日本刀を作る
無鑑査刀匠
日本刀を作る
無鑑査刀匠

このコンテンツをシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
文字サイズ

「無鑑査」(むかんさ)とは一般的に、芸術などの分野において、作者の過去の実績に照らして特定の展覧会などにおいて「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」であると認められることを意味しています。「日本刀」(刀剣)の世界における無監査は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が主催する「現代刀職展」(旧新作名刀展)に出品した作品について、受賞審査を必要としない資格(公益財団法人日本美術刀保存協会無鑑査選任規程第2条)のこと。無鑑査となった刀匠の作品は、別格扱いとなるのです。

「無鑑査刀匠」とは

1年に1度開催される「現代刀職展」に作品を出品して、特賞をはじめとした高い評価を得ること(入賞)が、現代刀匠の大きな目標であることに間違いはありません。展覧会において、各賞の受賞審査の対象外となっている無鑑査刀匠は別格であり、現代刀匠の中で最高位に位置付けられていると言えます。

そのような無鑑査刀匠に選任されるための基準は、「協会が主催する現代刀職展において、入賞15回のうち、特賞を8回以上(太刀・刀・脇指・薙刀・槍の部)受賞し、そのうちに高松宮記念賞(平成17年まで高松宮賞)を2回以上受賞した者、もしくは特賞を10回以上(太刀・刀・脇指・薙刀・槍の部の特賞を6回以上)受賞した者で、人格が高潔であり、刀匠として抜群の技量が認められる者」(無鑑査選任基準1)。

この基準を満たした上で、日本美術刀剣保存協会の理事会による承認議決を経て、日本美術刀剣保存協会会長から無鑑査の資格が授与されることによって、はじめて無鑑査刀匠となるのです。

技を磨いて技量を向上する刀匠

技を磨いて技量を向上する刀匠

第一線で活動している現代刀匠が、年に1度の大イベントとしてしのぎを削っている現代刀職展において、長期間に亘って受賞を続けることは至難の業。これを複数回(入賞15回、特賞8ないし10回以上)受賞して実績上の基準をクリアするためには、絶えず技を磨いて技量を向上し続けていくことが必要不可欠であり、容易なことではありません。

その事実は数字にも表れており、1958年(昭和33年)に初の無鑑査の資格取得者が出てから、2017年(平成29年)までの間に無鑑査の資格を授与されている刀匠は、わずか37人という狭き門。

晴れて無鑑査刀匠となったあとも、現代刀匠の模範的存在としての義務が発生するのです。すなわち、原則として毎年実施される現代刀職展に出品しなければならず、年齢(75歳以上)や、病気などの正当な理由なく3回続けて出品しなかった場合に加えて、無鑑査刀匠となったあとに技能が著しく低下したと認められる場合などには、協会長が無鑑査の取消処分を行なう可能性があるなど、無鑑査の資格制度を維持するため、厳格な運営がなされています。

刀剣界の最高峰「正宗賞」

現代を代表する刀匠であると認定された無鑑査刀匠が目指す究極の高みが、正宗賞(まさむねしょう)です。この賞は、現代刀職展に出品した無鑑査刀匠らの作品のうち、特筆すべき出来ばえの作品があった場合にのみ授与される物で、受賞にふさわしい作品がない年には選出されることはなく、「該当なし」が続くことも珍しくありません。

賞の名前として冠されている「正宗」は、「相州伝」の作風を確立した、日本で最も知名度の高い刀匠で「天下三作」(てんがさんさく)のひとりに位置付けられている、日本屈指の名工でした。

無銘 伝正宗

無銘 伝正宗

この正宗賞については、平成の30年間において、受賞した刀匠はわずかに3人。計算上は、10年に1人の割合でしか受賞者が現れなかったことになるのです。日本刀(刀剣)の代名詞とも言える正宗の名を冠するのにふさわしく、現代の名工であると認められた無鑑査刀匠の中でも、ごく一握りの技を極めた名人中の名人のみが受賞できる、現代刀剣界における最高峰に位置付けられている賞だと言えます。

それは数字にも表れており、平成において無鑑査資格を得た刀匠が17人であるのに対し、正宗賞の受賞者は3人。計算上は無鑑査刀匠のうち、5人に1人も受賞することができないということとなり、この賞を受けることは、無鑑査刀匠となる以上に険しい道なのです。

また、1961年(昭和36年)に初の正宗賞受賞者が出たのを皮切りに、2018年(平成30年)までの間における受賞者は延べ15人(実人数8人)で、2回以上受賞した刀匠は4人。そのいずれもが「文化財保護法」第71条第2項に基づく「重要無形文化財」の各個認定の保持者、いわゆる「人間国宝」に認定されました。

人間国宝に認定される対象となるのは、工芸技術部門においては「重要無形文化財に指定される工芸技術を高度に体得している者」、すなわち、形のない高度な「技」そのものが文化財であり、それらの技を通して形のない物を体現することができる人(個人)。その認定基準に絶対的なものはありませんが、現代刀匠にとって、正宗賞を2回以上受賞することは、人間国宝に認定されるためのひとつの目安であると言えます。

帝室技芸員・人間国宝・無鑑査刀匠 一覧

帝室技芸員 一覧(2名)

名前 認定年
宮本包則 1906年
名前 認定年
月山貞一 1906年

人間国宝 一覧(6名)

名前 認定年
高橋貞次 1955年
宮入昭平(行平) 1963年
月山貞一(二代) 1971年
名前 認定年
隅谷正峯 1981年
天田昭次 1997年
大隅俊平 1997年

無鑑査刀匠 一覧(37名)

