戦後生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者

車田正美

文字サイズ

【聖闘士星矢】で知られる車田正美(くるまだまさみ)。初期作【風魔の小次郎】では木刀が聖剣へと生まれ変わる物語を描きました。そこでは少女の読者獲得がより目指され、それは剣を用いても人を斬らない聖闘士星矢にもつながっていきます。

車田正美の初期刀剣漫画

車田正美(くるまだまさみ)は、手塚治虫横山光輝を読む子供時代を経て、本宮ひろ志【男一匹ガキ大将】の世界観に憧れ、漫画家を志します。

井上コオ(代表作:梶原一騎(かじわらいっき)原作【侍ジャイアンツ】作画など)のアシスタントを経て、【スケ番あらし】(1974~1975 年〔週刊少年ジャンプ〕連載)でデビューしました。

吉川英治司馬遼太郎など歴史・時代小説を読みあさる日々を経て、熱血漫画をと発案されて描いたボクシング漫画【リングにかけろ】(1977~1981年〔週刊少年ジャンプ〕連載)が最初の人気作となりました。主人公の少年にボクシングを教える姉との関係は、司馬遼太郎【竜馬がゆく】から着想したとのちに明かしています。

リングにかけろには、主人公の仲間のボクサーのひとりで志那虎陰流の剣術道場の息子、志那虎一城(しなとらかずき)が登場します。一城は、流派の奥義・円月剣をボクシングに応用した左腕をくるりと回す円月拳(えんげつけん)が必殺技のひとつです。柴田錬三郎【眠狂四郎】シリーズの主人公の剣技・円月殺法から着想されています。

また一城は、父から家宝の刀剣・日本刀、備前長船の乾雲(けんうん)を継承します。志那虎家の備前長船は二刀一対で、父の坤竜(こんりゅう)と息子の乾雲は共鳴し合います。林不忘(はやしふぼう)【丹下左膳】で登場する乾雲丸・坤竜丸から着想が得られています。

車田の刀剣キャラ① 木刀が愛刀・風魔の小次郎

「飛龍覇皇剣の巻」【風魔の小次郎】より

「飛龍覇皇剣の巻」
【風魔の小次郎】より

車田は数作の読み切りを経て、【風魔の小次郎】(1982~1983年〔週刊少年ジャンプ〕連載)を発表します。

スポーツの名門校・白凰学院は、北条総長死去による衰退を阻止するために忍び・風魔一族を招き、ライバル校・誠士館の忍び・夜叉一族と8対8で争います。戦国時代に北条氏に仕えた忍び・風魔一族から着想されています。

主人公の小次郎は、北条総長の娘・姫子が風魔の里に派遣した武術指南役・柳生蘭子の呼びかけに応えます。愛刀の木刀で夜叉一族に立ち向かって行く小次郎は、風の幻覚を用いる風魔烈風(ふうまれっぷう)が必殺技です。

車田はその剣技名を、中島徳博(なかじまのりひろ)【アストロ球団】(遠崎史朗(とおざきしろう)原作)などが先行した墨をまき散らしたような黒背景の吹き出しに白ヌキ文字で見せました。

車田の刀剣キャラ② 長刀の木刀が愛刀・飛鳥武蔵

小次郎のライバルが飛鳥武蔵(あすかむさし)です。風魔の小次郎は、吉川英治【宮本武蔵】によって定番化された武蔵VS小次郎の図式です。

孤高の武蔵は、難病の妹を助けるため夜叉姫に指示され、夜叉八将軍を従え、小次郎ら風魔一族と戦います。武蔵は長刀の木刀を愛刀にし、飛龍覇皇剣(ひりゅうはおうけん)が必殺技です。小次郎の左ももを突き破るほどの突き技です。

「飛龍覇皇剣の巻」【風魔の小次郎】より

「飛龍覇皇剣の巻」
【風魔の小次郎】より

車田は飛龍覇皇剣の場面を、石森(石ノ森)章太郎(代表作【サイボーグ009】など)が得意とした黒背景による見開きページの手法を発展させ、黒背景に白ヌキ線の図柄で見せました。

必殺技の応酬へ

風魔の小次郎は物語が途中で変化します。

車田初期作リングにかけろでは当初、梶原一騎原作【あしたのジョー】(ちばてつや作画)や小山ゆう【がんばれ元気】に次ぐ、正統派のスポーツ漫画として描き始められるも、やがて読者の反応のよい必殺技(フィニッシュブロー、ニュー・スーパー・ブロー)の応酬となっていきました。性と暴力が創刊時に注目を集めた掲載少年漫画雑誌ではこの頃、アンケート至上主義が開始されています。

