戦後生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者

小山ゆう

文字サイズ

【がんばれ元気】などのスポーツ漫画でも知られる小山ゆう。「劇画」ブームの立役者のさいとう・たかをと小池一夫のもとで働いたのち、幕末を舞台に剣の腕も立つ少年を主人公にした【おれは直角】でデビューしました。【お~い!竜馬】、【あずみ】などその後も歴史・時代小説のツボを知りつくした時代劇漫画を描いています。

小山ゆうと剣道漫画

小山ゆうは、アニメーション制作のアルバイトを経験後、さいとう・たかを(代表作:【無用ノ介】、【ゴルゴ13】、【影狩り】など)が率いるさいとう・プロダクションに所属し、漫画家を志します。

さいとう・プロ退社後はさいとう・プロ出身の劇画原作者・小池一夫(代表作【子連れ狼】など)のプロダクション、スタジオ・シップに所属。幕末を舞台にしたギャグ漫画【おれは直角】(1973~1976年〔週刊少年サンデー〕連載)で、小山ゆうとスタジオ・シップ名義でデビューしました。

おれは直角では剣道部が描かれます。当時、津雲むつみ(つくもむつみ)【おれは男だ!】がテレビドラマ化され、剣道ブームとなっていました。おれは男だ!は、男子数名のもと名門女子高に転校した男子高校生が剣道で奮起する姿を描いた少女漫画です。

他に、梶原一騎(かじわらいっき)は現代剣道の礎となった幕末の剣客・男谷信友(おたにのぶとも)の弟子・榊原鍵吉(さかきばらけんきち)を少年時代から描いた【剣は道なり】(荘司としお作画)を、ちばてつやは野性児の中学生が剣道に取り組む【おれは鉄兵】(第7回講談社出版文化賞・児童まんが部門受賞)を同時期に描いています。

小山の刀剣キャラ① 直角斬りの使い手・石垣直角

おれは直角の主人公・石垣直角(いしがきちょっかく)は、幕末を生きる長州藩の下級藩士の息子です。

直角は、実在した身分の高い武士の通う藩校・萩明倫館(はぎめいりんかん)へ特別な計らいで入学を許されます。「武士道とは、いつも死を心に、ひとたび家を出たら戦場のかくご」という父の教えを信念とし、曲がったことを理解できない素直な直角は、身分差別があり勉学偏重となっていた萩明倫館にさわやかな風を送り込んでいきます。

直角は、正義に反することがあると木刀や竹刀による直角斬りで立ち向かいます。真っすぐで素直な性格を表すその名の通り、直角形に斬る剣技です。

「名門校のハリキリボーイ」【おれは直角】より

「名門校のハリキリボーイ」
【おれは直角】より

小山とスポーツ漫画と幕末漫画

独立した小山はその後、スポーツを題材にした少年漫画を多数発表します(【がんばれ元気】、【風の三郎】、【スプリンター】など)。

なかでも親子のボクサーを描いたボクシング漫画がんばれ元気(1976~1981年〔週刊少年サンデー〕連載)は、第22回小学館漫画賞・少年少女部門を受賞し、連載5年目にはテレビアニメ化もされます。小山の最初の代表作になった同作は、高森朝雄(たかもりあさお)名義の梶原一騎原作【あしたのジョー】(ちばてつや作画)に次ぐボクシング漫画の金字塔になりました。

代表作を得た小山は、おれは直角で描いた幕末を再び描きます。坂本竜馬の生涯を描いた【お~い !竜馬】(1986~1996年〔少年ビッグコミック〕、〔ヤングサンデー〕、〔週刊ヤングサンデー〕連載)を発表しました。

司馬遼太郎【竜馬がゆく】を敬愛する歌手・俳優の武田鉄矢を原作に迎え、史実を巧みに取り入れて描かれました。武田は4年前にテレビドラマ【幕末青春グラフィティ 坂本竜馬】で主演の竜馬役と脚本を手がけ、お~い!竜馬発表時は映画版で主演・脚本を担当しています。お~い!竜馬は連載中にテレビアニメ化され、同じく幕末が舞台のおれは直角も同時期にテレビアニメ化されました。