名前 認定年
高橋貞次 1958年
宮入昭平(行平) 1960年
月山貞一(二代) 1967年
隅谷正峯 1967年
今泉俊光 1970年
川島忠善(二代) 1972年
天田昭次 1973年
大隅俊平 1973年
遠藤光起 1981年
酒井一貫斎繁正(繁政) 1981年
八鍬靖武 1981年
法華三郎信房(八代) 1981年
吉原義人 1982年
吉原國家(二代) 1982年
月山貞利 1982年
谷川盛吉 1985年
上林恒平 1985年
山口清房 1986年
河内國平 1987年
名前 認定年
大野義光 1987年
高橋次平 1989年
宗勉 1990年
三上貞直 1995年
宮入法廣 1995年
榎本貞吉 1996年
瀬戸吉廣 1996年
広木弘邦 1996年
宮入小左衛門行平 2000年
大久保和平 2000年
吉原義一 2003年
尾川兼圀 2006年
宗昌親 2006年
古川清行 2010年
尾川兼國 2010年
松田次泰 2010年
松葉國正 2014年
久保善博 2017年

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀(刀剣)です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀(刀剣)の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀(刀剣)の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方
「世界一切れる」と名高い日本刀(刀剣)。「西洋剣」は突き刺すことに優れていますが、日本刀(刀剣)は突き刺すことはもちろん、斬り裂くことにも優れています。 また、日本刀(刀剣)には、武器としての側面だけでなく、その美しさを鑑賞する芸術品としての側面もあり、多くの愛好家が存在。その姿からは、刀匠(とうしょう)が精進を重ねて作られたさまが手に取るように感じられます。日本刀(刀剣)の製法は、長い歴史の中で試行錯誤を重ねて培われてきました。そのため、どこか難しいイメージを持っている方も多いかと思いますし、その全貌は掴みにくい物ですよね。ここでは、日本刀(刀剣)を作る難しさが具体的にはどのようなところにあるのかをご説明します。

よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

日本刀の研磨

日本刀の研磨
日本刀(刀剣)鑑賞のメインの部位であると言える「刀身」(とうしん)は、修行を積み重ねた刀匠の手によって作られる物。しかしながら、日本刀(刀剣)全体に目を向けてみると、日本刀(刀剣)は刀身以外の様々な部位からも成り立っていることが分かります。そのうちのどれかひとつでも欠ければ、現代にまで受け継がれている日本刀(刀剣)の完璧なまでの美しさが失われてしまうのです。その美しさを維持するためには、刀身を制作する刀匠だけでなく、刀身以外の様々な部位を手がける職人の技術も不可欠。その中でも、日本刀(刀剣)の強靭さ、そして美観を保護するために重要な工程である「研磨」(けんま)についてご説明します。

日本刀の研磨

日本刀に宿る神性

日本刀に宿る神性
武器として使われていた歴史がありながらも、美術品にまでその価値が高められてきた日本刀(刀剣)。その美しさは、磨き上げられたことによるのはもちろんのこと、刀身に施されている「彫刻」からも醸し出される物があります。「刀身彫刻」は一見すると、単なる装飾だと思われがちですが、いろいろな種類があり、そこに込められた意味も様々です。また日本刀(刀剣)は、「神具」としても用いられており、「古事記」や「日本書紀」を始めとする古来の文献にも登場。ここでは、それらを知ることで、作刀当時の彫師(ほりし)や刀匠(とうしょう)、そして日本刀(刀剣)所持者が、日本刀(刀剣)そのものに見出していた価値、及び日本刀(刀剣)にまつわる神々の逸話についてご紹介します。

日本刀に宿る神性

刀身彫刻の実際

刀身彫刻の実際
刀工による様々な作刀工程を経て、その仕上がりが完璧なまでに美しい物となる日本刀(刀剣)。その刀身に肉感を持った立体的な彫刻を施すことで、さらなる美しさが引き出されています。刀身彫刻の種類は、日本刀(刀剣)の強度はそのままに、重量を軽くする実用性のある物から、宗教への信仰心、制作者や所持者の自由な思いが込められた物まで、実に様々です。ここでは、個性的な意匠が用いられた刀身彫刻の具体的な種類をご紹介すると共に、実際に行なわれている刀身彫刻の工程についてもご説明します。

刀身彫刻の実際

鍛冶の道具

鍛冶の道具
日本刀(刀剣)の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、用いられる道具は30点近くになります。現代では市販されている道具もありますが、刀匠が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから自分で作る場合もあり、いずれも長年の経験に基づいた創意工夫がなされている物です。ここでは、道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

鍛冶の道具

たたら製鉄

たたら製鉄
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀(刀剣)制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀[刀剣]の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀(刀剣)の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀(刀剣)に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

時代別の火造りの方法

時代別の火造りの方法
日本刀(刀剣)制作において「火」は欠かせない要素のひとつ。バラバラになっている「玉鋼」(たまはがね)に熱を入れ、鍛接してひとつにする「積み沸し」(つみわかし)や、玉鋼を叩き伸ばして不純物を取り除き、含まれる炭素量を均一化して刀身の強度を増加させる「鍛錬」(たんれん)など、火が使われる工程はいくつもあります。その際に、火の温度や火力を正しく見極め、いかに自在に操れるかが刀匠の腕の見せどころ。 そんな火という言葉が入った「火造り」(ひづくり)という工程は、日本刀(刀剣)制作の中でも刀身の姿を決定付ける最も重要なもの。 ここでは、時代によって異なる火造りの詳細についてご紹介しながら、火造りの全貌についてご説明します。

時代別の火造りの方法

注目ワード

ページトップへ戻る