日本刀を作る

無鑑査刀匠

文字サイズ

「無鑑査」(むかんさ)とは一般的に、芸術などの分野において、作者の過去の実績に照らして特定の展覧会などにおいて「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」であると認められることを意味しています。「日本刀」の世界における無監査は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が主催する「現代刀職展」(旧新作名刀展)に出品した作品について、受賞審査を必要としない資格(公益財団法人日本美術刀保存協会無鑑査選任規程第2条)のこと。無鑑査となった刀匠の作品は、別格扱いとなるのです。

「無鑑査刀匠」とは

1年に1度開催される「現代刀職展」に作品を出品して、特賞をはじめとした高い評価を得ること(入賞)が、現代刀匠の大きな目標であることに間違いはありません。展覧会において、各賞の受賞審査の対象外となっている無鑑査刀匠は別格であり、現代刀匠の中で最高位に位置付けられていると言えます。

そのような無鑑査刀匠に選任されるための基準は、「協会が主催する現代刀職展において、入賞15回のうち、特賞を8回以上(太刀・刀・脇差・薙刀・槍の部)受賞し、そのうちに高松宮記念賞(平成17年まで高松宮賞)を2回以上受賞した者、もしくは特賞を10回以上(太刀・刀・脇差・薙刀・槍の部の特賞を6回以上)受賞した者で、人格が高潔であり、刀匠として抜群の技量が認められる者」(無鑑査選任基準1)。

この基準を満たした上で、日本美術刀剣保存協会の理事会による承認議決を経て、日本美術刀剣保存協会会長から無鑑査の資格が授与されることによって、はじめて無鑑査刀匠となるのです。

技を磨いて技量を向上する刀匠

技を磨いて技量を向上する刀匠

第一線で活動している現代刀匠が、年に1度の大イベントとしてしのぎを削っている現代刀職展において、長期間に亘って受賞を続けることは至難の業。これを複数回(入賞15回、特賞8ないし10回以上)受賞して実績上の基準をクリアするためには、絶えず技を磨いて技量を向上し続けていくことが必要不可欠であり、容易なことではありません。

その事実は数字にも表れており、1958年(昭和33年)に初の無鑑査の資格取得者が出てから、2017年(平成29年)までの間に無鑑査の資格を授与されている刀匠は、わずか39人という狭き門。

  • 刀剣奉納鍛錬

    折り返し鍛錬・焼き入れ

    折り返し鍛錬・焼き入れ

    刀匠による刀剣奉納鍛錬(折り返し鍛錬・焼き入れ)の様子を動画でご覧頂けます。

  • 刀剣奉納鍛錬

    多度大社「刀剣奉納」

    多度大社「刀剣奉納」

    多度大社で行なわれた刀剣奉納の様子を動画でご覧頂けます。

  • 刀剣奉納鍛錬

    • 刀匠魂
      • 刀匠魂

      • 無鑑査刀匠・尾川兼國による刀剣奉納鍛錬と多度大社での奉納式の様子を動画でご覧頂けます。

        動画のロングバージョンはこちら

        • 刀匠魂その1

          その1

        • 刀匠魂その2

          その2

        • 刀匠魂その3

          その3

晴れて無鑑査刀匠となったあとも、現代刀匠の模範的存在としての義務が発生するのです。すなわち、原則として毎年実施される現代刀職展に出品しなければならず、年齢(75歳以上)や、病気などの正当な理由なく3回続けて出品しなかった場合に加えて、無鑑査刀匠となったあとに技能が著しく低下したと認められる場合などには、協会長が無鑑査の取消処分を行なう可能性があるなど、無鑑査の資格制度を維持するため、厳格な運営がなされています。

刀剣界の最高峰「正宗賞」

現代を代表する刀匠であると認定された無鑑査刀匠が目指す究極の高みが、正宗賞(まさむねしょう)です。この賞は、現代刀職展に出品した無鑑査刀匠らの作品のうち、特筆すべき出来ばえの作品があった場合にのみ授与される物で、受賞にふさわしい作品がない年には選出されることはなく、「該当なし」が続くことも珍しくありません。