小山の刀剣キャラ② 愛刀は双頭刃・あずみ

小山は、お~い!竜馬の連載を続ける中でもスポーツ物も描き続けたのち(【チェンジ】、【ももたろう】)、青年漫画雑誌で時代劇を描きます。江戸時代初期を舞台にした【あずみ】(1994~2008 年〔ビッグコミックスペリオール〕連載)です。第43回小学館漫画賞・青年一般部門と第1回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞を受賞し、連載10年目には映画化されました。

主人公・あずみは、安曇野で生まれ、異人の血を引いているともされる女剣客です。戦国時代末期、爺に赤子のときに拾われたあずみは、同じ境遇の9人と人里離れた村で密かに育てられます。爺は徳川家康の側近で天下泰平を願う南光坊天海の命を受け、家康を守る「枝打ち」としてあずみらを育てていました。

10年が経ち爺の指示を疑うことなく仲間を殺す厳しい儀式を終えると、あずみは爺とともに村を出ます。戦いの中で仲間は皆命を落とし、爺も柳生宗矩(徳川将軍家兵法指南役)の策略によって亡き者にされます。その後は天海の支えで刺客として生きる中で、新たな友との交流を通じて、あずみに少しずつ自我が芽生えていきます。

そんなあずみは、爺の指示をもとに天海が鍛冶師に造らせた双頭刃の刀剣・日本刀を愛刀としています。柄の先に短刀が付いている独自の刀剣です。

「下谷の村全滅」【あずみ】より

「下谷の村全滅」
【あずみ】より

小山の刀剣キャラ③ 鍔なしの美学を持つ真田の刺客・最上美女丸

【あずみ】では柳生宗矩や小野忠明(おのただあき)、宮本武蔵など実在の剣客も登場する中で、独自の剣客も創作されます。

豊臣方の真田幸村は、あずみらへの刺客として最上美女丸(もがみびじょまる)を送り込みます。母親へのトラウマを持ち美に重きを置く美女丸は、口紅を引き、真っ白な着物が汚れることを嫌います。少女漫画でおなじみの手に花も持ちます。そんな美女丸は、居合の達人で鍔のない刀剣・日本刀が愛刀です。「俺の剣には受け太刀なんて無いわけ。」、「1振りで必ず狙った箇所を斬るのよ!!」との考えからです。

「別れ」【あずみ】より

「別れ」
【あずみ】より


美女丸の名は、川口松太郎【新吾十番勝負】の主人公で江戸幕府第8代将軍・徳川吉宗の隠し子とした葵新吾の幼名と同じです。美女丸の名には古くは藤原仲光が主君・源(多田)満仲の息子・幸寿丸を生かす代わりに自身の息子・美女丸を殺めた美女丸伝説もあります。

白い着物に身を包んだ剣客像は、林不忘(はやしふぼう)【丹下左膳】や柴田錬三郎原作の映画【源氏九郎颯爽記】などの系譜にあります。

小山の刀剣キャラ④ 剣士として最期を終えたい柳生新陰流の刺客・倉石左近

柳生新陰流の剣客・倉石左近(くらいしさこん)も創作されます。道場では早くから剣客として名を知られるも病を患ったことから出世をあきらめ、自由な生き方を選びます。刺客としてあずみのもとに送り込まれるも、あずみに心惹かれ、何度も指令を無視します。

「剣一筋に…………生きてきたのだ……」、「病などで死ねるか!!」と左近は述べ、最期は剣士としてあずみとともに死ぬことを望みました。

「剣ゆえに」【あずみ】より

「剣ゆえに」
【あずみ】より

左近の肺病病みの余命いくばくかの孤高の剣客像は、講談で語られる幕末の実在の剣客・平手造酒(ひらてみき)の系譜です。平手が登場する勝新太郎主演の映画【座頭市物語】(原作・子母澤寛(しもざわかん))で戦後広く知られていきます。

【あずみ】と歴史・時代小説

南光坊天海の指示のもとで動く忍びや同士討ちなどは山田風太郎【甲賀忍法帖】が先行しています。家康の影武者の存在や家康を貶めようとする息子・秀忠と宗矩との連帯も描かれる【あずみ】では、隆慶一郎(りゅうけいいちろう)【影武者徳川家康】の着想も受け継いでいます。あずみのように異人の血を受け継ぐ剣客像は、柴田練三郎【眠狂四郎】シリーズの主人公の系譜です。

