代表的な名工

天下三作

文字サイズ

「天下三作」(てんがさんさく)とは、「名物三作」(めいぶつさんさく)とも呼ばれており、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)と言う「名物」(めいぶつ:古来有名で、通名がある日本刀)の日本刀台帳に「天下の3名工」として記載されている3人の刀工です。鎌倉時代中期に「山城国」(やましろのくに:現在の京都)で活躍した「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)、鎌倉時代末期から南北朝時代に「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)で活躍した「五郎入道正宗」(ごろうにゅうどうまさむね)、南北朝時代に「越中国」(えっちゅうのくに:現在の富山県)で活躍した「郷義弘」(ごうのよしひろ)とその作刀を指します。天下人として名を馳せ、熱心な日本刀の収集家でもあった「豊臣秀吉」が珍重したことでも有名です。

享保名物帳

徳川吉宗

徳川吉宗

「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)とは、江戸時代の1719年(享保4年)に、徳川幕府8代将軍だった「徳川吉宗」(とくがわよしむね)の指示によって、当時から日本刀の鑑定一族として名を馳せていた「本阿弥家」(ほんあみけ)の13代「光忠」(こうちゅう)が調査・編集し、幕府へ提出した「名物」の日本刀一覧です。日本刀鑑定の権威であった本阿弥家が伝来や出自を保証したため、江戸時代の武士達にとって名刀の指針になりました。

当時の原本が現存していないため、正式な名称は不明ですが、編纂時の元号「享保」(きょうほう)を冠し、「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう)と呼称されています。上巻、中巻、下巻の3部構成で、約250振の名刀が掲載。「天下三作」(てんがさんさく)の日本刀は、「名物三作」(めいぶつさんさく)と呼ばれている上巻に掲載されました。この上巻には天下三作115振が掲載されており、その数の多さから、彼らが他の刀工とは別格の扱いを受けていたことが伺えます。

豊臣秀吉と天下三作

豊臣秀吉」は、熱心な名刀収集家だったと伝わっています。「本能寺の変」ののち、「織田信長」のあとを受け継いで天下人となった秀吉のもとには、多くの名刀が献上されましたが、これらを単なる武器としてではなく、「権威のシンボル」として珍重しました。

その収集品の中でも、特に秀吉が愛したのが天下三作です。秀吉が取り分け気に入ったことにより、名物三作は天下三作と呼ばれるようになりました。短命だったことにより作刀の少ない郷義弘を除き、正宗と吉光だけでも10数振を所持していたとされています。

一期一振

一期一振

なかでも「吉光」(よしみつ)の太刀「一期一振」(いちごひとふり)は有名で、名刀の中でもよりぬきの名刀しか入れなかったと言う「一之箱」(いちのはこ)に納められました。「明暦の大火」(めいれきのたいか:1657年[明暦3年]に江戸の大半を焼いた大火災)で焼身となったあと、名刀の焼失を惜しんだ徳川家の命により焼き直されているため、茎(なかご:刀身の持ち手の部分)には焼き跡が残っており、現在は「御物」(ぎょぶつ:日本の皇室の私有品になっている物)として宮内庁の管理下にあります。

粟田口吉光

鎌倉時代中期に山城国で活躍、(1259~1260年頃:正元頃)

作刀のひとつである、「薬研藤四郎」が持つ逸話により「持ち主の身を護る刀剣」と噂され、本刀工の作品は、将軍家や諸大名の必需品とも謳われ、非常に多くの需要がありました。短刀の作が多く、現存する作品数が非常に多いのが特徴です。

短刀の名工として名を馳せた吉光が、唯一の「太刀」と称して作刀した一期一振は、吉光による最高峰の日本刀と謳われています。名物の数が最も多く、約40振が享保名物帳に掲載されています。

人物
鎌倉時代前期に山城国で名を馳せた刀工集団、「粟田口派」(あわたぐちは)の「国吉」の弟子。別名「藤四郎」(とうしろう)。
作風
ほとんどが短刀で、「格式高い作風」と表現されます。「筍反り」(たけのこぞり)の物が多く、「平肉」が豊かで「重ね」が厚い姿。「刃文」は「沸本位」の「中直刃」(ちゅうすぐは)を基調とし、特徴的な「小互の目」(こぐのめ)が見られます。「地鉄」は潤いがあり、「小杢目肌」(こもくめはだ)「梨子地肌」(なしじはだ)が見られます。
帽子
小丸