また、リングにかけろでは、5 対5 を軸に同数対決が常に繰り広げられました。山田風太郎が【忍法帖】シリーズで創案した独自の必殺技による同数対決の手法を、横山光輝【伊賀の影丸】などに続いて少年漫画に取り入れました。

大会規模も都大会・全国大会・世界大会と順に発展し、1度死んだ主要登場人物が蘇るなど、以後の少年漫画の礎となっています(【キン肉マン】、【魁!!男塾】など)。

風魔の小次郎では風魔一族と夜叉一族の争いを終えると、伝説の10本の聖剣を集める5対5の物語に変わります。必殺技に重きがおかれ、登場人物の過去の説明は簡略化されていきました。

聖剣争奪の物語へ

夜叉一族に勝利した風魔一族の前に華悪崇(カオス)の面々が現れます。世界の安定をもたらしていた10本の聖剣を巡って、四千年前から秩序(コスモ)と華悪崇(カオス)との争いが繰り広げられていました。

聖剣の継承者だった小次郎・武蔵ら5名はコスモ正統戦士となり、すべての聖剣を手に入れようとする5名のカオス正統戦士と聖剣をかけた戦いを始めます。コスモの聖剣は風林火山、黄金剣、征嵐剣、紅蓮剣、白朧剣。カオスの聖剣は紫煌剣、十字剣、幻夢氷翔剣、雷光剣、鳳凰天舞です。10種類の刀剣はそれぞれ描き分けられ、キャラクター化されました。

「さらば武蔵の巻」【風魔の小次郎】より

「さらば武蔵の巻」
【風魔の小次郎】より

車田の刀剣キャラ③ 聖剣となった風林火山

木刀で戦いを続けていた小次郎は、その成長ぶりを見た柳生蘭子から伝説の剛刀・風林火山を手渡されます。

「影なき戦士の巻」【風魔の小次郎】より

「影なき戦士の巻」
【風魔の小次郎】より

じつは聖剣だった風林火山で小次郎は、カオス正統戦士の最強の敵、聖剣・鳳凰天舞を用いる華悪崇皇帝(カオスコウテイ)に立ち向かいます。そのとき風林火山は表面が割れてめくれ、光を放ち生まれ変わりました。

「風林火山ふたたびの巻」【風魔の小次郎】より

「風林火山ふたたびの巻」
【風魔の小次郎】より

車田の刀剣キャラ④ 聖剣・黄金剣となった長刀の木刀

武蔵の長刀の木刀も聖剣に生まれ変わります。木刀の表面が割れてめくれ、黄金剣となりました。武蔵は黄金剣で、カオス正統戦士の2番手の敵・涅絽(ネロ)に立ち向かいます。

「伝説の黄金剣の巻」【風魔の小次郎】より

「伝説の黄金剣の巻」
【風魔の小次郎】より

「伝説の黄金剣の巻」【風魔の小次郎】より

「伝説の黄金剣の巻」
【風魔の小次郎】より

「伝説の黄金剣の巻」【風魔の小次郎】より

「伝説の黄金剣の巻」
【風魔の小次郎】より

少女に人気の少年漫画

風魔の小次郎の連載後、車田はリアリズムに徹した【男坂】の打ち切りを経て、【聖闘士星矢(せいんとせいや)】(1986~1990 年〔週刊少年ジャンプ〕連載)を発表します。リアリズムを最初から排し、メジャー受けが大きく意識されました。連載後すぐにテレビアニメ化され、連載2年目にはテレビゲーム化。車田の新たな代表作となりました。

テレビアニメ版のキャラクターデザインは、美少年を得意とした荒木伸吾(あらきしんご)と姫野美智(ひめのみち)(代表作:【惑星ロボ ダンガードA】、【ベルサイユのばら】など)が手がけます。車田はリングにかけろでも特技がピアノで薔薇をくわえさせたボクサーなど多くの美形キャラクターを登場させていました。

聖闘士星矢は、ギリシア神話の知略の女神・アテナ伝説に着想が得られます。聖闘士とは神話時代からアテナを守るために拳を武器にして戦った戦士とされます。車田はすでにリングにかけろでもオリュンポス12 神を登場させています。山岸凉子(やまぎしりょうこ)【妖精王】や和田慎二(わだしんじ)【ピグマリオ】などギリシア神話や北欧神話など西洋神話をベースにした少女漫画の登場直後でした。リングにかけろで描いた12 神は、聖闘士星矢でも描かれます。