小山と幕末漫画とスポーツ漫画

小山はその後、【あずみ】の続編にあたる【AZUMI】(2009~2014年〔ビッグコミックスペリオール〕連載)で再び幕末を描きます。桜田門外の変で大老・井伊直弼(いいなおすけ)を斬った女刺客・あずみが、江戸幕府に命を狙われていきます。あずみの坂本竜馬への恋心も描かれた同作では、お~い!竜馬と関連付けられていきます。

その後はボクシング漫画【雄飛】(2014 年~〔ビッグコミックスペリオール〕連載中)を小山は描き、幕末漫画とスポーツ漫画を交互に描いています。

剣道漫画の黎明期にそのキャリアを始めた小山。幕末漫画とスポーツ漫画を交互に描く中で特異点となった刀剣漫画【あずみ】では、歴史・時代小説の豊潤な成果が活かされています。

著者名:三宅顕人

小山ゆう

小山ゆうをSNSでシェアする

「戦後生まれの刀剣漫画家・刀剣漫画原作者」の記事を読む


宮下あきら

宮下あきら
【魁!!男塾】で知られる宮下あきら。初期作【私立極道高校】、【激!!極虎一家】、そして魁!!男塾で任侠道を少年漫画で描き続けます。そこは長ドス、刀剣・日本刀が欠かせない世界です。

宮下あきら

高橋留美子

高橋留美子
【うる星やつら】で知られる高橋留美子(たかはしるみこ)。高橋は剣道青年や刀剣・日本刀を手にする女性の登場人物を幾度も登場させています。【らんま1/2】もその1作です。男女の性を固定しない人物も多数描く高橋は、戦国時代を舞台に兄弟間の妖刀争奪を描いた【犬夜叉】では、刀剣そのものに斬れるとき/斬れないときの両義性を持たせました。

高橋留美子

寺沢武一

寺沢武一
【COBRA THE SPACE PIRATE】で知られる寺沢武一(てらさわぶいち)。同作の連載と並行して【BLACK KNIGHT BAT 黒騎士バット】、【鴉天狗カブト】も描きました。そこでは、斬らない描写が様々に編み出されています。

寺沢武一

安彦良和

安彦良和
アニメ【機動戦士ガンダム】のキャラクターデザイン及び作画監督で知られる安彦良和(やすひこよしかず)。日本神話をもとにした漫画【ナムジ】、【神武】、【ヤマトタケル】では天叢雲剣を描きます。ナムジは「剣と魔法」を描いた少女漫画が多数発表され始めた時期に連載が始まり、少女漫画と少年漫画との接点のひとつになります。

安彦良和

車田正美

車田正美
【聖闘士星矢】で知られる車田正美(くるまだまさみ)。初期作【風魔の小次郎】では木刀が聖剣へと生まれ変わる物語を描きました。そこでは少女の読者獲得がより目指され、それは剣を用いても人を斬らない聖闘士星矢にもつながっていきます。

車田正美

村上もとか

村上もとか
【JIN-仁-】で知られる村上もとか。初期作で岩手の剣道少年を主人公に描いた【六三四の剣】は日本に何度目かの剣道ブームを起こした金字塔です。その後も明治時代初頭の北海道を舞台に元・会津藩士の親子を【獣剣伝説】で描きます。方言や地方の描写にこだわったそれらの漫画には、東京を舞台にした漫画とは違う刀剣観が根底に流れています。

村上もとか

本宮ひろ志

本宮ひろ志
【男一匹ガキ大将】、【サラリーマン金太郎】などで知られる本宮ひろ志(もとみやひろし)。本宮は【夢幻の如く】、【昼まで寝太郎】などの時代劇漫画も描いています。タイムスリップや双子の入れ替わりという基本設定に、刀剣・日本刀を用いたくない主人公像が描かれます。

本宮ひろ志

永井豪

永井豪
【デビルマン】、【キューティーハニー】などで知られる永井豪(ながいごう)。永井は白土三平の影響を公言しています。【黒の獅士】、【バイオレンスジャック】では特にその影響をもとに描き、白土を乗り越えることが目指されます。それらの漫画では光線を放つ刀剣・日本刀や巨大なジャックナイフが描かれます。

永井豪

注目ワード

注目ワード