小丸

「小丸」か「掃き掛け」(はきがけ:箒で掃いたような模様)風。銘二字銘で「吉光」と切る。
作品
「後藤藤四郎/国宝」
「厚藤四郎/国宝」
「信濃藤四郎/重要文化財」
「博多藤四郎/重要文化財」
「一期一振/御物」
「平野藤四郎/御物」など。
評価
古刀最上作。国宝4点。重要文化財9点。御物2点。

五郎入道正宗

鎌倉時代末期から南北朝時代に「相模国」で活躍、(1288~1326年:正応、嘉暦頃)

言わずと知れた日本刀の名工です。その確かな品質から古来大金で売り買いされ、大名家などで家宝とされてきました。名物が大変多く、不動の人気を誇ります。

人物
鎌倉時代末期から南北朝時代に相模国で活躍した刀工。「相州伝」を興した「新藤五行光」(しんとうごゆきみつ)の子として「鎌倉」に生まれたとするのが通説。
作風
父の行光と同じく、「山城伝」の影響を受けたため、作風に山城伝の名残りが見られます。地鉄の美しさと「沸出来」の仕上がりの見事さが見どころです。反りの浅い姿に、刃文は「大乱」(おおみだれ)・「互の目乱」(ぐのめみだれ)・「湾乱」(とうらん)・「直刃丁字乱」(すぐはちょうじみだれ)・「馬の歯乱」(うまのはみだれ)などが見られます。
帽子
「沸崩れ」(にえくずれ:沸が激しく不安定)や「火焔」(かえん:炎のような形状)。
ほとんど銘を切らず、二字銘は「正宗」。
作品
「日向正宗/国宝・名物」
「観世正宗/国宝・名物」など。
観世正宗

観世正宗

評価
中古刀最上作。国宝9点。重要文化財10点。

郷義弘

南北朝時代に「越中国」で活躍、(1319年頃:元応頃)

通称「郷」(ごう)、あるいは「江」(ごう)。「正宗十哲」のひとりでもあり、作刀は大名達に大変好まれました。しかし、名を刻む「在銘」の日本刀は見られず、「無銘」ながらも、本阿弥家が郷義弘(ごうのよしひろ)作と鑑定した物や、口伝でそう伝わる物しか見られません。それにより、「世間ではあるとされているが実際に見たことのない物の例え」として、「郷(江)と化物は見たことがない。」と言う言葉が生まれました。

人物
南北朝時代に越中国で活躍した刀工。正宗十哲の中でも取り分け優れていたと伝わっていますが、30代の若さで死去したとも伝わっており、不明点の多いミステリアスな刀工です。郷の名は、彼が越中国松倉城下の「松倉郷」(まつくらごう:現在の魚津市)に住んでいたことから、その地名をもとに名付けたと言う説と、本姓が「大江氏」なので、この大江から1字取り江の字を、転じては郷の字を使用したと言う説があります。
作風
郷義弘の作風は正宗の物と似ており、甲乙付け難いできです。一見すると相州伝の日本刀のような風合いを持っています。郷義弘が正宗と異なる点は、鋭さは控えめで品格が高い点。反りが深く、身幅、重ね、鋒は頃合いの姿で、刃文は沸本位に「湾乱刃」(とうらんば)を基調としており、地鉄は「小板目肌」が詰み非常に美しいのが特徴です。
帽子
深い「一枚帽子」になり、「一文字」に返る。
刀工銘は見られず、無銘。あるいは「極め銘」(きわめめい:無銘刀に鑑定家が極めた銘を入れた物)が見られる。
作品
「富田江/国宝」
「五月雨江/重要文化財」など。
富田江

富田江

評価
中古刀最上作。国宝2点。重要文化財5点。

天下三作

天下三作をSNSでシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「代表的な名工」の記事を読む


日本三名匠

日本三名匠
刀剣には、「銘」(めい)と呼ばれる刀鍛冶の名前が刻まれています。歴史の中で最初に刀鍛冶の「銘」が切られたのは平安時代。「日本三名匠」と呼ばれる3人の有名な刀鍛冶「宗近」「友成」「安綱」は、銘が切られている刀鍛冶の中で、最も古い時代の刀匠です。現代まで語り継がれてきた名刀には、神秘的な物語と関連付けられた刀剣があります。 そんな、「日本三名匠」と称されるほどの有名な刀鍛冶が鍛えたとされる刀剣には、どのような物があるのでしょうか。現代まで名を馳せる「日本三名匠」の逸話や制作した刀剣についてご紹介します。