賞の名前として冠されている「正宗」は、「相州伝」の作風を確立した、日本で最も知名度の高い刀匠で「天下三作」(てんがさんさく)のひとりに位置付けられている、日本屈指の名工でした。

無銘 伝正宗

無銘 伝正宗

この正宗賞については、平成の30年間において、受賞した刀匠はわずかに3人。計算上は、10年に1人の割合でしか受賞者が現れなかったことになるのです。日本刀の代名詞とも言える正宗の名を冠するのにふさわしく、現代の名工であると認められた無鑑査刀匠の中でも、ごく一握りの技を極めた名人中の名人のみが受賞できる、現代刀剣界における最高峰に位置付けられている賞だと言えます。

それは数字にも表れており、平成において無鑑査資格を得た刀匠が17人であるのに対し、正宗賞の受賞者は3人。計算上は無鑑査刀匠のうち、5人に1人も受賞することができないということとなり、この賞を受けることは、無鑑査刀匠となる以上に険しい道なのです。

また、1961年(昭和36年)に初の正宗賞受賞者が出たのを皮切りに、2018年(平成30年)までの間における受賞者は延べ15人(実人数8人)で、2回以上受賞した刀匠は4人。そのいずれもが「文化財保護法」第71条第2項に基づく「重要無形文化財」の各個認定の保持者、いわゆる「人間国宝」に認定されました。

人間国宝に認定される対象となるのは、工芸技術部門においては「重要無形文化財に指定される工芸技術を高度に体得している者」、すなわち、形のない高度な「技」そのものが文化財であり、それらの技を通して形のない物を体現することができる人(個人)。その認定基準に絶対的なものはありませんが、現代刀匠にとって、正宗賞を2回以上受賞することは、人間国宝に認定されるためのひとつの目安であると言えます。

帝室技芸員・人間国宝・無鑑査刀匠 一覧

帝室技芸員 一覧(2名)

名前 認定年
宮本包則 1906年
名前 認定年
月山貞一 1906年

人間国宝 一覧(6名)

名前 認定年
高橋貞次 1955年
宮入昭平(行平) 1963年
月山貞一(二代) 1971年
名前 認定年
隅谷正峯 1981年
天田昭次 1997年
大隅俊平 1997年

無鑑査刀匠 一覧(39名)

名前 認定年
高橋貞次 1958年
宮入昭平(行平) 1960年
月山貞一(二代) 1967年
隅谷正峯 1967年
今泉俊光 1970年
川島忠善(二代) 1972年
天田昭次 1973年
大隅俊平 1973年
遠藤光起 1981年
酒井一貫斎繁正(繁政) 1981年
八鍬靖武 1981年
法華三郎信房(八代) 1981年
二唐國俊 1981年
吉原義人 1982年
吉原國家(三代) 1982年
月山貞利 1982年
谷川盛吉 1985年
上林恒平 1985年
山口清房 1986年
河内國平 1987年
名前 認定年
大野義光 1987年
高橋次平 1989年
宗勉 1990年
三上貞直 1995年
宮入法廣 1995年
榎本貞吉 1996年
瀬戸吉廣 1996年
広木弘邦 1996年
宮入小左衛門行平 2000年
大久保和平 2000年
吉原義一 2003年
尾川兼圀 2006年
宗昌親 2006年
古川清行 2010年
尾川兼國 2010年
松田次泰 2010年
松葉國正 2014年
久保善博 2017年
高見國一 2019年

無鑑査刀匠

無鑑査刀匠をSNSでシェアする

「日本刀を作る」の記事を読む


日本刀の作り方(制作方法)

日本刀の作り方(制作方法)
武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の作り方について、その一例をご紹介します。

日本刀の作り方(制作方法)

刀鍛冶になるには

刀鍛冶になるには
現在、日本刀を制作するためには、「都道府県公安委員会」に登録して許可を受けることが必要です。そのためには先輩刀匠に弟子入りし、日本刀制作の技術はもちろん、日本の歴史、文化などを深く学ぶことが求められます。修行期間は最短で5年。日本を代表する美術工芸品である日本刀の制作を許された刀鍛冶は、鉄(玉鋼:たまはがね)を鍛える技術と科学知識を有するのみでなく、歴史・文化への造詣も深い、現代における「日本文化のプロフェッショナル」と言うべき特別な存在なのです。ここでは、刀鍛冶という「職業」に着目し、そこに至る道のりをご紹介します。