車田の刀剣キャラ⑤ 仲間を救うために剣を用いた紫龍

主人公の仲間・青銅聖闘士のひとり、龍星座の紫龍(しりゅう)は、拳を武器とする物語の中で唯一、刀剣を用いることになります。硬い氷に閉じ込められた仲間の前に、中国にいる紫龍の師から天秤座の黄金聖衣が届けられます。善悪を量ることができるという天秤座の聖衣には、剣、槍、双節棍、三節棍、トンファー、円盾の武器が収納されていました。紫龍は、武器としてではなく仲間を救うための道具として、剣で氷を斬りました。

「天秤座の聖衣の秘密の巻」【聖闘士星矢】より

「天秤座の聖衣の秘密の巻」
【聖闘士星矢】より

リアリズムからファンタジーへの揺り動き。読者に人気のない連載は打ち切られるアンケート至上主義の中で生まれたこの揺り動きは、少女も夢中になれる少年漫画を生み出しました。それは車田独自の刀剣観を生み出しました。

著者名:三宅顕人

車田正美

車田正美をSNSでシェアする

「戦後生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者」の記事を読む


宮下あきら

宮下あきら
【魁!!男塾】で知られる宮下あきら。初期作【私立極道高校】、【激!!極虎一家】、そして魁!!男塾で任侠道を少年漫画で描き続けます。そこは長ドス、刀剣・日本刀が欠かせない世界です。

宮下あきら

高橋留美子

高橋留美子
【うる星やつら】で知られる高橋留美子(たかはしるみこ)。高橋は剣道青年や刀剣・日本刀を手にする女性の登場人物を幾度も登場させています。【らんま1/2】もその1作です。男女の性を固定しない人物も多数描く高橋は、戦国時代を舞台に兄弟間の妖刀争奪を描いた【犬夜叉】では、刀剣そのものに斬れるとき/斬れないときの両義性を持たせました。

高橋留美子

寺沢武一

寺沢武一
【COBRA THE SPACE PIRATE】で知られる寺沢武一(てらさわぶいち)。同作の連載と並行して【BLACK KNIGHT BAT 黒騎士バット】、【鴉天狗カブト】も描きました。そこでは、斬らない描写が様々に編み出されています。

寺沢武一

安彦良和

安彦良和
アニメ【機動戦士ガンダム】のキャラクターデザイン及び作画監督で知られる安彦良和(やすひこよしかず)。日本神話をもとにした漫画【ナムジ】、【神武】、【ヤマトタケル】では天叢雲剣を描きます。ナムジは「剣と魔法」を描いた少女漫画が多数発表され始めた時期に連載が始まり、少女漫画と少年漫画との接点のひとつになります。

安彦良和

小山ゆう

小山ゆう
【がんばれ元気】などのスポーツ漫画でも知られる小山ゆう。「劇画」ブームの立役者のさいとう・たかをと小池一夫のもとで働いたのち、幕末を舞台に剣の腕も立つ少年を主人公にした【おれは直角】でデビューしました。【お~い!竜馬】、【あずみ】などその後も歴史・時代小説のツボを知りつくした時代劇漫画を描いています。

小山ゆう

村上もとか

村上もとか
【JIN-仁-】で知られる村上もとか。初期作で岩手の剣道少年を主人公に描いた【六三四の剣】は日本に何度目かの剣道ブームを起こした金字塔です。その後も明治時代初頭の北海道を舞台に元・会津藩士の親子を【獣剣伝説】で描きます。方言や地方の描写にこだわったそれらの漫画には、東京を舞台にした漫画とは違う刀剣観が根底に流れています。

村上もとか

本宮ひろ志

本宮ひろ志
【男一匹ガキ大将】、【サラリーマン金太郎】などで知られる本宮ひろ志(もとみやひろし)。本宮は【夢幻の如く】、【昼まで寝太郎】などの時代劇漫画も描いています。タイムスリップや双子の入れ替わりという基本設定に、刀剣・日本刀を用いたくない主人公像が描かれます。

本宮ひろ志

永井豪

永井豪
【デビルマン】、【キューティーハニー】などで知られる永井豪(ながいごう)。永井は白土三平の影響を公言しています。【黒の獅士】、【バイオレンスジャック】では特にその影響をもとに描き、白土を乗り越えることが目指されます。それらの漫画では光線を放つ刀剣・日本刀や巨大なジャックナイフが描かれます。

永井豪

注目ワード

注目ワード