日本三名匠

尾張三作

尾張三作
愛知県の尾張地区と言えば、「織田信長」と「豊臣秀吉」の出身地であり、また「徳川家康」にもゆかりのある地域です。彼ら三英傑が活躍した室町末期から江戸初頭というのは、権力の変遷が目まぐるしい激動の時代。そして、刀剣史上でも、古刀から新刀へ移る過渡期でした。優れた刀剣、優れた刀工は、権力者のもとへ集まってくると言いますが、「尾張三作」と呼ばれる優秀な刀工達も、この時代に名古屋の地へやってきたのです。では、この背景にはどのようなことがあったのでしょうか。そして、時の権力者と彼らの関係はどのような物だったのでしょうか。

尾張三作

青江派

青江派
「青江派」(あおえは)とは、備中国青江(びっちゅうのくにあおえ:現在の岡山県倉敷市)で活躍したとされる刀匠の一派です。隣国である備前国邑久郡長船(びぜんのくにおくぐんおさふね:現在の岡山県瀬戸内市)の「備前長船派」とほぼときを同じくして共に繁栄し、平安末期から鎌倉・南北朝時代にかけて名声を上げました。その後、松山(現在の高梁市)や備中片山庄(現在の総社市周辺)で栄えた豪族の「上神氏」などのもとで武士と刀鍛冶を兼任していた背景から、南北朝時代に入って起こった政争の影響を受け、豪族達と共に衰退の運命に巻き込まれていったのです。

青江派

左文字

左文字
「左文字一派」(さもんじいっぱ)は、「筑前国」(ちくぜんのくに:現在の福岡県)で鎌倉時代後期から室町時代初期に日本刀を制作し、活躍した一派です。九州地方で最も卓越した技巧を持つ一門とされています。筑前国のある九州地方は、「大和伝」(やまとでん)の刀工が多いことで知られおり、初期の左文字派は大和伝の作風でしたが、一派の刀工のひとりである「左安吉」(さのやすよし:のちの左文字)が「相模国」(さがみのくに:現在の神奈川県)の有名な刀工「正宗」(まさむね)に入門し、「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の弟子の中でも特に優れた10人の弟子)に数えられたことにより、「相州伝」(そうしゅうでん)を修得したため、相州伝の日本刀を制作するようになっていきました。

左文字

村正

村正
「村正」(むらまさ)は、伊勢国桑名郡(いせのくにくわなぐん:現在の三重県桑名市)で室町時代から江戸時代初期にかけて活躍した刀工一派です。徳川家の人間の死や負傷にかかわった凶器が、ことごとく村正の刀剣(日本刀)だったことから「妖刀村正」と恐れられ、広く人々に周知されるようになりました。その後、村正の刀剣(日本刀)は「持ち主に祟りがある」、「抜けば血を見ずには治まらない」と囁かれたため、大名や旗本が村正の使用を避けたとされています。 村正は、系譜をはじめ、古くから諸説が囁かれる刀工一派で、いまだに決定的な定説のないミステリアスな刀工一派です。こちらのページでは、村正の刀剣(日本刀)の始まりや刀剣村正の代表的な刀工、刀剣村正の特徴などをご紹介します。

村正

江戸三作

江戸三作
江戸時代中期以降、長く平和な時代が続いたために、刀剣・日本刀の需要も次第に減っていきました。刀鍛冶の手法そのものも簡素化されることとなり、かつては隆盛を極めた各地の刀工達も苦しい状況に陥ります。しかし、1772年(安永元年)に始まる安永期になると、「水心子正秀」(すいしんしまさひで)をはじめとする意欲的な刀工達が登場して「刀剣復古論」を提唱。「刀剣復古論」とは、南北朝時代から室町時代初期頃の「古刀」(ことう)の鍛錬法に復元すべきであるという主張です。彼らは、古い時代の刀剣・日本刀を研究し、さらに、製鉄技術の進歩によって得られた地鉄(じがね)を用いて、「新々刀」(しんしんとう)と呼ばれる新しい刀剣・日本刀を作り上げます。新々刀は、刀剣・日本刀の革新となり、1876年(明治9年)の「廃刀令」まで制作されました。

江戸三作

堀川一門

堀川一門
「堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、桃山時代を代表する刀工。優れた技術を誇っただけではなく、多くの弟子を育てたことでも有名です。彼らは「堀川一門」と呼ばれています。ここでは、新刀の第一人者と称される堀川国広についてご紹介します。

堀川一門

豊後刀

豊後刀
豊後(ぶんご:現在の大分県)では、中世から近世にかけて多くの刀工が活躍しました。「品位に乏しく、凡作にて丈夫で折れず、曲らず、良く切れる」と言われた豊後刀。美術工芸品としてはいまひとつだが、実用品としては丈夫でよく切れるということです。ここでは、豊後近辺で活躍した名工達や、「高田物」と呼ばれる豊後の刀剣・日本刀についてご紹介します。

豊後刀

注目ワード

注目ワード