刀鍛冶になるには

刀鍛冶の道具

刀鍛冶の道具
日本刀の鍛錬(たんれん)と、その制作にかかわる全工程において、刀鍛冶が用いる鍛冶道具は30点近くあります。例えば、「火床」(ほど)、「切り鏨」(きりたがね)、「捩り取り」(ねじりとり)など、刀鍛冶の道具は名前を読むのが難しい物ばかり。 現代では市販されている道具もありますが、刀鍛冶が使いやすいように手を加えたりすることや、はじめから刀鍛冶自ら作ったりすることもあります。いずれも刀鍛冶の長年の経験に基づいた創意工夫がなされている鍛冶道具です。ここでは、刀鍛冶の鍛冶道具それぞれの用途や材質についてご説明します。

刀鍛冶の道具

玉鋼の特徴

玉鋼の特徴
日本刀の原料として広く知られる「玉鋼」(たまはがね)。世界で最も純粋な鋼とも言われていますが、その製法は限定的であり、玉鋼を使用して作り出される製品もまた限られています。そこで、玉鋼がなぜ刀の原料として最適と言われているのか、またその名前の由来や、他の鉄と比べて良質であると評される理由についてご紹介します。

玉鋼の特徴

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄の歴史と仕組み
「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

たたら製鉄の歴史と仕組み

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)
玉鋼を作る「たたら製鉄」の歴史(玉鋼誕生物語)を動画にてご紹介します。

たたら製鉄(玉鋼誕生物語)

沸し(わかし)

沸し(わかし)
「折れず・曲がらず・よく切れる」。日本刀に興味がある人なら誰もが1度は耳にしたことがある、日本刀の優れた強靭性を表す言葉です。日本刀制作には、いくつもの工程がありますが、そのような刀を完成させるために、「玉鋼」(たまはがね)を叩いて鍛える「鍛錬」(たんれん)という工程が欠かせないことはよく知られています。しかし、完成した刀が良質な物になるかどうかは、実は鍛錬の直前に行なわれる、「沸し」(わかし:「積み沸し」とも)と呼ばれる工程のできによって左右されるのです。ここでは、そんな沸しの工程について順を追ってご紹介しながら、沸しが日本刀制作において重要な役割を果たす理由について探っていきます。

沸し(わかし)

焼刃土

焼刃土
「焼刃土」(やきばつち)とは、刀身に「焼き入れ」(やきいれ)を行なう際に、刀身に塗る特別に配合された土のこと。日本刀制作においては、大まかに「たたら製鉄」によって、材料となる「玉鋼」(たまはがね)を精製することに始まり、刀匠による鍛錬や「火造り」(ひづくり:日本刀の形に打ち出すこと)などを経て、焼き入れが行なわれます。焼き入れによって刀身を構成する鋼が変態して硬化すると共に「刃文」などが出現することで、日本刀の美術的価値にも直結。焼刃土が登場するのは、言わば、日本刀に命を吹き込む総仕上げの場面なのです。

焼刃土

棟焼(むねやき)とは

棟焼(むねやき)とは
日本刀制作における「焼き入れ」は、刀身の強さや刃の切れ味を左右する最重要工程のひとつです。その際、「焼刃土」(やきばつち)を刀身に塗る「土置き」(つちおき)が行なわれます。刃側には薄く焼刃土を塗ることで、刀身を熱したあとに水で冷やした際の冷却速度を上げ、刃部分を硬くして切れ味の良い刃にすると共に、刃文を作出するのです(=焼きが入る)。他方、棟側には厚く焼刃土を塗ることで、冷却速度を緩やかにして刀身の靭性(じんせい:粘り強さ)を高め、刀身を折れにくくします(=焼きが入らない)。このように、棟側には焼きを入れない(入らない)のが通常ですが、例外的に棟に焼きが入れた(入った)作も。ここでは棟に焼きを入れる(入る)「棟焼」(むねやき)についてご説明します。

棟焼(むねやき)とは

注目ワード
注目ワード