実物を観たいもの。博物館などで甲冑(鎧兜)を鑑賞するときに、まずすべきことは、その甲冑(鎧兜)の名前を知ることです。甲冑(鎧兜)鑑賞に、名前は関係ない?そんなことはありません。

実は、甲冑(鎧兜)鑑賞において甲冑(鎧兜)の名前を知ることは、とても大切なこと。冒頭で取り上げた伊予札黒糸縅胴丸具足を例にして名前に込められた事実を読み解いていくことにしましょう。

伊予札黒糸縅胴丸具足

伊予札黒糸縅胴丸具足

伊予札黒糸縅胴丸具足は「伊予札」(いよざね)/「黒糸縅」(くろいとおどし)/「胴丸具足」(どうまるぐそく)の3つに分解することが可能。まず、伊予札とは胴を構成する小さな札のことで「伊予国」(現在の愛媛県)が発祥であることから、こう呼ばれています。

次に黒糸縅とは、伊予札を横に繋ぎ合わせた板札を黒い糸で下に連結させている(縅[おど]している)ことを意味し、最後の胴丸具足は、胴の右側で引き合わせている胴丸状の当世具足であること。すなわち伊予札黒糸縅胴丸具足とは、伊予札(で構成されている札板)を黒色の縅糸で縅した胴丸状の当世具足であることを表しているのです。

もうお分かりでしょう。甲冑(鎧兜)の名前にある漢字の羅列は、どのような材料を使って、どのように制作され、どのような形式の甲冑(鎧兜)であるかということを表しているのです。つまり、名前を見れば、その甲冑(鎧兜)について使用されている素材や縅し方、制作されたおおよその時代などの基本的な情報を知ることができるということ。名前を知ることが甲冑(鎧兜)鑑賞の第1歩であると言えます。

最後に、今後の鑑賞に向けてよく使われている用語をいくつか挙げておきましょう。「色々縅」(いろいろおどし)とは、3色以上の縅糸で縅していること。また「○枚胴」という表記を目にすることもありますが、これは当世具足などにおいて、脱着の便宜のために胴を分割して蝶番(ちょうつがい)で連結していることを表し、○枚の部分が連結した胴の枚数です。

知られざる秘話を知る

いかがだったでしょうか。甲冑(鎧兜)の歴史、種類そして鑑賞における最初のポイントについてお話をさせて頂きました。

もっとも、これらは甲冑(鎧兜)のほんの一部と言うより、さわりにすぎません。甲冑(鎧兜)は長い歴史において進化・発展し、現代に伝えられた物。言わば日本の歴史的遺品です。その1領が現代に伝わった過程においては様々なできごとがあり、それを知ることで、目の前の甲冑(鎧兜)が身近に感じることもあるでしょう。

甲冑(鎧兜)の裏側にあるストーリーを知ることは、甲冑(鎧兜)の世界により深く足を踏み入れるきっかけ。その意味で甲冑(鎧兜)を学ぶことは、日本の歴史を学ぶことであるとも言えます。

  • 甲冑(鎧兜)写真
    甲冑(鎧兜)の名前や種類など、歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)を検索することができます。
  • 甲冑(鎧兜)写真集
    古美術品などの価値を持つ甲冑(鎧兜)の造形美を、様々な角度からご覧頂けます。

甲冑とは

甲冑とはをSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「甲冑(鎧兜)の基礎を学ぶ」の記事を読む


甲冑の基本解説

甲冑の基本解説
甲冑(鎧兜)を鑑賞する上で、知っておくべきこと。それは、各部の名称です。甲冑(鎧兜)は、合戦における戦い方の変化に伴って進化していきました。そのため、同じ名称であっても、形状などが異なっており、それも見どころのひとつであると言えます。「日本式甲冑(鎧兜)」には、「大鎧」(おおよろい)と「当世具足」(とうせいぐそく)という2つの大きな転換点がありました。すなわち、大鎧は平安時代に登場した日本式甲冑(鎧兜)のはしりであり、室町時代後期あたりに登場したと言われている当世具足は、日本式甲冑(鎧兜)の完成形という位置付けです。ここでは、各時代における甲冑(鎧兜)の違いについて、各部の名称を中心に、基本的な内容をご紹介します。

甲冑の基本解説

注目ワード

ページトップへ戻る